人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

福岡簡裁平成18年3月27日判決(敷金返還請求事件)の全文を教えてください。
よろしくお願いします。
要約等は不要です。

●質問者: jossie
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:判決 平成 敷金 福岡 簡裁
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● knight_apple

福岡簡裁平成18年3月27日判決

マンションを中途解約した事案で、

(1)敷引15万6000円(家賃3ヶ月分)の敷引特約について、その合意内容が当事者間において明確で、合理性があり、賃借人に一方的に不利益なものでなければ、直ちに無効とはいえないが、合理性がなく、消費者契約法10条により無効。

(2)賃貸借期間1年以内の借主による一方的解約は、貸主に不測の損害を与えること、1ヶ月前の予告があったとしても、新たな借主を見つけるには2ヶ月程度を要することから、家賃1ヶ月分の違約金特約は9条1号、10条には反しない。

とした判例。


敷金35万円・敷引30万円の敷引特約を消費者契約法10条により無効

全文というと、これ以上ですよね?

◎質問者からの返答

そうです。

わかっていながら回答される方がいるとは思いませんでした。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ