人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

鍼灸治療、東洋医学的に「つわり」の原因、メカニズムと対処法(or 治療法?)に
ついて書いてあるサイトご存知ないですか?


または、解説できる方いらっしゃれば、ぜひ教えてください。

●質問者: samasuya
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
✍キーワード:つわり サイト メカニズム 対処 東洋医学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● mabell
●60ポイント

原因

http://go.rimgo.com/?eid=668606

東洋医学の基本的な考えとして、超簡単に言うと体によどみなく気がめぐっていれば健康と考えます。その気のめぐりが乱れると色々な症状を引き起こすのですね。

悪心・嘔吐などつわり症状を引き起こす直接的な要因は『胃の気の上逆』と考えます。つまり、胃の気というものは普通は下に流れて消化を助けているのに、逆流してつわりを起こすと言うことですね。

この胃気上逆を起こす背景因子としておおよそ3つに分類されます。

・胃虚型 胃腸が弱っている

・肝熱型 肝気が高ぶっている(ストレス系)

・痰湿型 脾陽不足(長年ずっと胃腸が弱く、湿気ている)

上記は基本的に鍼灸治療の際、使うツボを選ぶため体質を加味し、つわりの分類を考慮すべく判断基準にするのですが基本的に病気でない範疇で、そもそもつわりというものが起こる原因として東洋医学の考えは陰陽のバランスと言う原点の発想があります。

東洋医学の基本といえば陰陽調和なのですね。世界は、自然は、そして人間の体もまた陰陽調和したもの。本来妊娠する前は、一人の体として陰陽のバランスが取れているもの。そこに赤ちゃんと言う別の存在が入ってくる。いわば、母体にとっては自己完結していた陰陽バランスに乱れが生じる!

そこで大急ぎで、赤ちゃんを含めて新たな陰陽調和のとれた体内環境を作り直そうとしている時期、それがつわりの時期。それはちょうど、実際的に母子のバランスを強固なものにする胎盤の形成時期に当たるのですね。胎盤は新たな陰陽調和世界のキーファクターなのです。</span</p>

>

http://go.rimgo.com/?eid=668607

つわりと鍼灸

◎質問者からの返答

おお、ありがとうございます!

実際にどのつぼにお灸するのか?どういう考え方で施術するのかなども

書いてあれば、なお良いって感じなんですけど、それは体質、

体調によるんでしょうかね・・・。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ