人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

新年でしばらく暇なので、英語の小説(ペーパーバック)でも読んでみようとおもいますが、お勧めのものを教えてください。
1500円程度までで日本ですぐ入手可能なもの(できれば紀伊國屋のような大型店の店頭にあるようなもの)をお願いします。

内容はあまり肩のこらないもの。登場人物が比較的少ないものがいいです。いわゆる文学作品は眠たくなるのでNG。あとオカルトとか魔法を使うものも、個人的に好きでないのでNGです。(ハリーポッターとかはNG)

できればお勧めの理由もあわせてお願いします。

●質問者: fuentebella
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:NG いもの お勧め オカルト ハリーポッター
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● eakum
●21ポイント

The Talented Mr.Ripley (Penguin Joint Venture Readers)

The Talented Mr.Ripley (Penguin Joint Venture Readers)

  • 作者: Patricia Highsmith
  • 出版社/メーカー: Penguin
  • メディア: ペーパーバック

パトリシア・ハイスミス『太陽がいっぱい』。

例の映画を観ていてもいなくても楽しめます。

平易で簡潔な英語なハズなのに・・・の文体マジックであたまっからサスペンスの虜になります。

Little Birds (Penguin Modern Classics)

Little Birds (Penguin Modern Classics)

  • 作者: Anais Nin
  • 出版社/メーカー: Penguin Classics
  • メディア: ペーパーバック

アナイス・ニン『小鳥たち』。

これまた平易なのにイマジナティヴな文体で 男女ともに楽しめるエロティカ短編集です。

表紙もセンス良く 持つ喜びも満たしてくれます。

◎質問者からの返答

The Talented Mr.Ripleyは、面白そうですね。映画のタイトルは聞いたことがありますが、見たことはありません。Amazonでは「通常8-11日以内に発送」なので、正月休みが終わってしまいます。2日に大きめの本屋さんをはしごして探してみます。


2 ● yokayo
●21ポイント

マイケル・クライトンのRising Sunなどは、いかがでしょうか?

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_b?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%...

マイケル・クライトンの本は多くが映画にもなっていますが、映画よりも内容が10倍は濃いので映画で見ていても、楽しく読めると思います。

◎質問者からの返答

マイケル・クライトンは、ジュラシック・パークを書いた人ですね。面白そうですし、Amazonにも在庫があるので注文してみようと思います。ありがとうございました。


3 ● todo_todo
●21ポイント

Amazon.co.jp: Who Moved My Cheese?: 洋書: Spencer Johnson

既読かも知れませんが、こういうのはどうでしょう。

お勧めの理由は、ベストセラーになったこと、日本語版を読むより原書で読んだほうが面白そうなことの2点です。

◎質問者からの返答

数年前に話題になったので、これは読みました。

ありがとうございます。


4 ● xenobia
●27ポイント ベストアンサー

肩がこらなくて、多少スリリングで、しかも読み終わった後、考えさせられる哲学的内容もあるといったら、少し有名過ぎても「OH. Henry 短篇集」が最適ではないだろうか?日本語訳で既に読んだ人も、もう一度 原文の英語で読み返してみると、新鮮な印象を受ける。とにかく言葉使いが「旨い」!!!

私は今でも「biting cold(身を切るように寒い)」とか「I must be going(もう、行かなくチャ、な)」といった言い回しをコノ本から得たのをよく憶えている。英語使いの達人になろうとする人間にもイイ本!!!

◎質問者からの返答

講談社 英語文庫の分は近くの紀伊国屋に在庫があるようです。

ありがとうございます。さっそく買いに行きます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ