人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【英語の運用能力を測定するテスト】
ベルリッツとベネッセが共同で開発したGTECについて質問です。

TOEICと比べた場合、どんな特色がありますか?
スピーキングとライティングのテストが含まれるという事以外のことをお答え下さい。


●質問者: DK4R
●カテゴリ:就職・転職 学習・教育
✍キーワード:TOEIC スピーキング テスト ベネッセ ベルリッツ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● どんジレ、どんさん
●60ポイント

こんばんは。とても興味深いご質問なので、私も資料を確認してみました。


http://www.benesse.co.jp/gtec/consulting/analysis.html

組織の英語力の底上げを考えている立場の方にとっては、上記のような提案は魅力的かと思います。


TOEICの場合、約2600の団体に採用されているとのことですが、上記のようなサービスを行えているか不明です。

http://www.toeic.or.jp/toeic/corpo/corpo_01.html


http://www.toeic.or.jp/toeic/about/what/左記より引用

TOEICテストは、世界約60ヶ国で実施されています。

また、その国独自の文化的背景や言いまわしを知らなければ解答できないような問題は排除されていますので、「世界共通の基準」として活用することができます。

TOEICの場合は、最大の資産は歴史ではないかと思います。GTECは言い方は悪いかもしれないですが「歴史が無い」点が武器でしょうから、小回りが利くと思います。TOEIC的な信用を獲得し、TOEICのサービスでは満足できない層がいたとしたら、根付くかもしれないですね。


・企業へのコンサルティングを重視している点

・良い意味での歴史の無さ

上記2点が特色ではないかと感じました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ