人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【10日目・クリスマス企画・小説ビンゴゲーム】

クリスマス企画の第10日目です。
ルール等、詳しくは http://q.hatena.ne.jp/1197051779 を参照ください。

企画に応募された9名は、全員、参加者Aとして参加いただけます。

また応募しなかった方々も参加者Bとしてなら、だれでも、いつでも参加できます。

参加者Aには、ビンゴカードを1枚ずつWeb上に配ります。
http://www.nurs.or.jp/~lionfan/kikaku_2007_christmas/index.html

今回のキーワードは「電飾」です。

それでは「キーワード+あなたの好きな言葉1つ」で
短い小説をつくり、この質問に答える形で応募してください。
締め切りは1/1(火) 23:59までです。

キーワードを明示することも忘れずに。
あと簡単に言及できるよう、小説にタイトルも付けてください。

年越しそばとおせち、楽しみですね!!

1199027917
●拡大する

●質問者: lionfan
●カテゴリ:ゲーム ネタ・ジョーク
✍キーワード:23 Web あなた おせち カード
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● たけじん
●250ポイント ベストアンサー

「時差作戦」 電飾&カウントダウン

「アメリカの人って、ツリー片付けないんだね。」

元日の昼過ぎ、息子がテレビを見ながら、妻に言っている。

「あら、ツリーって、お正月の飾りと同じなのよ。新年もツリーを飾っておくのよ。」

テレビには、電飾でいっぱいのクリスマスツリーが映っている。

「こちらニューヨークでは、2007年最後の瞬間を迎えようとしています。」女性アナウンサーの声が聞こえてくる。

息子は怪訝そうに、妻に聞く。

「なんで、まだ2007年なの?変じゃない?」

「時差って分かるか?」と、私は息子に聞く。

「ああ、知ってるよ。でも、1年も違うじゃない?」

「おいおい、14時間前はここも2007年だっただろ。」

「あ、そうか。時差って、年も同じか。」

妻が息子に向かって言う。

「勉強では知っていても、こうして実際に比べてみると良く分かるわね。」

「うん。」

「ひとつ賢くなったじゃない。」

また、教育ママになってる。

テレビからは、

「カウントダウンが始まりました。」という声が聞こえてくる。

息子は、

「いいこと思いついた。」と、急に笑顔になった。

「なあに?」

「クリスマスの朝になったら、ニューヨークに行けばいいんだ。」

「どうして?」と妻は言いながら、私にウィンクした。

「だって、またサンタさんのプレゼントがもらえるでしょ。またイブからクリスマスになるんだから。」

ヤッターヤッター、と息子は跳ね回っている。

妻が私のそばに来て言った。

「かわいいわねぇ。まだ、信じてるのかしら。」

「男はロマンチストだからな。永遠に、どこか信じてるんだよ。」

「と、言うことは・・・」

妻は、最上の笑顔で、息子と私を見つめていた。


今年もいい年になるだろうな。


あけまして、おめでとう。

◎質問者からの返答

takejin様、ありがとうございます。

新年からさわやかな小説、うれしかったです。

ではでは、今年もよろしくです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ