人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

CD(コンパクトディズク)を高速回転(毎秒600回転くらい?)させると【爆発】するそうです。
(たしかyou tubeにも動画がありました)
何故ですか?

その理屈を解説したようなサイトを教えて下さい。

●質問者: yuko11
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:You Tube コンパクト サイト 動画 理屈
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● virtual
●27ポイント

CD-ROM

http://ja.wikipedia.org/wiki/CD-ROM

読み取り速度(読み込み速度、読み出し速度などとも呼ばれる)は初期には音楽用CDと同じ(1倍速、等速と呼ばれ、150キロバイト/秒の転送速度)であったが、次第に2倍速、4倍速と高速化し、2006年末では52倍速までに高速化した。しかし、CD-ROMの材質として一般的なポリカーボネートの物性上、これ以上高速で回転させるとディスクが変形・破壊されてしまう。ディスクの品質や保管状況によっては、48倍速程度の読み取りでも破壊に至った例がネット上で報告されている。CD-ROMの読み取り速度は既に工学的な限界を迎えている。これ以上の速度を望むならば、より記録密度の高い媒体(DVDなどの上位規格)を選択する他ない。もっとも、回転速度の上限は同じなので、DVDの読み取り速度もすでに頭打ちである。

http://www.kubotacorp.co.jp/calc/

このサイトで遠心力の計算ができます。

CD-ROMの直径は12cmですので半径6cm、回転数36000rpm(=毎秒600回転)で計算すると約87kgになります。

これが軸の両側にかかるのでCD-ROMは160kg以上の力で引っ張られることになります。

ディスクの材料であるポリカーボネートがこの高速回転の遠心力により耐えられず亀裂が入った瞬間に全体がバラバラに壊れるのです。


2 ● minkpa
●27ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/CD-ROM

遠心力が限界のようです。


3 ● yamadakouzi
●26ポイント

minkpaさんの言われるように「遠心力」のためでしょう。それと、回転による熱で素材がやわらかくなるのかな?

(正確には物理的には「遠心力」と言う力は存在しませんが普通に使われ理解されてるのでいいと思います=

慣性力です)

でも36000rpm程度で爆発的に破壊するものですかね。ポリカービネート板ならば3mmあればピストルの弾も貫通しないと聞きましたが、あるしそれほどの強さがある物が?、粘りもあるし、亀裂が入った瞬間に破壊するとは信じ難い、最近はアクリル板製があるのでしょうか?

Virtualさん計算ご苦労様です、「力」単位はkgではありません、kgは質量の単位です。

http://q.nateha.ne.jp/

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ