人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「歯を食い縛ると力が発揮できる」と言われていますが、
解剖生理学的に説明できる方がいらっしゃいましたら教えてください。

●質問者: ugoma
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:生理学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● fuchaka
●35ポイント

咬合時の昇圧反応機構の解明

http://www.jtrc.or.jp/ronbun/theme.html

(熟年体育大学)

・歯を食いしばるなど、咬合時には昇圧反応がおきるが、従来からそのメカニズムとして、咬筋内の機械、化学受容器からの求心性刺激が循環中枢に働くことによると考えられてきた。一方、我々は、「この昇圧反応は歯根膜部の化学受容器からの求心性刺激によるのではないか」との仮説をもとに研究を行い、それを支持する結果を得た。

9月にNHKで放送された「解体新ショー」では、

“歯ぎしり”すると血液中のストレス物質(アドレナリンやコルチゾール)が軽減してストレスが解消されるので、“歯ぎしり”は体に良いものである。

といった内容がありました。


反論もあるようです。

http://www.h5.dion.ne.jp/~furusawa/gakukansetu/index.htm

一時的・短期的には血液中のストレス物質(アドレナリンやコルチゾール)が軽減して、一時的にストレスが解消されたとしても、“歯ぎしり”を長期間に亘り行なっていれば、顎の咬筋や側頭筋が過緊張し、側頭骨や顎関節が片側に偏位するようになり、より以上にストレスとなり、その結果、中枢神経系に影響して、体に良くない変調を起こすようになってしまうからです。


2 ● kappagold
●35ポイント

簡単な研究報告がありました。

噛みしめることと力発揮の関係について、先行研究では見解が一致しておらず、明らかになってない点が多い.

噛みしめることによって、脊髄モトニューロンプールの興奮性が上昇し,主働筋の活

動が促進されると同時に、拮抗筋の相反性抑制の減弱も起こることが報告されている。

http://waseda-sport.jp/sotsuron/PDF/1K03A162-9.pdf

http://www.sfen.jp/column/shigaku1.html

http://www.sfen.jp/column/shigaku1.html

http://www009.upp.so-net.ne.jp/meihoukai/sports/index.htm


幾つかサイトを上げておきましたが、

このあたりのことは、スポーツ歯学で検索すると沢山出てきます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ