人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

将来上場させるつもりで株式会社を経営する際に
「自分(創設役員)にお金はない」
けど
「(創設役員として)議決権は確保して経営したい」
という場合に参考になる資本政策ってどのようなものがありますか??

株主としては、事業的なシナジー(事業的な取引など)を求めるような取引会社・事業会社や商社などをイメージしていて、金銭的なリターンを求めるようなベンチャーキャピタルなどではない対象を考えています。

●質問者: Waki
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:お金 イメージ シナジー ベンチャーキャピタル 上場
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● KUROX
●35ポイント

優先株式

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%84%AA%E5%85%88%E6%A0%AA%E5%BC%8...

>議決権に制限を加えることができる

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

種類株式以外ではありませんかね?


2 ● sinobu36
●35ポイント

資本政策ではありませんが、株主間契約を締結し、個々の株主が発言する形式から、株主が相互に連携するようにしてはいかがでしょう。

あなた(A)と株主1(B)と株主2(C)の3名で株式の50.1%を保有していれば、A?B?Cであなたの会社の運営に関する事項について契約を締結するとします。紳士協定的な意味合いもありますが、契約違反の際の特別条項(株式を第三者に売却しようとする場合は、まず契約相手方に売却を打診する等)をつけておけばさらにいいと思います。

ただし、上場審査の際に株主間契約は嫌われますので、証券取引所の上場審査の前(具体的には幹事証券会社の審査時)に株主間契約を破棄することになろうかと思います。

URLはダミーです。

http://bb.yahoo.co.jp/

◎質問者からの返答

ご提案はうれしいですが、増資しない前提でですよね、それは。すみませんが参考になりませんでした。質問の仕方が悪かった可能性はあります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ