人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

規模の大小は問いません…それぞれの企業による【最新】【変わった(珍しい)】環境問題対策に関する情報を集めています。


●質問者: tooh22
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:企業 環境問題
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● aroma-therapy
●20ポイント

尾瀬

実は「尾瀬」は東京電力の所有地です。

http://www.tepco.co.jp/oze/?banner_id=ov00095


環境保護の為、殆ど手をいれずに維持しています。

http://www.tepco.co.jp/eco/area/oze/index-j.html


2 ● mukomari
●20ポイント

フジテレビのゴミ分別

http://www.fujitv.co.jp/csr/kankyo/resource.html

1)ポイント制で競い合う。

2)各部署の平均分別率と前回第一弾キャンペーンの各部署の平均分別率からのアップ度(数字)で競い合う。

月間優勝にはオフィスにある分別ゴミ箱を模した金色のトロフィーを授与します。

また、ごみ分別率100%を達成した部署にはシュレッダーから排出された紙を固めた台紙と再生紙の組み合わせの賞状を授与しています。

ゴミの分別にポイント制を導入し、競い合うという遊び心を持たせたところが変わっていると思います。


3 ● MHP
●20ポイント

双日、日本企業初のオンライン排出権オークション取引に進出

http://jp.ibtimes.com/article/biznews/070502/7056.html


4 ● arakai
●20ポイント

パタゴニア

http://www.patagonia.com/jpn/patagonia.go?assetid=1809

企業というよりNGO並みの活動をしていることで有名ですが、

特に面白いのが、インターンシップ・プログラム

社員に2ヵ月を上限として、各自が選択する環境保護活動グループにてフルタイムで働くための有給休暇制度を提供します。

http://www.patagonia.com/web/jp/patagonia.go?assetid=6492

そして時にはインターンシップへ注ぐ力を短期間では消化しきれずに、パタゴニアを離れてゆく社員もいます。しかしそれを個々の社員の成功と受けとめるパタゴニアにとって、彼らが環境保護への情熱をフルタイムで追求する道を選んでくれたことは喜びなのです。最近は2名の優れたスタッフが、その情熱に導かれてパタゴニアを去りました。

というような売り文句が書ける企業はなかなかないと思います。


5 ● calbeecalbee
●20ポイント

凧を動力にする船。石油燃料の消費を抑えるそうです。

http://news.goo.ne.jp/photo/jiji/world/jiji-5783651.html

研究が始まったばかりですが、魚の油を燃料にする漁船です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071219-00000207-yom-soci

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ