人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

会社勤めのサラリーマンから、会社を辞めて個人事業主になる場合の、社会保険関係の手続きについて、詳しい説明文章、又は、そのような詳しい説明のあるサイトを教えてください。
よろしくお願い致します。

●質問者: comcom9
●カテゴリ:就職・転職 医療・健康
✍キーワード:サイト サラリーマン 会社 個人事業主 社会保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● antipattern
●35ポイント

個人事業主であれば、非サラリーマンですので自営業者として国民年金、国民健康保険への加入になります。

・年金について

現在加入されている厚生年金の脱退手続きは、退職時に会社が行ってくれます。

ただしその後の国民年金への加入手続きは、原則として自分で行わないといけません。

自治体の役所、もしくは社会保険事務所に年金手帳を持って行き、国民年金に加入したい旨を伝えてください。

・健康保険について

国民健康保険への加入になります。

手続きは年金の場合とほぼ同様ですが、自治体の役所での手続きになります。

なお、サラリーマンを辞めてから2年間は、これまで加入されてきた健康保険の任意継続という形で、加入を続けることができます。

大抵の場合こちらの方がお得ですので、退職時に会社の総務、もしくは健康保険組合に問い合わせてください。

2年の任意継続期間が経過した後は国民健康保険への加入になります。

あとは

http://allabout.co.jp/career/freelance/closeup/CU20051231B/index...

のサイトに書かれているとおり、雇用保険や労災保険はなくなります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

参考になります。


2 ● toku4sr4agent
●35ポイント

既に1番の方が書かれているので補足事項のみ失礼します。


健康保険は

・国民健康保険

・会社に居たときの健康保険を任意で継続する(2年間だけ)

のどちらかになります。


但し個人事業主の場合でも、1年目の収入などが130万円未満で、なおかつ配偶者の方の収入の半分未満の場合には、

収入が安定するまでの間、

配偶者の方の扶養になることが可能です。

(これは配偶者の方が会社の健康保険+厚生年金保険に加入している場合ですが)

健康保険法上、配偶者の扶養に入ることが可能であれば、

収入が少ない間は、国民健康保険+国民年金への加入はしなくても構いません。


それと、健康保険を任意で継続する場合の保険料についてです。

今お持ちの健康保険証の保険者が

社会保険事務所の場合・・・任意継続した場合の健康保険料は今の倍程度とお考えください。

但し、11480円(介護保険料を含まない)より高い場合(例・12,300円)は、11480円の2倍の22960円が上限となります。

もし保険者が「健康保険組合」などの場合には、今支払っている健康保険料(お給料から天引きになっている健康保険料、介護保険料を含まない金額)11480円より高くても、

例えば22960円などの場合でも、その倍の金額45920円になるため、

(年額にすると55万円)

その場合には、国民健康保険にしたほうが健康保険料が安くなる場合があります。


念のため自分の加入している健康保険の種類と現在天引きされている健康保険料(40歳以上の方の場合には介護保険料も)

確認されたほうがよいと思います。


差支えなければ

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P26546941

からメッセージを送ってくださると助かります。

・健康保険の種類(保険者名)保険者名を明かしたくなければ保険者番号を書いてくださっても大体のことはわかります。

(法別番号で判断できるので)

・現在の保険料

・年齢

(はてなポイントを使わなくてもメッセージを送れます。)

http://d.hatena.ne.jp/toku4sr4agent/

のダイアリーのコメント欄に書き込んでくださっても構いません。


まずはご参考まで。

◎質問者からの返答

ご親切にありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ