人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

三世代同居での医療費控除について

祖父祖母・両親・娘夫婦とその兄弟の三世代同居をしています。
祖父・祖母は年金生活者です。
父は地方公務員課長級なので所得税を多く納めていると思います。
私は派遣社員で給与は低く所得税も多くありません。
医療費控除をする場合、所得税を多く納めている父の所得から医療費控除を行いたいと考えています。
そこで質問なのですが、同じ医療費で控除をする場合、所得税の多少で還付金に違いはあるのでしょうか。
また、父の所得から医療費控除を行う場合、生計を同一にしている必要があると思うのですが、確定申告の際にそれを証明する必要はあるのでしょうか。その場合、生計を同一にしているかしていないかを証明する資料は何になるのでしょうか。
できましたら、サイトの紹介だけでなくこちらのコメントで説明していただければ有難いです。

●質問者: hanako0211
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:いるか コメント サイト 兄弟 医療費
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● AND0
●16ポイント

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

上記のとおり、税率は収入が上がるほど高くなるので、最も所得が高い人のほうが医療費控除は比例して大きくなります。

例えば、課税所得100万円の人が20万円の医療費を使った場合は、還付は5000円

(20-10)×5%=0.5

例えば、課税所得1000万円の人が20万円の医療費を使った場合は、還付は33000円

(20-10)×33%=3.3

となります。10万円を引く理由は以下のurlのとおりです。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

なお、下のurlは少し質問例とは遠い内容ですが、別居でも生計を一にすると認められる場合があることから、

・同居

・姓が同じ

・所得税が極めて低い

を満たせば生計を一にすると認められるでしょう。

ただ、質問者の「所得税は多くありません」だけでは金額が解らないこと、また、質問者の年齢が不明であることから、必ずしも認められるわけではなく、ケースバイケースとなります。

一般的に20代独身であれば認められることが多いかと思われます。

家庭の家計簿等で生活費をきちんと家にいれていることが証明できれば「生計を一とする」証明になるかと思いますが、そこまで要求された例は聞いたことがありません。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/0...

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうとございます。

私の年齢は30歳で所得税は7,000円程度。独身ではなく配偶者である夫がおり、病気療養中で無職です。

家族構成ですが、私と配偶者が同姓で他の家族(祖父母・両親・弟・妹)とは姓が違います。

「生計を一とする」証明は一つの家計簿で生計が記録されていれば良いということでしょうか。おそらく家計簿は個々でつけていないと思うのですが。


2 ● kappagold
●16ポイント

同居であれば問題ありません。

別居の場合には、生計を同一にしていることの証明の必要があります。


同居ということですので、一番所得税を多く払っているお父様から、医療費控除を行ってください。


また、交通費などいろいろと控除できることもありますので、いろいろと検討してください。

http://www.mykomon.jp/kakutei_iryohi/

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

質問とはずれるのですが、

別居の場合の「生計を同一にしている証明」を行う方法は何があるのでしょうか。


3 ● minkpa
●16ポイント

http://www.mykomon.jp/kakutei_iryohi/

基本的には証明は必要ありませんが、嘘をついていて税務調査が入ればすぐバレます。

確定申告についてはなんでもそうで、基本は自己申告で、怪しいと思われたら調査されるという形式です。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

「生計を同一にしている」と言う定義がわからないので、「怪しい」と思われるラインがケースがわかりません。


4 ● apr-25
●16ポイント

http://q.apr-25.ne.jp/ (Dummy)

所得税の多少で還付金に違いはあるのでしょうか>条件により異なりますが違いはあります(同じ場合もある)

所得税は給与所得などから各種の控除を差し引いた課税対象額に対して税率をかけて求めます。税率は累進性ですので課税対象額が多いほど税率は高くなります。医療費控除は給与所得者の年末調整などではできませんので確定申告が必要になります。確定申告することにより医療費のうち10万円を超える分が課税対象額から減額され、減額後の課税対象額に対する税額と既に収めた税額の差が還付されます。税率は課税対象額が1円以上200万円未満は10%、200万円以上500万円未満は20%(例であり実際の税率、範囲ではありません)といった具合に増えるので同じ税率の範囲にある場合を除き税率が高い人ほど還付額が多くなります。例えば、11万円の医療費がかかったとした場合、税率が10%の場合1000円の還付に対し、税率が20%の場合2000円の還付になります。医療費還付の概算額の計算式は(医療費総額 ? 10万円)× 税率です。また、医療費控除を行うことにより課税対象額が下の階級の税率の範囲になることもあります。その場合、還付額はさらに増えます。

次に医療費の集約については、医療費控除可能な対象者は納税者本人およびその扶養家族です。hanako0211さんは少額であっても納税しているのであれば、扶養家族ではないのですから対象外であり、おとうさんの医療費控除にはできません。お母さん、祖父母も収入により不要の対象になるか否かは異なります。お父さんが勤務先に対して扶養控除の申告をしていると思います。祖父母の場合、課税されるようであれば年金の支払元より源泉徴収票が本人や役所に届いているはずですし、お母さんの場合も仕事をしているのであれば勤務先より同様に源泉徴収票が出されるはずですから扶養関係については違いがあれば指摘されるはずです。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

>税率は課税対象額が1円以上200万円未満は10%

とありますが、下記サイトだと「1,000円から1,949,000円まで5%」とありますが、間違いでしょうか。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm


>医療費控除可能な対象者は納税者本人およびその扶養家族です

とのことですが、情報ソースはどこかにありますでしょうか

id:AND0さんの回答では、

>・所得税が極めて低い

>を満たせば生計を一にすると認められるでしょう。

となっているのですがどうでしょう。

また、

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

によれば、

>2 医療費控除の対象となる医療費の要件

>(1) 納税者が、自分自身又は自分と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。

とありますので扶養関係は医療費控除とは関係ないのでは無いかと思うのですがどうでしょう?

ご回答いただければ幸いです。


5 ● pinkandblue
●16ポイント

所得税の額ではなく

収入により差異がでます。

医療費控除は収入にたいして、所得を計算し、

そこから控除額がいくらになるか計算するので

お父さんの収入が一番高いと思われますので

そちらにいれるといいですよ。

派遣で仕事をしているあなたの所得だと控除額が少なくなってしまいます。

また、生計を一にしている人という証明書の添付は不要です

普通は住民票により確認できますので。

税金の多い少ないで考えずに

所得の多い少ないで考えて計算するといいですよ。

また、祖父母は父・母どちらかの扶養者に入れていると思いますが

既に二人をお父さんの扶養に入れている場合は

もしかしたらそれだけで税金の納付額が少なくなっているかもしれません。

祖父母の年代だと同居老親等という別枠の控除ができたり

障害をもっていればその控除が受けられたりしますから

ただし、年金の額が多ければ(厚生年金含む)扶養者にいれることができません。

お父さんの源泉徴収票がどうなっているかをみるといいです。

真ん中の一番大きな空白に二人の名前が記載されているか

また、右上のお父さんの氏名のしたの欄が実際に払った

今年一年の税金の額ですので

そこをみて、少なければ医療費控除は他の人に入れたほうがいいかもしれません。

所得が多い、多分お父さんくらいのクラスになると

10万以上払った分に関して控除対象にいれることができます

派遣の場合は一般的には収入が少ないので

収入から計算してでてきた所得に対し5%以上の分を控除額に入れることができます。

http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

扶養の関係については、

私の被扶養者が夫で、父の扶養者が母と弟と妹と祖母です。

祖父は被扶養者とはなっていません。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ