人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

http://www.choix.jp/
の中の人です。
サイトをリニューアルしようとしています。

サイトへの書き込みが少なくWEB1.0以下の状態になっています。
改良しようとしているのですが、ユーザの書き込みが少ないことを前提に改良しようとしています。
このままでは時代に逆行してしまいそうです。

自分は書き込み数を増やすことで、ユーザ数をもっと増やしたいと考えているのですが、
会社のほかの人を説得できていない状態です。
多くの人から客観的な意見を言ってもらえれば説得できるような気がするのですが…。
あるいは「WEB2.0方向をあきらめろ」という説得的な意見があれば自分も納得できると思うのですが。

もっとこうしたらいいとか問題点→改善方法の順で教えていただけないでしょうか?
一ユーザとしての単なる感想や個人的な意見でもかまいません。

●質問者: Iridium
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:Web1.0 Web2.0 サイト ユーザ リニューアル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● sibazyun
●23ポイント

はじめてhttp://www.choix.jp/を拝見しましたが、

コンセプトがわからない。まず、「ソーシャルニュース」って

何?新聞の「社会」(=ソーシャル)面? News2.0って?

ニュースの質が担保されていないように思うが、それがNews2.0

だっていえる? 例えば、ヴィデオ流出の女優が・・・(記事では

実名)というのは、ここにその記事を見つけて投稿した人の

主観によるものと思えるが、そうすると、主観のフィルターを

2度もとおったものをニュースとして受け取るこちらの

モチベーションがない、つまり、また見に行く気にはならない。

まあ、単なる感想ですが。。。

◎質問者からの返答

感想ありがとうございます。

コンセプトが完全に実現されていないことについてはまったく同意です。

広義な定義では「ソーシャルニュース」とはブログなどを含むネット上のニュースのことを指すようなのですが、

このサイトの書き方ではもっと違うものを指しているような気もします。

コンセプト倒れっぽく見えてしまってますね。

複数のフィルタについては自分はあまり気にしていないのですが…。

2chのスレをウォッチするサイトがにぎわっているのを見るとモチベーションはあまり関係ないかと。

しかし「ニュース」と言ってしまうと「新しさ」が基準となってしまうのかもしれなくて、

こういうサイト内容でいくのなら実は「ニュース」という言葉を使うべきではないのかも。

タイトルとして「ウォッチ」とか「アンテナ」みたいな言葉のほうが適切なのかもしれません。


2 ● kuramoto
●23ポイント

現状のままでは、書き込みは増えないでしょうね。だって興味のあるニュースがあれば、その当該サイトに飛んで行ってしまいますから。(^-^;

それから、わざわざ、このサイトに戻って書き込む必然性が何もないですしね。

サイト自体の出来はすばらしいと思います。非常に良く出来ていますね。このサイトにとどまってコメントを書くと何か良いこと、その人にとってためになることがあれば、書き込みは増えるのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

そうなんですよね。

書き込む必然性がほしいです。

具体的にどうしたら書き込む理由ができると思いますか?


3 ● room661
●22ポイント

よくできたサイトだとは思いますが、ユーザが享受する「便利さ」が薄いように思えます。

可能かどうかは分かりませんが、はてブをはじめとする色んなソーシャルブックマークサービスに寄せられているタグとかコメントを集め、一括して閲覧することができれば面白そう、毎日のぞいてみたいかも、と思います。

◎質問者からの返答

面白いアイデアですね。

タグとコメントを集めるというのは思いつきませんでした。

それはちょっと自分も見てみたいかも。

はてなのタグ一覧は空白多くて見にくいから編集とかしたいし。

ニュースそのものよりも、「そのニュースがどう評価されてるか」ってのを調べるわけですね。

ううむ。参考にします。

こういうアイデアがもっとほしいです。


4 ● j_wort
●22ポイント

申し訳ないことに、私は choix というサイトを今まで存じませんでしたので今回初めて拝見

しました。カテゴリ分けされたニュースは話題のニュースがすぐに見つかり使いやすいと

感じましたが、どこかメニューに物足りなさも…。


他サービスのログインIDをそのまま流用等、良い所も沢山ありますが、それらは据え置きで

継続するものとし、まずは問題点を列挙しつつ、対応策を考える形で提起することにします。


サイトのコアユーザとなるには、今回の私のようにどこかで存在を知らなければ始まりません。

というわけで、まずは Choix 時事・経済ニュースから

「 客室乗務員 採用試験 水着審査 」 「 星野奈津子 不適切表現 」 で、google 検索し頻出度

をみてみました。(2007/11/25 時点)


「 客室乗務員 採用試験 水着審査 」4位(なかなか高い)

「 星野奈津子 不適切表現 」 14位


●1 検索エンジン最適化の観点

SEO的に言えば、Choix で扱うコンテンツは他サイトのURLが主ですから、関連他サイトから

の被リンクによってポイントが上がる Google では上位に現れにくい構造であると指摘できます。

一方で、時間経過と共に被リンクが増加する構造である 他サイトBlog記事が増えるにつれ、

現状のランクは下方修正されることになります。


試しに、自分の運用するサイトのURLを「記事を投稿」し、登録後に削除してみます。

そうすると、元記事は消滅して NotFound 404 であるのにコメントだけが残る不可解な状態に

陥ってしまいます。


●2 リンク元コンテンツへの依存度が高い

これでは折角のChoixの独自コンテンツとなるべきユーザーの意見や記事に対するコメント意欲が

低下します。独自コンテンツが増えず、それ故に検索エンジンに反映され難いという悪循環が

発生しているのではないでしょうか。


○1○2 オリジナルコンテンツを増加させるには

この2つへの対策は、著作権を抜きにすれば簡単です。元記事のソースを choix.jp ドメインで

保障すれば良いわけで、ウェブ魚拓( megalodon.jp )のサービスを内包するイメージです。

この元記事確保という概念が今の Choix には最も重要であると断言できます。この観点では、

iza.ne.jp がうまく機能しています。

実を言いますと、私はニュースマニアでもありまして、特定ジャンルのニュースで Blog も更新

しておりますが、現状の Choix では利用する気が起こらないのも事実です。

元記事が消えたタイミングで自分のコンテンツも無意味になってしまうからです。

詳しく書くとかなり長くなりますのでここでは割愛しますが(略。 実現する手法はいくらもある

はずです。


●3 コミュニティの不在

内気なせいか友達が探せません(><)。というのは兎も角、同じニュースを登録してるだけでは友達

とは思えないです。思想が見えないためでしょうか? 現状ではコミューンが形成しづらい状態に

あります。

○3 安直ですが Blog化、SNS化、アフィリエイト化への対応が近道かも知れません。

と思ったら、無料ミニブログ HARU.FM が用意されていたのですね。

開発側があまりに前面に出過ぎると返ってユーザの不満が表出し易い例をいくつか見た

ことがあるので若干の不安材料はありますが、これはこれでユーザが育てている感が出ていて

良です。しかし、今のところ Choix と全く業務的にリンクしていないのが残念です。

副業は本業と協業関係にあってこそ利益を生むのではないでしょうか。


現状の Choix は、WEB2.0 を謳いながらも、C to C が正常に機能していません。

コミュニティ不在のせいなのか、ユーザーからの情報発信の方法に問題があるのかは未だよく

判断できませんが、この構造が形成不全のまま利用ユーザー数が増えたとしても、それは

ニュース記事次第の一時的な需要が増えたに過ぎず、継続的な利用に結びつきません。


●4 ターゲット層とサイトの趣旨が不明瞭

流行中のニュースソースを探すには適。ですが、特定要素で抽出する機能に弱さを感じます。

例えば、24才のOLが欲しているニュースカテゴリは? アキバ系の30歳サラリーマン

が欲しているカテゴリは何ですか?

○4 これを運営側が用意するのか、ユーザ側のチョイスに任せるのかによってサイトその物

の性質を左右することになります。後者であればユーザーを評価する仕組みが必要でしょう。

一般大衆ユーザーが欲しがっているものは何なんだろうか? 下の記事は内容の是非よりも

コンテンツと利用者層という視点で分析すべき。

http://d.hatena.ne.jp/pmoky/20071028/p1

> ニコニコから消されるアニメのDVDは買うべきじゃない


●5 ユーザインターフェースが不親切

私はまず choix のトップページにアクセスしました。→画面には注目記事が一覧されていますが、

ようこそ! □△さん 選択した記事 l 投稿記事 l コメント l 友達 l ノート

の中のコメントを見ようと思ってクリックします。

そうすると当たり前ですが、コメント(0) と表示されて終わりです。

他のニュース一覧を見ようと思って、サイドバーのカテゴリーから 時事・経済 をクリックします。

あれ?画面変わらない… →自分の登録記事だけが対象のページであると理解。

え?と…、さっきの記事一覧は→わかんないから左上の Choix v1.5 のバナークリックしてTOPへ。

○5 メニューの多様化と細分化は実装した方が吉と思うんですが、携帯対応とかの絡みでできない

んでしょうか。まぁ、ここらへんは好みが分かれる所ではあります。

http://www.ascentnet.co.jp/about/about_01.html 会社概要の所では使用されてるのでいつ

でも可能なんでしょうけれど。


●6 メディアへの露出が少ない

正統かどうかは別の話で、社員が逮捕されるなり、JASRAKから提訴されるなりの話題が欲しい所。

固定観念を打破しなければ新しいサービスは生まれません。


●7 ユーザの書き込みが少ないことを前提に改良か、書き込み数を増やすことでユーザ数を増やすか

choix はニュースサイトで、世の中のニュースは(一時点において)有限です。

前者を前提にするのであれば、せめて大手新聞サイトのニュース記事くらいは自動的に全て取り込み

独自にカテゴライズすべきじゃないでしょうか。(ユーザーの仕業と見せるかどうかは別の問題)

そうでなければ、便利さにおいてインターネット上にある自分のブックマークと変わりなく

後者の促進がなければ、サイトの3大主旨である 「分かち合い(share)」と「発見(Discover)」

の役割が益々希釈となることは明らかです。


まだまだ書ききれないくらいあるのですが、長くなるのでこの辺で。

私自身 Choix を初めて知り、成長途中であるが故の大きな魅力を感じています。

それに、とっても凄い機能も満載で驚きもしました。

どうぞ愛から出る暴言と捉えて笑ってお許し下さいませ。

◎質問者からの返答

「リンク元コンテンツへの依存度が高い」ということは常々気になっています。

自分もウェブ魚拓のようなものはぜひ必要な機能だとは思うのですが、あくまでも「過去の記事が消えない」という二義的な機能であって、ユーザの「うまみ」みたいなものが増加するわけではありません。

(SEO的にはもちろん有効だとは思いますが)

「元記事が消えたタイミングで自分のコンテンツも無意味になってしまう」のを防いだとして、それが直接にユーザ参加に繋がるとも思えないのですが…。もう少し詳しく教えていただけないでしょうか。

コミュニティの不在についてはまったく同意です。

なんらかの方法でコミュニティを作ることが必要だと思います。

ただ、HARUでChoixのタグを作ることはできると思うのですが、それ以上の連携のための方策が思いつきません。

ブログ化、SNS化、アフィリエイト化についてはもう少し詳しく書いていただけないでしょうか?

choixは一応RSSの購読によって「大手新聞サイトのニュース記事は自動的に全て取り込んで」います。

ただし、カテゴリ分けがRSS単位でしか行われていないため、カテゴリだけではうまく拾えない状況なのは確かです。

より使いやすい整理の手段がなにか必要だとは思うのですが…。


5 ● t_shiono
●10ポイント

個人的な感想です。

まず、Web2.0という言葉ですが、もてはやされてはいますが中身がない言葉でもある気がします。Web2.0の方向にというのはかなり曖昧なコンセプトになってしまうと思います。当初のコンセプトはさておき、「一般のユーザがニュースを書き込むサイトにしたい」といったより明確なコンセプトを打ち出さないと堂々巡りなきがします。


その上で、仮に「一般ユーザがニュースを書き込む」などと目標を設定した場合に、通常のニュースサイトと何が違う?という差別化がありません。書き込み者が不特定多数になっただけで、ブログ型のニュース配信サイトとなんら変わりはないように見えます。

そのため、このニュースならまかせろみたいな特殊ジャンルを提供する必要があると思います。思いつき程度のアイディアレベルですが、個々人が身の回りのネット上のニュースにもならないような身近な(マイナーな)ニュースを書き込む、だとか、前の方が書いているように、アフィリエイトなど、見たユーザにとって有益、書き込んだユーザにとって有益な情報を提供するなどでしょうか。


あくまで、個人的な感想ですが、何か参考にでもなれば。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ