人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

茶碗や鉢の内側のことを"見込み"といいますが、これは、”見込み違い”の見込みと関係あるのでしょうか???


●質問者: yuka33
●カテゴリ:学習・教育 ネタ・ジョーク
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●35ポイント

《茶席で茶碗拝見のとき、まず内部をのぞき込むところから》茶碗の内部の底のあたりのことを見込みと呼ぶようになったという事ですので、見込み違い(予想と違った)とは関係ないのではないでしょうか。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E8%A6%8B%E8%BE%BC%E3...


2 ● kim-taku
●35ポイント

茶碗・鉢などの陶器の場合の「見込み」とは、茶道の作法から来ています。

茶席で「茶碗拝見」というのがあります。

この際に、まず内部をのぞき込みます。

それを転じて、茶碗の内部で底のあたりのことを「見込み」と呼んでいます。


「見込み違い」とは、関係ありません。

『見込みが広い/狭い』といった使われ方をする。

http://mothering.jp/fujino/blog_ryusuimen/index.php?ID=934


しかしながら、その高台回りは独特の景色「カイラギ(釉薬の割れ目)」で仕上げられた一品なのです。

「お茶碗拝見」の際に初めて気付く、驚きはいかがでしょうか?

萩焼の抹茶茶碗として、古来からの風合を忘れることなく仕上げられております。

http://item.rakuten.co.jp/tenryuhp/9-26/

http://www.wa-gallery.com/osiete/85.htm

◎質問者からの返答

どうもありがとうございます☆


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ