人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【お子様をお持ちの方限定】
お子様が言うことを聞かなかったり、約束を守らなかったりした時の『最後の手段』(ゲンコツとかですね)を教えて下さい。
あなたがされたことではなく、あなたが実際にしたこと・していることをご回答ください。

1.お子様は何歳頃でしたか?
2.最後の手段について詳しく!
3.効果はありましたか?

よろしくお願い致します。


●質問者: Beirii
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:あなた 約束
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● rattle0107
●30ポイント

現在、6歳のわが子は「『鬼』が来るよ!」が絶大な効果があります。

最近では、外でも面白がってゲップをするので「臭?いゲップ鬼が来るよ!」で、

だいぶ我慢できるようになってきました。

他には「『××』になるよ!」です。

鼻をブーブー鳴らすのが面白くて仕方ない時に「『豚』になるよ!」で、

すぐにするのを止めました。

でも、口癖のように言うと効果がなさそうなので、

本当に止めて欲しい時にだけ使うようにしています。

◎質問者からの返答

お、なるほど?

今の時期なら「黒いサンタさんが来るよ!」ですかね!


2 ● なぽりん
●30ポイント

練習をまともにしないのになぜかやりたがる習い事は

即辞めさせると脅迫。(宿題ができない言い訳に習い事をつかっても同等の脅迫)

実際に年度がわりの時期に考慮し、ピアノは近所の便利な教室に周りの子が通っていてもやめさせてます。社会性の発達の観点からはせっかくのつきあいを切ることは良くないのかも知れませんが、目的を失い、約束をやぶって流されるだけではためにならないし、結局ピアノをやめたって近所には、まだいられるからです。

今はこどもチャレンジが危機で、4月には辞めさせられかもしれないと本人も半分あきらめつつもがいています。

ただ、次は英語を習いたいとかほのめかしており、

子供も一筋縄ではありません。


ここで言うのもなんですが、

本当の最終手段は夫婦げんかのような気がします。

子供にとって親が代理戦争してみせてくれるというのが

悪魔の心と天使の心みたいに「正しさ」と「情け」の

天秤をとれる行動論理を植え付けることになると思います。

しかし夫婦げんかができないひとり親の方は、

誰にむかってオトナの事情をはき出してみせれば

子供も理屈はわからないながら心がなっとくするようになるというのでしょうね?

うちも単身赴任の時期がありましたが、

これが一番大変だと思います。


監禁、無視は虐待にまで話しが広がりそうなので

今はできないことになったなと思います。

◎質問者からの返答

締め出しとか通報されちゃいそうですもんねぇ・・・


3 ● たけじん
●30ポイント

小学校3年から5年くらいの頃。(長女も長男も)

本人が好きで通っているお稽古(長女:合唱、長男:剣道)に「約束を守らない人は通わせない。」

少なくとも、このままでは今週のお稽古はお休みだよ、というと「その日のうち」くらいは約束を守ろうとします。

半年に1回くらい、本当に休ませてしまうと、効き目は大です。

「今週は休みかなぁ。」と振ると、予防にもなります。

◎質問者からの返答

それにしても、お稽古事にこういう使い道があるとは知りませんでした。


4 ● memo77
●30ポイント

「家庭のルールに従えないのなら、あなたを育てることはできないので、自分で生きていきなさい」といいます。

もちろん本気です。冬だろうが雨だろうが、身一つで外に出て行かせます。

未成年なので事件を起こした場合は親の責任になるので、最悪、子供を殺すつもりで話をします。

いま最年長は中学1年ですが、普通に納得します。

◎質問者からの返答

うわぁ、締め出しキタ!

いや、まぁ、私自身はよくされましたけどね。パンツ一丁で。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ