人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

格安航空券の価格設定について聞きたいのですが、なぜ往復航空券のほうが片道航空券より安いことがあるのでしょうか?
また同日のフライトなのに、片道である場合に満席といわれ、往復といった場合に空席があるといわれたのですがなぜでしょうか?
個人的にはバラで販売したほうが機会損失も減るし単価も上がるような気がするのですがここいら辺どのようなからくりになっているのでしょうか?お願いします。

●質問者: manmosu034
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:からくり フライト 価格 格安 機会損失
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● you-pon
●27ポイント

往復航空券の場合、旅行代理店には航空会社からキックバックが支払われているそうです

(下のリンクには、往復航空券は往復で乗ってもらわないと

旅行代理店は航空会社から正規料金を払えとペナルティーを受ける、

そのため往復で利用しない人には片道を売るとのことが書いてあります)

http://www.ryokojin.co.jp/4f/log/14airticket.html


2 ● KUROX
●27ポイント

格安航空券だから。

人気のない往復便の組み合わせで売ってるとか。

行き:夕方便+帰り:早朝便

セット価格なので、バラで売ることは事実上できないことになってるのでは

ないでしょうか?

同日のフライトでも、人気のある便の往復と人気のない便の往復では

同じ格安航空券でも値段が違うとおもいます。

>同日のフライトなのに、片道である場合に満席といわれ、往復といった場合に空席があると

>いわれたのですがなぜでしょうか

そういう場合は、要らないほうを使わないという人は結構います。

>個人的にはバラで販売したほうが機会損失も減るし単価も上がるような気がする

いや、正規割引チケットを買って欲しいので・・。

JALとかでも、格安チケットでなくて、JAL悟空を勝ってもらったほうがうれしいです。

あと、バラで売るようにしたら、格安にできないようになるので、

単価は上がるけど、販売店の利益が減るような気がしますが・・。

機会損失に関しても、本当にどの程度あるか不明です。


3 ● Drycap
●26ポイント

念のため、こちらのほうにも記載させていただきます。

一部、文章を書き改めました

------------------------------------------------------

ややこしくなりますので、国際線に限定してお話します。

格安航空券とは、本来、パック旅行など用に安価に設定された航空券がバラ売りされたものだからです。

(これを包括旅行割引運賃=ITといいます IIT=個人包括旅行割引運賃 GIT=団体包括旅行割引運賃の2種類あります)

包括旅行割引運賃はパック旅行用のため往復で料金設定がされ、航空会社毎に細かく条件、料金など異なります。

(パック旅行前提ですので、片道での料金設定をする必要がないわけです。)

http://hp.vector.co.jp/authors/VA008660/shurui.html


対して、片道の航空券は、一般に、正規航空運賃=ノーマル運賃でしか料金設定がありません。

正規航空運賃は、航空会社、旅行代理店の国際的な業界団体 国際航空運送協会=IATA( International Air Transport Association) で決められていますので基本的に、各社一律料金となります。

ビジネスクラス以上に関しては、正規航空運賃以外の料金設定がない区間がほとんどです。

ビジネスクラスをダンピングしている旅行会社は、正規航空運賃から、航空会社から旅行会社に支払われる販売報奨金などの手数料の一部を原資にし、実現しているケースが大部分です。

こちらも安価にするために、予約変更不可航空会社の変更不可などの制限が航空会社によってかけられます

このような理由の為、実売価格は、往復のほうが片道より安いということがおこります。



次に、座席についてお話します。

航空会社は、運賃により各便に座席の枠を設け、管理して、販売します。

この枠をブッキングクラスと言います。

http://homepage3.nifty.com/timetravel/FAQ.html#予約クラス

旅行会社では、航空会社が提供する予約システム(CRSといいます)を使いリアルタイムに座席の変動を追い、お客さまからの予約をとります。

http://www.axess.co.jp/crs/index.html

また、場合によっては、特定の旅行会社に、特定便の座席を割り振るケースもあります。

そのために、おっしゃっている、片道=ノーマルでは座席がとれなくても、往復=ITでは座席が用意できるということがおこるわけです。

なお、以前きいた話では、そのような状況では、片道予約をリクエストとして作成すると、すぐに航空会社からokがでやすいことになるそうです。

当然ノーマル運賃のほうが航空会社の収益が口上しますからね。

といっても現実問題、国により帰国分の航空券がないと入国が許可されませんし、市場のニーズを踏まえても、往復航空券が主になるのは必然のように思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ