人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【星までの距離の誤差】
地球から遠い星までの距離は、セファイドなどを使って測るらしいですが、視差に比べて「ずいぶん適当だなぁ」と思います。
曖昧な質問ですが、「そんなもんでいいんでしょうか」?


●質問者: たも
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:地球 曖昧 視差 適当
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● KUROX
●30ポイント ベストアンサー

http://www.kouka.ne.jp/~w1022077/distance1/distance.htm

技術的にそれしかないのでは。

>「そんなもんでいいんでしょうか」?

もともと適当な分野ですから。


2 ● どんジレ、どんさん
●30ポイント

id:ttamo さん、こんばんは。


http://www.astroarts.co.jp/news/2004/01/28pleiades/index-j.shtml

「アトラスまでの距離は434光年から464光年の間」(記事より引用)

↑天文学的にはこの幅で精度が高いそうです。


http://astronomy.lolipop.jp/m45.html

「350光年以上も離れている」(記事より引用)

↑これはアトラスが属する星団について、他の方がかかれた文章です。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%8...

「400光年の距離」(記事より引用)

ウィキペディアでは、ざっくりと400光年と表記していますね。


なので、id:KUROX さんのお答えに同意、という流れなのですけれども、鷹揚なジャンルなんですね。以上、参考になれば幸いです。


3 ● roswell-liz
●30ポイント

>「そんなもんでいいんでしょうか」?


そんなところでしょう。

私も堂々と螺旋星雲(フェリクス星雲)のビデオで距離を650光年(450光年説も有り)と字幕を入れたにもかかわらず、関連の静止画ページではどうでもいいやという気持ちで間を取った距離にしたような記憶が・・・

200光年の誤差は可愛いものですよ。億光年単位になったらならば、天文学者によって数億光年や数十億光年の誤差は当たり前だし、宇宙の歴史も150億年から120億年までなど寛容な幅がありますしね。

とりあえず今のところは、137億年となっているけれども完全に宇宙の端まで計測できているわけでないので、権威に頭が上がらないというところでしょう。

はっきり言って生涯を越えるような光年距離の単位は、誰も確定できないでしょう。

まして、銀河同士が引き合ったり反発しあったりしているのだから、一瞬の正確な距離は当てはまっても一年単位で継続できる距離は、まずないはずです。

もっと身近に太陽系でも地球と他の惑星などは秒単位で変化しているわけだし、通用している距離も概算でしかないのですよね。

そもそもが私たちの常識になっている1光年の距離にしたって、宇宙の常識ではなく私たちが勝手に決めているものです。

地球の1年が他の惑星にとって、半月であるかもしれないし数百年、数千年であるかもしれないわけで、地球尺度が宇宙にも適用できるというのは、どういうものかなぁと思いますね。


http://cosmos-vision.net/index.html


ただし、将来は、星間旅行で必要なものですからこれからの世代が天の川銀河のオリオン系だけでも通用する距離尺度を考案するのは間違いないでしょうね。

近い将来の大いなる希望としては、せめて火星までは1ヶ月くらいで到達できる乗り物を数十年以内に何とかしてほしいなぁというところです。

そうすれば、足腰がまだまともなうちに赤い惑星の不動産で稼ぐことができますからね。チェイニーと仲良くなれば、赤い惑星の不動産権利書が捨てるほど入手できるようですが・・・真偽は定かでありません。星間距離の測定と似ています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ