人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

急ぎなのですが、有価証券報告書を見ていると

第三者割当増資をする際に、
「発行価格」と「資本組入額」が同じときと、値が半分(後者が小さい)時があるのですが、これは一体何の違いなのでしょうか?教えてください。

●質問者: Waki
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:価格 後者 有価証券報告書 資本
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● gkkj
●60ポイント ベストアンサー

会社法445条2項ご参照ください。これを適用しています。まあ、「資本金」にしないだけで、「自己資本」にはなるので、資本組入れしないからといって、払込金が無駄遣いされるわけではありません。

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H17/H17HO086.html

(資本金の額及び準備金の額)

第四百四十五条 株式会社の資本金の額は、この法律に別段の定めがある場合を除き、設立又は株式の発行に際して株主となる者が当該株式会社に対して払込み又は給付をした財産の額とする。

2 前項の払込み又は給付に係る額の二分の一を超えない額は、資本金として計上しないことができる。

3 前項の規定により資本金として計上しないこととした額は、資本準備金として計上しなければならない。

4 剰余金の配当をする場合には、株式会社は、法務省令で定めるところにより、当該剰余金の配当により減少する剰余金の額に十分の一を乗じて得た額を資本準備金又は利益準備金(以下「準備金」と総称する。)として計上しなければならない。

5 合併、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転に際して資本金又は準備金として計上すべき額については、法務省令で定める。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ