人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

冬の公園の木の、水やりについて教えてください。

知人が、公園の水やり係りになったのですが、「松や桜は冬の間は水をやらないほうがいい。根腐れする」と知り合いに聞いたそうなのですが、本当でしょうか?

それと、公園によく植えられている潅木にも、水をやったほうがいいのでしょうか?

●質問者: kokada_jnet
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:公園 根腐れ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● rin-in
●20ポイント

水をやるなら、少量で定期的にやりましょう。

一度に大量の水を不定期にやるのが最も悪い方法です。

冬季は、低木類くらいでいいでしょう。

今の時期、水をやりすぎると、松や桜以外でも根腐れ

します。

土の表面がカラカラになったら水を与える くらい

が目安です。

もし、鉢物があれば、そちらには毎日やっても良いでしょう。

◎質問者からの返答

なるほど、ありがとうございます。


2 ● kappagold
●20ポイント ベストアンサー

一般的に、公園などに地植えされて何年も経っている木には、雨が無いなどの異常気象が無ければ、水遣りの必要はありません。

桜であれば葉が落ちて蒸発する水分はほとんどないので、ほとんど水遣りの必要はないでしょう。また、松も蒸発量が少ないので、水遣りする必要はないです。

木は深いところまで根を伸ばしています。どんなに乾燥しても地面の深いところまで乾燥することはほとんど無いので、木に関しては、水枯れの心配はしなくて良いです。

根ぐされも、温度が低い時はおきにくいのですが、水ばかりやっていると根に空気が届きにくくなるので、あまり良くないです。

冬場は、木への水遣りは避けた方が良いでしょう。


冬場の水遣りは、草や植えたばかりの小さな木へやるだけで十分です。

◎質問者からの返答

あー、そうなっているいのですか。ありがとうございます。


3 ● yokayo
●20ポイント

冬の間、葉をつけていない植物はそもそも水分をそれほど必要としません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


4 ● apple_gumi
●20ポイント

http://www.sodo.co.jp/gardening/mizu.html

冬になると植物の生長はかなり鈍っています。 この時期に水をやりすぎると、根を傷めるだけでなく、根を腐らせて枯らしてしまうことになります。水やりはできるだけ控えるようにします。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


5 ● okap01
●20ポイント

基本的に、公園や畑など地に植わっている植物に対しては水を与える必要はありません。真夏に日照りが1週間も続くといった場合は別ですが。。。

特に冬場は桜などの落葉樹は葉がなく、水分を蒸散できないので、葉があるときに比べ、水はそれほど必要ではないのです。

また、松などに関しても、冬場は寒く、生育が鈍っているので、水分は地中にあるものだけで十分です。

ただ、鉢植えのものに関しては、表面の土が乾燥してから2日後くらいに水をたっぷりと与えてください。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ