人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

何かをはじめたら、「早めに見切りをつけた」ほうがいい場合と「最後まで頑張った」ほうがいい場合があります。どのような場合や状況のときに、どちらを選択した方がいいかを、包括的に考察している議論を探しています。 生物の進化戦略なども、きちんと学術的に視野にいれて議論している議論だったらさらによしです。JSTやNIIの情報も駆使して探してもらえるとありがたいです。

●質問者: isogaya
●カテゴリ:ビジネス・経営 科学・統計資料
✍キーワード:JST NII 包括的 戦略 生物
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● sarumonkey
●27ポイント

ステージゲート法を活用した研究開発の評価について

これは参考になりませんか?

http://park1.aeonnet.ne.jp/~naoshi.uchihira/jssprm2005.pdf

http://www.jaist.ac.jp/coe/library/jssprm_p/2004/pdf/2004-1B12.p...


こんなセミナーもあります

http://72.14.235.104/search?q=cache:VHFRQKnc7rUJ:www.nts-book.co...

◎質問者からの返答

はじめてききました。ステージゲートですね。他にも手法はあるのでしょうか?


2 ● どんジレ、どんさん
●27ポイント

id:isogaya さん、こんにちは。


>「早めに見切りをつけた」ほうがいい場合と「最後まで頑張った」ほうがいい場合


包括的な考察・議論というと難しいのですが、勝てる見込みがあるなら続けた方がいいでしょうし、ダメージを受ける可能性が高いなら早めに見切りをつけた方がいいですよね。投資家や経営者の方に話を聞くと、ヒントがもらえるかなぁと考えました。それで、調べてみたのですが、今回のご質問の場合は「撤退」の潮時に関する考察が参考になるのではないかと思い至り、下記2冊にたどり着きました。参考になれば幸いです。


撤退の研究―時機を得た戦略の転換

撤退の研究―時機を得た戦略の転換

  • 作者: 森田 松太郎 杉之尾 宜生
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • メディア: 単行本

日本人は、なぜ同じ失敗を繰り返すのか 撤退戦の研究 (知恵の森文庫)

日本人は、なぜ同じ失敗を繰り返すのか 撤退戦の研究 (知恵の森文庫)

  • 作者: 半藤 一利 江坂 彰
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • メディア: 文庫

◎質問者からの返答

面白そうですね。これから、敗者が増えるのでしょうから、重要かもしれません。


3 ● arakai
●26ポイント

社会への応用についてはあまり詳しいものは知らないですが、基本的には動物行動学で用いられる、最適採餌戦略の理論が使われているはずです。

生態学第8回

Ciniiで数件しかでてこないですが、

短 報 最適採餌理論の情報探索行動への応用

このようなものはいかがでしょうか。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。このような議論はあまりないということでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ