人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

4月末を決済期日とする為替予約を10百万ドル行い、為替予約相場は1ドル=106円である。
直物為替相場の推移は次の通りである。
取引実行日 105円
為替予約締結日 108円
決算日 107円
為替予約決済日 110円

会計処理(単位:百万円)
(1)取引実行日(1月31日)
(借)仕入1,050(貸)買掛金1,050
(2)為替予約締結日(2月28日)
(借)為替差損30 (貸) 買掛金 30
買掛金20 前受収益 20
(3)決算日(3月31日)
(借)前受収益10 (貸) 為替差益 10
(4) 為替予約決済日(4月30日)
(借)前受収益10 (貸) 為替差益 10
買掛金1,060 現金預金1,060

という、為替予約の取引で、友人に仕訳の(3)(4)の部分で
「前受収益って勘定は期をまたいで、仕訳に出てても良いのか?」という質問を受けました。
(3)(4)の前受収益は「発生」しているわけではなく、直先差額の期間配分として、「解消」のために仕訳に出ているので、別に問題はないと思うんです。ですが、なかなか上手い説明が思いつきません。どなたか、上手い説明方法や、その理由がわかる方がいらっしゃいましたらご回答お願いします。

●質問者: moshiyuki
●カテゴリ:経済・金融・保険
✍キーワード:1月31日 2月28日 3月31日 4月 4月30日
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ