人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

人生における仕事のサイクルは何年ぐらいだと思いますか?

どのぐらいの期間、1つの仕事に取り組むと、
次のステップや次のサイクルに移ると思われますか?

もちろん業種や職種によって様々であり絶対的な正解はありませんので、
皆さま個人個人のご体験に基づくご意見を頂戴できれば、と思います。
よろしくお願いいたします。


※個人的には小さいサイクル2.5年、大きいサイクル7.5年ぐらいだと考えています。
※↑このように複数のサイクルを前提としたご回答も大歓迎です。

●質問者: take65
●カテゴリ:就職・転職 人生相談
✍キーワード:ステップ 人生 意見
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● KairuaAruika
●23ポイント

簡単に言いそうですが,結局個人的には公私共に10年単位でいろいろなことが周期的にやってきてますね。

家電が壊れるサイクルもそうですし。

最近の家電は7年スパンくらいに短くなってきているようですが。

10年一昔,とよく言われるのは伊達じゃないと思います。

後は,三年,が多いでしょうか。

子供の中学高校のスパン,これが大きいです。

◎質問者からの返答

10年と3年ですか。ありがとうございます。


2 ● idadakei
●23ポイント

おおよそ5年程で、分岐がやってくるような気がします。

5年程度経験をすると、その仕事を突き詰めるのか別の方向性を模索するかの分岐を

検討していました。これは転職に限らず、仕事のやり方として別のアプローチを検討

する等も含めてます。

その後は10年あたりで、人生を踏まえた大きな軌道修正を考えていましたね。

3年から5年のサイクルで、自分の成長とモチベーション、業界の将来性などを考慮

して自分なりの軌道修正をしてきました。

言葉は悪いかもしれませんが、仕事に飽きるのもおおよそこの位のサイクルでしょう。

企業の人事異動が3年サイクル位なのも、この辺を考慮してのことでしょう。

◎質問者からの返答

3?5年と10年ですか。ありがとうございます。

10年を一括りにされる方が多いのでしょうか。


3 ● sokyo
●22ポイント

こんにちは。

私はまだまだ経験も不足していますし、サイクルを感じるようなコトはないのですが…。

ある大学の先生は、およそ10年がひとつの単位だと、何かの機会に言っていました。

サイクルというわけでもないのですが、10年経つとひとつの(ごく狭い)分野の全貌が大体わかるようになって、

次の10年で隣接する別の分野に興味がわくし、移行するのがふさわしいさまざまな状況になると言います。

学部生から始めた研究は、院に入って20代後半で一段落し、そこから次の10年で新しいステージに移行するとか。

それは彼自身の経験から考えてもそうだし、名高い研究者の例を見てもそうだというコト。

彼は50代に入ったところで、ちょうど新しい分野に参入しているところだと言っていました。

彼の専門分野は社会科学でした。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。またもや10年ですか。

ある分野でそれなりに精通するには、

やはり10年ぐらいが最適なのかもしれませんね。


4 ● KUROX
●22ポイント

1、3,5という数字です。

1年、3年、5年

1ヶ月、3ヶ月、半年、1年

日本人が節目と感じる数字でサイクルはあると思います。

職種的に3年前というと大昔という感覚なので、

サイクルを感じる周期は短いと思います。

普通の感覚では、3年=10年ぐらいの感覚だと思います。

派遣とかそういう経験はないのですが、契約期間も大体その程度で、

契約更新というパターンが多いので、自然とそういう周期制を感じます。

若いときは、周期が短く、年を取るにつれてその周期が長めになってくるような

気はします。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

確かに業種によってもだいぶ異なりますね。

また年齢によって周期が変わってくるというお話も、

興味深く拝見しました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ