人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

豪華客船の送迎の時に「紙テープ」を使ったのは、日本人が始めてらしいのですが、それが誰なのか?いつ?なんという会社?の何と言う船?なのかを調べています。

●質問者: ata11
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:会社 日本人 紙テープ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●35ポイント

別れの紙テープ

大きな船が出航する際に岸にいる人との別れを惜しみながら何本もの紙テープで繋ぎ、船が動き出すとプチっと切れて…。見た目にもキレイで涙を誘うこの習慣、一体誰がいつ頃始めたものだろうか。

意外(?)にも日本人が始めたもの。1915年、サンフランシスコで万国博覧会が開催された。日本からもたくさん出品された中で、森野庄吉という人は包装用に紙テープを大量に出品。ところがすでに布で出来たリボンなるものが存在していたため、大量に余った。それを日本人移民が買い取り、サンフランシスコの港で「別れの握手に」ということで売り込み、大当たり。やがて世界的な習慣になったと言われている。

ただ最近では紙テープが「ゴミになる」ということで、使用を禁止している港がある。また、外の通路が無く客席の端がガラス窓になっていてテープで繋ぐことさえ出来ない場合もあるため、どこでも見られる、という光景ではなくなりつつあるという。

http://www.union-net.or.jp/cu-cap/wakaretape.htm


2 ● andy-kaidy
●35ポイント

1915年(大正4年)のサンフランスシスコで開かれた万国博覧会のときに森田庄吉という人が始めたのが最初のようです。

http://blog.d-fantasista.net/archives/2005/10/post_669.html

http://www.au-saa.com/contents/blogt/blogt_074.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ