人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

納得した情報に総額1000ポイント配分。海外から日本宛にDMや請求書を大量に(数千、数万単位)出すと、日本の郵便局の大口割引よりも安いというようなケースがあれば教えてください。どの国からどのような割引制度を使って出すとどのくらい安い(もし分かれば到着までにかかる日数)という情報がほしいです。

●質問者: gdswwr
●カテゴリ:政治・社会 旅行・地域情報
✍キーワード:ポイント 制度 単位 大口 海外
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● hamao
●500ポイント

http://www.hongkongpost.com/chi/postage/overseas/bulk/index.htm

船便で1回1500通or1ヶ月5000通以上

到着は中5日くらいのようです。

?20g 3.6香港ドル=約50.11円

?30g 3.8香港ドル=約52.90円

?40g 4.1香港ドル=約57.07円

?50g 4.5香港ドル=約62.64円

http://quote.yahoo.co.jp/m5?a=1&s=HKD&t=JPY

区分と通数によっては国内郵便の方が有利です

ex

?50gで1000通以上を区内特別郵便で配布する場合は日本郵政だと55円/1通になり国内便の方が有利になります

出す条件によって異なってきます(重量と配布区域の広さと通数)

◎質問者からの返答

ありがとうございます。引き続き情報をもとめます。


2 ● iikai
●500ポイント

お考えの方法はリメーリングといって、違法とされています。DMの印刷まで香港でやってしまうなら合法で、メリットはあるかも知れません。少し古い情報ですが、こちらに背景が説明されています。

http://hit.pos.to/seikei/post/up980127.htm

代表的だった香港やオーストラリアの料金も日本向けは値上げされましたので、

日本→発送国の送料も含めるとコストメリットは小さくなっています。

日本の郵便局の大口割引

http://www.post.japanpost.jp/dmfactory/medium/send03.html

よりも安い方法として、日本の宅配便業者のメール便もあります。ただしいずれもDMのみで、請求書などの信書ではこの割引はありません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。参考になります。実務的に有効性のありそうな(実際に合法的に安くなる可能性がある)情報を引き続き求めます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ