人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ピアノやフルートなどのクラシック音楽の発表会に、発表者として参加したことのある人に質問です!

■「あの発表会、とっても良かったなぁ?。」と思い出すのは、どのような発表会でしょうか?

自分の演奏の出来・不出来とは関係なく、司会進行が良かったとか、会場が凄かったとか、参加者同士の交流会があったとか、発表会開催側(教室)が努力できることで、どんなことがあるでしょうか??

●質問者: lsrlover
●カテゴリ:趣味・スポーツ 書籍・音楽・映画
✍キーワード:クラシック ピアノ フルート 努力 参加者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

[1]交流かな rin-in

司会が良いことは、もちろんですが、

発表会終了後に交流会があった時は良かったですね。

発表会参加者同士だけでなく、見に来てくださった

方々との交流があった時はもっと良かった。

他の楽器をされている方もいますし、他の教室の方も

いて、一緒に演奏する機会が持てる(こともある)

ことが良かったポイントです。


[2]交流に含まれるのかもしれませんが yabloko

後日、聴きに来て下さった方へのアンケートの中から、自分の演奏に関わりのある回答を別紙にプリントしていただいた時は嬉しかったです。また、小規模な発表会でのことですが(身内というか同系列の教室が複数集まって開催した発表会)、他の教室の先生からアドバイスをいただいた時は、刺激になって良かったと思います。

交流以外では、些細なことですが、発表前に使い捨てカイロをいただいたときは、ほどよく緊張がほぐれました。楽屋とかって寒いことが多いですもんね。このときは、発表後に紅茶のサービスがあったりと、小さな心配りがありがたい発表会でした。


[3]舞台上の演出で himeichigo

風船をあらかじめみんなでたくさん膨らませて、ピアノの周り(舞台上)に敷き詰めました。

(今はどうなのかわかりませんが)「おかあさんといっしょ」の一番最後(体操のコーナー)で、風船が空から降ってきて、床一面が風船だらけになるシーンがあるんですが、

まさにあの床一面の風船の中でピアノを弾く感じでした。

幼い頃からそのシーンにあこがれていたこともあって、風船に囲まれて演奏するのは、子ども心にすごく楽しかった記憶があります。


[4]演奏へのコメント asukab

自分が演奏した発表会はものすごく人数が多かったので、全員とはいきませんでしたが、最後に目だった演奏をした生徒一人一人にどんなところがよかったのか丁寧なコメントをいただきました。(先生ではなく、ゲストからのコメント。後半の中高生や、頑張った生徒の名前が挙げられていたと思います。)これがとても楽しみでした。

子どもたちの発表会では、終了後の交流会が楽しいです。息子の場合は、持ち寄りパーティなので、終ったあと、みんなで食事というのがお決まりです。


[5]楽屋の居心地 Joco

楽屋の居心地が良いとリラックスできます。

本番前は誰でもナーバスになるので、楽屋が落ち着けないと後で不満のタネになりかねません(楽屋が寒かったから調子出なかった、などの言い訳にも…)

具体的に良かったと思うのは、部屋の温度・湿度が快適に調節されていた、飲料水が用意してあった、スタッフの応対が感じ良かった、加湿器がある、部屋がきれい、適度な広さ、足を投げ出せるソファ、などですかね。

余計な気を煩わされないのが一番です。

あとアンケートのフィードバックはありがたいです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ