人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本が戦争で大敗したのにもかかわらず、
戦後の「経済戦争」である程度、成果を収めてこれたのはなぜでしょう?

平和な民だから戦争は苦手だとは思うのですが、敗戦によって、やはり改革がなされたからですか?

戦後のリーダーは積極的にMBAなどを取ったという話は聞きませんが、米国の合理的な考えを積極的に取り入れた結果でしょうか?

日本人も日本の組織の特性もそう変わったとは思えないので、不思議だなと思っています。

●質問者: tanbow
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:リーダー 不思議 平和 戦争 戦後
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● YUI2007
●5ポイント

日本人は器用でそこそこ頭がいい

そして極めつけはアメリカのケツの穴なめてるからだと思います

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

やっぱりそうなるのですかね。。


2 ● tokyoyama
●10ポイント

戦後の復興期に防衛費に国家予算を費やさなくてよかった事は経済にとっては非常に有利だったのではないでしょうか。

日本が軍隊を持つ事を国際社会は許さなかったわけですが、逆にそれが経済発展には有利に働き経済大国に押し上げる原動力となるという皮肉な結果をもたらしたのでしょう。

さらに朝鮮戦争による特需と日本の周囲の環境に依存する部分はあったと思います。

あと付け加えるとすれば、よく戦後に先進国になったと思われますが、戦前から日本は先進国であり技術的なベースはすでにしっかりとしたものが出来上がっていたからこそ大きな成長が出来たのだと考えるほうが自然ではないかと思います。

http://q.hatena.ne.jp/1196403043

◎質問者からの返答

そういえば軍事費をかけてない国は稀ですね。戦前からあった技術が

軍部や政治家がいなくなってうまく飛躍したのかもしれませんね。


3 ● kubira711
●10ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1196403043

?ミッドウェーの電探(レーダー)性能差による敗北→?飛び石作戦によるB29大挙襲来→?長崎、広島の原爆→?敗戦→?日本人による日米生産能力差の認識→?戦後復興?→科学繊維の開発→?高度成長→?→日米基礎研究投資の差を認識、日本の国家予算による基礎研究重視?変動為替レートの導入→?ハイテク輸出の一人勝ち→?外貨準備高世界一→?銀行預金残高千二百兆円→?マジソンスクェアガーデン買占め→?オイルショック→?田中角栄による中東歴訪と石油直接買い付け→?ロッキード疑獄による田中角栄の失脚→?レーガノミクス→円高誘導→?→土地、住宅バブル崩壊?BIS基準による日本の銀行の海外営業の制限

このあとまだまだ続く日米経済戦争物語

◎質問者からの返答

結構やったりやられたりなのですね。でも案外互角に戦えてるのは小国なのにすごいです。プラザ合意とかBIS規制とかルールをいきなり変えた中で、よくやってるな?と思います。


4 ● かわせみかげ
●35ポイント

朝鮮戦争の戦争特需の余波などで経済発展したとも言われていますが、

非戦争時に発生する必要技術に対する思考の礎となる物を考えが育っていたのが大きな違いではないかと思います。

日本だけが大幅に優れた経済発展を得たのではなく、他国が経済運営のみで日本ほど優れた成果が取れなかったに過ぎないのでは無いでしょうか?

ある意味外国に戦争を行い自国の利権を拡大させ経済発展とするのは安直で即効性があるでしょう。

利権だけでなく、国外に敵を作る事で、簡単勝つ即効的に不満の解消を外へ向けさせ、国家に向かっていた不満を愛国心へ反転させる意味もあるのでしょう。

しかし、それらの手法で治世をしてきた国々が、その戦争と言う手段が取

上げられたらどうなるのか???

日本の場合、鎖国や陸続きの国が無く、戦争で簡単に経済発展すると言う思考が育たなかった。

その分戦争を行わないで、効率的な経済運営する為の仕組みのシミュレーションで政治安定を行ってきており、その個性が核の影響とベトナム戦争などの反戦する流れ、東西冷戦とマッチして、日本が一歩進んだ経済成功を収めた面があると言えます。

いわゆる、戦争による政治運営を得手としてきた国家が、その選択肢を制限された結果、遅れてのスタートとなる別行動を取らなければならなくなったので。

優れた非戦争の経済発展と言われるものは、今現在まで存在している経済活動での効率化の手法とかと一致しているといえます。

戦争で成長する発展・効率化は存在しますが、非戦争で得られる発展・効率化は別に存在すると思います。

単純に言うと、消費の美学から節約の美学に大局が変化した際に、日本の持っていた節約の美学に対する考えが先行する形となったと。

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8...

◎質問者からの返答

略奪、戦争経済で成り立ってる国しかいない中で、日本は平和的に商いをするアイディアを持っていたということですね。


5 ● castiron
●20ポイント

民主主義国家であるにもかかわらず社会主義国家のような経済産業省を中心とする計画的な経済成長を推進できたから。

(日本人は周りに流されるのが好きですから)

日本のコンピュータの歴史とか見ると面白いと思いますよ。

経済産業省 - Wikipedia

◎質問者からの返答

民主主義のだめな点をうまく社会主義のいい面で補っていた感があります。

いまのロシアか中国は、その逆みたいな感じですね。

日本は今どちらの主義の悪い面に苦しめられてるような気もします。


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ