人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【部下の仲が悪いのはどうマネジメントすれば!?】現在、ある店舗の店長をしています。スタッフは3名です(私…男性と、女性スタッフ2名です)このうち、女性スタッフの1人が、気分のムラが激しく、もう一人の女性スタッフが辞めたいと言ってきました。どちらの女性スタッフも必要な人員なのですが、どのように対処するのがベストなのでしょうか?ご指導下さい。よろしくお願い致します。

●質問者: ビギン
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:スタッフ ベスト マネジメント 女性 対処
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● popattack
●17ポイント

すぐに激怒する方を辞めさせた方がいいでしょう。あなたがどちらも必要と思っていても

もう一人は辞めたいっていっているんですよね?どちらも残したいというのは厳しいかと

思います。仮に辞めたいといっている方が頑張ると言っても長続きはしないと思いますし。

それに新しい子が入ってきてもその子も同じような道をたどることになると思います。

だったらすぐに怒る子を辞めさせて新しい気のいい子を雇った方が結果的にいいように

思えます。店長に辞めるなんて中々言えない事だと思うので、彼女なりに真剣に考えた

結果そう言っているんです。やめてしまうのは時間の問題かと思います。

それに指導してなんとかなる子とならない子がいます。だいたいにおいて激しい子は

指導なんて無視か聞いたふりをするのが経験上多いです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

激怒はしないようなのですが、機嫌の良い日と、悪い日があり、

悪い日は、挨拶もしないような感じらしいのです。

激怒よりもタチが悪いですよね。。

確かに、なかなか辞めるなんて言えないですよね。

彼女を残すには、感情の起伏が激しい方を辞めさせるより他なさそうですかね。


2 ● なぽりん
●17ポイント

正直に「あなたたち両方が必要なのだ」というしかないです。

今までしてくれてうれしかった働きを、全部棚ざらえして本人(達)に数え上げます。

「あのときはうれしかった」「この店に必要な人だと思った」「お客さまもこういっていた」など、さがせばあるのではないでしょうか。

ただ、同じお給料もらってるのに気分のムラのある人のお世話を見させられるなら、世話係をさせられる人は客観的に割を食った気がするというのですね。

やっぱり今まで働いた分、一言で済む理由でもないと思うので、

まずはどうすれば解決できるか話を聞く時間をそれぞれにしっかりとることです。

できれば相手を尊重し合う長所を見いだしあってもらう。

どうしても相手のことを尊敬はできないというなら、

割を食う人にもそれなりの恩恵をつくってみるしかないかもしれませんし、

きっぱり影響が及ばないような処置をとる

(シフトの分離、男性にも世話を分担など)のもいいと思います。

それでダメならどちらかが辞めるまで

決着がつかないほどこじれつつあるのでしょうから、

当人同士が決着をつけるときまでに

新人を募集して一から鍛え直す覚悟をいまからしておくしかありません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

シフトの分離というのは、確かに良いかもしれませんね!

新人も募集していますので、新人を入れつつ、シフトの分離が

現実的かなと思い始めています。一筋の光明が見えてきました!


3 ● minkpa
●16ポイント

難しい問題ですね。

女性スタッフ双方の意見を個人的に聞く必要があるでしょう。

そして会社の方針として間違っているところがあればそれを改善させる。

出来るだけ優しく諭すようにしないと結局片方を失ってしまうでしょうからかなりうまい話術が必要です。

◎質問者からの返答

うまい話術。。正直、自信ないっす。

お前はダメだからこうしろ!と言うのは簡単ですが、その後、

人間関係が上手くいって、お店の運営も改善されるように理解してもらうのは、

大変ですよね。

言うだけなら簡単だが、言って理解させて動かすのは、

果てしなく大変ですね。でも、そういった人が、成功するのかなぁ。

頑張ります。


4 ● KUROX
●16ポイント

>もう一人の女性スタッフが辞めたいと言ってきました。

話を良く聞く。どこが嫌なのか。

・時給を上げれば耐えれるのか?

・同じシフトに何日(何時間)なら絶えれそうか?

等で、調整できそうな範囲なら希望を聞いて様子を見る

結局、頑張って調整してもやめてしまうかも。

>部下の仲が悪いのはどうマネジメントすれば

仲の悪いどうしは遠ざけるしか・・。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

確かに、今から関係の修復は難しいのかもしれませんね。。

とりあえず、話を良く聞いてみたいと思います。


5 ● にぎたま
●16ポイント

失敗の許されない大切な日になるべくバッティングさせないことが基本ですが、抜本的な解決にはなりませんよね。

お互いがお互いのことを避けたり、いやだと思ったり、苦手意識を感じたりするとそれが悪循環の始まりです。

ここはひとつ、店長が二人の棘をすこしでも丸めてみる努力をしてみてはいかがでしょうか。

たとえば、A子さんのいないところでB子さんに対して

「この前A子さんが○○○って言ってたよ」

とさりげなく言います。

○○○の中にはB子さんをほめる内容が入っています。

もちろんウソはいけません。実際に一緒に仕事をしているわけですから、過去にさかのぼれば絶対にほめる発言をしているはずです。

逆にB子さんのいないところでA子さんに対して

「この前B子さんが○○○って言ってたよ」

といいます。

繰り返しますがウソはダメです。

自分をほめる内容を他人経由で聞いた場合、その内容を素直に受け止められてさらにうれしいものです。(自分に直接言う場合はお世辞かもしれない)

ふとした機会に少しだけ、さりげなく言うことで。2人の間の棘が少しだけ丸まるのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

これは使えそう!嘘を言うと、バレたときに対処できないので、

確かに本当の事を言う必要はありますよね。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ