人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

VB6でWindowsの「ログオンしてから経過した時間」を取得する方法を教えてください。

●質問者: yokodai
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:vb6 Windows ログ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● maakunh
●35ポイント

ユーザをActiveDirectoryで管理しているのであれば、

以下の方法で最終ログオン時間が取得できるようです。

http://www.microsoft.com/japan/technet/scriptcenter/topics/win20...

この方法で取得した最終ログオン時間と現在時刻の差で経過時間がわかると思います。


もし、ローカルアカウントのみということであれば、

各ローカルアカウントにユーザIDとログオン時間を記録するログオンスクリプトを作って設定しておき、

VBで作成したアプリがその記録を読むようにするという方法もあると思います。

◎質問者からの返答

VBScriptですね。VB6でも使用可能なのでしょうか?

ActiveDirectoryは使用しています。


2 ● maakunh
●35ポイント

GetObject関数はWSHだけでなく、VisualBasicでもCOMオブジェクトを参照する関数です。

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/wsh03/wsh03_02.html

http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/e9waz863(VS.80).aspx

WSHとVisualBasicでは同様の仕様になっているはずですので、

最初の例から少し変更してみてはいかがでしょうか?

最初の例ではWSHと違うのは、Set文のところとEchoメソッドのところだけのようです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ