人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「親指シフト」によるキーボード入力を導入したいのですがいくつか問題があります

・キーボードをどうやって「親指シフト」に対応させるのか
?ThinkPadを愛用しているため、専用キーボード購入はできれば避けたい
?何か別の良い方法がないか

・どうすれば効率的にタイピング練習ができるか
?市販のタイピングソフトがあるのか
?仮にないとすればどうやって練習すべきか

アドバイスいただければ幸いです。宜しくお願いします。

●質問者: zizizirororo
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:ThinkPad アドバイス キーボード ソフト タイピング
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● GoldenDawn
●19ポイント

http://nicola.sunicom.co.jp/info3.html

「親指ひゅんQ」などを使って現在のキーボードを親指シフトのように使うことができます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

・上記サイトにソフトが数多く列挙されていますが、違いはどのような点でしょうか。

?OSの対応が異なる?(当方はWindows XP および Vista)

?実現されるキー配置が異なる?

?その他の違い?

・練習法についてもアドバイスいただけると助かります


2 ● sylphid666
●19ポイント

親指ひゅんQというソフトで親指シフト環境が実現できるようです。

http://nicola.sunicom.co.jp/info3.html

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%BB%D8%A4%D2%A4%E5%A4%F3Q

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

GoldenDawnさんと同様、ソフトの違い・練習法についてもアドバイスいただければ助かります


3 ● KUROX
●18ポイント

どういう目的か不明なのでなんとも言いがたいですが、

専用のキーボードを使わないとやはりキー配置に無理があるので

使いやすいとは思えませんが・・


■ソフトで親指シフトをエミュレート

>106/109 キーボードを使って擬似的に親指シフト入力を行う「親指ひゅん」や

>「Q's Nicolatter」

------

Q's Nicolatter

http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se050085.html

XP対応のようです。

------

「親指ひゅん」と「Q's Nicolatter」の違い

http://homepage1.nifty.com/cura/oya/nicola_at_note.html#SEC4

試用が可能ですので、様子を見てください。

-------

■練習法

http://homepage1.nifty.com/cura/oya/how_to_practice_nicola.html

◎質問者からの返答

ThinkPadキーボード利用を前提として、日本語入力の最速化することが目的です

(現在日本語をローマ字入力していますが、これだと入力スピードが遅いので)

ご指摘のようにThinkPadキーボードでの利用が非現実的であればかな入力の採用も考えます。

かな入力を採用するほうがよさそうにも思えてきました・・・


4 ● ffmpeg
●18ポイント

Win用のエミュレーションソフトでは、親指ひゅんQがもっともよく出来ているので、これを導入されるとよいでしょう。

ニコラ配列には若干のちがいやバリエーションがありすが、親指ひゅんはどういう入力法もサポートしているので問題ありません。

練習法については、ソフトを使うよりも短い日記を毎日書くのが効果的です。その際、キーボードは見ずに、配列を記した小さい図をノートパソコンの画面端に貼って、わからなくなっても手許は見ずに、その図を見て、手探りで入力してください。

ふつうは一週間くらいで楽に打てるようになります。

ただ、thinkpadはどちらかというと固めのキータッチなので、同時打鍵には向いているとは言えませんが、別段問題ないでしょう。

これ以外のかな入力というのは、非現実的なので、やるだけ無駄です。

◎質問者からの返答

有難うございます。

・親指ひゅんQの他ソフトとの違いは、「NICOLA配列の様々な入力方法をサポートしている」という理解で正しいでしょうか?

・「これ以外のかな入力というのは、非現実的なので、やるだけ無駄」というのは、「JIS配置によるかな入力を採用することは賢明とは思えない」という趣旨でしょうか?

→もしそうなら、理由をご教示いただけると助かります


5 ● 相沢かえで
●18ポイント

★キーボードをどうやって「親指シフト」に対応させるのか


基本的には、【(パソコンが解釈できない)親指シフト】入力を【(パソコンが解釈できる)JIS X 6002かな入力】へと翻訳するソフト──「エミュレータ」と呼ばれています──が必要です。

専用キーボードについては「あれば快適に入力できる」といわれていますが、中には普通のJISキーボードを用いて親指シフト入力を行う方もいます(私自身も、ノートPCのキーボードをそのまま使っています)。

http://www14.atwiki.jp/beginning_of_the_nicola/pages/30.html


一番安定して動くのは、Japanistと呼ばれるIME(エミュレータが内蔵されている)を導入することです。ソフト自体はXPまでの対応ですが、アップデートによりVistaにも対応します。

http://www.vshopu.com/F_Japanist2003/index.html


IMEとしてMS-IMEやATOKなどを利用する場合には、エミュレータとして別途「繭姫」「やまぶき」「親指ひゅんQ」などを導入することになります。

http://www14.atwiki.jp/beginning_of_the_nicola/


ちなみに、親指シフトキーボードとして販売されているもののうち、USB接続のものは「普通のJISキーボードと同じ」(変換キーとスペースキーの位置が逆になっているのみ)ですので、結局はエミュレータが必要です。

http://www.vshopu.com/f_FKB8579661EV/index.html


────────────────

★どうすれば効率的にタイピング練習ができるか


効率最優先となると、今のところは「増田式」が最良の選択になるはずです。

いろいろな入力法をサポートする練習メソッドで、そのうちのひとつとして親指シフトについてもメニューが提供されています。

http://homepage3.nifty.com/keyboard/subject.htm

金銭的なコストはかかるものの、習得時間を圧縮できるようで、その点でも好評なようです。

また、一旦やり方を覚えれば、他の入力法を練習するにも応用できるようです。

http://ujiro.ameblo.jp/ujiro/entry-10001617988.html

http://ujiro.ameblo.jp/ujiro/entry-10000750318.html


また、富士通製の「親指シフト練習(練習ソフト)」「親指シフトキーボード入門(ドキュメント)」が無償提供されています。

こちらは伝統的な方法で、昔からの親指シフターさんはこれを薦めている様です。

冗長なメソッドなので、習得時間よりも金銭的なコストを重視する方にお使いいただくべきものだと思います。

http://nicola.sunicom.co.jp/info3.html (このページの一番下をご覧ください)


市販のタイピングソフトについては、一般的なタイピングソフトに対して「エミュレータによる変換を噛ませて」親指シフト経由で利用することができる場合があります。

この場合はエミュレータとして別途「繭姫」を用意することとなります。

http://hp.vector.co.jp/authors/VA011751/software/himeodorikosou/


────────────────

★そのほかの入力法について

親指シフト(NICOLA)は、JISキーボードで利用する場合、どうしても「片方の手のみで【親指シフトキー】と【人差し指を伸ばして押すキー】を同時に操作するのは難しい」という問題は残ってしまいます(ほかの操作については、JISキーボードでも問題ないはずです)。

この問題が発生する領域には、文字が10個ほど入っていますので、この点を指して「JISキーボードでは使いづらい」という話が出てくるのかもしれません。


Japanistと呼ばれるIMEを使わず、他のエミュレータを利用する場合については、同じ親指シフトキーを使う入力法でも「JISキーボードでの利用を前提に設計された入力法」を使うという手もあります。

一例として、最近「東芝ノートPC向け」に調整した入力法を紹介します。

http://www12.atwiki.jp/kaede-asuka-layout/pages/25.html

このほかにも、「小梅」「飛鳥カナ配列」などの選択肢があります。

http://homepage2.nifty.com/61degc/reports/koume/

http://asuka-layout.ameblo.jp/


親指シフトの操作自体がご自身になじまなかった場合については、中指シフト系の入力法をご検討いただくことも有効かと思われます。

http://kouy.exblog.jp/15105/

中指シフト系では、新JISかな(JIS X 6004)をベースにした「月配列」のシリーズが選択される例が多いようです。

http://jisx6004.client.jp/tsuki.html

◎質問者からの返答

有難うございます。だいぶ情報が整理できてきました。

改めて問題を定義しなおすと、下記のようになります。

・検討目的は、日本語入力の最速化

(トラックポイントを利用したく、できればThinkPadのキーボード利用)

・考えられる方式は、下記の方法

?飛鳥(親指SHIFT)

?NICOLA(親指SHIFT)

?かえであすか(親指SHIFT)

?小梅(親指SHIFT)

?月(中指SHIFT)

?JISかな(無SHIFT)

・最速化が可能なのは、飛鳥配列ではないかと思います

?NICOLAをさらに高速化し、JISキーボードへの適合をよくしたものが飛鳥

?かえであすかは、とっつきやすさを重視して飛鳥の速度を犠牲にした

?小梅は、清濁同鍵を実現するために速度を犠牲にしたと思われる

?月は、半濁音入力に3打鍵を要してストレスがあるとの報告あり(出所:経験者Blog)

?JISかなは飛鳥と比較して打鍵数がかなり多い

・これで正しいのでしょうか。コメントいただければ幸いです

(もし「飛鳥がベスト」ということがわかれば、その後にエミュレータ・練習法を検討したいと思います)


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ