人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今日は真珠湾攻撃した日です。ルーズベルト大統領が,真珠湾攻撃を知っていながら,放置したという説をどうおもいますか?
以下参考文
☆真珠湾奇襲攻撃はアメリカが既に察知していたが、戦争を開始する世論を形成するために先制攻撃させたというのがアメリカ議会でも明確に認識されている。
1999.05.25 アメリカ上院・真珠湾当時のハワイで降格させられた、ウィリアム・シュート海軍大将 ハズバンド・キンメル陸軍中将の名誉回復決議・(理由)ルーズベルト政権の上層部が、日本軍の攻撃を知りつつ現地軍司令官に「意図的」に連絡しなかった事実があることが情報公開法施行後、それまで隠蔽されていた公式文書で明らかになったため。
http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9F04E1DA1031F935A15756C0A96F958260


●質問者: rthuk
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:アメリカ ウィリアム シュート ハワイ バンド
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

[1]日付を誤っていませんか? yamadakouzi

真珠湾攻撃は日本時間で12月8日未明となってます。

今日はまだ7日です。


[2]卑怯 tinkiti

アメリカの偉い人はいつの時代も卑怯ですね。

自国民が犠牲になろうと関係なし。

最近でも石油が欲しくてしょうがいない偉い人が、核兵器だ査察だなんて言って戦争ふっかけたりもしましたね。

日本はアメリカの同盟国ですが、きっと使い捨てになるんでしょうね。


[3]>1 アメリカでは rthuk

七日です。


[4]>2 現代でもこれですからね some1

>「同時多発テロ陰謀説」に拍車をかける、謎の飛行機映像

http://news.livedoor.com/article/detail/3416681/


[5]アメリカの国内問題 I11

「もし大日本帝国が奇襲するなら反撃しやすい」とルーズベルトが考えていたのは事実のようです。そう考える背景には「大日本帝国を先制攻撃しても米国民は支持しないだろう」という政治的判断がありました。アメリカ国民はずっと「名誉ある孤立」「攻撃よりも外交を」「戦争より平和を」を望んでいたので、ルーズベルトは先制攻撃を決断することはできませんでした。

先制攻撃をせずに戦争に勝つにはどうしたらよいかという時に、ルーズベルトは「大きな犠牲が出れば愛国心は燃え上がるだろう」と考えたわけです。

そしてそうなった。

つまり、これはアメリカの国内問題であって、日米外交や開戦の動機とは別問題です。

アメリカ政府内にどういう動機があるとしても、大日本帝国は戦争という手段を使うことなく外交手段によって国際紛争を解決できたのであり、にもかかわらず戦争という手段を昭和天皇自らの意思によって武力行使に及んだのですから、ルーズベルトの気持ちや判断によって昭和天皇の戦争判断の評価が変化することはあり得ません。


[6]それほど単純でも seble

ないと思います。

あなたが日本の首相で、内閣調査室あたりから3時間後に北朝鮮が南侵と日本侵攻を同時に開始するという情報を得たとして、いきなり戒厳令かなんか発しますか?

まず情報の確認やら、韓国や米国との調整やら、お役所仕事を始めるんじゃないでしょうか?

予想はあくまで予想であり、絶対確実とも言えません。

当時は人工衛星はおろかレーダーでさえほとんどなかった時代です。

警報を出すべきというのは後知恵であり、ハワイからさらに離れたワシントンでどこまで現実的な対応ができるやら、かなり疑問です。

もちろん、アメリカから見れば辺境であるし、軍隊だって駐留しているのだから何とかなるだろう、みたいな安易な判断もあったかもしれません。

という訳で、そう簡単に白か黒かという判断は難しいと思います。

で、日付もおかしいですけど、今時分に真珠湾奇襲を察知したんですかね?

(もっと前かな?)


[7]>3 質問時間ではまだです yamadakouzi

質問時間ではアメリカはまだ6日です


[8]政治的手法としてはあり。 saitohsan

じゃないですか。

まあ、日本大使館の人間がどんちゃん騒ぎやっていて、暗号電文翻訳するのに時間かかったとか、いろいろありますよね。


[9]たとえ罠にハメられたとしても rihaku2007

日本の指導者の無責任、無計画ぶりは如何ともし難いものがあるように思えます。あまりにも簡単にアメリカの設けた罠にかかったという印象です。結局、この大戦で、アメリカに日本の底力を見せつけたのは、無名の兵士の方々。「日本の軍人は階級が上がっていくほど馬鹿になっていく」とイギリス人に言われたというのも、現在の官僚機構を見ればある意味説得力がありますしね。


[10]>5 「もし大日本帝国が奇襲するなら反撃しやすい」 rthuk

これはどこの文献ですか?

なぜそういいきれるのですか?具体的な根拠は?

今のところはっきりした証拠はないはずです。


[11]911テロとの奇妙なリンク rthuk

名誉回復の決議は通り、上院だけでなく下院も通過(2000.10.11)

911テロの犯人はテロ実行前、日本にきています。神風特攻隊の国、日本。

「ハイジャックした旅客機による自爆テロ」という題材を扱ったトム・クランシーの「日米開戦」(en:Debt of Honor)、「合衆国崩壊」(en:Executive Orders) はテロ直後からその類似性がマスコミなどで取り上げられていた。


名誉回復の決議はアメリカの日本の「だまし討ち」を象徴するものであり、2000年10.11に決まったこの決議に反対し、日本に一度来て、特攻隊のように、2001年9.11旅客機の自爆テロという方法を選んだのではないか???

ブッシュは真珠湾も明確に「テロ」だといい、911テロと同じレベルで表現している。おそらく、このリンクに気づいているのだろう。


[12]>8 中華料理を食べに行っていた rthuk

と記憶してますが。

大使館は「宣戦布告」を米側に提出するよう求めていたんで、暗号はきてませんよ。

真珠湾の直前だし。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ