人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【11日目・クリスマス企画・小説ビンゴゲーム】

クリスマス企画の第11日目です。
ルール等、詳しくは http://q.hatena.ne.jp/1197051779 を参照ください。
2位のビンゴはkumaimizuki様です。おめでとうございます。

企画に応募された9名は、全員、参加者Aとして参加いただけます。

また応募しなかった方々も参加者Bとしてなら、だれでも、いつでも参加できます。

参加者Aには、ビンゴカードを1枚ずつWeb上に配ります。
http://www.nurs.or.jp/~lionfan/kikaku_2007_christmas/index.html
(現在、サーバに不具合があったため1回古いデータが表示されています)
今回のキーワードは「プレゼント」です。

それでは「キーワード+あなたの好きな言葉1つ」で
短い小説をつくり、この質問に答える形で応募してください。
締め切りは1/5(土) 23:59までです。

キーワードを明示することも忘れずに。
あと簡単に言及できるよう、小説にタイトルも付けてください。

あと1?2回で終了すると思います。それではよろしくお願いいたします。

●質問者: lionfan
●カテゴリ:ゲーム ネタ・ジョーク
✍キーワード:23 Web あなた うご カード
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● くまいみずき
●150ポイント ベストアンサー

タイトル:アロマキャンドル。(キーワード:プレゼント/キャンドル)




ここは富士山への一本道。

灯はなく、人通りもない。

そのような場所で、車を止めた。


事の発端は、数日前に遡る。

彼女が仕事によるストレスから、自殺すると言い出した。

もちろん、すぐに自殺なんてするな。と、言い聞かせた。

しかし、次の日。

「わたし……自殺しようと思うの」

同じことをまた言った。

「昨日も言っただろ? 自殺なんてバカげたことをするなって。大体、自殺したら俺の立場は……」

「そうね。あなたは淋しい思いをするわよね……」

「何だ、分かってるんだったら……」

「でもね。あなたを殺してしまえば、あなたは淋しい思いをしなくて済むわ」

「おいおい。何を……」

俺は、そう言い掛けて、彼女が本気だということに気付いた。

「ねぇ。あなたは、わたしに殺されるのと、一緒に自殺するの、どっちがいいのかしら?」

「どっちって……どっちも嫌に決まってるだろ!?」

「じゃあ、決まりね。わたしに殺されるということに……」

「ま、待てよ。何でそうなるんだよ」

「どちらか一方よ。さぁ、どっちにするのかしら?」

俺は悩んだ。もし、彼女に殺されると願ったのなら、今すぐにでも殺しにかかるだろう。

だったら……

「分かった。一緒に自殺しよう」

俺は、彼女にそう告げた。

時間稼ぎと察しられたのか、彼女はすぐに言った。

「じゃあ、今すぐ自殺しましょ」

そう言って、彼女は俺を車へと乗せた。


途中のホームセンターで、ガムテープと練炭を買った。

もちろん、それだけでは怪しまれるので、様々なものを買った。

ロープや芳香剤、スナック菓子などなど。

そして、車を走らせて……現代に至る、というわけだ。

「さぁ、燃やしましょう」

彼女はそう言って、マッチを手に取った。

俺はすぐにマッチを奪った。

「あら、まさかこの期に及んで『自殺しない』なんて言わないわよね? それとも、わたしを殺す気?」

「まさか……。ただ、せっかくなら俺に火を付けさせてくれないか?」

「別に良いわよ。そのくらいは許してあげる」

「ありがと」

俺はそう言って、マッチで火を付けた。


しばらくすると、車内に心地よい香りが漂ってきた。

「ちょっとこれ……もしかして……」

「そう。その『もしかして』だよ。君は気付かなかっただろうけどね」

俺が火を付けたのは練炭ではない。

俺が火を付けたのは……

「わたしがプレゼントした……アロマキャンドル……?」

「正解。君が『良い香りよ』と言ってくれたものだよ。この香りをかぐと、あのときのことが思い返されるだろ?」

「あのときのこと……?」

彼女がそう言うと、しばらく考え込んだ。

彼女が、アロマキャンドルをプレゼントしてくれた日の事。

この日は、アロマキャンドルと共に、今の仕事に決まったという知らせも持ってきてくれた。

その時の彼女は、非常に生き生きとしていた顔をしていた。

「これから、一生懸命頑張る!」

彼女の笑顔は、最高のものだった……。

「辛いのは分かる。けれど、あの時は『それを乗り越えてこそ、わたしの夢が叶う』って言ってたよね。覚えてる?」

「覚えてる……わ……」

「その時、俺が言ったことも覚えてるか?」

「『どんなことがあっても、俺が救ってやる』」

「そう。俺が救ってやる。どんな時も、どんなことがあっても。もし、今ここで、自殺をしなかったら、ご褒美をあげる」

「ご褒美……?」

「これだよ」

俺は、隠し持っていた、ダイヤの指輪を見せた。

「結婚しよう」

彼女は、信じられないといった表情をしている。

「どうする? それでも自殺するって言うかい?」

「……わたしの負けね。ありがと、わたしを負かせてくれて」

「帰ろ。家へ」

アロマキャンドル……癒しと安らぎの効果がある、アロマキャンドルの香りに包まれながら、来た道を戻っていった。

来る時には、気が狂ったような彼女の表情も。

安らかな寝顔へと変わっていた。



====

お正月明けです。あけましておめでとうございます。

しばらく休んでましたが、その間にビンゴしてしまうとは(^?^;


今回のキーワードは、単純にゲームを面白くするために選んでみました。

『キャンドル』が選ばれると、現在リーチの掛かっていない2名がリーチになります。

同時に、ビンゴになる人が誰も出ないのです。

つまり、全員リーチという状況になります。

まぁ、腕が悪いので選ばれるかが非常に難しい問題だったりしますが。

◎質問者からの返答

kumaimizuki様、面白い小説で、すごく引き込まれました。

そして、なかなか明るいラストで良かったのでした。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ