人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

5歳児の子供への英語教育の質問です。
現在アルファベットは読み書き、聴く、話すができます。

ですが、例えば人名の場合

Tomの場合には、トム
Timの場合には、ティム

と、(当然のことながら)T(ティー)が後ろの単語によって変わりますので、ここでつまずいて混乱しています。ひらがなの場合には、この壁はありませんよね。

母音と子音という概念をまず教えた方がいいのでしょうか?

●質問者: clinejp
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:Tim ひらがな アルファベット ティム 人名
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

[1]フォニックスです。 mukomari

http://allabout.co.jp/children/kidsenglish/closeup/CU20020620a/

まず始めにフォニックスを教えてあげて下さい。

アメリカでは5歳からキンダーという幼稚園で徹底的にフォニックスを勉強します。

アメリカの子どもはしっかりとここでフォニックスをたたきこまれているから

知らない単語でも読むことはできるのです。

日本人はフォニックスというルールを学校で教わって来ないので、知らない単語は読みにくかったりするわけです。

ここで文字に起こすのは難しいのですが例えば

T=とぅ O=お M=む I=い

つなげて読むと「とぅ+お+む=とむ」「とぅ+い+む=てぃむ」になります

ですがTIMEとなると最後はサイレントイーというルールがあって

最後のEは発音しないEでその直前の子音の前の母音は「 I=い」の読み方ではなく

本来のアルファベットの名前の読み方通りになります。つまり「 I=あい」になります

だからTIMEは「とぅ+あい+む=たいむ」になるのです。

さらにルールはありますし、フォニックスに従わないので覚えるしかない例外のサイトワード(Sight Word)

というものもあります。

ですがそんなに難しいものではありませんし、アメリカの子どもも5歳ぐらいからやっているのでできると思います。

日本の英語教室でもフォニックスを取り入れているところはあると思います。

自宅で勉強されるならLeapFrogというシリーズの教材がとてもおすすめです。

http://www.amazon.co.jp/Leapfrog-5pc/dp/B000EHQU1W/

http://www.amazon.com/Leapfrog-Learning-Talking-Factory-Storyboo...

こちらのDVDはとてもわかりやすく子どもも歌いながら覚えられます。

日本のアマゾンではレビューがありませんが、アメリカでのレビューはとても高評価です。


[2]>1 短母音、長母音 asukab

子音は習得が比較的容易ですが、母音の学習は小学校中学年まで続くので少し長く見守ってあげていいと思います。

上記mukomariさんのご説明のようにルールさえ覚えてしまえば、すんなり読めるようになります。

加えて、短母音、長母音のルールを覚えておくといいでしょう。

米国英語の場合だと以下のような感じです。

silent "e" を取ると、発音は短母音に戻ります。

他にも母音には、-ee,-ea,-ai,-ay,-oa,-ow などのルールがありますが、就学前では上記2点をリープ・フロッグで遊びながら身に付けることで十分だと思います。

就学後(3年生以降)でも綴りなどで苦労するようでしたら、以下のワークブックがおすすめです。小中学校全般に通じた発音・綴りワークがシリーズで掲載されています。(ただ非常に単純な学習作業なので、学校ではポイントを押さえ補助教材として利用されることが多いですね。)

Educators Publishing Serviceから出ている"Explode The Code"シリーズ

EPS » Phonics & Word Study » Explode The Code®


[3]>1 フォニックスですね。 Amatigin

「子音と母音」を教えるといったイメージでは良くないかと思います。

上の方が書いているようなフォニックスをしみこませるのがよいと思います。


[4]>2 上記ですが… asukab

お子さまの米国在住を前提に書かせていただきました。

ご了承ください。


[5] 母語 vs 父語 ? ネイティブ(native speaker)信仰 ? adlib

むかし英文学部の教授が、イギリスで「ハイライト」と発音したのに、

まったく通じなかったそうです。英国人は「イグ・リフ」と読むらしい。

だからと云って、それが世界中で通じるわけはないのですが……。

わたしの友人は25年以上カナダに在住していますが、英語も寝言で

云うそうです。ところが、在日35年のデーブ・スペクターの日本語は、

日本人にとって、決して“ペラペラ”には聞こえません。

在日ネイティブたちが、ほんとうに正しい日本語を発音したとしても、

そのことで人気や尊敬を得たのではありません。

あまり“ペラペラ”の異民族は、警戒されるかもしれませんね。

ある後輩は、大学の英語演劇部で学んで、航空会社に就職したとき、

同僚たちの英語力の貧しさに、とても驚いたそうです。仲間うちの評価

は「英語力は内容」で、「発音の巧さは声の良さ」にすぎないそうです。


[6] 英対話 vs 黙読力 ? 読み・書き・語る ? adlib

5歳では“概念”という概念が理解できないのではないでしょうか。

わたしは10歳のとき、日本人高校教諭の私塾で、アルファベットの

個々の発音を、かなり徹底的に習得しました。

つぎに中学1年のとき、ミス・グゥインという老嬢に教わりました。

最初の授業は「pen=ペンヌ、pin=ピンヌ」の反復でした。

たぶん「ペンやピンの発音は英語でない」と伝えたかったのでしょう。

彼女は、決して日本語を覚えようとしないアメリカ人教師でした。

のちに英語の達人を輩出しますが、かならずしも発音に秀でていたと

は思えません。逆に、発音に自信のあったわたしは脱落しました。

また、日本語の歌は、かなの数の七五調ですが、英語の歌詞は韻律で

書かれます。この点では、音楽と言語の感性は真逆に対立します。

漢籍に詳しいのは、中国人よりも、黙読する日本人研究者だそうです。


[7]質問を終了させていただきます clinejp

みなさまどうもありがとうございました。

参考にさせていただきます。

いろんなノウハウがあるものですね。

子供を持たない限り知らないものばかりで私自身とても興味深かったです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ