人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ダイエット食品について質問です。
お酒を飲まないでくださいとか、お酒を飲んで24時間空けてからお飲みくださいとか記載されているものがあります。
脂肪が燃焼されないからというのは分かりますが・・・
実際、毎晩のようにお酒をのんだがダイエットに精工した方いらっしゃいませんか?
お酒を飲んでから、何時間か空けてから寝るというのは×です。
具体的なメーカー名や品名と、使用された期間を教えてください。
お酒を飲んでも、効果的な方法が知りたいのです。


●質問者: to1110
●カテゴリ:生活 美容・ファッション
✍キーワード:24 お酒 ダイエット ダイエット食品 メーカー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん
●35ポイント

たぶん横やりと言われてしまいそうですが、

コメント欄も空いていないので。


個人輸入もののダイエット食品などで、

合法麻薬のようなものが入っていることがあります。

エフェドラなどです。

個人輸入ものは効き目が強い、本当に「薬」や「毒」で

体をこわさせて痩せさせる成分が入ってても自己責任で手に入ってしまうので、

そういう怪しいものと酒と一緒に(24時間以内に)摂取するとたいてい肝臓などの内臓がまず壊れます。

酒を飲みながら薬に頼ろうとするのは恐ろしいことですよ。

保険金殺人にも風邪薬と酒が使われたことがあるのをご存じですか?



おからクッキーなど日本国内で認可されているものは

逆に毒にも薬にもならない食品で、カロリーもあります。

一応、カロリーが少なめのわりに繊維が多く

満腹感を制御する効果がありますが、

酒は合法ドラッグですから、酩酊すれば

そんな細かい満腹感などあっという間に

ぶっとばされてしまいます。


何か口に入れる感覚に頼ろうとせずに

普通にダイエットするのが一番です。

香りつきのお茶とか

水くらいしか口にいれないようにしましょう。

酒はカロリーの少なめな蒸留酒(焼酎、ウィスキー、ブランデー)をお茶などで割って、豆腐などのタンパク質つまみと一緒に。油、塩をとりすぎないように。

肥満による生活習慣病で

失明したり手足が動かなくなるまえに

がんばってください。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

なるほど。

確かに危険ですね・・・

この時期飲む機会が多くどうしたもんかと悩んでいたところですが、安易な考えは控えた方がいいかもと反省しました。

ありがとうございます


2 ● kappagold
●35ポイント

サプリメントアドバイザーです。


アルコールを飲んでいても、摂取カロリーと燃焼カロリー(運動等)をきちんとコントロールすることが出来れば、ダイエットは出来ます。

逆に、アルコールを飲んでいなくても、摂取カロリーと燃焼カロリー(運動等)をきちんとコントロール出来なければ、ダイエットは出来ません。

ただ、アルコールを呑みながらのダイエットは、アルコール自体の脂肪の分解を抑える効果と摂取カロリーのコントロールがいい加減になりやすいことの2つの効果で、効率は悪くなります。「脂肪が燃焼されないから」というのは正しくなく、「脂肪が分解されにくくなるから」が本当ですので、アルコールを飲んでいても脂肪の分解は起こります。


アルコールの摂取には、ほとんどの場合、アルコール以外のカロリー摂取を伴います。また、アルコールは食欲を刺激します。ダイエットによって、摂取カロリーが少なくなっている時に、アルコールによって食欲を刺激することは、あまりお勧めはしませんが、自分でコントロールすることが出来るのであれば、問題ありません。


私の場合は、特にダイエット食品は使用しませんが、ダイエットを行なうときには、毎日の運動量を増やす事、及びお酒のおつまみは最小限で甘いものや油を含んだものは厳禁(チーズや塩辛などをちびちびと)にして、普段の食事でも油ものや肉(脂があるもの)を避けるようにします。数ヶ月で3?4Kgという感じですが、上記の方法で減量できます。


また、本格的にダイエットを行なうなら、ダイエットの基本は、脂肪の燃焼とカロリー摂取制限です。

脂肪の燃焼には、運動が一番良いのですが、まぁダイエット食品でも少しは燃焼します。

ただ、運動による脂肪の燃焼は、筋肉がつく事により長期的に効果が期待できます(運動をしない状態でも筋肉細胞は脂肪細胞より消費カロリーが大きいため)が、ダイエット食品による脂肪の燃焼は、そのとき限りであるという点で大きな違いがあります。

今までと同じ摂取カロリーで、運動又はダイエット食品による脂肪の燃焼が進めば、確実に減量が出来ます。この際にも、運動によってお腹が減ったからといって摂取カロリーを増やすことは避けるようにしてください。


また、脂肪の燃焼に比べて、カロリー制限(摂取するカロリーを少なくする)はより即効性のあるダイエット法といえます。ただ、リバウンドしやすい方法ですので、上手にカロリーコントロールを行う事に注意してください。また、運動と組み合わせるのが効果的です。


アルコールの摂取とカロリー制限を同時に行なう場合、ビタミン塁の欠乏が心配されますので、ビタミン類はきちんと取るようにしてください。


気をつけたい点は、アルコールと同時に飲まないで下さいという記載のあるものには、アルコールとの相互作用の心配のある成分が含まれる場合があります。

カプセル状や錠剤状のサプリメント等も、アルコールによって溶けるのが早くなったりする事があります。このような点から、アルコールとの摂取を禁じている場合もありますので、説明書を良くお読みの上、安全な摂取を行なうように気をつけてください。

http://q.hatena.ne.jp

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

勉強になりました。


3 ● n4o
●20ポイント

お酒を飲むと、脳内から糖分が不足します。

その為、炭水化物(飯もの、麺類など)を食べたくなります。

が、体全体では不足していないため、食べた分だけ太る事になります。

酒を飲んだ後に食べるなというのは、そこから来ているのではないでしょうか?


料亭でバイトしていたときに女将さんから、

「酒を飲む時に飯を食べるから太る。昔みたいに酒だけ飲む人は少なくなった」

といった事を聞きました。

お客さんを観察していて、酒を浴びるように飲んでいるのに太っていない人は、

確かに料理に手をつけていませんでした。


望む回答ではないとは思いますが、飲んだときは食べないのが一番効果的だと思います。


http://www.kikumasamune.co.jp/health/t_10.html

日本酒と健康:日本酒は栄養成分豊富?!

◎質問者からの返答

なるほど。

確かに確かに食べ過ぎてしまいがちなので、注意しようと思います。

ありがとうございます。


4 ● KUROX
●3ポイント

>お酒を飲まないでくださいとか、お酒を飲んで24時間空けてからお飲みください

>とか記載されているものがあります。

アルコールと同時に取得すると、副作用が出る可能性があるからだと思われます。

「ダイエット食品」はどういうのを指すのか不明ですが、薬的な作用するものだと

想定しています。成分とか書いてるのなら、それで検索すればアルコールとの同時

摂取が危険かどうかが分かるかもしれません。

>脂肪が燃焼されないからというのは分かりますが・・・

そういう理由ではないと思います(^^;

それだったら、お酒以外にもほかいろいろありますから。

---------

お酒を飲みたいのなら、そういう系統の製品を安易に使わないほうが無難だと思います。

お酒を飲まなくても、アルコールとの同時摂取がよくないと書かれているものは、

それだけリスクがあるものだと思います。

アルコールと同時摂取をすると、薬効が効き過ぎるとかで(副作用がでる)、

肝機能に負担がかかるとかそういう系統だと思います。

ニュアンス的には、風邪薬とアルコールの同時摂取と同じです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110522...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ