人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

『Photoshopで「-ALWAYS-三丁目の夕日」のような加工をしたい』
上記の通り「-ALWAYS-三丁目の夕日」のポスターのような加工を施したいです。
どんな加工かはリンク先(公式サイト)を見てください。
このような加工のやり方が載っているページを教えて下さい。
(「この本に載ってました!!」というアマゾンへのリンクでもOKです)

写真を絵画っぽくするような類似加工は幾つか見つけておりますが、どれもドンピシャではありませんでした。
昔のレトロ感溢れる映画ポスターのような加工を求めています。
宜しくお願いします。

http://www.always3.jp/05/

1196129674
●拡大する

●質問者: CyberBob
●カテゴリ:コンピュータ ウェブ制作
✍キーワード:ALWAYS Photoshop アマゾン ドン ポスター
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● you-pon
●14ポイント

こちらはどうでしょう

Photoshopで写真をベクターアートにするチュートリアル

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060930_vectorart/

◎質問者からの返答

ありがとうございます。でもブクマしてるページでした^^;

ベクターアートはあまりにも時間がかかり過ぎるし描くスキルが必要になるので、フィルタ系を駆使する感じで「レシピどおりに作れば簡単ポン」みたいな都合のいいものがあれば有難いです


2 ● inajob
●40ポイント

http://inajob.no-ip.org/dev/karuki_light_pub/karuki.html#_252Fte...

アドレスが長くてすいません

>>1のベクタライズ作業をinkscapeで自動化しては…?

と思ったのですが、結局はGimpで減色した方がうまくいきました。

若干自己満足のような感じではありますが、何かの役に立てば幸いです。

◎質問者からの返答

うおおおおお!

かなりキテるんじゃないでしょうか。

しかもわざわざ実践して頂けたなんて、なんと有難い!!

顔の細部はやはり人の手で微調整する必要はありそうですね。

ありがとうございます。ずいぶん参考になります!!


3 ● sokyo
●26ポイント

こんにちは。

Photoshop限定だとつらいなあと思っていたのですが、どうやら少し間口が広いようですので、

Illustratorも活用してやってみたいと思います。

最初に、Photoshopなどを使って、ビットマップ画像の色見などを調整しておきます。

例えば「カラーバランス」などを使って、イエローを強めにしたりするといいでしょう。

ついでに「アンシャープマスク」をやや強めにかけておきます。

これが終わったらIllustratorでの作業に。

http://allabout.co.jp/internet/cg/closeup/CU20050607A/

Illustrator CS2以降のバージョンには、「ライブトレース」と「ライブペイント」という機能があります。

上記URLは、このキーワードでGoogle検索したもの。

これを使って、まずはビットマップ画像をベクタライズしましょう。

たぶん、少しラフ目なほうがいい雰囲気が出るのではないかと思いますが、

細かい数字は画像にもよりますので、いじってみてよさそうなあたりに。

また、スウォッチに色を登録しておいて、そのパレットから色を選んでライブトレースする機能がありますので、

それを使うとうまい具合にレトロな雰囲気が醸成できるかもしれませんね。

さて、そのあとにPhotoshopでの作業に移ります。

今現在の画像はベクトルデータですので、輪郭線がくっきりしすぎていてちょっと不自然なハズ。

これをラスタライズして、今度はPhotoshopで作業しましょう。

輪郭線がうまい具合に溶け込めばいいので、例えば「ダスト&スクラッチ…」。

最後に「ノイズを加える…」で、いいあんばいに仕上がるかと思います☆

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

イラレのCS2は手元にありますので、一度トライしてみます。

できれば上記のやり方での結果などがありましたらより有難かったです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ