人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】リブ・ラブ・サプリ?FORTUNE #003

「今日をちょっと楽しく、ちょっと特別にすることって何だろう?家で過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら…」と展開してきた “リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつ、FORTUNEバージョン。FORTUNEとは「幸運」。イエと日々に幸運を呼ぶ、幸福を招く、ちょっと幸せな気分になる、そんな暮らしのサプリを生み出していきませんか?衣食住、健康、リラックス、生活習慣…。日々の小さな幸せになることなら何でもOK!毎回のテーマをヒントに、幸せのサプリ、そこにこめた思いや由来とともにメッセージ下さいね。
※日本と世界の言い伝え&おまじないも常時募集しています!

#003 THEME:「贈り物」「布」「キッチン」+「言い伝え&おなじまい」

サプリ例はコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20071212

プレゼントはコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20071028#SapriF

※今回の「いわし」ご投稿は12月17日(月)正午で終了とさせて頂きます。

1197435548
●拡大する

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:12月17日 theme いね いわし ひとつ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 388/388件

▽最新の回答へ

[1]ハンカチでバービー人形の服を作っていました fumie15

ハンカチと輪ゴムで作る洋服の本があってまねをして作ってみたけれど、どうもうまくいかない。母に手伝ってもらいながら、やってみたら、売り物になりそうなほど、うまくできました。母ってすごい


[2]ボタン付け fumie15

小さいころ、母がボタンをつけるのをみてやってみたくなった私は母に頼んで、端切れとボタンと裁縫用具を貸してもらいました。

でもなぜかバランスが悪いのです。

でもは母ほめてくれてうれしかったのを覚えています


[3]花言葉 Kumappus

花を贈るなんてケースは限られるんですが、(そんな予定もないのに)注意しなきゃなーと思っていたリアル厨房だった僕が覚えているのは

「バラの花言葉は『情熱』、しかしこれは赤いバラだけで、黄色いバラを送ると『軽蔑』やら『別れよう』の意味になるので要注意」

というものでした。

http://www.j-area2.com/flower/rose/message.html

他にもいろいろあるんでしょうね。気にしてないけど。


[4]手作りのぬいぐるみのプレゼント fumie15

ほとんど寝たきりで入院中だったとき、友達から手作りのくまのぬいぐるみをもらいました。可愛くてその友達が励ましてくれるような気がして心強かったです。

今でも大切にしています。


[5]>1 すごいですね。 sayonarasankaku

こういうときに、お母さんてすごい!って見直しますよね。

私も見習いたいです。


[6]贈り物を風呂敷で包む ootatmt

先日、ちびまる子ちゃんを見ていたときに、まるちゃんのおばあちゃんが本を風呂敷でうまく包んでいました。

そのほかにもビール瓶やボールなどもきれいに包めるのですね。

いろんな包み方を知って風呂敷をうまく使えるようになるとかっこいいかなと思いました。


[7]食器洗い機 ootatmt

食器洗い機は、いまやキッチンの必需品!?

使わないという人も多いようですが、一度使ってみると便利ですよ。

洗えないんじゃないかという心配もあるようですが、コツさえつかめば心配要りません。

食器洗い機をうまく使ってゆとりのある生活を。

(宣伝文句みたいになってしまったw)


[8]ハンカチを帽子代わりに sayonarasankaku

子供達がまだ赤ちゃんだった頃、

大判のハンカチを、帽子がわりにしていました。


バンダナのように頭をくるむんですけど、

ハンカチの柄で簡単に印象がかわるので良かったですよ。


帽子も持っていたんですけど、

夏はほとんどハンカチで過ごしてしまいました。

何枚か揃えても、金額的にも手頃だし助かりました。


[9]>7 使いたい・・・ fumie15

14年前家を新築したときにつけたのはいいですが、母がいまいち使いこなせなかったらしく2,3回使って、使うのをやめてしまいました。

結構立派なものなのに。


[10]てるてるぼうず monkey_timpo

最近あまりみかけません。私が小さい頃にはよく作った記憶があります。母からガーゼや大きめの台ふきを借り、せっせと作っていた記憶がまだあります。また、雨は嫌いだったので晴れて欲しいと願い、天気予報なんてそっちのけで作っていました。今大人になってみて、振り返って考えてみると非科学的極まりない話ですが…。

今の子供達は時代が時代ですし、子供の頃からもうすでに科学的理論が絶対だと気づいているんでしょうか?夢なんてものは無くなってしまったのでしょうか?

ぜひとも頭にいっぱい夢の詰まった、頭でかちんのてるてる坊主が窓越しに見える、そんな日がまた来ると信じています。


[11]>4 私も友達に choco-latte

高校生のときにテディベアのヌイグルミを作ってくれた事があります。

私は裁縫が苦手だったのでとても羨ましく思いました。


[12]端切れが捨てられない。 sayonarasankaku

布で何か作るとでる端切れを、なかなか捨てることが出来ません。

パッチワークなどをするんだったらいいんでしょうけど、なかなか次回に活かせないのです。

それでも、ある程度の大きさの布地はついつい取っておいてしまいます。


端切れを見て

「これは幼稚園の通園バッグにしたなぁ」とか、懐かしさにひたってしまうこともあります。


[13]抜けた乳歯を屋根の上か床下に some1

ばあさんがそういってて小さい頃に屋根に向ってベランダから歯を放りあげた事があります。

ネズミの丈夫な歯と代われみたいなまじない文言をいってたような。

でも、

「上の歯が抜けたら床下」「下の歯が抜けたら屋根」の伸びる方向説と

「下の歯が抜けたら床下」「上の歯が抜けたら屋根」元にあった側説とが

家の中でも統一されてなくて、家族内であーだこーだって議論になった記憶の方が、

子供心にも「あまりにいい加減だな。別にどっちでもいいよ」と白けました(笑)

まー、所詮、まじないですからね。


[14]>10 運動会や遠足の前によく作ってました。 matakiteshikaku

そのまま放置されて、ベランダでボロボロになっていたりするのですが。


[15]>11 ウェディング用の rikuzai

身内の結婚式の時に渡すプレゼントに、ウェディング・ベアならぬウェディング・チワワのペアのぬいぐるみを作ろうと、

先日キットを買ってきました。

以前にミニチュアダックスのキットを作って友達にプレゼントしたことがあったのですが、

意外に好評だったので味をしめてみたり。


[16]いらない布を裂いてひもにして編む。 hanatomi

いらない布を裂いて、ひもにして大きめのかぎ針であむだけで、玄関マットなどが作れますよー!


[17]>14 ティッシュとマジック hanatomi

作ってました!ティッシュとマジックで!

子供ですね^-^

作って逆さにして、のきの下につるしていました


[18]合格祈願のお守り rikuzai

高校の頃のお話です。

私たちの学年の女子の間では、友達や部活の先輩後輩の間で、大学入試の合格祈願として、

オリジナルのお守りを作って贈りあうのが流行っていました。

フェルトや布でマスコットを作ったり、折鶴を折ったり、手紙を書いて器用に折ったり。

お互い色々趣向を凝らしたものを作っては楽しんでいました。


実際に入試の時は、そのお守りを学生服のブレザーに仕込んで、

(数が多かったので、まさに「仕込む」状態)

なんだか着膨れしたような格好で試験を受けました。


いまだにこの「お守りブレザー」は我が家のクローゼットに眠っています。

・・・捨てるに捨てられないのです。


[19]>15 ぬいぐるみ hanatomi

ぬいぐるみ癒されますね。

本当に・・

やわらかいものを貰うと、心までやわらかくなる気がします。


[20]>18 私も! hanatomi

懐かしいことを思い出させていただいてありがとうございます。

私も作ってもらいました。お守り!

私は、姉から貰ったのですが、大切に今でも持っています。

本当にうれしかった。

フェルトで作ってあって、合格祈願と刺繍が入っていました。


[21]自分じゃ買わないけどプレゼントになら! なもの teionsinonome

自分じゃなかなか買わないけどプレゼントにするならこれだ!っていうものありませんか?

先日先輩の結婚パーティーがありお祝いにタオルと石鹸のセットを贈りました

コンランショップのふかふかタオルに洋ナシの形の超!高級石鹸

石鹸はなんと7000円! 初めて見ましたこんな高級なもの!

友人と連名で買ったのですが、「実はこんな石鹸があって・・・」と提案する時はやっぱり遠慮遠慮でしたが、友人も「お祝いだもの これぐらいやらなきゃ」とノリノリで賛成してくれて嬉しかったです

価値の分かる人へはやっぱりいいものを贈りたくなっちゃうますよね


[22]手作りのロールスクリーンで朝の目覚めの光を自在に演出 watena

自由な布を取り付けてロールスクリーン、つまり巻き上げ式のカーテンに出来るというキットを見つけ購入しました。上部の巻き上げロールの関係からあまり厚い布は使えないことが分かりましたが、逆に薄い布なら光が透けて綺麗だろうと考え、寝室の東の窓に設置してみたところ、布を変えて朝の目覚めの「色」を自在にプロデュースできる、とても素敵なスクリーンになりました。

もっとも布の交換にはちょっと手間がかかりますし、ある程度コシのある布でないと巻き上げ時にシワになってしまいうまくいかないなど、厄介な点は多々あります。が、お気に入りの布を通して差し込む朝日は目覚めをとても快適にしてくれますから、手間を掛けるだけの価値はあります。秋から早春までは暖かな色の布を、半袖で過ごせる時期は涼しげな布をと何パターンか用意しておくと、オレンジや黄色の布なら花畑の中で、グリーンの布なら森や草原の中で、ブルーの布なら空や海の中で目覚める雰囲気になります。

なお、私が使っているロールスクリーンメカの入手先をご紹介しようと売っている所を調べていたら、どうも私の使っている商品は製造中止になっているようでした。同様のロールアップ式メカが「大型インクジェットプリンターで印刷したメディアを装着するためのロールスクリーンキット」として売られていましたので、これが同様に使えるかもしれません。

http://www.signonline.co.jp/online/detail/2-20143000-10000000070...


[23]>16 どこの地域だったか忘れたのですが、 teionsinonome

着倒した着物を裂いて紐状にしたのを織ってバッグなんかにするって話を聞きました

物を最後まで使う精神は本当に尊敬します

私たちも使い捨てに慣れてる場合じゃないですよね


[24]>17 逆さということは、るてるてぼうず? matakiteshikaku

雨が降るように、ですね。


[25]暖簾(のれん) I11

実家の台所に“暖簾”(のれん)がありました。建物や部屋の入り口の仕切りとして垂らす布の、あの暖簾です。どうして暖簾を置いているのかはよく分かりませんが、物心ついたときには暖簾がありました。

デザインは単純なしぼり模様の藍染めでシンプルなのですが、いい風情を醸し出していて、実家に行き台所の暖簾を見るたびに、「戻ってきたなあ」と感じます。

先日、実家に戻ったとき「我が家にも暖簾を置こうか」と言ったら、「それはいい。のれん分けだ」と言って笑い合いました。


[26]うちの子は… choco-latte

うちにはミニチュアダックスがいるのですが、リビングで寝ていても、おもちゃで遊んでいても、家族の誰かが台所に行き冷蔵庫を開けるとすっ飛んで行きます。

母が夕飯の支度をしだすと母の足元から動かなくなり、野菜の切れっ端などのおこぼれをもらいに尻尾を振りながら待っています。母が意地悪して気付かないフリしてシカトをすると尻尾をダラリと下げて、トボトボ歩いてリビングに戻ってきます。

そこで母がわざとレタスを床に落としたりすると 一気に振り返り走ってキャッチしにゆきます。その光景をみると家に帰ってきたぁ。とホッとします。


[27]>23 裂き織りとはちょっと違うんですね watena

裂き織りには織り機が必要ですが、編み物ならきっと織り機は不要なのでしょうね。私は編み物は全く経験がないのでどう編めばいいのか見当がつきませんが、織り機が要らず家庭で簡単に出来るなら、古布再生の決定版になりそうですね。


[28]>27 織り機は厚紙や木枠で作れますよ♪ vivisan

厚紙に切り込みをいれたり、木枠に釘を打ち付けるなどすると、簡単に織り機ができてしまいます。

私も最近見つけたので、是非やってみようとおもっています。


[29]>24 歴史あり Kumappus

http://www.so-net.ne.jp/weather/baiu/info3.html

元は中国の女の子、かあ…知らなかった。魔法少女?(w


[30]>26 うちも来ますねえ Kumappus

はっと気が付くとハヘハヘ言いながら尻尾振ってます。

「なぜお前がここにいる?」

台所にはあげられるようなものあんまりないんですけどねー。

白いご飯が結構好きなんで(洋犬のくせに洋犬のくせに)、それはあるか。


[31]キッチンにパソコンが入ったよー!! TinkerBell

父が新しいノートを買いました。

古いノートを私がもらいました。

普通のノートより小さな、かわいいサイズのパソコンです。

自分の部屋にもパソコンはあるので、何に使おうかと考えて、

小ささを生かしてキッチン専用パソコンにすることにしました。

食器棚の一部を空けてパソコン専用スペースにして、

電源は棚の後にナイショで小さな穴を空けて引き込み。

無線でネットにもつながります。

これでお料理のレシピはばっちり。

サツマイモだよー、なに作ろうかな。検索検索。

「ふわふわスウィートポテト」というのを見つけましたー。

裏ごしなし、材料一つ一つアバウトな量で大丈夫と書いてあります。

さっそく作っちゃえー!!なんていうことが簡単にできるようになりました。

キッチンがちょっと文明開化になりました。

食器棚の中なので、油料理や煙の出る料理をしてもパソコンは汚れません。


[32]台所の神様 vivisan

我が家では昔から荒神様(台所の神様)のお札を祀っていました。

台所だけでなく、家全体を見渡してくれる神様だそうですね。

今の実家はちょっと神棚がおけないので、お札を貼っているだけですが、小さい神棚でもおけるようにしたいです。

神様がいらっしゃる台所なので、流しのあたりにはあまりモノをおかないようにしています。


[33]>30 うちのワンコ vivisan

椅子をひく音がすると、「待ってました!」とばかりに台所にはいってきます。

きっとご飯タイム♪ってわかってるんでしょうね・・。


[34]古いTシャツを裂いて油汚れを拭く iijiman

うちの奥さんがやっていることですが、古いTシャツや靴下を裂いて小さな布を作っておき、油やソースのこびりついたフライパンを拭いています。

拭いた方が洗うのが楽なのと、家庭排水の汚れも多少は軽減されるということです。

レンジ廻りの油汚れの掃除にも役立ちます。


[35]>13 やりました、やりました。 matakiteshikaku

下の歯を屋根の上に投げてもなかなか届かないのと、何回も転がり落ちてくるので苦労した記憶があって親が投げてくれるのですが、よく考えたら屋根の上じゃなくて向こう側に落ちちゃってるんじゃないかと、今気づきました。

昔は歯に紐結んで抜いたりしてましたけど、最近は歯医者さんで抜いて大きな歯型の入れ物に入れてくれたりしますよね。


[36]>34 古いタオルを遣いますね yatmsu

一人暮らしであまり料理はしないので、

主にあまり掃除しない場所のホコリをふき取っています。


[37]>36 家もそうやってます fumie15

水を汚さず、綺麗になるので使っています。

いらない布を小さく切るのも楽しいです


[38]ボタンが捨てられない fumie15

今まで着ていた服のボタンをためています。

小さいときの服の顔の付いたボタンを見ると懐かしいです。


[39]>28 厚紙で手作り織り機 hanatomi

そうですよね。昔はやったリリアンも、施設のおばあさんができるように作ってみたことがあるんですが、

サランラップの芯を切って、割り箸を張るだけ!

これだけで、大き目のリリアンができて、手で毛糸をかけていくだけで丸くマフラーが編めますよ。


[40]>32 こんなお話大好き! hanatomi

台所の神棚の神様、喜んでますよね。

うちにも、台所にお札張っていました。

神様はいえのあちらこちらにいると思います。


[41]小学校に入ったとき fumie15

母が名前入りのお弁当袋や体操着入れを布を買ってきて作ってくれました。

そのとき、何でも作れる母はすごいと思いました。


[42]古い靴下で靴を磨く iijiman

布というか靴下ですが、薄くなって伸びてしまった靴下を、靴磨きに使っています。

靴の内側で活躍していた靴下、靴の外側で活用される気分やいかに。


[43]パッチワークのギターアンプ TomCat

今はもう手元にありませんが(ライブ後の撤収で紛失!!)、以前「オレンジ」というブランドのギターアンプを持っていました。アンプ部分は真空管。スピーカー部分には極めてハードな音が出る強靱なユニットが4発入っています。もう爆音の発生源のようなアンプなのですが、ギターアンプと言えば黒という常識を覆して、これはオレンジ色の可愛いスタイルをしています。

そこで私はスピーカーの前面を覆うサランネットを、パッチワークにしてみたんです。可愛いですよー。花柄にイチゴ柄、ピンクに黄色、色んな端切れを組み合わせてそれは可愛らしいパッチワークにして、スピーカーの前面にはめ込みました。オレンジ色の筐体にピッタリ似合って、もうお花畑みたいなアンプになりました。

そんなアンプで、めちゃめちゃ暗黒なブルースとか弾くわけです。お花の妖精さんがいるようなアンプから、地を這うような重厚な音。このギャップがうけて、ずいぶんこのアンプは活躍してくれました。

しかし前述のように、撤収のどさくさでどこに搬出されたか行方不明になってしまって、今は手元にありません。ああいうアンプ、また作ってみたいなあと思っています。どこかにスピーカーの前面の布がパッチワークで出来ているギターアンプがあったら、それ、私のかもしれません。ご連絡頂けたら、手の平サイズのパッチワークアンプの模型を作ってプレゼントします。いや、まじで。


[44]>42 私もそれ、やっています TomCat

皮磨きにピッタリなので、私も穴の開いてしまった靴下をそうやって有効活用しています。考えてみると、靴下さんはこれで再び靴との再会を果たすわけですが、今度は靴の外側なんですよね。もしかして複雑な気持ちかもしれませんね(^-^;


[45]>38 わたしもボタン、大好きです。 asukab

ボタン、ビーズ、リボン、レース、布……夢見心地の世界かな。

昔の思い出、すてきですね。

ボタンには確かに幼少期の思い出が詰まっています。


[46]天からの贈り物 mododemonandato

英語でGIFTという言葉には、贈り物の他に天賦の才能という意味があるのだそうです。

優れた才能はまさに天からの贈り物、と呼べましょう。


[47]>35 マンション住まいの友だちが YuzuPON

遊んでいる最中に歯が抜けて、うちは屋上に上れないからどうしようと悩んでいたので、高台から投げればどこかの家の屋根に乗るのではないかと相談して、投げに行ったことがありました。後日他の子も、そこに抜けた歯を投げに行っていました。知らないうちによその家の子の歯を投げられていたお宅の方は、いい迷惑でしたね(笑)。


[48]>45 ボタン箱 mododemonandato

うちのイエにも母が裁縫箱に、母がボタンを貯めているボタン箱がありました。

色とりどりのボタンは、見ているだけで楽しいものです。


[49]>44 ストッキングも yoshigyu1318

靴磨きの仕上げに使うのは、やはりストッキングがいいですよ。

私は靴下も使いますが、やはりストッキングのほうがいい感じです。


[50]年賀状は贈り物だそうです iijiman

今日、年賀状を買いました。郵便局で。

そうしたら「年賀状は、贈り物だと思う。」と記されたティッシュを貰いました。

贈り物は「お歳暮」で、年賀状はあくまで「年賀状」だと思うよ、というツッコミを入れたくなりました。

いや、そんなことより、書かなくては。年賀状。


[51]>37 ホコリ拭きに… yoshigyu1318

我が家でも、掃除のときのほこりとり用に使っています。

小さく切るととても使い勝手が良いです。


[52]布を使ったおまじない YuzuPON

私の場合は途中でリタイアしてしまったので効果は確認できていませんが、ハンカチと写真を使う恋愛成就のおまじないというのがありました。好きな子の写真をハンカチで包み、それに紐を掛ける動作をして(実際に紐はかけずに動作をするだけです)、キュッと結ぶ動作をしたら、あとはハンカチに包んだままの写真を21日間ポケットに入れて持ち歩くというものです。

しかし私の場合、おまじない後なんと三日にして、好きだった女子に彼氏がいたことが判明。泣く泣くポケットからハンカチに包まれた写真を取り出して、紐をほどく動作をして諦めました。

片思いの相手のいる人は試してみてください。私はリタイアしてしまいましたが、根性で21日間持ち続ければ願いが叶うかもしれません。


[53]>50 たしかに贈り物かもしれません YuzuPON

お年賀というのは新春を祝うギフトのことですから、年賀状はいわば「気持ちだけ届ける新春ギフト」と言えるのかもしれませんね。それを考えると、たとえ印刷された年賀状でも、せめて一筆手書きの挨拶を添えないといけないなぁと思います。私も急いで書かなければです。


[54]>31 これはいい!! YuzuPON

キッチンにPCがあれば料理本を何十冊も置く以上の情報源になりますね。ネットにつなぐだけなら旧型機でも十分ですから、とてもいい使い方だと思います。キッチンにネットにつながったPCがあれば、長時間かかる料理のお鍋番をしながらイエはてなも楽しめますね。


[55]自分に贈り物 to-ching

はてなのポイントを楽天にいれ、私の時計を買います!


[56]>54 こtれは良い2 to-ching

便利でしょうね!ちょっと油が心配です。でも、仕事が楽しくなるのでしょう。


[57]>53 そうですか・・・ to-ching

くじが当たればそれこそ贈り物ですね、然し当たりませんね、切手シートがやっとだもの・・・


[58]>25 何となく良いな。 to-ching

良い感じです、実家の実感!ですね、何かご飯も美味しそうです。


[59]>51 私も・・・ to-ching

趣味で集めている物のメンテ、修理に油を使うので、布切れはすてません、意外とタオル地は使い難いですが。


[60]>46 映画 to-ching

ギフトと言うのがありました、関係ないかな?http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD223/ 面白かった。


[61]>48 あった、あった! to-ching

まるで宝石のように見えました、昔はなくすると、似たボタンを探しつけたものです。


[62]>41 昔の人は to-ching

何でも自分で作ったのですね、私も靴袋がそうだった記憶があります。弁当を包むものもそうでした、時々汁がたれ、しみになったものです


[63]びっくりバースデープレゼント asukab

渡米した15年前、義母から誕生プレゼントに、布製ケースに入ったソーイング用大小鋏各二丁と針刺しを贈られました。

もちろんお手製なのですが、わたしは材料として彼女が使用したその布を見てびっくり!

実は渡米してまだ間もなかったので仕事もなく、わたしは暇つぶしに毎日ソーイングばかりしていました。

型紙が安価で手に入るし、さすがキルトの国! 布屋さんには、すてきな模様の綿布がたくさん並んでいて目移りしてしまうほど。

そんなわけで、毎日義母のミシンを借りてはスカートやブラウス、ワンピースを縫う日々が続いていました。

……で、贈られた布ケースと針刺しですが、何とわたしがワンピース用に使っていた布そのもので作られていたのです!

そういえば、「端切れをもらっていいかしら?」なんて聞かれて、少し布を分けてあげたっけ……などなど、後になって振り返ってみれば、義母がどんな計画でわたしの端切れを欲しがったのかが分かり、感動でした。

嫁のために、こんなに素敵なびっくりプレゼントを計画していたとは……。

鋏に関しては「絶対、紙に使ってはいけない。布だけに使いなさい」と念を押されました。

これは今も守っています。

渡米して、まだ1か月も経っていない夏の話です。

以来、義母オリジナルの鋏ケース入り鋏と針刺しは、わたしの縫い物の友。

またこの時、「サプライズ・ギフトって喜びを倍にする」と実感したので、贈り物をするときの演出の仕方も教えてもらったような気がします。


[64]>29 旅行とか・・・ micomoco

どうしても晴れて欲しい日はつくりますね!昔は行事ごとにつくってたので、それに比べたら遥かに少ないですけど・・・。


[65]お手製の布人形、ぬいぐるみ asukab

子どもの頃、リカちゃん人形が欲しくてねだっていましたが、とうとう最後まで買ってもらえませんでした。

その代わりは、母手製の布人形。

けっして器用な母ではなかったけれど、今から思うと、あのガーゼで作ったお人形には母らしい味わいがありました。

翻って父はスーパー器用な人で、赤ちゃん時代の誕生日プレゼント(クマのぬいぐるみやトラのぬいぐるみ)は、父の手製でした。

父が縫ったことは、中学生ぐらいになってから知り、これには感動……。

「世界で一つしかないものに価値がある」という価値観は、両親に教えてもらいました。


[66]犬からプレゼント jarijari

一学期、居候してた家を明日は出る、ってことになってダンボールを2階から降ろしてたんですね。で、部屋から階段の前に一箱押し出して、ふっと気づくと階段の途中にその家のトイ・プードルが座ってる。「今はあっち行っててね」って下の安全な椅子の上にその子を置いてきて、また2階からダンボールを下ろそうとしたら、、またそのトイ・プードルが階段の同じ場所に。。『何やってるのー?!』と思いながら、降ろしやすいようにもう一箱を階段から少しはみ出すくらいまで押し出すと、犬が目を白黒させてビビってたんですけど、やっぱり動かない。『しょうがないなぁ』って思いながら犬を抱っこして、「危ないからあっちにいてよね」とか言いながらまた元の椅子に戻して、やっとまた引越し準備作業にかかりました。


何年もそれだけの出来事だと思ってたんですけど-- 最近になって、あれって言葉がしゃべれないあの子の精一杯の「出てっちゃやだよ」っていうメッセージだったんじゃないかな、なんて思ったりしてます。


[67]>12 端切れ、わたしも大好き asukab

いつかパッチワークにしようと、全て残しています。

子どもたちの服(穴開きズボンや染みのついたTシャツなど)も一緒に残してあり、服と端切れの思い出キルトを作る計画です。

でも、いつのことになるのやら……たぶん、老後のプロジェクトになるでしょう。


[68]>63 すてきなはなしですね! hanatomi

渡した布にそんなうれしいサプライズが!!

紙をきってはいけないというのは私もいわれたことがあります。

道具を大事にしている愛の言葉ですね。

お道具をみるたびサプライズな思い出をおもいだして、創作活動がますます楽しくなりそうですね!


[69]>59 むしろ台所に捨て布を集積するようになった NAPORIN

キッチンバサミで切り取っては使ってます♪

木綿以外と、縫い目のあるところ(ゴムとか襟とか)は使えないので燃えるゴミ行きです♪


でも、ユニクロに3月と9月にもっていくと木綿の洋服をリサイクル(発展途上国に送る)してくれるらしく、木綿服をユニクロで買うことの多い私は、競合してしまい悩みます。


[70]>43 いいですね! hanatomi

パッチワークの端切れで、お花畑アンプ!!!

失ってしまったなんて残念です。

そんな素敵なもの作れるなんてすばらしすぎます☆

誰か見つけた方が持ってきてくれますように!


[71]>61 ボタン箱 hanatomi

昔のものを大切にする考え方って大好きです。

昔のボタンって一つ一つ、すごくこっていたと思うんですよね。

1つ取れても違うものに変えてもらえたりして。

なつかしい!


ボタン箱ありました!


[72]>64 最近作ってみたけど・・・・・^^; ryo_ma

久しぶりに作って試してみたけど、効果ありませんでした^^;

(雨が降って欲しくててつてるぼうずを逆さにしてみました^^;)


[73]>22 うわーーーー!素敵! hanatomi

めちゃくちゃ素敵です!


キットもあるんですね。部屋の色が大きく変わるし、光も変わって素敵ですね。


[74]>72 ↑打ち間違えました^^; ryo_ma

「てるてるぼうず」が「てつてるぼうず」になってました^^;すみません^^;


[75]>66saite17

そうでしょうね。その子と心がつながっていて

彼(彼女)もずっと一緒にいたかったんでしょうね。


[76]>52 とってもすてきなおまじないだと思います CandyPot

おまじないって、女の子の専売特許みたいに思っていましたが、ちゃんと男子の世界にもあったんですね。きゅっと結ぶ動作をするっていうのがいいなぁ。きっとこういう動作に決意がこもって、気持ちがはっきりしていくんだと思います。でも途中であきらめる時は、ほどく動作をするんですね。これはつらい…。

でも、でも、人はそういうのを経験して、すてきになっていくんだと思います。一回り大きくなって、次はきっといい出会いに恵まれるんだと思います。


[77]野球だって、布のグラブ to-ching

http://urawa.cool.ne.jp/hmika/Syouwa_shi.htm さすがに、小さかった頃は一応皮のグラブでしたが、昔は布でした・・・


[78]言い伝え・おまじない・葬儀 to-ching

これは、今でもやってますよね。葬儀から帰ってきた人に玄関先で、塩を降りかけ「清める」と言うこと。


[79]>69 古いタオルは捨てずに piko-piko

私も、古いタオルは捨てないです。雑巾にして使っています。タオルは、結構すぐに増えるので、もはや、古くなくても使ってます(笑)。


そして、雑巾にするといっても、縫って作るのではなく、半分か1/3くらいに切って、そのまま使っています。


[80]>74 最近見ませんね neither

たしかに。古き良き伝統は後世にも残ってもらいたいものです。たとえ科学的に無意味だとしても。だって楽しいじゃないですか。


[81]>79 ほとんど捨てません saite17

雑巾にしても洗ったらいつまでも使えると思います。

布は長持ちしますね。


[82]>39 裂き布ハンガー saite17

布を裂き、針金ハンガーに両面テープで貼る。

いい感じのができますよ。


[83]>62 手作り saite17

手作りのものの良さって深いと思います。


[84]クリスマスプレゼント pinkandblue

この時期になるとあちこちでみかけますが

うちでは、親にもペットにもプレゼントを贈ります。

寝ている間にそっと枕元に。まさか、この年でもらえるとは!と最初はすごく驚いていました。


[85]>57 つながり saite17

年賀状でつながっていると縁が続きますね。


[86]>2 初めての裁縫 saite17

子供が始めての事をやり始めてる様子はほほえましく思いますね。やさしくて子供の気持ちが分かるお子さんですね。


[87]>84saite17

贈りものは何歳になってもうれしいものですよね。


[88]校庭の土の贈り物 CandyPot

子供のころ、引っ越しをする前に、友だちが家に集まってお別れ会をしてくれました。女子も男子も来てくれました。みんな、離れてもずっと友だちだからと言ってくれましたが、大好きだった町や学校と離れるのがとてもつらくて、私は泣いてしまいました。

そうしたら一人の男子が、甲子園みたいに土を持っていけばいいと提案してくれました。大好きな校庭の土を持っていって新しい家の庭にまけば、ずっとこっちの学校と一緒にいられる。少し土を分けて新しい学校にもまけば、その学校もこっちと同じように好きになれるという提案でした。でも、お別れはぎりぎりにしたかったので、その日はもう引っ越しの前日。外は暗くなっていて校門は閉まっている時間で、とても土を取りに行く余裕はありませんでした。

引っ越しが終わって新しい町に落ち着いたころ、私あてに荷物が届きました。開けてみるとビニール袋に入った土でした。校庭の土を送るから新しい学校でも元気でと手紙が入っていました。みんなの名前が並んで書かれていました。それを見た瞬間、私はもう大泣きをしてしまいました。あんなにうれしかった贈り物はありません。

その土は、半分家の庭にまいて、もう半分を新しい学校の校庭にひそかにまきました。そのおかげもあってか、新しい学校でもすぐに友だちができました。当時私はあまり社交的なタイプではなかったので、すぐに友だちができるなんて奇跡に等しいできごとでした。元いた学校の友情の土がくれた奇跡だったのかもしれません。本当に最高の贈り物をもらいました。


[89]キッチンを飾る pinkandblue

毎日必ずキッチンに立つという方は、ちょっとした工夫を沢山されていることでしょう。

私もそうです。

キッチンマットはかわいいものから、おしゃれなものまで沢山あります。

キッチンツールも、ちょっと高いけど、デザーナーズブランドのものを利用してみたり。

殺風景なキッチンにカラフルさが加わるととってもhappy☆

chef'n (シェフィン) ミニソルト&ペッパー

chef'n (シェフィン) ミニソルト&ペッパー

rakuten:cds-r:10000776:image

rakuten:nuts-alessi:554208:image

こういうかわいいものをいっぱいおいています^?^

ALESSI HAPPY SPICE アレッシィは大好きなブランドです。

デパートなどでも売っていますよ?。

寒い冬は足元をヒーターであっためながらの料理。

たのしいですよ。


[90]>85 気持ちを届ける贈り物 CandyPot

年賀状は贈り物。私もそう思います。贈り物の本体は心。印刷はラッピング。ラッピングだけ届いちゃうような印刷物としか呼べない年賀状ではなく、心を込めて一人一人に書き送りたいと思っています。今せっせと書いています。


[91]パッチワークの贈り物。 dankichik

以前パッチワークを習っていた時は、小物を作ってはプレゼントにしてました。あげる人にあわせて色合いを考えたりして作るのも楽しかったです。

最近は忙しくて全然作れていません。時間ができたらまた再開したいなあと思っています。


[92]>81 実は・・・ studioes

廃棄された綿製品を元にして生産されるものにウェスと言うものがあります(ちょうど、紙と再生紙の関係に相当)

工場などで多用されるもので、油などをぬぐうための布で、各種機械のメンテナンス等に欠かせない物です。

家庭で使用してボロボロになった後も、分類廃棄することで更に、リサイクルされてウェスとなって製品になり、それを用いた機械によって生産された物が戻ってくるわけです。

家庭で出る物はゴミだと思っていても、細かく分類することで資源とすることが出来るわけですね。


[93]>70 見つかるといいですね Oregano

どんなアンプか検索して見てきました。「Orangeは英国の老舗ギターアンプメーカーです」と書いてありました。鮮やかなオレンジ色のアンプですね。これにかわいらしいパッチワークはきっとよく似合っていたと思います。価格を見るとかなり高価なアンプですね。見つかるといいですねぇ。パッチワークの妖精さんも早く家に帰りたいと思っているにちがいないですから。


[94]>73 いいですね Oregano

手作りのロールスクリーンとは、本当にめちゃくちゃ素敵ですね。ブラインドのような遮光目的ではなく、逆に布を通して差し込む光を生かす考え方がすばらしいと思いました。ロールスクリーンならカーテンと違って布がピシッとなっていますから、それを透かして差し込む光はきれいでしょうね。


[95]>89 楽しくなりそうですね saite17

楽しいグッズは生活を楽しくしますね。大切に使いますし。


[96]>94 いいですね。 saite17

ロールスクリーンは買うものという頭がありましたが、シンプルですので作れそうですね。部屋が明るくなりそうなアイデアです。


[97]黄ばんだTシャツを染めてみた! Oregano

ベランダを片付けていたら、窓の下の隙間にTシャツが落ちているのを発見しました。下着代わりに着ていた白いTシャツで、半年ほど行方不明になっていたものでした。洗濯の後に落として、そのままになっていたようです。洗ってみましたが、さすがに半年ベランダ放置の後では全くきれいになりません。洗って清潔にはなっても、汚れて黄ばんだような色が取れなくなっていました。

かといって半年うち捨てられたようになっていた物を汚れたからと本当に捨ててしまうのはしのびなく、ダイロンマルチという家庭用染料を買ってきて、それで染めることにしてみました。この染料を選んだのは、無害で下水に流せると説明があったからです。購入したのは色番号19番のディープブルーという色で、5g入り1缶でTシャツなら1枚は楽勝で染められます(黄色やピンクなどの薄い色ならTシャツ2枚は染められるようです)。

説明書通りにやったら、しっかり紺に染まりました。黄ばみは全く目立たなくなり、これでアウターとして着られるTシャツに蘇りました。染料1缶税込525円は100円でTシャツが買える時代には高いかもしれませんが、こうやって新たな命を吹き込んでもう一度着てやらないことには、私の気が済まなかったのでした。来年、半袖で過ごせる時期になったら、このTシャツを愛用しようと思っています。それまで、今度は大事に保管します。愛着が湧いてきました。


[98]>92 工場にありました FLOW_GAMA

ウェスはありましたね、普通の服などを小さいサイズに裁断したものもあって、

元は捨てられた物とはいえ、そんなにボロボロとか、汚いとかいうことはなかったですね。


[99]>91 パッチワーク Qwert

パッチワークって奧が深そうですね。


[100]>47 していました。 Qwert

懐かしいですね。子供の頃にしていました。


[101]>67Qwert

いろんな形や素材や色があって、膨らみますね、創作意欲。


[102]>97 染め vivisan

そうなんですよね♪濃い色で染めてしまえばめだたなくなってしまう。ホントすばらしい!

でもOreganoさんのすばらしいところは、染料もちゃんと考えていらっしゃったんですね。昔の染料って今ではちょっと害のあるものもあるそうです。

使えるものを生まれ変わらせてまた使うというのは愛着わきますよね♪


[103]>88 読んでよかった。 Qwert

絵本にしたいほどのお話です。ありがとう。


[104]>93 いいもの Qwert

いいものに手が加わって、お気に入りのものになりますね


[105]願いをかなえる方法 Qwert

おまじないですが、過去形にすればよいそうですよ。

明日晴れさせてくれてありがとうございます。

●●になれて感謝します

と先に言えばいいそうですよ。


[106]>102 すごい! Qwert

染めることで生き返りましたね。手作りですからねだんの付けられないいいものになりましたね。


[107]>103 涙目です。 staples54

感動しました。本当にいいお話だと思いました。


[108]ただ今、布切れてランプシェードを作ってみる実験中 momokuri3

先日のイエコト・ミシュラン #003で書かせていただいた「照明の工夫で暖かさを演出する」のさらに続きになります。

低い位置に置かれたサブ照明は暖かさの演出にとても効果的なことがわかりましたので、今度はさらに光源が低い位置にある床照明的なものを試してみたくなりました。たとえて言うならこんなやつです。

http://refino.jp/goods/jan/45117924518971/category/10284689

この卵形のランプシェードを手作りしてみたいわけですが、どう作ったらいいか考えていたところ、風船を使ってみたらどうかと思い至りました。風船を膨らましてそれを芯にして紙や布を貼り付け、固まったところで風船をしぼませればシェードだけが残るという仕掛けです。

さっそく風船を探しに行きました。ゴム風船など入手困難ではと思っていたら、あっさり百均のお店に置いてあって拍子抜け。貼り合わせる接着剤には何を使おうかとあれこれ考えた結果、乾燥してもパリパリにならない、ゴム風船には貼り付かないなどの条件を満たす物として、考えた割にはあまりに一般的な木工用ボンドを使ってみることにしました。貼り合わせる素材には、たまたま家にいい感じに透ける暖色系の布があったので、それを使うことにしました。

まず風船の周りに障子紙をちぎった物を貼り付けて下地としました。二日ほど放置して乾燥させ(乾燥は一日でいいと思います)、昨日、その上に細長く裂いた布をスパイラル状に貼っていきました。今現在乾燥中です。もう風船は取っても大丈夫だと思いますが、あとで乾燥が進むにつれて変形してはいやなので、念のためまだそのまま乾燥させています。

まだ製作途中でだいぶフライングの書き込みですが、成功すればこれで布シェードのフロアランプになる予定です。


[109]>80 心の余裕 tehi

てるてるぼうずをつくる心の余裕があるのはいいことですね

僕はどうせ効果なんてないのに作なんてめんどくさいと思ってしまっていけません。


[110]>107 私も涙目… momokuri3

私も読んだ瞬間涙目です。ぐだぐだ書くとかえって陳腐になってしまいますので、ただただ私も感動したとだけ書かせてください。いいお話をありがとう!!


[111]最近ハンカチつかってません tehi

最近はめっきりハンカチは使ってません。鼻をかむときはティッシュだし洗った手を拭くのはミニタオルです。ハンカチはずっとタンスの中です。


[112]>111 ミニタオル派 dankichik

ミニタオル便利ですよね。水分よく吸いますし。私もハンカチはずっと使ってません。


[113]>105 実践中。 dankichik

私もこのおまじないを聞いて以来、実践してます。年末年始神社にお参りする機会が多いですね。初詣では「今年もいい年でありがとうございました」って願かけるつもりです。


[114]>106 Tシャツが喜んでいますね momokuri3

半年も忘れ去られていたTシャツがこんなに大切にされて、物に心があったらきっと感激していると思います。物を大切にする心、無害な染料を選ぶ視点、ともに自然派Oreganoさんらしくていいなぁと思いました。


[115]>21 贈るときに dankichik

私も贈り物を選ぶときには、ちょっと自分では買わない贅沢品を送るようにしています。私がよくあげるのは、ちょっといい石けんやキャンドル、入浴剤などです。高い物は高い、でもいいものはいいですからねー。


[116]”男子台所に入るべからず”と親から言われて大きくなり staples54

私の父は自分の釣ってきた魚をさばく以外で、ほとんど台所に入ることがありません。

料理はいつも母が作る役目でした。そして嫁いだ今でも 主人は食べる人、私は作る人となっています。

料理を相手のために作り続けること=相手の健康を預かる、という大切な役目ではないかと思っています。

還暦を過ぎて病気ひとつなく、元気いっぱいの父の姿を見ていて

私は母を見本にただ毎日料理を作るだけではなくて

栄養のバランスを考えた献立であったり

おいしく食べて貰えるように料理を工夫したりしていきたいなぁと思っています。


[117]>112 私もだったり・・ vivisan

職場のときはいつもミニタオルです。着物でおでかけするときはてぬぐいだし。

ミニタオルもてぬぐいも水分をよく吸収してくれるんですよね。

ときにてぬぐいははやく乾くのも気に入ってます。


[118]>110 ええ話やわぁ? otayori

贈り物って、やっぱり想いが詰まってるんですね。。。


[119]>113 願いは通ず eiyan

願い事は素直に願う事で叶うのですね。

信じない心は信じないまま、信じるものは助く。

おまじないでも願掛けでも願う心は同じ。

願うものがあるなら願いましょう。


[120]>95 ちょっとだけ otayori

飾ると言うほどじゃないけど、古いマンションの地味なキッチンで

洗剤を雑貨屋さんで買ったボトルにわざわざ移して使ってます。

緑の半透明がきれいです。

先日、キッチンマットが新しくなり気持ち良くなりました。

やはりグリーン系の模様です。


[121]>3 赤いバラ eiyan

バラに限らず赤色は情熱。

どんな事にも赤色で望めば斬新。

失敗しても赤色はバラ色。

バラはやはり赤色でしょうか?


[122]病室に鉢植えの花を贈ってはいけない staples54

よく知られていることですが、鉢モノは根が張る→病室に根付くとして贈り物のタブーとされています。また葬儀を連想させるような花(菊など)もNGです。


また体調の悪いときは香りにも過敏になり気分を悪くすることがあるために

カサブランカ、ストックなどを避けて花の香りはしないものを選んだほうが無難です。


全体的な色は見ていて気持ちの明るくなる暖色系(ピンク・イエロー・オレンジなど)がおすすめです。


[123]>75 言葉が話せなくても。。。 otayori

そのトイプードルちゃんのけなげな姿が浮かんできます。


[124]>121 赤いバラを年の数だけプレゼント staples54

一度は贈られてみたいものです。憧れです。

もし男性の友人から贈られるとするならば

白バラ(花言葉:あなたを尊敬します)がいいですね♪


[125]>116 料理は健康のカナメですね TomCat

私の母も、台所を預かる者は家族の健康を預かっているという考え方の人でした。衛生に気を使い、栄養バランスを考え、できるだけ自然な素材で美味しい物を作ろうといつも努力してくれている人でした。

またそれを楽しそうにやるんです。毎日毎日のことですから、面倒になることもあるでしょうし、手を抜いて楽をしたいこともあると思うのですが、そんな様子は全く見せずに、本当に楽しそうにキッチンに立っているんですよね。あれが家族への愛だったんだと思います。

還暦を過ぎて病気ひとつなく元気いっぱいのお父様。それこそお母様の料理と愛の成果ですよね。素晴らしいことだと思います。家族の健康と幸せはキッチンから。キッチンこそ家庭の幸福の源泉です。


[126]>82 たくさんのアイデア asukab

布はいろいろ創意工夫できて、楽しいですね。

玄関マットは施設のバザーで売られているのを見て、自分もぜひ挑戦してみたいと思っていました。

裂き布ハンガーは、おもしろそう。

どんな感じで貼っていけばいいのかな。

これも、工夫次第ですね。


[127]>118 贈り物 asukab

心温まるお話、ありがとうございます。

「土」という存在が「心」と結びついて、ぬくもりを倍にしている感じがしました。


[128]>99 意味のある模様 asukab

使用されるパターンやデザインは、その土地の歴史の反映で、地域によっていろいろ意味があるのですね。

特に心を揺り動かされたのは、奴隷制時代、南部から北部に逃亡しようと試みた黒人たちが、布に逃げる道を縫いつけ示したキルトの存在です。

この史実を知ったときは、体が震えました。

生き延びるために縫われた、命のキルトだったのです。

詳細は自分のブログに記したので、よろしければこちらでどうぞ。↓

キルトが示す生きる道 - asuka’s booktree 絵本手帖

またキルトは思い出を縫い付けていく「時間」でもあります。

エイズや癌撲滅運動の意思表示として亡くなった人を思い出すキルトとして、あるいは、家族の思い出として象徴的なできごとを縫い付けていく――人それぞれ、家族それぞれにより、いろいろな意味を持つ時間を縫い合わせたものがキルトと言えるでしょう。

縫う人にとっても、癒しの時間というか、いろいろ回顧するところがあり、大切な時間であるはず。

やはりご指摘のとおり、奥が深いと思います。

キルトがテーマの絵本はたくさんあって、その数を知るだけでも、キルトの存在感がわかります。


[129]>127Goriate

土を贈るって発想はなかったわ。

なかなか素敵な発想をする友達だね。


[130]>128 すごい Qwert

asukabさんのブログ、胸に染みました。奴隷はそう遠い時代の事ではなかったんですね。キルトに縫い付けられた命の道しるべ。


[131]肩たたき券 helltaxi

子供の頃、親に誕生日プレゼントなどで

肩たたき券を贈っていました。

一枚一枚絵を描いて両親や祖父母に

配ったのがなつかしいです。


[132]いいことがあるおまじない helltaxi

ちょっと前に学生の知り合いから聞いたのですが学生の間で

美輪さんの待ち受けに一週間だか二週間しておくと

いいことがあるってのが流行っていたみたいです。

私は、携帯がストレートのタイプのものだし

あまり迷信とかそういう類いの話はあまり信じないので

やらなかったんだけど美輪さんの待ち受けの人が街に

いっぱいってなんか恐いですね。


[133]端切れ、廃物利用のファブリック人形作り asukab

お人形といっても、わたしが作ったのは動物5体。かれこれ10年前、当地のチルドレンズ・ミュージアムで作りました。子ども用のアート活動でしたが、息子よりわたしの方が夢中になってしまい、確かクリスマス休暇中、毎日足を運び、子どもを遊ばせている間、アート魂を堪能させてもらいました。

このファブリック人形の魅力は何と言っても「布」。スタジオの中は端切れの山で、鮮やかでさまざまな種類・手触りの布、籠いっぱいに入ったボタン・ビーズ、リボン・レース、カラーワイヤー……という材料を目にして、それだけでとろけていました。

人形の芯は、クリーニング店のハンガーに使われている太い針金です。これを顔の部分を円形に残した「大」の字の人型にして、まわりに布を巻いていきます。ぐるぐる巻いた後はほどけないように縛ったり、電話線カラーワイヤーを用いて布を留め、ボタンやビーズで目鼻、しっぽをつけるなど、飾り付けをします。

天井から下げたり、壁に飾ったりで、ちょっと埃まみれですが、今でもこの5匹は大のお気に入り。何かこう、自分の好きなもの、自分らしさ――布、ボタン、ビーズ、リボン、リサイクル、子ども、色――全てが詰まった象徴という気がして、眺めているだけで心地よさに包まれるのです。

この廃材ですが、当地の近郊にある廃物リサイクル・小売りをかねたユニークなアート廃材店が扱っています。地域企業と提携し、廃物になるもの――既製服工場からの端切れはもちろん、壁紙の見本帳、プラスチック製のふた(牛乳のふた、医療用具のふたやチューブ)、郵送時に使う中詰め発砲材、スポンジ、おもちゃの小さなブロックとかトイレットペーパーの芯、電話線の中のワイヤー、ビニール袋、CD、コンピュータ部品etc.……危険でない廃材ならほぼ全てを引き取り、普通なら「ゴミ」となるものでアートをしてみよう!と呼びかけています。同ミュージアムのアート・スタジオもここから材料を購入をし、廃材アートを推奨していました。

Creation Station


[134]>40 春節のお祭り? asukab

中国の春節で、キッチン・ゴッドが出てきますが、きっとその神様ですね。

文化は異なりますが、南米にもキッチン・ゴッドがいたと思います。

お豆を袋に入れた小さな置物があり、これをキッチンに置いておくと恵みの食卓を囲めるよ……と勧められ、祖母へのお土産にしました。(豪州シドニーで南米のお土産というのもちょっと変ですが、そのときはお豆の入り具合が可愛くて喜んで買いました。)


[135]夢に関する言い伝え odorukuma

初夢、夢占い、予知夢など夢にかんする様々な言葉や言い伝えがありますよね。

歯が抜ける夢は不吉で、蛇の夢と昔から繰り返し見る夢は吉、など・・・

私は自分の経験上、「悪い夢をみたらその日は本当に悪い事が起こる」のでいつもより気を引き締めてなるべくそうならないようにしています。

少し話がそれますが、

夢は、最近体験した事や思い出した事などが形を変えて出てくるそうで、実際私もそう思っています。

私は自分で見たい夢はコントロールできませんが、電気を付けたまま寝るとほぼ100%夢を見ることができます。

その時見る夢は大抵はっきり覚えていて、大部分が意味不明ですが、一部は「昨日の○○が形を変えて出たんだろうな」というのが分かり、

夢の中で自分がとった行動も納得できます。客観的に夢を見ているという認識はもてませんが、夢の中である程度自分の意志で動ける事もあり、

そういう時は面白いです。逆に怖い夢を見たときは、ただの夢であるのに1日中憂鬱だったりします^^;


[136]ランチョンマットをマウスパッドに taknt

マウスの裏ってすぐ ホコリがたまっちゃいますよねぇ。

そこで ランチョンマットを マウスパッドにすると なんと ホコリがつかないんです。

ランチョンマットは でこぼこがない たいらな布のほうが 使いやすいです。

ま、マウスの裏なんて あまり気にしないかもしれませんが、ぜひ 使ってみてください。


[137]>126 裂き織りでランチョマット odorukuma

手順は単純で、織り機さえあれば簡単につくれます。

織り目が非常に綺麗で感動しました。

以前工房にお邪魔して体験させて頂いたのですが、とても楽しかったです。


[138]>101 リバティやリネン odorukuma

次はこの切れ端を使ってあれを作ろう、これを作ろうと考えるのは楽しいですよね。

数年前からリネン地にはまっています。

余った切れ端をリネンとあわせるとなんでもいい感じに仕上がるので楽しいです^^


[139]>136 黒いランチョマット odorukuma

私はノートのタッチパッドのみ使っているのでマウスは使っていないのですが、今度試してみたいと思います。

無線のマウスなら、色は黒なら反射しないでよく認識できそうです。


[140]キッチンの聖人 asukab

以前、キッチンの聖人の絵本『Pascual and the Kitchen Angels』を読んだことを思い出し、調べてみたら……、キッチンにはたくさんの聖人がいるようです。

どちらかと言うと、聖書的な解釈より、暮らしの中から生まれた聖人が多いようです。

一般的にキッチンの聖人と言うと、聖パスカルを示すことが多いと思います。


[141]>115 私も、相手が普段買わないけど、あれば嬉しい贅沢品を odorukuma

贈ります。

自分が貰う時も、自分では買わないようなちょっとしたぜいたく品を贈られると嬉しいですよね。


[142]>90 届くとうれしいものです teionsinonome

私もここ数年メールやブログ内で年賀の挨拶をしていたのですが、それでも毎年何通か年賀状が届いてそれがちょっとうれしいです

PCで作った物に手書きでコメントが書いてあるのがいいですよね


[143]>71 服についてくるボタンとか! teionsinonome

洋服についてくるスペアのボタン、専用の箱に入れてたらたくさん溜まってザクザクいってます

大体がシンプルなものなのですが、たまにロゴが入っていたり凝ったデザインのものだったりすると、ゴムにつけて髪を結ぶときに使ってます


[144]>143 スペアボタン Kumappus

そうか、箱にまとめるべきだったのか…(ってあたりまえだろ)。

服を買うとたいてい2個ぐらいずつ付いてくるのですが、ちゃんと片付けていないのでなんだか邪魔でねー。

昔より縫製がいいのか、ボタンがとれることってずいぶん減ったように思います。もちろん100%とれないってことじゃないですが…。


[145]>141 確かに買わないけど・・・な、物 studioes

先日、カニを頂きました。

とても美味しいカニです。

しかし、量が半端じゃない! 12杯入りでした。

送ってくれた方は、飲食業をやっていて、仕入れの箱が12杯入りらしく、その箱にのしが付いて送られてきたのでした。

美味しくって嬉しいけど、さすがにこれだけの量は2人暮らしの家の冷凍庫には入りきらない!

ご近所さんに5杯お裾分けして、2杯は即日完食、残りを何とか冷凍庫に押し込みました。

生鮮品を送る時は、相手の家族構成とかも考えておかないといけませんね;;


[146]>144 ガラス瓶に hamnon

「箱」じゃなくて透明なガラス瓶(ジャムの空き瓶)に入れてます。そこから出して使うことはあんまりないので、たまる一方です。


[147]>117 アイロンがけが面倒で・・・ hamnon

ハンカチだと四隅を延ばしてきちんとアイロン当てないとだめですよね。

しわくちゃだと人前で出すのに恥ずかしい。

でもミニタオルなら乾いたらそのまま使えるのでラクチンです。

・・・・・・

って、もしかして「普通ミニタオルにもアイロンかけますよ」なんて

言われたらどうしよう


[148]>145 その気持ち、わかります。 staples54

確かに自分だと躊躇する値段でも、贈り物としてなら購入しています。

一生懸命悩んで決めて、相手にプレゼントしたときにこぼれる笑顔を見ると

本当によかったなぁと思います^^


[149]>146 私もガラス瓶派です staples54

今度、小さなボタンをキャミソールの胸元に縫いつけてリメイクしてみたいと思っています。


[150]>147 ミニタオル helltaxi

ハンカチよりもいろいろ使えていいですよね。


[151]ビニタイの代わりに布タイ作り staples54

用意するもの

細い針金 ハギレ 木工用ボンド


?針金を約6cmくらいでカットする

?ハギレを1・5cm×6cmにカットする

?ハギレに薄く木工用ボンドを塗り、1/3のところにワイヤーをのせます。

?端を合わせるように重ねます。

乾かすと出来上がりです。布の代わりに紙でもOKです。

ラッピングに使えてとても便利です♪


[152]ちょっとしたプレゼント fumie15

あげる人にも状況にもよるのだけれど、ちょっとしたプレゼントとかはいくらあっても困らないいつも使ってほしいものをあげます。ハンカチやシャープペンシルなどをあげます。

記念日には贅沢品もあげたりするけれど、毎日使ってくれたらいいなと思いながらプレゼントを選ぶのも好きです。


[153]>149 うちではゴルフボールの空き箱 fumie15

に入れているのですがガラス瓶もステキですね。


[154]>135 髪が抜ける夢 to-ching

良く見ました、本当に抜けるようになったら見なくなりました。がっくり・・・


[155]>9 まだ購入せず・・・ to-ching

どうしても信用できないのです、がびがびになった皿や茶碗も大丈夫?あらかじめ少し洗っておけば綺麗になりますとの話しもあったようですが、それじゃ意味無いじゃん!


[156]>153 うちは to-ching

缶でした、何か御菓子が入っていた?だから、あのガラガラと言う音が懐かしい。


[157]三の酉(とり) to-ching

http://www.torinoichi.jp/goriyaku/goriyaku_6.html まである年は火事が多い!


[158]>152 なるほど・・・ to-ching

私の場合はわざわざ自分で、お金を出してまで買わないと思っている品物を送りたいし、貰いたいな。

凄く難しいことですが。


[159]>150 本当に・・・ to-ching

ハンカチもってませんね?考えれば使い方によっては、不潔なものともいえます。ポケットティッシュのせいでしょうか?


[160]>87 家族お互いに dankichik

ヨーロッパでは家族がお互いにクリスマスプレゼントを贈り合いますよね。私もやっと経済的に余裕のできた今だからこそ、両親にプレゼントをしたいと思います。


[161]>134 便所にも! to-ching

いますぞ!http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20071110


[162]>160 何というか to-ching

包装紙を開ける瞬間って嬉しいです。特に箱物です!今は小さいほうが良いかな??


[163]>131 沢山! to-ching

余ってます、もう時効なんですよね。また、丁寧に書くのです、そんな時間があったらちょっとでも早く、もんで欲しかった・・・


[164]>86 独身時 to-ching

ボタンが取れたので自分で裁縫、終わった!と思ったら自分のズボンやシャツまで糸が通っていたり・・・忙しいのに!!


[165]>164 この感覚、よくわかります。 asukab

一緒に他の布まで縫い付けてしまうこと。

ミシンでやると、もうガ?ン……一気に手が進まなくなります。


[166]>159 お風呂場のガラスにハンカチを貼り付けると… asukab

子どもの頃、お風呂でハンカチやタオル遊びをして、上がる際、戸口のガラスにハンカチをぴたっと貼り付けていました。

翌朝、ぱりっとアイロンがけしたかのようなハンカチになっていたのが嬉しかったな……。


[167]>155 少なくとも水につけておく必要はあり Kumappus

茶碗などは食べ終わったら流しに持ってきて、水を入れておく(重ねてもよい)状態にしておくのがベター。で、ささっと流してふやけた米粒なんかを落としてから食器洗い機に入れます。ベタ付くソース類などもいちおうささっと流した方がいいです。

食器洗い機にもフィルターはあるけど、そこに生ゴミためるってのもちょっとゲゲゲでしょ。

得意なものは油汚れみたいですね。高温(60℃〜80℃)のお湯をかけて洗う設定ができるものが多いので、この点は手洗いよりはるかに勝っています。油が付いたアルミのざるなんかはすすぎもふくめて手洗いではかなりめんどくさいものですが、食器洗い機にとっては楽勝。

あと、要注意なのは茶殻など軽いものがついた茶こし等をそのまま入れてしまわないようにすること。茶殻が水で飛ばされて特に上側に置かれるもの(コップ類)などに再付着します。


[168]>148 こいつとか Kumappus

http://jp.youtube.com/watch?v=RPbW25_BMbQ&feature=related

自分じゃ買わないけど…の代表例ではないかと(笑)。


[169]>104 知らなかった… Kumappus

TomCatさんがクラウザーさんだったなんて…。

デトロイト・メタル・シティ 4 (4) (ジェッツコミックス)

デトロイト・メタル・シティ 4 (4) (ジェッツコミックス)

確かに「地獄の暗闇に咲く、人の血飛沫を集める花」、みたいな感じでよかったかもしれませんなー>そのスピーカー。

…ってなんかいいツリーを壊してます?(サーセン)


[170]キッチンの主 asukab

母親でも父親でも、誰かがキッチンに立っていると、子どもは非常におりこうさんになります。おりこうさんと言うと語弊があるかもしれませんが、心が落ち着き、静かな時間を楽しむことが多いように見受けられます。まあ、おなかを満たす食事を作ってくれるのだから当たり前なのだろうと思いますが、暮らしの中で重なっていくこの時間の恵みは多大でしょう。

五感全てを一度に刺激する、唯一の行為が「食」。この体験を家族で繰り返すことが、どれほど人間に幸福にしているか、あらためて思います。

キッチンの主が、人々に幸福をもたらすことは言うまでもありません。息子、娘には、食の豊かさを心得たキッチンの主として、幸せな人になって欲しいと願います。


[171]>163 良いアイデア eiyan

良いアイデアなんですね。

子供の頃の良い思い出ですか?

これも時効があるのですか?

もう一歩踏み込んで券がなくてもしてあげる気持ちが大切ですね。

昔はお手伝いという意味でしてましたね。

最近はデジタル式でそっけないですね。

でも気持ちが大切なんですね。


[172]>170 お手伝い eiyan

子供の頃から台所に限らず子供にはお手伝いをさせるのは良い教育になりますね!

台所で食材を加工し、食事のネタにしていく様、変化は子供にとっては驚嘆する事ばかり。

こんなものがこんな美味しい食べ物になるのだという周知。

大人になる段階で食に限らず感動や満足を勝ち取り経験する事は、子供の心も大きく育つ要因ですね。

家庭の中心台所の大きな役目を子供心に植え付けてあげましょう。


[173]>167 親へのプレゼント helltaxi

として前から考えているのですが親が使いこなせるのか?

ちゃんと落ちるのか?って不安はありますよね。

高温のお湯で油が落ちるってのはいいですね。


[174]>158 慣れ eiyan

プレゼントは記念日とかお礼とかの節義にすると良いですね。

いつでもプレゼントをあげていると常用になってしまって、何の有り難さもなくなり、逆に迷惑がられたりします。

こちらは良いプレゼントをしたと思っても、又か?と思われて敬遠されてしまいます。

こうならない様にプレゼントするにも細心の心を使う必要がある現代って難しい世の中ですね。

プレゼントするなら相手を見てからなんでしょうね。


[175]マッサージチェア helltaxi

いつかは親に買ってあげたいと思いつつも

高いし、機能や値段の差がなかなかわからずに

買っていないマッサージチェア。

値段も高いし慎重になっていてなかなか買えてません。

どうせ買うならいいものをと思いつつも

このまま先延ばしにし続けるのもよくないだすし

迷うところです。


[176]>157 そうなんですか?? eiyan

そういえば今年は世界的にも火事が多かった。

これも地球温暖化の影響かな?

今年は災害の多い年周り。

その割には大きな災害は思ったより少なかった。

災害が少ないので良しとしましょう!


[177]>175 肯けます eiyan

そうですね。

高価ですから簡単に買えませんね。

買い難いのでしたら自分で作ってみてはどうでしょう。

一寸家庭大工の要領で作成して下さい。

買ってくるより喜ばれるかも知れませんね。

作り方はネットで検索すれば出て来ますよ。

頑張って挑戦してみて下さいな。


[178]>151 何だろな? eiyan

何に使うのだろ?

ラッピングに使うって?

小旗の様な感じですが、ラッピングの時の留め金かな?

留めなら輪ゴムか紐等で充分だしな??

作り方と併せて使い方も説明した方が良かったね。

未だにわかんない・


[179]>140 キッチンだけでない eiyan

聖人は至る所にいます。

一番重要なのは人の心。

そして、トイレにいる聖人は一番清潔好き。

玄関にいる聖人は笑顔好き。

人の心に住む聖人はその人を作ります。

聖人たる聖人は人の心から生まれますね。


[180]>132 不気味 eiyan

あの人何か地球人でないみたいですね。

でも言う事は当たってるし、肯ける所があるので、

参考にしています。

そういうおまじないも何か怖いですね。

でもそれが流れなんでしょうか?

携帯の様に流行ったら・・・


[181]>133 居ますね eiyan

不用品を利用した創作品作りの名人はいますね。

材料は何でもですが、材料によって完成品が違って来る。

何処からその様な創作が出来るのか不思議ですね。

やはり考え方なんでしょうか?

凡人には出来ないですね。


[182]>122 迷信 eiyan

そういわれてますね。

理屈を話せば肯けますが、本当かな?っと思うもの。

悪いといわれる事はしない方が良いに越した事はないですが、果たして本当なのだろうか?と考えたいもの。

元々病院は体の治療に行く所なので、余り差し入れ的なものは不必要。

見舞いに行く事自体が大切。

心のプレゼントで充分ですね。


[183]>108 ゴム風船 eiyan

面白いもの作ってますね。

アイデアも面白い。

ゴム風船は色々な利用方法があって、今でも貴重に使われています。

ランプの型枠には色んな方面で使われます。

風船ランプは非常に面白いので、成功して下さいね。


[184]>6 風呂敷の効用 eiyan

昔は風呂敷が包み袋として重宝してました。

今はレジ袋が主流になっています。

だが、最近レジ袋を有料化したりして使わない方向に行ってます。

それで再び風呂敷の登場となるのです。

風呂敷は何度も使え、紐、袋は勿論タオル、ハンカチ、包帯等々あらゆるものに代用が可能です。

レジ袋が衰退したら、風呂敷の再登場は必須ですね。

こんな貴重な風呂敷を大切にしましょう。


[185]>8 それは良いアイデア! eiyan

大人の一時的な利用は知っていましたが、赤ちゃん用にその様な利用方法があるとは思いませんでした。

赤ちゃんはさぞ迷惑だったでしょうね。

アハ!赤ちゃんには分からないか?!


[186]>55 嬉し楽し! eiyan

それは良いですね。

プレゼントでなく自分用。

普通は自分に贈り物という感触はないから、時にはそんな感じも良いのかな?

今度は誰かにプレゼントも考えたら。


[187]>56 これは良い!3 eiyan

これは良い!の3番手です!

将来はテレビ、電話、パソコンを合体させた多機能器が発売されます。

ネットに接続して台所のみならず家庭の全てを管理します。

それに先駆けた台所ネットパソコン導入は先端を行ってますね。

将来はネットパソコンが主流を占め、生活必需品になるでしょう。


[188]>65 作り物 eiyan

昔は貧乏で購入出来なかったものは全て手作りでした。

手作り品はすぐ壊れるけれど作成者の心が一杯詰まった作品。

壊れたら又作り直すのが普通。

今度は雰囲気を変えたもので、全く同じものは出来なかった。

それが価値なんでしょうね。


[189]>183 なるほど! vivisan

ゴム風船って型にちょうどいいんですね!

このアイデアは本当にすごい!さすがです。

私もこの型のランプを見たことありますが、なんともいえずほんわかしてきて癒されます。

ランプシェードに布はわたしも使ってますが、覆うことしかやっていません。

きっとこんなランプをお部屋に飾ったら、暖かくなることまちがいなしですね!

完成したら是非写真などみてみたい作品です。

しかし、こんなに難しそうな作品なのに、ゴム風船や木工用ボンドでいいなんて・・すごすぎます。


[190]>174 グリーティングカードの贈り物 asukab

友人から、グリーティングカードを贈ると喜ばれると聞き、なるほど!と感心しました。

ここで言うグリーティングカードとは、自分で書いて贈るカードのことではなく、「どうぞ使ってくださいね」と、相手に使ってもらうカードのことです。

礼状などカードは必需品ですし、常に手元に置いておくと重宝するので。

米国には20枚入りなど箱入りのカードがたくさん売られているのですが、日本ではどうでしょうか……日本だと一筆便かな……。

特に中に何もメッセージが印刷されていないブランク・カードは、出番が多いと思います。

手作りなら、さらに趣が生まれます。

今はコンピュータ印刷が容易になったので、もちろんプリントアウトした自作カードセットでもいいですよね。

娘のプレスクールでは、子どもたちの絵画をスキャン、プリントアウトしてカードにし、16枚セットで親へのクリスマスプレゼントにしてくれていました。

なかなか素敵なカードセットでした。


[191]>124 紫のバラ vivisan

ガラスの仮面を読んでいて、一番贈ってほしいバラの色になりました。

花言葉は気品・誇り・上品・尊敬する人へ

だそうです。

くれる人いないかな?w


[192]>77 聞いた事あります! eiyan

昔は材料がなかったので布のグラブは聞いた事があります。

それで皮のグラブは嬉しかった。

感触は布の方が良いでしょうが、皮は香りが良くワックスで磨く事が楽しみでした。

勿体無くて余り使用したくありませんでした。

放っておくとカビが生えてくるので、磨く事は欠かせませんでした。

そんな語りくさですね。


[193]>186 自分にご褒美! choco-latte

私もたまにやりまーす。

前はモノでご褒美をあげていましたが、最近は旅行に行くようにしています。

そこまで自分頑張った!とは褒めるほどの事はしていませんが、これからも頑張ろうという意味を込めてもたまには必要ですよね。

自分に甘すぎ?!かなぁ…。


[194]>98 うちでは choco-latte

父のいらなくなったTシャツを靴磨き用の布として使っていました(笑)なぜかいつも父のTシャツ……。


[195]>78 してますね! eiyan

地方によって微妙に違うのですが、塩を体にかけるもの、履物で踏むもの、塩を撒くもの、塩で手を揉んで洗うもの、口に含んで吹くもの、供えるものと様々ですね。

お相撲さんの勝負にも塩を使うし、清めの塩は効用があるのでしょうね。


[196]>166 私はハンカチ派です。 yoshigyu1318

私は、ハンカチ派ですね。アイロンがけは多少面倒ですが、粋な感じがするので好きです。


[197]>196 使い分けてます。 odorukuma

普段はタオル、比較的フォーマルな時はハンカチにしています。

アイロンのかかったパリっとしたハンカチはいいですよね。


[198]秘密基地の旗 Fuel

子供のころに秘密基地作りをした人は少なくないと思います。

私も友だちと一緒に空き地や河川敷など何カ所かに秘密基地を築いてきました。

しかし最後は必ず大人に追い出されてしまいます。

結果的に最後の秘密基地となった場所を追い出されてしまった時、

私たちはとても意気消沈してしまいました。

でもこのまま終わらせるわけにはいきません。子供には子供の意地があります。

俺たちの独立国を作ろう。

どうやって?領地がないぞ。

旗だ、旗を作るんだ。

そうか、その旗のある所がいつでも俺たちの独立国だな。

旗のデザインはみんなで授業中に考えました。

赤・黄・緑が横に並ぶ三色旗で、旗の中心に歩行者用信号の青みたいな歩くマークが三人並んだ、

秘密基地仲間三人の団結を表すデザインです(ただの信号機のパクリとも言う)。

まずみんなで白いハンカチを持ち寄って、小さな旗を各自一枚ずつ作りました。色はマジックで塗りました。

針金を使って自転車に旗を付けてみました。なかなかかっこいいと思いました。

もっと大きな旗がほしいと思い、私たちは大きな布を探しました。

探して探してたどりついたのが、シーツを使うというアイデアでした。

家に帰って捨てるようなシーツはないかと訊ねたところ、

シーツはないが破れた布団カバーならあるとのことで出してもらいました。

さっそくそれをもらって旗にできる大きさに布を切り取って、翌日学校に持っていきました。

布の端がほつれるので縫わなければなりません。放課後教室に残ってみんなで縫いました。

みごとに不細工な縫い方でしたが、何日もかかってやり通しました。

旗の色もマジック塗りなので、これもみごとな不細工さでしたが、

二週間くらいかかって、とにかく大きな旗ができあがりました。

これで私たちの独立国の建国がなされました。

後日その旗は、運動会の時にクラスの応援旗としても使われました。


[199]>193 お取り寄せスイーツ odorukuma

自分用にお取り寄せスイーツを買ったりしています。

自分頑張れよという時に買って、その期間が終わる頃に届くようにしています(笑)


[200]>173 大人数の家族なら odorukuma

料理中に出る洗物は完成するまでには片付いていますし、食べ終わった後の食器も大した量ではないのですぐ片付きます。

大人数の家族なら、きっとすごく便利なものなんでしょうね。


[201]>195 会葬御礼のハンカチなどに塩が付いてますね Fuel

でも私の家ではあの塩を使いません。

なぜかというと、葬儀を不浄と考えては亡くなられた方に申し訳ないから。

不浄でなければ清める必要はないので塩は要らないという考え方なんです。

うちではずっとその考え方でやってきていますが、

特にそれで縁起が悪い思いをしたことはありません。


[202]>162 ラッピングをあける時 odorukuma

ホントに楽しみですよね^^

凝ったラッピングだったり、シンプルでも綺麗なラッピングだと、開けるのがもったいなくて、飾っておきたいと思ってしまいます。


[203]>125 医食同源ですね odorukuma

旬の食材であったり、買い物に行く前に、何をつくろうかなとあれこれ考えるのは楽しいものですよね。

栄養バランスやカロリー、品数、彩りなど、家事と思えば大変ですが、趣味なので楽しいです。


[204]>192 鉄腕稲尾さんが話してました Fuel

神様仏様稲尾様のあの伝説の名投手稲尾和久さんが、

亡くなられる少し前にインタビュー番組に出ておられて、布グローブの話をしていました。

当時はボールも木の実のまわりに糸を巻き付けた手製だったそうで、

漁師だった父親が漁に使う糸をこっそり持ちだしてボールを作ったと豪快に笑っていらっしゃいました。


[205]>130 ひざ掛け odorukuma

私はパッチワークでひざ掛けを作りました。

柄物をあわせるのは私にはなかなか難しくて、途中でやめようかと思いました(笑)

完成してみると案外しっくりくるもので、使ってみるとさらに馴染んできて今では愛用しています。


[206]>83 体操着いれ、靴袋、リュックサック、服 odorukuma

着るものから使う物まで、布製は母の手作りが多かったです。

トイレットペーパーのホルダーや台所のミニカーテン、ランチョマット、人形の服も・・・

手作りのものって愛着が沸きますよね。


[207]>179 日本でいう便所の神様? odorukuma

日本でも、いたるところに神様がいるというか、精霊がいるという考え方がありますよね。

アニミズムだったかな?


[208]>203 すばらしい hanatomi

主婦の仕事は、とても大切なプロの技ですよね。


[209]>200 便利ですよね hanatomi

水道代も意外と安いそうです。


[210]>190 カード hanatomi

アメリカにはいろいろカードありますよね。しかもでっかい。

送料も安く無かったですか?

^?^


[211]>207 キリスト教の聖人と日本の神様はちょっと違います TomCat

日本の場合は、万象あらゆるものが八百万の神々のどなたかの担当であるといった多神教的な考え方か、あるいは万象に神性がやどるという汎神教的な考え方ですが、キリスト教の場合の聖人は神様でも精霊でもなく、あくまで神に仕えた「人」なんです。簡単に言ってしまえばキリスト教的偉人、ということですね。

たとえば聖エリザベスはハンガリー王エンドレ2世とメラーノ公女ゲルトルードの娘として生まれた王女で、後にテューリンゲン方伯ルートヴィヒ4世の妻となりますが、夫は十字軍の遠征に参加して死去。それまでも貧しい人々のために働いていた彼女は、城を追われて一文無しになっても貧しい人や病人に対する活動を続け、ついにローマ教会の援助を得て病院を設立するまでに至ります。こうした功績が認められ、死後4年目にして当時のローマ教皇グレゴリウス9世により列聖されました。

そういう人々の様々な逸話が色々な言い伝えとなってきたもの。それが「キッチンの聖人」ということなんです。キッチンに神様がいるというより、諸聖人の行いにならって日々の糧に感謝したり、貧しい人への思いを忘れないようにしようといった食にまつわる教訓を今に伝えてくれるもの。それが「キッチンの聖人」ということなのではないかと思います。


[212]>198 おおー!! TomCat

子供独立国の旗作り!! 古布を手に入れて、慣れない手で端をチクチク縫って、手書きで仕上げた世界でたった一枚の旗。これは思い出に残るでしょうね。夢の独立国を、たとえ旗だけでも実現した情熱は素晴らしいです。心の国なら誰にも取り上げられないですからね。きっと今でも、当時の仲間の心の中に、その旗は元気良くたなびいているのではないでしょうか。いいお話です(^-^)


[213]キッチンのぬくもり mekishiko

やかんの蒸気とかお鍋の湯気とかで、

空気があったまるんでしょうかね。

冬に外から帰ってきて、キッチンに行くとホッとします。

ぬくもりのある空間ですよね。


[214]>178 説明不足 staples54

でしたね!すみません。

ビニタイとはビニールタイの略称です。お店などで買ったりせずにいろいろ手作りして楽しんでいます。

実際に見てもらったほうが理解していただけるかもしれません(タイの写真などご参考までに→http://www.cuoca.com/category/162.html)

自分で作った雑貨やお菓子などを友人に渡すときなどに

ビニールの袋に入れてタイで口を閉じて手渡したりしています。


[215]ストライプのラインの入ったワイシャツを使って staples54

キッチンマットを作ってみようかな?と思案しているところです。本当は細かいパッチワークの作業をしたら素敵なものができるのでしょうが、とりあえず簡単に大きめのピースをつなぎ合わせて作ってみようと思います。

手芸ではよく透明糸を使っています。生地の色に合わせて色を変える必要がなく、縫い目が目立たずに仕上がりも綺麗に見えるところが気に入っています。

(※透明糸は100均の手芸コーナーに一巻600mで販売されています。)


[216]>189 写真お願いしたいです staples54

もうだいぶ乾燥してきた頃でしょうか?仕上がりが楽しみですね。

材料を風船+糸にして 膨らませた風船にレース糸などをぐるぐる巻きつけてスプレーのりをかけて作ってみたいです。


[217]>76 男も純情なんですよ(^-^) TomCat

私も好きな女の子の写真を密かに持ってたりしましたね。バレたらやたら嫌がられそうですが(笑)

そうかー。ハンカチに包んで持っていれば思いが叶ったんだ。私の場合はバレないように紙に包んでいたので、結果がイマイチだったのかもしれませんね。いい友達ではあったんですけどねー。ついに気持ちは伝えられませんでした(^-^;


[218]>147 アイロン要らずの方法は・・・ staples54

洗って干すときに、ハンカチの両端を持って一度振りさばいて、二つ折りにして干すと形も変形せずアイロン要らずに済みますよ。

(またハンカチの濡れた状態で窓にはりつけて形を整え、乾くのを待つという方法を取る方もいらっしゃるようです)


[219]>166 orz staples54

下のツリーを読まずにhamanonさんにコメントをつけてしまいました。

私もお風呂にハンカチを持ち込んで遊んでいました。とても楽しかったです。


[220]手製の服 asukab

母が作るときもありましたが、友だちのお母さんに専門に洋裁をされている方がいて、その方によく作ってもらっていました。布見本を取り寄せ、布選びから始まり、どんなデザインにするか……母と一緒に考えるのが楽しくて仕方ありませんでした。子どもって、時にとんでもない柄の布を欲しがったり、普通では考えられないようなデザインの服を着たがるのですが、わたしもそうで、(結局、母のチョイスに落ち着きますが)今から考えると可笑しいです。

ファッションデザインもどきで、ファッション画を描き、フランス・パリを夢見たり。小学校高学年の頃、行ってみたい国のナンバー1はフランスで、地図を引っ張り出し、フランスの地形を調べ、地図を描き、都市名を書き込み、特産物を書き込み……と、いつか彼の地を訪ねることを夢見て、調べ学習っぽいことを勝手にしていました。夢想少女時代ですね。

でも、手製の服、もっと大事に着てあげればよかったな……と反省も。活動量の多い子どもだったので、よく服を汚していたような気がします。


[221]>138 布の表情 asukab

色もそうなのですが、手触りに魅せられますね。

リネン地は、特にそうではないでしょうか。

これは手縫いでチクチクですよね。

刺し子などを見ていると、こういう時間もいいなと思います。

布の表情を確かめながら、一針一針縫い進めていく作業……今の自分にはできないので憧れます。


[222]手製の受洗ドレス asukab

義母は、花嫁ドレスのデザイン制作に携わっていた服作りのプロです。夢に描いていたような人の家に嫁ぐことができ、まさに夢か現か幻かの世界。渡米した当初は、彼女の創作・制作意欲にただただ感動していました。

クリスマスプレゼントは、ことごとく手作りです。ラッピングにも毎年テーマがあり、ある年は「クマ」で、フェルト製の白くま、茶ぐま、黒くまがラッピングに1個ずつ付けられていたり、ある年は熱帯林の大花が付けられていたり、彼女らしさがいっぱい表現されています。プレゼントですが、息子、娘の誕生祝い(赤ちゃんドレス・帽子・靴下に)始まって、洗礼用ドレス・帽子、セーター(靴下・手袋・帽子とおそろい)、フリース・ジャケット、バス・ローブetc.これまでどのくらいハンドメイドを贈っていただいたか覚えていられないほど。編み物、刺しゅうもされるので、見ていて自分も刺激されるし本当に楽しい。スモック・ドレスなどは、刺しゅうの細かさに声が出ませんでした。

一番の思い出ドレスは、洗礼用ドレスです。どんなデザインが好みなのか聞かれたので、「ベイビーブルー(淡い水色)を施したシンプルなドレス」とリクエストしました。洗礼用ドレスは、たとえ白でもレースがたくさん付いた、華やかなものが多いのですね。なので、ヒラヒラ豪華な部分をちょっと変えたいなと思っていたのです。うちの信条「シンプル」をテーマに出来上がったドレスは、パイピングにベイビー・ブルーが使われた、願ったとおりのドレスでした。息子は6か月のとき、娘は1歳半で、それぞれこのドレスをまとって受洗しました。

デザイン的には、伝統から外れたドレスかもしれません。でも、うちはこのドレスを代々伝えていきたいなと思います。


[223]>199 絵本 asukab

自分へのご褒美は、いつも通り「絵本」。

買い物するときも、「これを買うと、絵本○冊分」と常に絵本に換算してしまい、いいのか、悪いのか。


[224]>216 卵型がかわいい asukab

ぽわんとしたまろやかな形、すてきです。

楽しみですね。

乾燥は、確かに十分にされるのがいいと思います。

以前息子と、同じ方法で紙の地球儀を作った際、風船を外すとき、一箇所がぺこんと凹んでしまいました。(素材は新聞紙)

子どもの工作なので、ぼこぼこしていても気になりませんが、紙の層を厚くすればよかったと反省しました。

夜店などで見かける風船ヨーヨーサイズの丸風船にのり付きのタコ糸(カラー糸だとまた違った雰囲気)をぐるぐる巻きつけていくと、かわいい鳥の巣が作れますよ。

中に羽や紙粘土の卵を入れたりすると、風情が出ます。

娘の手作りが、キッチンの窓辺にかけてあります。


[225]>5 ハンカチのねずみ asukab

ハンカチのねずみもありましたね。

親指と人差し指の間から、手品のようにねずみがぴゅっと飛び出す動作は、大人の手でなければできなかったと思います。


[226]>221 端切れ hanatomi

私も捨てられずにとってあります。

取っておくと決めてからはどんどん増えていきますね。どのぬのもかわいくてしょうがないです。


[227]>222 すごい! hanatomi

ひゃー!

映画の中のお話みたいです。すごい方とであったとよろこばれるasukabさんだからこそ、義母さんもしあわせなのだろうなぁ!

代々伝わるドレス、家宝ですね。


[228]>208 男子厨房に…は Kumappus

実はあれこれごちゃごちゃ言われるとうるさい、とか下手に料理に興味をもたれて「男の料理」なんか作られると迷惑する主婦の陰謀だったのではないかと思ったりします。

というのも家庭料理ってある意味「期間無制限の健康管理プロジェクト」みたいなもんで、日々の予算構成やら飽きないためのローテーションの設定やら材料を無駄にしない工夫やら、ちゃんとやろうとするとかなり大変だと思うんですよ。

そこへ事情のわかってない男が入ると、そりゃ特に昔の主婦にとってはプロジェクトがわかってないのに口を出す他部署のメンバーみたいなもんでいやだったのではないかと。。。


[229]>225 あー!作りました!! sayonarasankaku

懐かしいです。

薄いハンカチじゃないと、うまく出来なかったです。


[230]>227 素敵なお義母さまですね! staples54

手作りのクリスマスプレゼント、とっても気持ちがこもっているでしょうし素敵だと思いました。


刺繍を自分でしようとおもっても下手で全然上達しません。上手な方をとても尊敬してしまいます。


ウエディングドレス、間近で見てみたいですね?!!うっとりため息が出そうです。


[231]>224 地球儀 staples54

手作りできるものなのですね!asukabさん、さすがだと思いました。

たこ糸を使うとよりナチュラルな風合いに仕上がりそうです。

羽や卵を入れるアイディアがいいなぁと思ったので取り入れて

真っ白な羽とうずらの卵の中身を抜いてよく乾燥させたものを

ころんと飾りたいと思いました。


[232]>229 リカちゃん人形も helltaxi

やりました。

そういえば、子供の頃、親にぬいぐるみの服も

作ってもらってました。


[233]>228 男の料理 helltaxi

うちの父もたまにきまぐれで男の料理だかなんだか

わかりませんが適当に料理を作ることがありましたが

基本を知らないのに適当に作るものだから

できたものは正直に言えばまずかったですね。


[234]>209 水道代はかなり節約になるみたいですね。 helltaxi

ちゃんと使いこなせれば元は取れると思うんですが

あと、ちゃんと落ちるかですよね。


[235]>197 冠婚葬祭はハンカチ crocs

それ以外は、ミニタオルと使い分けてます。


[236]>180 宇宙人 crocs

金髪のあのおっさんの待ち受けの人を

よく見かけると思ったらそういうことだったのか。

なんか変な宗教みたいで気持ち悪いな。


[237]>171 お手伝い券 crocs

まあ、親が子供に誕生日やクリスマスにプレゼントをくれる

お返しとして子供が親の誕生日などにプレゼントとして

考えたものなのでそんな現実的なことを言わなくても・・・

まあ、気持ちの問題ですからね。

自分は、食器洗いや風呂掃除等、何でも使えるお手伝い券を

作ったことがあります。


[238]>172 子供の頃 crocs

料理の手伝いしていると料理の基本を見て育つので

親の味が自然と受け継がれるのかもしれないですね。

自分は、全然手伝わなかったので料理は全くダメですね。


[239]>233 初心者はカレーとか焼きそばとかその辺が無難 Kumappus

カレーでまじめに玉ねぎを茶色くなるまで炒める、肉を炒める や 焼きそばを数人前同時に作る のは案外と力がいるのでちゃんと作って成功するとお父さんの株がもっともあがりやすい料理だと思いますがどうでしょう?

パスタをでかい鍋で茹でて一気に水切り もそうかな。


[240]>238 でもそんなの関係ねえ! Kumappus

やる気になりゃ、本でもウェブでも見て、何度か失敗すりゃ料理なんてすぐできるようになりますよ。

逆に手伝いで覚えてそこで固定されてしまうと親のへたくそな面とかもそのまま鵜呑みにしちゃうかもしれないしな、というのが個人的意見。

NHKのためしてガッテン!なんか非常に科学的に料理を分析していて参考になります。概してこういうのは親だと経験則で全然はずれたことをやってる可能性もあるわけです…(でないと番組冒頭に出てきて「どうもうまくいかないんですよ」という主婦A子さん(36)の出番がない(笑))。


[241]>215 いいのができそう hanatomi

ワイシャツってしっかりしてるし長持ちしそうですね。

いいのができるといいですね。


[242]>237 なつかしい hanatomi

なつかしいな。つくりましたよ。

まだ時効じゃないと思いますよ^?^


[243]>223 福袋 hanatomi

はてなのポイントは地震募金や、プレゼント用にしてしまいましたがそれと別に、福袋を買うのが楽しみです。ネットでも買えますよね


[244]>58 孫にも hanatomi

そうやって続いていくんですね。のれんわけですね。


[245]>20 手作り Qwert

手作りだからこそなおご利益がありそうですね。


[246]>60 全ての人に Qwert

全ての人にそれぞれギフトが与えられているんでしょうね。


[247]>213 生活 Qwert

生活を感じるからかもしれませんね。暖かさを感じますよね。


[248]結婚式の贈り物 hanatomi

贈り物。

私たちは、友達に結婚式をプレゼントしたことがあります。

実は2回あるんですが、そのうちの1回について。

結論から言うと、とても楽しかったです。

場所は、ログハウスを借りてやりました。外の空き地にステージを作って、そこで、バンドをしている友人が、簡単なバンド?をして。(でもなかなかの機材で驚きました!)

司会ももちろん友人。ウエディングドレスも手作りです。ご飯も自分たちで用意しました。

楽しかったな。

自分たちで手作りしてみて一番思ったのは、好きなように時間を使っていいこと。

何枚でもいくらでも写真を撮っていいし、いくらでも話していてもいい。

もう一曲おいわいの歌をうたっていいし、突然新郎新婦が、話し出したっていい。

青い空と、緑の芝生の上での、自分たちで作った結婚式は、どこか懐かしかったです。

新郎は、みんなに対して「みんな愛してるぞーー!!!」と叫んでいました。

私たちももちろん同じ気持ちでした。

こんな形の結婚式、これからどんどん増えていったっていいとおもいます!

文化祭をやったことがある人なら、きっと、イメージわくと思いますよ!

または、ホームパーティの延長に、結婚式があったっていいと思うんですよね。

新居を買われた方だったら、お披露目をかねて、おうちでパーティをしちゃったらいいと思うんです。

みんなの笑顔と祝福があれば、何もいらない!そんなきもちになるんじゃないかとおもいます。


[249]>212 建国の証 Qwert

楽しそうですね!!アメリカの映画にありそうな話です!読むだけでわくわくしますね。応援旗としても使われたなんてどんなデザインだったのでしょうかとても気になります。


[250]>201mododemonandato

良い人の居るイエには、幽霊も住み付かないという信仰が中国にはあるそうです。死んだ人だからといって恐がって祓ったりしてはいけませんね。


[251]>241 ありがとうございます。 staples54

年が明けてからがんばって作りたいとおもっています。


[252]>247 お金をかけずにインフルエンザ予防! mekishiko

インフルエンザが流行ってますが、

我が家では加湿器なんて買いません。

また、今年はいまだにリビングで暖房器具を

使用していません。それはなぜか?

実は、キッチンをうまく利用しているのです。

それは・・・・、

キッチンでお湯を沸かして、湯気をたくさん出す、

たったそれだけなんです!

そうすると、部屋全体が温かくなる上に、湿度も上がり、

インフルエンザの予防ができてしまうのです。

なぜなら、インフルエンザウイルスは

部屋を温かくして湿度80%以上の状態を2時間継続すると

死滅してしまうからです。

ぜひお試しを!


[253]>123 関西系の犬だったら。。。 jarijari

「お前そんな事に命賭けんなよ!」パッコーンって、ど突きたいところですが。


だいぶ前の事でしたけど、ちょうど今頃の時期だったから、クリスマスプレゼントってところだったんでしょうか。


優しいみなさんにも、素敵なクリスマスマジックがありますように。,。・:*:・゚'☆,。・:*:


[254]>220 昔、文化に通いましたよ jarijari

洋裁のコースだけでしたけど。「布をいじってると心が落ち着く!」とか言う裁縫好きさんがいっぱいいました。正規の学生さんたちのファッションショーを見に行ったり、学校内の服装博物館?見学の時間があったり、とっても刺激的な日々でした。外国にいっても装苑を年間購読してたりしましたが、今は洋裁ページが無くなっちゃったので、ちょっと寂しいです。


[255]自作原始機で弥生時代へタイムスリップ vivisan

布って本当にはるか遠い昔から人とともにあったのですね。

布はたて糸とよこ糸でできています。それらをうまく編んでやることによって布ができあがります。

それらの布を織る織り機が存在していました。それが原始機です。

この原始機をもとにいろいろなかたちに変わっていくのですが、日本ではいざり機(地機)へ、そして高機(江戸時代によくみられるでかいタイプ)、そして織機の時代へ移っていくわけなんですが、考えてみれば昔から理屈は全く変わっていないんです。


高機で手織りの体験をして、織ることにものすごく興味を覚えました。

少し前にそうめんの箱で織り機を作っていましたが、たどりついたのは原始機でした。これなら工作が苦手な私にでもできるかも!

http://www.ishikawa-maibun.or.jp/taiken/hataori/hataori_yayoi.ht...


でもまずは名前を覚えることからはじめました。高機と呼び方が違うのです。

準備するのは、2本の棒。これは100均のめん棒。この2本のめん棒に糸(たて糸)をかけていきます。縄文の布と大きく違うのは、タテ糸には上糸と下糸があり、その間に横糸を通すんだとか。今と同じ。

そして、横からたて糸をとおしていくのですが、この糸のかけ方が難しい。からまないように綾の状態にして、スペースを作って行きます。そして中筒の棒、そうこうの棒を入れます。

体験だと織るところから始まるのですが、準備が一番たいへんだと思いしらされました。

ホントは糸作りももっとたいへんなんですけどね。

ただ、はじめてなので、今回は木綿糸を使用。

そして横糸は毛糸を使いました。


おおー!織れるじゃないですか!普通に織り機と同じ!!

基本的に布を織る仕事は世界各国でも女性のお仕事だったようですね。

地機も原始機も腰のところで糸をひっぱっているのですが、やはり年を経るに従い、力も弱ってきます。こうやって母から娘へうけついでいったのかなぁ?と思いました。着る人への思いをこめて・・なんかロマンです。


この原始機の特徴は外でもひっかける杭があれば使えること。

きっと弥生時代の人たちは、手軽に織り機を持って広場なんかに集まって、おしゃべりしながら織っていたんだろうな・・なんて考えてしまいました。

これからは寒い季節なので無理ですが、暖かくなったら外でやってみたいな。


弥生時代の布はからむしなどから作る麻だったそうです。

糸を撚ってこうだったんじゃないか?作戦を実行しようと思ってます。

とうもろこしの皮なんていいかもしれない。

ちょっとだけ、弥生時代にタイプスリップした気分に浸れます♪


[256]>240 親から味を教わるというのに憧れます odorukuma

私の母は夜遅くまで働いていたのであまり台所に立っているのを見たことがなかったです。

それに、料理があまり上手ではありませんでした(笑

料理に限らず、必要に迫られると勝手に自分で覚えていくようになりますよね。


[257]>239 後片付けをしないなら作るな odorukuma

私の父はたまに気まぐれで料理を作る事がありましたが、

散らかしっぱなしで片づけをしないのでキッチンに立ってほしくなかったです。

もちろん、ちゃんと片付けるまで「片付けなさい」といい続けていました(笑


[258]>257 片づけないですよね helltaxi

フライパンは油のまま、まな板は切りっぱなしと

子供がおもちゃをちらかしたままのような感じで

後片づけしないですよね。

困ったものですよね。


[259]>252 蒸気で食器棚の窓がほんのり曇る odorukuma

気温差のある時に、煮込み物をしたり食器を洗ったりするといつのまにかガラスが曇っています。

そうすると、自分でも気が付かないうちに部屋が暖まっていたんだなとなんとなくほっとします。


[260]>242 意外とみんな helltaxi

作ってるんですね。

調子に乗って大量に作ると後が大変なんですよね。

有効期限が書いてなかったら時効はないんじゃないですかね。

ひさしぶりに出されたら子供もびっくりしそうですね。


[261]>245 姉から odorukuma

高3の時に姉から手作りのお守りをプレゼントしてもらいました。

今でも大切にしています。


[262]>258 本当に(笑 odorukuma

片付けながら料理をするのは慣れるまでは難しいのかもしれませんが、それにしても「どうしてここまで散らかせるのか!」と思うほど悲惨です(笑)

片付けたかと思って見て見ると、食器の洗い方がしっかりしてなくて汚れが残っていたり、片付ける場所が違ったりで、結局「もう何もしなくていい!私がやる」という事になります^^;


[263]>243 福袋、お正月が近づいてきた感じがしますね odorukuma

私は昔からあまり福袋を買うことはなかったのですが、今年は買おうと思っている福袋があります。

楽しみです。


[264]>250 味噌 odorukuma

塩や味噌で葬儀のあと身を清めますが、どうして塩や味噌なのかなあと思います。


[265]>264 おそらく海の水で清めた名残かと CandyPot

古事記には伊邪那岐命が黄泉国より戻られた際に、海の水で禊祓を行ったことが記されています。おそらくお葬式の後に塩を振りかけるのは、これにならったものではないかと思います。


[266]>255 やってみたい!! CandyPot

この機の織り方、何かで見たことがあります。マンガだったのかなぁ、ドラマだったのかなぁ。腰当てでチキリを固定して自分の体を織機にして織っていく姿がとてもなつかしいように思えて、不思議な気分でした。自分では一度も体験したことがないのに、遺伝子が憶えていて懐かしがっているような感じでした。

私もこれ、やってみたいです。さっそく材料を用意してみたいと思います。いつか糸から紡いでみたいですね。


[267]>262 普段食器洗い等を helltaxi

普段手伝ってくれていればきっとまた違うんですけどね。

料理人が修業で食器洗いや下準備から始めるってのは

理にかなっているんですね。


[268]>187 これは良い!4 CandyPot

いいなぁ。キッチンにネットにつながったPCがあったら、ほんとに便利ですね。食器棚に設置したのがとてもいいと思います。食器棚の中なら汚れませんものね。

私も使ってないノートが一台あるけど、ちょっと食器棚に入るサイズではありません。小さなノートがほしいなぁ。前は結構あったのに、最近は小さなノート、あまり見ない気がします。


[269]>267 普段 saite17

なるほど、普段のあり方で違ってきますよね。


[270]>236 みわさん saite17

そうなんですよ言ってることあたってるんですよね。

人生経験豊富な人ですね長生きしてほしい人です


[271]>254 洋裁習ってみたいなぁ TinkerBell

布をいじってると落ち着くって、すごくわかります。

何かを作っている時ってけっこう無心になっていて、

嫌なことがあってもケロッと忘れることができてたりするんですよね。

そしてどんどん心が楽しくなっていきますから、

終わって思い出しても、もうぜんぜん平気になっています。

ふられると一枚スカートが増えていきます、なんてね(笑)。

でも私は見よう見まねでしかやったことがないので、基礎が全然ありません。

一度きちんと習ってみたいなぁと思います。


[272]>154 歯が抜ける夢 otayori

よく見ました?。そう言えば最近ないです。

昔、カルチャースクールの心理学の先生が、

「悪い夢も良い意味なんですよ。」とおっしゃってたので

怖い夢見ても平気になりました。


[273]>269 普段やっていれば helltaxi

片づけを後にためるよりも片づけながら料理した方がいいって気付くのかもしれないですね。


[274]>266 こ、これは!! YuzuPON

不思議です。こうして布を織る様子が、私にもとても懐かしい風景のように思えてしまいます。衣食住の中の衣を担う原始機は、祖先から受け継いできた記憶に刻まれているのかもしれませんね。農村の出でもないのに水田を見ると言いようのない懐かしさを憶えるのと同じなのかもしれません。


[275]>273 片付けながらがコツですね YuzuPON

うちの母などもそうですが、手慣れている人は、料理と片付けごとのペース配分がうまいですね。空いている時間をうまく使って、不要なものをどんどん片付けていきます。

私もごくたまに台所に立ちますが、そういう時はやはり料理の作業と片づけの順序を考えながらするようにしています。だって、いかにも手慣れているように見せたいじゃないですか(笑)。料理の完成とともにシンクも調理台もピカピカに輝いているくらいだとかっこいいと思います。


[276]>265 塩のみで staples54

味噌で身を清めたことがありません。どうやって清めるのですか??


[277]>275 実は工業製品などの生産管理に似ています Kumappus

工業製品の場合、部品をいくつかのユニットにまとめて、さらにそれを組み合わせて…というように作っていくため、それぞれの製造にかかる時間や、中間製品であるユニットを一時的に置いておくスペースなどを十分に考慮しないとものすごく効率が悪くなりますし、売りたいときにはモノはなし、というようにリードタイムの管理もできないことになります。

料理も実は同じで、たいていのおうちで2発か3発のコンロとまな板を置いたりして調理するスペース、中間製品および完成品を乗せたお皿などが置けるスペースなどに制限があり、しかも「できるだけご飯食べるときに同時に出す(早くできちゃうとそれだけ冷めてしまうので)」のが目標なのでそれと似てるんですね。

慣れてくると先に時間のかかる煮物の下ごしらえと加熱に入ってから時間のかからない他のオカズやらお米といで炊飯器にセットするやらできるんですが…。

料理のガントチャートとか書いてみると面白いかもしれませんね。


[278]>277 そうなんですよね CandyPot

料理でも工業製品でも、作業しやすい環境を整えること、効率のいい手順を工夫することなどの大切さは同じだと思います。整った環境がいい製品を生み出すこともやはり料理と共通ですよね。そして料理は火や刃物を使うけっこう危険な作業ですから、整頓による安全確保も欠かせません。きっと、いい仕事ができる男性は、キッチンでもいい料理ができる人にちがいありません。キッチンも立派な仕事場です♪


[279]>248 昔の結婚式 saite17

原点の結婚式はそう言う物だったんでしょうね。なにもなくてただお祝いする人がいる。


[280]>278 面白い! saite17

生産管理と、料理!

時間の使い方がじょうずな人は料理も上手と聞いたことがあります。


[281]>268 これは良い!5 saite17

キッチンの未来形ですね。


[282]>253 ありがとうございます。 saite17

クリスマスマジック!でも実は活きてるだけでマジックです。

動物は人の気持ちをほんとうに真っ直ぐ判ってくれるんですね。


[283]>119 実践中 saite17

いま実践中です。これってプラス思考といういみも有るんだろうな。


[284]>218 有効! saite17

アイロンが不要ならハンカチ利用人口も増加しそうですね。

良い案ですね。


[285]>214 おしゃれですね saite17

こんなカワイイ物をつけたものをもらってみたいですね


[286]>280 効率の良さ helltaxi

やはりそれには料理に対して余裕がないとダメなんですよね。料理でいっぱいいっぱいだと効率や片づけのことまで頭がまわらないので。

うちの父は料理とか家事以外だとかなり効率的というか時間の使い方がうまい人だと思うんですが、料理の時は別人のようです。

得意不得意、向き不向きの問題なんですかね?


[287]>281 これは良い!6 helltaxi

何かを煮込んでいる時の暇つぶしにもなりますね。

くれぐれも忘れて鍋を焦さないように。


[288]>272 たしか歯が抜ける夢は staples54

私の読んだ夢辞典に載っていたのは”財産を損失するかもしれないから気をつけて!”という意味だったとおもいます。

自分自身が死ぬ夢は、たいへん良いことの起る前触れだとか。夢の中ではこわそうですが見てみたいです。


[289]月に一度だけ願いを叶える呪文のことば staples54

月初め1日の朝、まず目が覚めたら”月々に、月みる月は多いけれど****(※ここにお願い事を入れて)の月は、月々の月”と言えると願い事が叶うと子供の頃に教えてもらいました。

これは簡単に出来るのでは?と、チャレンジしてみましたが当日に忘れてたり寝起きは寝ぼけていたりして難しかったです。試してみたい方、ぜひ一度挑戦してみてください。


[290]神様からキャラウェイの贈り物 staples54

ヨーロッパに伝わる物語にキャラウェイが登場します。


ある所に、意地悪で嫌われ者の豪富がおりました。

彼のもとで働いていた純朴な青年と純真な乙女が恋に落ちたのですが

互いに気持ちを打ち明けられずに過ごしておりました。


二人の気持ちに気づいた豪富は青年を自分の娘婿にし

乙女を愛人にしようと二人を引き離してしまいます。

離ればなれになった青年と乙女に同情した神は

二人の食事にキャラウェイを混ぜて

いつまでもお互いに気持ちが変わらないように応援したそうです。


その昔、イギリスでは食卓にキャラウェイが出てくると食事の終わりを告げる合図だったそうです。


キャラウェイには人や物を引き止めたり結びつけたりする力があると信じられ、キャラウェイの種子を財布に入れておくと盗難に遭わない、といわれているそうです。


葉と根には腎臓や分泌系機能の働きを促進種には消化を高める効果が、種には消化を高める効果があり 惚れ薬の材料としても用いられていました。


キッチンにスパイスラックを置いていろんなハーブやスパイスをもっと充実させるのが私の夢です。


[291]>288 夢判断といえばユング Kumappus

夢分析〈2〉 (ユング・コレクション)

夢分析〈2〉 (ユング・コレクション)

もともと師匠のフロイトが夢判断をやってて、それに感化されたが、フロイトのは乱暴な言い方をすると何でもかんでも性欲に結びつけちゃうんで(笑)、「集合的無意識」や「元型」を定義して自分流の夢判断(分析心理学)をはじめちゃったのがユング(だいたいあってるよね?)。

一時期ハマっていろいろ勉強したんですが、すっかり忘れてしまっていて何だかそのこと自体が夢みたいです。

でも、

Synchronicity

Synchronicity

このCDを聞くたびに「そういややってたんだよなあ」とあのころのモヤモヤした気分を思い出します。


[292]>286 スケジュール管理はド下手ですよ(笑 Kumappus

ただ、これまた工業製品みたいですが、手順を簡略化して…つまり必要でないところは手抜きして…時間を短縮する、などの手はいろいろありますから。おかず3品作るところを2品でおっけーにする(仕様は予告なく変更されることがあります)とかできあいのものを流用する(OEM/ODMだ!)とか(笑)

要は慣れと割り切りだと思います。


[293]>292 男の料理とは sonnanokankeinee

そもそも男の料理って男がたまに気まぐれで作る料理じゃなくて、漁師が船の上で食べるような大ざっぱな料理って意味だと思ってましたが違うのかな?


[294]>293 男の料理は両極端 TomCat

漁師が舟の上で作るような「仕事のための料理」か、凝りに凝った趣味のための料理かの両極端ですね。

たとえば刺身ひとつを作るにしても、私の場合は「漁師風」と「料亭風」に作り分けます。言葉にすれば「し」か「てい」かの違い。でも漁師風なら使う包丁は出刃一本。ザクッと切ってザザッとおろして、豪快に作っていきます。で、薬味と醤油を出来上がった刺身にぶっかけて和えてしまう。出刃一本で作ってしまう刺身にはそういうやり方が似合うんです。

これに対して料亭風は、刺身におろす時には研ぎ澄まされた柳刃を用います。これで刀身全体を使って引いていくと、切り口は鏡のように滑らか。こういう刺身は上品に薬味を刺身の上に乗せ、小皿にとった醤油をちょいとつけて味わって頂きたい刺身です。漁師風のぶっかけは似合いません。

こんなふうに、同じ素材でも、同じ生でも、使う包丁一つで切り口が変わり、それに適した調味の仕方が変わってくるんですね。こういう両極端をTPOに合わせて自在に楽しんでいく。仕事のための料理にはそれに似合った豪快さを味に出す。趣味の料理ならそれに相応しい繊細さを味に出す。もちろんその両方が出来る人もいれば、片方だけが専門の人もいます。でも、男の料理には、そういったこだわりというか、何か料理に表現したい目的意識みたいなものがあることが多いと思いますよ。

言い換えれば、船の上で魚をさばく漁師も男なら、料亭の板場で包丁一本に技術の粋を凝らすのも男、という感じでしょうか。その両極端を気取ってみたい生き物なんです。男って(笑)


[295]>287 これは良い!7 TomCat

レシピ検索だけでなく、自分だけしかアクセスできないプライベートモードのブログか何かと組み合わせると、その日の買い物リストをキッチンから登録、出先で携帯で確認、なんていうことも出来て便利そうですよね。

ほかにも、夕食を作っている最中に、あ、お父さんにメールしよう、今夜はとっても美味しい里芋のプロヴァンス風煮っ転がしよ、早く帰ってきてね、はあと(なんだそりゃw)、なんていうことも気軽に出来ますしねー。

CDプレイヤーにもなるし、ネットラジオも聴けるし、PC一台でキッチンが何でも出来る素敵な空間に大変身です。私も置きたいなあ。これからの時代、キッチンで使いやすいように工夫された専用ネット端末なんて作ったら、きっと売れると思います。


[296]>276 塩を撒くべきか撒かざるべきか TomCat

実はこれ、ちょっと社会問題にまで発展しているんですよ。(財)福岡県人権啓発情報センターというところが発行した人権啓発パンフレットに葬儀の後の「清め塩」の習慣について言及された部分があって、その内容をめぐってちょっとした論争に発展してしまったんです。

基本的に塩による清めは、CandyPotさんが書かれているように、古事記に書かれている伊邪那岐命のお話に由来すると考えられています。つまりこれは神道に由来する儀式だということですね。

ここで大切なことは、神道で言う「穢れ」とは何なのか、という認識です。一口に神道といっても様々な流れがありますし、体系化された教義や経典に基づいて成立した信仰でもありませんから、「穢れ」という言葉ひとつをとっても様々な解釈があると思いますが、基本的に神道の用語としての「けがれ」は「よごれ」とはちょっと別のもの、と考えた方がいいと思うんです。

神道の一部では、今でも「けがれ」を「きがれ」と発音します。漢字を当てはめれば「気枯れ」とでも表現できるようなニュアンスです。その考え方から言うと、古事記に書かれていたのは、黄泉の世界に渡って、心身共に打ちひしがれ疲れ切って帰ってきた伊邪那岐命が、その枯れてしまった気を癒し回復させるために行った儀式のことだったんだ、と考えることができます。

したがって、その故事にならう葬儀の後の「清めの塩」も、死が忌まわしい出来事だから、その汚れを落とすために使う、というものではないことがわかります。本来の意味は、人の死に立ち会って、深い悲しみに打ちひしがれてしまった心を励まし、立ち直らせるためのパワー注入アイテム。それが本来の「清めの塩」の意義なんだ、ということですね。

葬儀の後に清めの塩を使うなら、そういう意義をもって使っていくことが大切ではないかと思います。

なお、塩の代わりに味噌を使うのは、ごく限られた地域に伝わる風習らしいです。盛り塩のように味噌を盛った器を置いたり、手足に塗るなどして使われるようです。


[297]>282 動物は一緒にいてくれるだけで奇跡ですね TomCat

言葉が通じないのに心が通じる。これって、人間同士でも難しいことじゃないかと思うんです。

なのに動物は、言葉も通じないし習性も全く人間と違うのに、こんなにも人の心を理解してくれる。これってまさに奇跡的ではないかと思うんです。

一緒にいてくれるだけでそれが最高の贈り物。人と暮らしを共にしてくれる動物は、最高の幸せを与えてくれますね。


[298]>274 本当に不思議ですね TomCat

私にも、原始機を使った機織り風景が、とても懐かしいことのように感じられました。CandyPotさんやYuzuPONさんの書き込みに影響されたのか、それとも私の遺伝子にも祖先から受け継いできた記憶があるのか、ちょっと不思議な感じです。

きっと弥生時代の人たちは、手軽に織り機を持って広場なんかに集まって、おしゃべりしながら織っていたんだろうな・・なんて考えてしまいました。

ほんと。私にもそんな風景が思い浮かびます。周りでちっちゃな子供が遊んでたりしてね。そしてちょっと離れた田んぼにはダンナの姿。男は男で楽しそうに稲作に励みます。

若い男は、「最近俺の母ちゃん、俺の布は織ってくれないんだよ、いつも父ちゃんのばかりでさ」「わはは、お前もそろそろ織ってくれる彼女を見つけろってこった」「う、うるさいやい」なんて話していたり。村の娘は森で木の実を採りながら、誰のために布を織りたいかなんていう話題で盛り上がっています。

なーんてね。そんな弥生の村を現代に再現してみたいなあ・・・・。将来の夢の農園計画には、そんな原始機のある風景も取り入れてみたいです(^-^)


[299]>235 私はハンカチの代わりにバンダナ TomCat

ハンカチに比べて何かと使い道が広いので、いつもバンダナを持ち歩いています。物によると色落ちするので何でもハンカチ代わりに使えるというわけにはいきませんが、バンダナ代用ハンカチはちょっと大きめで使いやすいですよ。


[300]>263 私は自分へのプレゼントに年末ジャンボ宝くじ!! TomCat

連番20枚とバラ10枚。これが毎年暮れの恒例です。

実は私はギャンブルが大好きでして、もうスロットなんか連日入り浸り。仕事は休んでも閉店チェックは欠かさない、というような人だったんです。競馬も競輪も競艇も大好き。いったい今までにどれだけの金を注ぎ込んできたでしょう。

もちろん今はもう、そんな生活からは足を洗っています。もっと有効なお金の使い方を知ったからです。でも年に一度だけ、資金9000円限定のギャンブル。このくらいの楽しみはいいですよね。これに運を集中するために、一切のギャンブルを断って大穴狙い。そんな気持ちになっていくことも、ギャンブル依存から抜け出すコツの一つかなあ、なんて思います。

億万長者の夢を自分にプレゼント。結果は大晦日です。今年こそ当てるぞー!!


[301]>256 料理に興味を持たせる親になりたいですね TomCat

料理の技法は、必ずしも教えなくていいと思うんです。人によって得手不得手がありますから、全ての親が料理の技法に長けているとは限りません。

でも、料理に対する興味は、持たせてやれる親になりたいですね。

そのためには、まず親自身が楽しくキッチンに立っていくこと。これが何より大切だろうと思います。義務感だけで嫌々料理していたら、子供はキッチンが嫌いになってしまいます。

また、美味しいと評価された時の喜びを素直に表していくことも大切でしょう。たとえ子供からの評価であっても、美味しいよと言われたら、思いっきり喜んで見せることが、料理好きの子供を育てるコツだと思います。

そして何より大切なのは、お手伝いを強制しないこと。強制されたらどんなに楽しいことでも嫌になります。それよりも、面白そうだな、やってみたいなと見つめる子供の眼差しを、じっくり育てていく方が大切でしょう。

そうやって自然に料理に親しんでいけるように仕向けたら、きっと子供はキッチンが大好きになります。そうしているうちに、自然に技術や味は身に付きます。私もそんな母の術中にはまって、今の料理好きに育ちました(笑)


[302]>231 素晴らしいアイデアです TomCat

その後、経過はどうでしょうか。うまくいっているといいですね。木工用ボンドではちょっと剛性が不足しないかなあ、という感もなきにしもあらずですが、下地の和紙がいい補強になっていそうな気もしますね。

asukabさんの鳥の巣もいいですね。紙紐なんかでも可愛いのが出来そうです。卵形のチョコを入れる器にいいなあ。クリスマスにもイースターにも使えそうですね。


[303]これを食べてからすごく健康になりました yuuki-k

http://www.dr-rice.jp/

今まで、体調を崩すことが多かったのですが、これを食べてからとても体調が良いです。


[304]>294 両方できるってのはすごいな sonnanokankeinee

繊細さと豪快さを合わせ持つ男って感じですかね?

しかし、その二つのパターンの男の料理なら大歓迎だけど

普段料理も作ったことないのに適当に作られる男の料理(?)

ってのは食べる方にしてみれば迷惑だよね。


[305]>295 これは良い!8 sonnanokankeinee

情報を得るだけじゃなくてブログなどを通じてキッチンから情報を発信できたらいいね。


[306]>260 肩たたき sonnanokankeinee

昔は親に肩たたきしてました。

しかし、自分が大人になって肩たたきをして欲しいってのは

ないんだよね、肩もみとかマッサージは気持ちいいと感じるんだけど。


[307]>234 大家族ならいいけど sonnanokankeinee

場所とるし家族が多くないと手洗いしてもそんな苦じゃないのでなかなか買う気にならないな。

あったら便利だとは思うんだけどね。

小型があったら欲しいと思うけど、そうすると大きな食器が洗えないのか、難しいね。


[308]>279 楽しそうだね sonnanokankeinee

予算もホテルなんかでやるよりもずっと安そうだしね。

でも、準備する人は大変そうだな、楽しそうだけど。

そういう結婚式なら喜んで参加したいね。


[309]>303 テーマに関係ない広告? jarijari

わざわざこの回答のためだけにアカウント使ってるみたいだし。


[310]>297 みんな”愛をあげたい” jarijari

動物でも、小さい子でも、側にいるとつい”大切にしてあげたい”、”守ってあげたい”、”可愛がってあげたい”っていう気持ちに満ち満ちてしまいますよね。そして、それを即行動に移せるから気持ちがいい。『あー、私ってこんなに愛をあげたかったんだな』なんて感じながら。ペットがいてくれると、そういった良い意味での”心のはけ口”もできるから、幸せ気分で暮らせるんじゃないでしょうか。


[311]>304 工業製品の生産管理に納得 Goriate

部品(材料)の調達から献立プランなど家族の健康を考えての栄養バランスなど

ただ料理を作るだけじゃなくていろいろ考えてくれてるんだね。

やはり素人は下手に手を出さないでおいしくいただく方がいいのかもしんないね。

もちろん手伝えることは手伝いますよ。


[312]>309 むしろ印象が悪くなる Goriate

広告になってないような。


[313]>307 オススメ! Goriate

慣れればラクチン。

冬は水仕事で手が荒れる人は特にオススメだよ。


[314]>306 気持ちがうれしい Goriate

やっぱり家族っていいよね。


[315]>270 丹波哲郎亡き後の霊界担当 Goriate

丹波哲郎が亡くなってしまって

霊界タレントの秩序が乱れてきたので

是非、美輪さんに頑張っていただきたい。


[316]>311 どんな料理でも心がこもっていればとりあえず◎ TinkerBell

素人料理でもいいと思うんですよ。

食べる人のことを考えて、心を込めて作っていくなら、

少しくらいまずくたって花マルです。

誰でもみんな始まりは初心者なんですから、

最初のうちはそれでもいいよって言ってくれる人がいなかったら、

だれも料理の達人にはなれません。

「おいしいよ」とは言ってもらえなくても「ありがとう」は言ってもらえる料理。

みんな最初は、それをめざしていくんだと思います。


[317]>310 愛することの幸せってありますよね TinkerBell

誰かが自分を愛してくれたら、もちろんそれは幸せです。

でも愛されるだけでは得られない幸せ、

自分から愛していくことではじめて得られる幸せっていうのもありますよね。

動物って、そんな幸せをくれる存在なのかなぁと思います。


[318]>261saite17

姉ってすてきですね。気持ちがこもっていますね


[319]>49 ストッキングですか YuzuPON

うちにも母の古ストッキングがあると思いますが、いくら親のでも、これはテレがあって使いにくいですね。でもたしかに微細な繊維が磨き上げる眼鏡拭きと同じような原理で、ストッキングなら革靴がピカピカになりそうです。かといって母親のはもらいにくいですねぇ。どうしましょう(笑)。


[320]>316 心をこめて作ることが大事ですか Goriate

言われてみたらたしかにそうだ。

おいしさとか見栄えの良さばかり気にして

大切なことを忘れてた気がするよ。


[321]>68 これはいい話!! YuzuPON

そういえば私も、ちょっと話が違うかもしれませんが、学校で木の枝を素材にした工作を作っていたら、先生に切り落とした木の枝の切れ端が欲しいと言われたことがありました。もう使う予定のない切れ端だったので、はい、とあげると、先生は喜んでそれを持っていきました。そうしたら後日、「ほら、これがお前にもらった木の枝だよ」と言って、その枝を目立てヤスリの柄にした物を見せてくれたんです。「太さがちょうどよくて、いい柄が作れたよ」と先生はとてもうれしそうでした。

これは私へのプレゼントではなく学校の備品でしたが、自分の提供した枝の切れ端がこんなふうに生かされて、私もとてもうれしくなりました。そして同じ材料で工作をしてくれた先生のことがとても身近に感じられて、その先生のことがさらに好きになりました。

asukabさんのお義母様のプレゼントも、そんな物作りの喜びを共有する連帯感を通して、はるばる海を渡って嫁いできたお嫁さんに対する最上級の愛情を表してくれたものなのでしょうね。一つの素材を分かち合うことで生まれる、物作りを愛する人だけにわかる心の触れ合い。とてもすばらしいお話です。


[322]>96 ほんと、いいですね YuzuPON

ロールスクリーンの機械部分だけが市販されているなんて知りませんでした。好みの布を使って好みの効果を演出する。滅茶苦茶お洒落です。使う布の選択にはそれなりの注意が必要そうですが、それだけ布選びの楽しさが増しそうですね。とても興味深いアイデアで、私もやってみたくなりました。


[323]>313 昔、バイト先で使って以来 crocs

使ってないけどいいですよね。

冬は本当にあったらいいなと思います。


[324]>114 物を大切にすると新たな楽しみが生まれますね YuzuPON

自分で好みの色に染め直して再生させるなんて、とても楽しそうですね。最近「もったいない」が再評価されていますが、物を大切にするとこういう新たな楽しみが生まれてくるということも、見逃せない効果ではないかと思います。


[325]>129 すばらしい贈り物 YuzuPON

以前もCandyPotさんの子供時代を過ごした町への思いにウルっとさせられたことがありましたが、その根底にはこんなエピソードがあったんですね。友情の土の贈り物。感動しました。


[326]>139 いいかもしれませんね YuzuPON

言われてみるとランチョンマットはマウスパッドの親玉みたいなものですから、色々なデザインが楽しめていいかもしれませんね。味気ない会社のマウスパッドをランチョンマットに取り替えてみようかなぁ。少しだけ仕事が楽しくなるかもしれませんね。


[327]>156 うちもお菓子の缶です YuzuPON

丸い焼き菓子が入っていた丸い缶に、ありとあらゆるボタンがジャラジャラと入っています。いまだに私が中学生の時に着ていた校章入りの制服のボタンまで入っています。めったに使うことはありませんが、捨てられないんですよね。


[328]>165 同級生の女の子が大人に見えた瞬間 YuzuPON

中学生の時、制服のボタンが取れてしまったのを、隣の席の女子に付けてもらったことがありました。手際よく縫っている様子がまるでお母さんみたいで、同級生なのにやたら大人に見えてドキドキしたのをおぼえています。


[329]>320 ココロをこめる=頭を使う、気を使う Kumappus

じゃないかなーと思います。

たとえ経験不足でうまくできなくても、相手においしいと思ってもらいたい、とか好みに合わせて味付けしたいとか考えるってのが大事なんじゃないかな。

もちろん、自分にとってもおいしい、ってのはマストだけど(笑)。

#だから肉嫌いな自分の母親が食い盛りの自分に肉料理出してくれてたってのはホント頭が下がる。

そうやって考えてやったことでないと身に付かないような気もするんだよね。


[330]>320 大事なのは気持ち crocs

最初はみんな初心者。

ありがとうからおいしいよ。

いい言葉ですね。

料理初心者だけど挑戦する時は

忘れないようにします。


[331]>169 わははははは YuzuPON

本当は心優しき家族思いの好青年。ひとたびクラウザーさんになると東京タワーすら×××してしまう凄まじさ。なんかイメージぴったりですね。ぜひお花畑みたいなアンプで歯ギターや腕グルグルギターをやってほしいものです。


[332]>315 はっはっは、確かに>丹波の後 Kumappus

丹波哲郎じゃないけど、ミスターマリックが観客として来ていたおばあさんに「どうか奇跡を起こしてください」と頼まれてしまって「おばあちゃん、私のやってることはマジックでタネがあるんですよ」と謝った、ということがあったらしい。

美輪さんも別に教祖になるつもりは毛頭ないはずなんで、人生経験豊富なおじ、もといおばさまが霊の話をたとえにして教訓を垂れてくれてるんだと思うほうがいいでしょう。


[333]>232 ハンカチねずみ、懐かしいですね YuzuPON

子供のころ、祖父がやって見せてくれました。ハンカチがみるみるネズミの形になっていくのも面白かったですし、それが生きているように動いて見えるのも面白くて、何度ももう一回もう一回とせがみました。

さっきWebで作り方を調べて、自分でやってみました。動かすのはちょっと難しかったですが、やっているうちにコツを覚えました。ちょっとした忘年会用の芸になりそうです(笑)。

http://allabout.co.jp/gourmet/cookingabc/closeup/CU20041101A/


[334]>328 簡単そうで難しい yoshigyu1318

ボタン付けは簡単そうで、難しいのですね。

私は、ボタンが取れそうなときにリペアするので、完全に取れてから、直したことがないのですが、大変だったのを覚えています。


[335]>323 キッチン一体型 yoshigyu1318

我が家でも、キッチン一体型の食洗機を使っていますが、引き出しの一部という感じなので、すごく便利です。

時々、汚れがきちんと落ちていないことがあるので、そこが難点ですが。


[336]>335 スペース的に helltaxi

キッチン一体型はいいですね。

今あるキッチンに置くとなると場所をとるので

引きだしタイプのものだと邪魔にならなくていいですね。

新しく家を買う時には是非、そうしたいです。


[337]>249 これは楽しい YuzuPON

本当に読んでいるだけでこちらまでわくわくしてきますね。この実行力。友だち同士の連帯感。すばらしいです。こんな友だちがクラスにいたら、きっと私も仲間に入りたくてウズウズしていたと思います。


[338]>329 気付きませんでした。 helltaxi

そういえば母親は自分の好きな料理よりも

家族が好きな料理を作ってました。

私の母親も肉はほとんど食べれらないにの

家族が好きな肉料理を多く作ってくれてます。

言われるまで気付かなかったけど

母親のそういう思いが料理を余計に

おいしく感じさせていたのかもしれないですね。


[339]>177 自分で作れるんですか? helltaxi

調べてみます。

でも、大工的なことが苦手なのでちょっと難しいですね。

きれいに作れるならいいんですけどね・・・


[340]>332 美輪さんって知らないうちに helltaxi

霊界タレントになってしまったんですか?

そういうばちゃんと番組を見たことはないけど

オーラの泉って番組に出てるんですよね。

もののけ姫の時の声優ってイメージが強いので

なんか不思議な方向に進んでるんですね。


[341]>289 月々に月見る月は多けれど 月見る月はこの月の月 YuzuPON

その昔、中秋の名月に宮中で女官たちが詠んだと言われている歌ですね。里芋を取って箸で穴を開け、その穴から月を覗いてこの歌を詠んだと言われています。

それの一部を変えて願い歌にしてしまうわけですね。なんか効きそうな気がします。次の一日の日はお正月ですから、ぜひやってみたいと思うのですが、これは寝起きに唱えないとだめなのでしょうか。大晦日から元旦にかけては徹夜ですから…。


[342]>334 なんかいいサイトないですかね Kumappus

ボタンを縫い付けるところはいいんですけど、最後糸を留めるところがよくわかりません。なんで適当に留めています。まあ問題なくついてくれてるんでいいんだけど、何だかこれで正しいのか?と思い始めると気になっちゃって…。

何か見やすいイラストか動画でやり方を教えてくれるようなサイトないですかね?


[343]>340 美輪さんも一人だったらいいんだけど・・・ Goriate

オーラの泉の相方がどうしても胡散臭くてね。

美輪さんはまあそういうキャラだからと

受け入れられるんだけどね。


[344]>338 その例わかりやすいわ Goriate

これからは感謝して食べます。

そういう気持ちを当たり前って思っちゃいかんね。


[345]>340 美輪さんご本人は YuzuPON

ご自分が神のようにあがめられることは望んでいらっしゃらないのではないでしょうか。美輪さんの願いは愛と平和であって、それは美輪さんが長崎に生まれ、原爆を体験されていることと深く関連しています。カフェを経営していた父親は軍国主義体制のもとで敵性文化の扇動者とののしられ、被爆で家族は散り散りになって、当時10才だった美輪さんは大変な苦労をされたと聞いています。そうした人生経験が、霊的な世界を見通す天賦の才と融合して、現代社会の病巣を愛によって修復していく道を唱えるに至ったのだろうと思います。美輪さんほどの知名度と力があれば、それを利用して宗教団体を作ることも簡単だと思いますが、それをしないところに、美輪さんの真面目さがあるのだろうと思います。おそらく美輪さんは、ご自身が宗教的な崇拝対象になることは望んでいないと思います。


[346]>296 納得です!! YuzuPON

Wikipediaにも「近年の民俗学では、「ケガレ」を「気枯れ」すなわちケがカレた状態とし、祭などのハレの儀式でケを回復する(ケガレをはらう、「気を良める」→清める)という考え方も示されている。」と書かれていました。

死を忌みごととして嫌うから塩を撒くのではない。親しい人を失ってしおれてしまった心を立ち直らせるために撒く。心の底から納得できる説明です。これで私も長年感じていた疑問が払拭できました。ありがとうございました。


[347]>345 たしかに helltaxi

教祖や神様っぽい容姿ではあるね。

意外と苦労人なんだね、知らんかったわ。


[348]>337 20世紀少年 sonnanokankeinee

秘密基地の旗って20世紀少年を思いだすね。

今の子供は秘密基地とか作ってるのかな?


[349]>326 ランチョンマットをもらったけど sonnanokankeinee

使い道がなくて困ってたのでマウスパッドとして使ってみます。

そのアイデアはなかったです。


[350]>339 自分で作れるなら作りたいね sonnanokankeinee

買うと高いから自分で作れるなら作りたいけど

難しそうですね。

普段から作ってる人だとまた違うんだろうけどね。


[351]>333 ハンカチねずみ sonnanokankeinee

なつかしいね。ひさしぶりに作ってみたくなって

参考にさせてもらいました。


[352]>324 Tシャツを染めるんじゃなくて sonnanokankeinee

髪を染める時用に着なくなったTシャツを使ってます。

あとは、寝巻きにも使うことが多いね。

使えるのに捨てるってのがなかなかできないもので。


[353]>321 サプライズ sonnanokankeinee

イイ話ですね。

切れ端で素敵なプレゼント作っちゃうなんて素晴らしいです。


[354]>344 結局 sonnanokankeinee

男の料理は、繊細な料理と大胆な料理ときまぐれな料理があって

どれでも食べる人のことを考えて作ることが大事ってことですか?

なんかよくわからなくなってきた・・・


[355]>291 空を飛ぶ夢 sonnanokankeinee

空を飛ぶ夢も見る人多いですね。

人によって高さや飛び方が違って面白いですよね。

どんな意味があるのかな?


[356]>317 名言 saite17

名言がたくさん出て来るツリーですね。

愛することの幸せ。

考えてしまいますね。


[357]>352 本当にTシャツが喜んでいる感じですね watena

Oreganoさん「お前こんなところにいたのか、探したぞ」

Tシャツ「うぇぇぇん、寂しかったよ、もう会えないかと思っていたよ」

Oreganoさん「こんなに汚れてしまってすまなかったな、すぐに前よりもかっこよくしてやるからな」

Tシャツ「うん、ありがとう」

Oreganoさん「さぁできた、前よりもずっと良くなったぞ、以前のお前は下着代わりだったが、これからは人前に着て出られる服に格上げだ」

Tシャツ「やった!これからは僕達、前よりずっと仲良しだね!」

なんていうやりとりが聞こえてくるようです。このTシャツ、本当にいい人に出会いましたね。物もここまで愛されたら幸せです。


[358]>356 愛することの幸せ… watena

私は…愛されることばかりを求めてきたなぁ。家でも、恋愛でも…。愛することの幸せ。なんだか私も心にズシリときました。


[359]>351 なつかしい! watena

ありましたね、ハンカチネズミ。私も今作ってみています。動かし方がいまいちよくわからん…。こうか?よいしょ…。お、指でネズミのお尻を弾くようにすると、元気良く飛び出してきます。コツが掴めました!

ネズミと会話しながら飛び出させたり捕まえたりすると、なかなかいい宴会芸になりそうですね。正月に親戚の子供と会う時にも見せてやろうと思います。猫のオモチャにもよさそうですね。市販の猫オモチャはパーツが外れると飲み込んでしまったりして危ないですが、これなら一枚のハンカチですから安心でしょう。


[360]>348 子供の夢!! watena

子供の独立国を作る!たとえ旗だけとはいえ、なんという素晴らしい計画でしょうか!

私も空き地に秘密基地を作ったことがありましたが、たった数日で取り壊されてしまいました。その時私たちは、ただドラえもんの道具があったらという空想にふけるしかありませんでした。それに比べてFuelさんたちは素晴らしい。領土はなくてもこの旗のある所が僕らの国。そんな素晴らしい夢を実現させてしまった発想と行動力に敬礼です。


[361]>341 一日の朝に唱えるんですね TinkerBell

みやびな言葉で、とても目覚めが爽やかになりそうですね。

それだけでもいい一ヶ月の始まりになりそうです。

私なら何をお願いするかなぁ。

お正月はちょっと特別なので、二月からスタートですね。


[362]>325 私もじーんときました TinkerBell

これって、前に読ませていただいた、

ごめんなさいのお地蔵様がある町のことですよね。

そしてこの前のイエルポ2で「次代に残したいモノたち」に

CandyPotさんが「土地」をあげていたのともつながりました。

CandyPotさんの「土地」や「土」には、深い深い思いがこめられているんですね。

じーんときちゃいました。すてきなお話、ありがとう。


[363]>184 つつむ文化 vivisan

現在の袋状のものが入る前までは、第一線で活躍していましたものね♪

きれいにつつむためにはちょっとしたテクもいりますが、やはり風呂敷きでつつんだものだと喜ばれたりします。

この文化を大切にしていきたいですね♪


[364]>319 あはは TinkerBell

ストッキングって、色んな使い道がありますよ。

はたきにもなるし、タマネギなどのお野菜を入れておくネットにも使えるし、

私は最近ベランダで堆肥を作るのにもストッキングを使っています。

通気性があるのに虫などを寄せ付けないので、とても便利なんですよ。

生ゴミをストッキングに詰めて、プランターに入れて土を被せておくと、

嫌な臭いも虫がわくこともなく堆肥になります。

あ、ちょっと話がずれちゃった。

靴磨き用なら適当なサイズにカットしてもらって、

ティッシュの空き箱か何かに入れておいてもらえば、

きっとはずかしくなく使えると思います。

お母様にお願いしてみてくださいねー。


[365]>305 わーい!皆さんありがとう! TinkerBell

こんなにいっぱいレスいただけて、とってもとってもうれしいです。

今もキッチンのパソコンから書いてるんですよ。

書き込みする時は食器棚から取り出して、テーブルの上に置いています。

ちっちゃなキーボードにもだいぶ慣れてきました。

ブログ。キッチンから現場の情報をリポートします、なんてできたらいいですね。

キッチンブログ、すごくやってみたいです。

計画してみようかなぁ。どこでブログ作ろうかなぁ。やっぱ、はてなかなぁ…。

そうするとTinkerBellの名前で作るのははずかしい…。

わー、どうしましょ、どうしましょ!!

なんか興奮してきました。そのうちほんとに始めちゃうかもです!!


[366]>283 これはすぐにできますね! vivisan

私もすぐに実践してみたいと思います。

何事もそうですが、プラス思考っていいなぁ。気分が晴れやかになります。


[367]>361 おおー!すばらしい! vivisan

私も和歌好きなので、これは是非試してみたいです。

次の月はお正月ですね。

私は初日の出を見にいこうと考えているのですが、やっぱりおきてから唱えたほうがいいのですよね。

どうせなら日の出に向かって唱えてもいいかなぁと。


[368]>354 Don't think, Feel! Kumappus

考えるな、感じろ!

http://www.fsinet.or.jp/~fight/illust/dragon/FEEL.HTM

ごちゃごちゃ言う前にまずちょっと深めで20cmぐらいの小ぶりのフライパンを買ってくるべし。

1人分ならこれで炒め物から煮物まで(もちろん、袋入りインスタントラーメンにも最適)こなせるよ。

まずはゆでたまごでも作ってみるべし。

しかし、これが案外奥が深いんだな…。時計を見ながらジャスト好みの堅さに茹であげる、ちゃんとかっこよく黄身が真ん中に来て、ひびも入らないようになどなど…思ったより難しい。


[369]>301 私も母の術中にはめられたかも!! TinkerBell

私は料理は女、っていう考えにすごく反発をおぼえていて、

ぜったいにキッチンなんかに立つもんか、って思っていました。

でも、母がやっているのを見ると、とっても楽しそうなんですよね。

それで、楽しいことなら私もやってみたいなぁ、なんて思いはじめて、

今では母を差し置いてキッチンの主になりつつあったりしています。

もちろんイエはてなで楽しい料理の話題にたくさん接することができたことも大きいです。

母とイエはてなの術中にすっぽりはめられてしまった私。

毎日とっても充実していて幸せです。

P.S.

実は私、ちょっと病気をしてしまって、仕事が続かなくなっちゃったんです。

何もせずに家にいるのはとても辛いことでした。

そんな私を、料理が救ってくれました。

毎日に心の張りと喜びがあることは体のためにもとてもよくて、

そろそろまた社会人に復帰できそうです。

でも、お仕事はじめても、料理はやめませんよー!!

キッチンの主の地位を守るべく張り切っちゃうのです!!

なんて、母にはぜんぜんかないませんが。


[370]>298 もしかしたら vivisan

CandyPotさん、YuzuPONさん、Tomcatさん・・その場でいっしょにおしゃべりをしながら織っていたのかもしれませんね♪

世界でも原始機に似たような織り機を未だに使っているところもあるようです。

なんか温かみを感じます。

自然とともにホントに歩んできているのだなぁと思います。


[371]>346 初耳! vivisan

社会問題にまでなっていたんですか!しりませんでした。

言葉というものはいろんな意味を含んでいますが、年を重ねるにつれて少しずつ意味を変わってとらえるようになってしまったのかもしれませんね。


[372]>300 いいかも!! TinkerBell

私はギャンブルってちょっと嫌いですが、宝くじならいいなって思います。

際限なくお金を注ぎ込むのでなければ、普通のお買い物と同じですから。

億万長者の夢がかなったら、きっと農園ですよねー。

自然を守り、健康な食生活を作るための農園。

そしたらスープだー!パン作りだー!

ワインも作るし、居酒屋鎧とコラボでボルシチも!!

私もお手伝いに行きますね。

みんなの夢を乗せて、宝くじ当たれー!!

私も買ってみようかな。まだジャンボって売ってます?

当たったら私も農園に投資しますね。


[373]>120 わかります! vivisan

なんか気持ちにゆとりができますね。

台所に立つのが楽しくなります。

最近のお気に入りは自家製燻製器具ですが、きれいにみがいてあげたりとかするだけでもウキウキしてきますね♪


[374]>142 一人一人にコメントを考える vivisan

何をかこうかな?って考えている時間って楽しかったりします。

それとともに、こんなことしたなぁ。ここにいったよなぁ。こんなことをおしえてもらったなぁ・・なんて思い出に浸ってたりしてw

おかげでコメントだけでかなり時間を使ってしまいますけどw


[375]>322 外の景色の影をうつしだせる vivisan

前にも書いたことがありますが、ロールスクリーンってガラスの向こう(外)にある木々などの影を映し出してくれるんですよね。

風にゆれている葉っぱってきれいですよ。

自作ができるなら、わたしも作ってみたいです!


[376]>271 失恋した女 jarijari

おスギだかピー子が「失恋した女って、すごーくきれいよ」って言ってた時があったんですね。苦しい経験を通して精神的に成長した美しさ、も意味していると思うんですけど、そうやって”スカートが増えて”いって(w)、だんだんおしゃれで美しーくなっていく事も含まれているんじゃないでしょうか。ゴールは近いで賞をあげましょー。


[377]>370 私も仲間に入れてください!! TinkerBell

本当に、なんだか不思議な郷愁をさそう風景が思い浮かびますね。

田んぼや赤トンボやわらべうた。

自分はまったく体験していないのに、なぜだか不思議と懐かしい。

本当にそんなのによく似ています。

原始機、今も世界のどこかでは似たような織り機が現役なんですね。

自然の中から繊維をもらって、こつこつ手織り。

私も体験してみたいなぁ。きっと布に対する考え方が変わりますね。


[378]>371 とても勉強になりました TinkerBell

言葉は時代とともに変化していくと言いますが、本当にその通りですね。

しきたりの形は変わらずに伝えられていても、

言葉の意味が変わってしまったので目的がずれてしまった。

そういうことって、ほかにもまだあるかもしれませんね。

歴史の奥深さに、ちょっと触れた思いがしました。


[379]>290 キャラウェイにそんな言い伝えが! TinkerBell

そういえば、キャラウェイは恋を実らせる媚薬、なんていう話を聞いたことがあります。

あと、鳩の餌にキャラウェイを混ぜると飛ばしても迷子にならない、とか。(本当に鳩に食べさせていいのかはわかりませんが)

それって、こういう言い伝えが元になっていたんですね。

そういえばわが家のキッチンにはいつもキャラウェイが常備されています。

毎日父の帰りが早いのはそのせいか!!(笑)


[380]>368 ごちゃごちゃ考える前に sonnanokankeinee

まずは実践ですね。

とりあえずMyフライパンを買ってきて

いろいろチャレンジしてみます。


[381]>336 一体型もあるんだ sonnanokankeinee

邪魔にならなさそうでいいね。

今度、店に見に行ってみようかな。


[382]>217 ていねいに大切に持ってもらっていたら嬉しいかも TinkerBell

写真は自分の分身みたいなものですから、知らない人に持たれていたらちょっと恐いですが、

親しい人なら、大切にしてもらっていたら、悪い気はしないと思います。

もちろんお相手の人によりますけど…。

自分も片思いしている相手がこんなふうに大切に自分の写真を持っていてくれたら感激ですね。

そんなことって起きないかなぁ。

最近は写真を印画紙に焼くことが少なくなってしまったので、

ちょっとチャンスが減ってしまったかもしれませんね。


[383]>211 西洋の聖人は TinkerBell

実際に存在した人ですから、その人の人生にこめられた教訓が強く伝わってきますね。

キッチンの聖人ではありませんが、私はここで聖バレンタインや聖コルベのお話をうかがって、

とても感動したのをおぼえています。

キッチン仕事も諸聖人の歩みにならって、お鍋やまな板から愛を発信できていけたらいいなと思います。


[384]>142 今、一生懸命書いています TinkerBell

ポストに届く年賀状が少なくなっている今だからこそ目立つ手書きの年賀状!!

私は今年はオール手書きにこだわっています。

すごく時間がかかって、もしかして年内には書き終わらないかもしれません。

でも、元旦に届かなくても、受け取った人の心に強く届く方がいいと思って、

あせらずていねいに書くようにしています。

今日もがんばるぞー!!

ふう。


[385]>100 私の歯は… TinkerBell

うちもマンションなので、縁の下も屋根の上もありません。

抜けた歯はいつも母に預けていました。

そのあとどうなったのかは、いまだに謎です。

アルバムを見ると、前歯が抜けたすごいまぬけな顔で、

にか?っと笑っている写真があります。

私にもこんなころがあったんだなぁ。

あの前歯、どこに行ったのでしょうか。


[386]>365 早速情報発信しているようで sonnanokankeinee

ブログ楽しみにしてますよ。


[387]>350 多少出来が悪くても crocs

手作りってのがうれしいかもしれないですね。

マッサージどころか座ってて疲れちゃうようなのだと困りますけどね。


[388]>383 ビックリ! jarijari

アメリカンから教わった"Lord Michael. . . ."で始まる護身のおまじないは、ここから来てたんですね。初めて知った。今もタマに夜道でつぶやいたりしますが。。。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ