人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

知人の借金の過払い請求の件でお伺いしたいことがあります。
知人が、昭和56年頃より、地元では大手の金融会社から以下の条件で繰り返し借入を行っていました。

?自己所有の土地に2000万円を極度額とする根抵当権が設定されている。
?基本的に一括返済の契約だが、平行していくつかの契約を行っており、契約書を見ると新規契約であっても、
多くの契約書の但書きに「A、B、Cの残金を含む」(A、B、Cは前にした別の契約)などと書かれており、すべて
が純粋な新規契約ではない。

土地を担保の借り入れで、金額も1回の借り入れにつき、数百万?1千万円と高額なうえに、リボ払いではない
ものの、極度額を定めたカードでの取引とあまり変わらないと思うのですが、このようなケースの場合、一括返
済であっても、従前契約の残金を含むものは単に借り増しとして計算し、一連の取引としたうえで過払い請求は
可能でしょうか?
ご存知の方ご教示ください。よろしくお願いします。

●質問者: o_hyro
●カテゴリ:経済・金融・保険
✍キーワード:なう カード リボ払い 会社 借金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● KUROX
●60ポイント

http://www.saimuseiri.net/kabaraikin/kobetu.htm

可能かもしれないけど、裁判所の判断になるのではないでしょうか?

もちろん、過払い請求して、金融会社が応じれば、裁判の必要もないと思われます。

10年で時効のようですので、10年前まではなんとか請求できるのではないでしょうか?

◎質問者からの返答

ん?なるほど、やはり裁判所の判断ということになりますか。

個別取引か一連の取引かで金額が雲泥の差になるので、できれば同様のケースでの判例や、和解等であっても原

告側の準備書面があればと思ったのですが。

時効においても、従前契約の残金が新規契約に組み込まれることにより一連の取引と認められれば、かなりの数

の契約が時効を免れ、過去に遡って請求が可能になるので、是非とも確実にしたいところです。

引き続き何かご存知でしたらよろしくお願い致します。

また、この件には続きがあり皆様にお聞きしたいことがまだあったのですが、文字数制限のため分割して質問せ

ざるを得なかったので、ご存知の事がありましたら合わせてよろしくお願い致します。

ご回答ありがとうございました。

http://q.hatena.ne.jp/1197058614

http://q.hatena.ne.jp/1197058931


2 ● YUI2007
●10ポイント

まずはじめに、取引当初から現在までの『取引履歴』の開示を求め、トータルとして過払い金額がどのくらいになるか、確認するとよいと思います。 取引履歴の開示は、ご本人でも可能です。 業者の中には、途中で契約更新をして、それにより「従前の取引は関係ないと主張してくる」こともありますが、あくまでも当初からすべての開示を請求してみてください。

◎質問者からの返答

すでに取引明細は業者から取り寄せており、過去10年分の取引を、すべて個別取引として計算しても過払い金は

600万円を超えています。

1.の回答者様の返信欄でも触れましたが、一連の取引と認められる場合には、途中ブランクがあり昭和56年から

は計算できないものの、少なくとも平成3年からの請求が可能で、金額もかなりの高額になります。

そこで、『一連の取引』として認められるための根拠となる何かが欲しかったのですが…。

引き続き何かご存知でしたらよろしくお願い致します。

また、これも1.の回答者様の返信欄にも記載致しましたが、この件には続きがあり皆様にお聞きしたいことがま

だあったのですが、文字数制限のため分割して質問せざるを得なかったので、ご存知の事がありましたら、合わ

せてよろしくお願い致します。

ご回答ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ