人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

働いている旅館のロビーにある自動販売機ですが、休館日になると半日?1日半電源を切ってしまうのですが、品質としては点けたままの方が良いのでしょうか?今は【つめたーい】と【あったかーい】となっていますが、特に【あったかーい】の方は営業中は温かく、休館日は寒冷地の為、かなり冷たくなっています。

●質問者: suzy-1
●カテゴリ:グルメ・料理 家電・AV機器
✍キーワード:ロビー 半日 品質 旅館 自動販売機
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● bakuto
●20ポイント

ホットで保存したほうが、劣化は早くなります。

某コンビニではホット商品に賞味期限を付けていました。(期限は忘れましたが確か2週間ぐらいだったような)

風味の劣化については、加熱、冷却を繰り返せば早く変わりますが、休館日ごとと言うことなので(週一なら)、問題ないです。

定期的(2?3週間)に売れているのであればそんなに心配する必要は無いです。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa256950.html

◎質問者からの返答

回答有難うございます。

メーカーのサイト等で点けたり消したりでも問題無いとかの

説明があると嬉しいです。


2 ● Ayukawa
●15ポイント

http://www.jvma.or.jp/information/qa_05.html#001

自動販売機の月の電気代は約2,900円程度だそうです。

いちど冷たくなってしまった「あたたかい飲料」を暖かい温度(たぶん95℃くらい)まで暖める電力のことを考えると、つけっぱなしの方が安くつくと思います。

◎質問者からの返答

回答有難うございます。

電気代の件は判りましたが、質問内容の品質についての回答をお願いします。


3 ● kappagold
●50ポイント ベストアンサー

自動販売機用の節電装置がありますので、それと同じ状況と考えればよいのではないかと思います。

http://www.accs2000.com/total/total/timekeeper/timekeeper.html

缶飲料の温度変化による影響についてのダイドー コカコーラ UCCの回答です。

各メーカーに問い合わせた結果、温度変化による品質の劣化は未開缶で急激な温度変化でなければ品質の劣化はなく、賞味期限も問題ありません。という事です。

ダイドー 短期間で急激な温度変化でない限り品質には影響はない。

コカコーラ 未開缶であればON-OFFを繰り返しても問題ない。

UCC 温度の急激な変化には弱いが、穏やかな変化には問題ない。

寒冷地で外気温が0℃以下になるような所では、自動販売機の電源を切ってしまうと、缶が凍ってしまう恐れがあるためタイムキーパーの使用は避けて下さい。

季節の変わり目で冬から夏にかけてHOTからCOLDにする場合、急激な温度変化によりコーヒー等はミルク成分が分離することがありますが、自動販売機の設定の切換の問題であり、タイムキーパー取付によるものとは関係ありません。

http://www.accs2000.com/total/total/timekeeper/time_keeper_2.htm...

これまでに、コーヒー等で、ミルク成分の分離が見られていなければ、問題がないようです。


以下のように、加温状態での劣化の進行が問題とされて行なわれている研究はいくつも見つかったが、温度変化による劣化による研究は見つかりませんでした。研究が行なわれていないとは考えられないが、研究数が少ないため、検索に引っかからなかったものと考えます。

http://www.fmric.or.jp/josei/h-fs95rs.htm

http://www.j-tokkyo.com/2007/A23F/JP2007-202567.shtml


上記から、コーヒー等でミルク成分の分離が見られていなければ、点けたままでも、一時消しておいても品質に影響はないと考えられます。

◎質問者からの返答

回答有難うございます。

複数のメーカーからの回答もあり完璧な内容です。

安心しました。

これで質問を終了します。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ