人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「なぜ人を殺してはいけないのか?」

この質問に対する“理論的な”回答をお願いします。


この質問に興味を持ったきっかけは以下の2つのブログ記事です。

http://www.tomabechi.jp/archives/50442579.html
http://blog.goo.ne.jp/clean110/s/%BF%CD%A4%F2%BB%A6%A4%B7%A4%C6%A4%CF


必ず理論的な回答をお願いします。
例えば(テーマは違いますが)以下のような記事です。

イエス・キリストを理解してない人たちへ、-(仏陀を理解していない人たちも)
http://www.tomabechi.jp/archives/50316486.html

●質問者: kusakari
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:なぜ人を殺してはいけないのか イエス・キリスト テーマ 仏陀 理論
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 18/18件

▽最新の回答へ

1 ● KUROX
●9ポイント

どういう条件なら

人を殺しても許容できるようになるかと言う視点で考えてみました。

人間が何らかの情報の塊で復元が可能だったら、

たぶん殺しても良いと言う価値観も出てくると思います。

殺人と言う行為も、罪が軽くなるでしょうね。

賠償請求とかに変わるのではないでしょうか?

現状のところ、人を殺すことは、不可逆で、元に戻せないからというのが理由のひとつだと

思います。現代でも、正当な理由があれば人を殺すことが許容されている死刑とかが存在

しますが、この元に戻せないという理由で反対する人たちもいます。

◎質問者からの返答

確かに不可逆ですが、その意味では(おそらく)すべての生物が不可逆であるため、

殺してはいけないという理由にはならないと思います。

うまい説明はないものでしょうか。


2 ● Takasan
●9ポイント

質問の答えになるかどうかはわからないのですが、私の中では明快な答えがあります!

人を殺してはいけない理由は『駄目なもんは駄目だから!』小さい頃に親に言われた言葉、ただそれだけです。

論理的に考えても答えの出る種類の問題ではないように思います、誰もが好きな人が死んだり殺されたりしたら悲しいもので…

その種の答えを出せるのは宗教や教育でしかないと私は思います。

答えにはなってなく申し訳ありませんが、私が思う人を殺してはいけない理由です。

◎質問者からの返答

親に教えてもらったから、みんなそう言っているから、常識だから、

という回答もわかるのですが、ここでは論理的な回答が欲しいです。

宗教に紐付けなければ回答できないのなら、紐付けても全然かまいません。

前提条件・仮定などがあればそれを書いて頂いて、とにかく論理的な回答が欲しいです。

私は仏教の思想(例えば縁起・空など)に興味があるので、仏教に紐付けて回答頂ければベストです。


3 ● memo77
●50ポイント ベストアンサー

Q.「トラは」なぜ人を殺してはいけないのか?

A.殺してもいい。だけど殺されたくないから檻に入れる。もし人を殺したらそのトラは殺します。


Q.「地震は」なぜ人を殺してはいけないのか?

A.殺してもいい。つか、選べない。なるべく地震がこないようなところには住むけど。


Q.「国は」なぜ人を殺してはいけないのか?

A.殺してもいい。実際に世界中で行われている。


Q.「私は」なぜ人を殺してはいけないのか?

A.殺してもいい。ただし現代日本では人を殺すと罰せられる。

「殺してもいい」というのが回答だと思いますが、多数の前提条件がつきます。

殺す主体が何か、ということで、生物としてのヒト一固体と仮定します。

少なくとも現代日本の社会は「人を殺さない」という契約に基づいて効率をあげているので、固体はその契約の恩恵をうけて存在しており、暗黙のうちに契約を承認する義務を負います。もしその契約に反するのであれば、契約を維持している集団は彼からいままで与えていた恩恵を取り上げる=存在を抹消する行動をとるのが妥当でしょう。

ただし生物の「個体」と人間としての「存在」は一致するとは限りません。「存在」は独立したものでなく、他者との関係性や環境もその中に含みます。

そのため、彼の存在の抹消は、親にとって遺伝子を残せる確率が低下することはダメージですし、有限の時間の中から彼を選択して一定のコストを支払ってきた友人などにもダメージとなります。

従って現代日本では殺人=死刑ではなく、その存在を抹消するのに妥当かどうか量刑を計っていますよね。

もちろん事実の認定というのは難しく、社会的コンセンサスも時代によって変化するので、死刑は取り返しがつかないという背景もありますし。

実際は死刑じゃなくても取り返しはつかないんですけど。


相手が社会的な恩恵を受けていない存在で社会集団の力量を超える力を持っていれば罰することはできず、「殺さないで」とお願いするしかないでしょう。

また直接殺さずとも、結果として人を殺している人間は、私もあなたも含めて多数います。


結論としては「自分がどんな社会的契約の恩恵を受けていて、どんな社会を創りたいのかを判断する」。

「直接的殺人を罰する社会がよい」という選択をするのであれば、「社会集団に向かって宣言しコンセンサスを取る」ということになると思います。

◎質問者からの返答

>相手が社会的な恩恵を受けていない存在で社会集団の力量を超える力を持っていれば罰することはできず、「殺さないで」とお願いするしかないでしょう。

>また直接殺さずとも、結果として人を殺している人間は、私もあなたも含めて多数います。

大変わかりやすかったです。納得できました。


4 ● kuroe_o
●16ポイント

物事には理由のないものがあります。

それは子供の頃には誰しも疑問に思うことだらけです。

なぜ空気は見えないのか、なぜ人には髪の毛が生えているのか・・・などなど。

頭を守るためという明確な回答があるかと思いますが、それは本当に正しい答えでしょうか?

後付けされた理由に過ぎないという意見もあれば、実際に頭を守るためだという人もいます。見た目のためと思う人もいるでしょう。

つまり、誰しもの今の価値観そのものも人に教えられて、自分で見てきて感じていることで間違いはないのです。

人を殺してはいけないというものも、自分が不利益を受けないために、みんなが幸せに暮らせるように・・・などさまざまな理由があるでしょう。

しかし、正解はありません。決まっているからなのです。

私個人が思っている物事の見方は、方向性で物事を見ています。

例えば、Aさんが〇〇な人間になりたいと思っていても、その〇〇な人間になったというのはどういう判断をするのでしょう?

周りの判断でしょうか、自分の判断でしょうか。

周りの人が思うAさん、Aさん自身が感じている自分、どれも正解です。

物事は決めるのではなく、どう考えるかだと思います。

その考える行為そのものが具現化した正解なのではないでしょうか?

つまり、人を殺していいという人よりも、人を殺してはいけないと考える人が多いからルールを決めた。その理由は自分が不利益をこうむるなど、さまざま。

ただそれだけではないでしょうか。

◎質問者からの返答

理由がないものもあるのかもしれませんが、

何かしら意味・理由を考えて頂いて、

いろいろな人の考えを聞きたいと思い質問しました。


5 ● Hiroshi0514
●22ポイント

質問とレスを見る限り、「理論的」と「論理的」を混同してはいませんか?


1、論理的な回答(たぶん期待していない回答)


論理的な回答をするためには、まず論理的な問題設定が必要です。

「なぜ人を殺してはいけないのか?」という質問ですが、これは論理的な問題設定ではありません。

なぜなら、「人を殺す」には様々な状況があるのに、それを設定していないからです(たとえば「戦時中ならば許容されうる」等)。前提条件のない問題はスタート地点のない迷路のようなもので、決して論理的には答えられません。

よってこの質問に論理的に答えることはできません、というのが正しい回答だと思います。



2、理論的な回答(宗教に科学的な意味づけを与える)


「利己的な遺伝子」を読んだことがありますでしょうか?そのなかで「ミーム」という概念があります。


宗教等の文化を、人間の脳を感染するウィルスのようなものとして説明する可能性を示唆しています。いわゆる普通の遺伝子が生物界で「適者生存」してきたように、「ミーム」といわれる文化的遺伝子は、宿主である人間の脳によって許容されやすく、口述等によって他人に伝達されやすいもののみが「適者生存」する…そのような話です。


この考え方を当てはめると、以下のような状況が想定できます。

昔、「人を殺してはいけない」「人を殺しても良い」という考え方が混在する世界があった。

「人を殺しても良い」と考える人たちは、出会った人たちにその考えを伝えたため、彼らの周りは「人を殺しても良い」と考える人たちばかりになった。

一方、「人を殺してはいけない」と考える人たちは、出会った人たちにその考えを伝えたため、彼らの周りは「人を殺してはいけない」と考える人たちばかりになった。

さて、どちらの方が長生きし、その考え方を世界中の隅々まで伝えることができるのでしょうか??「人を殺してはいけない」という考えが広まりますね。


このミームという考え方は、学術的な理論としてはとても弱いですが、遺伝子と文化のアナロジーは興味深いところだと思います。

日本では佐倉統という東大教授が研究しています。

参考になる文献

◎質問者からの返答

なるほど。

論理的と理論的は確かに混同していました。

理論的とかいて質問したのですが、自分の欲しい回答は論理的回答かな?とコメントでは論理的にしていました。

要は宗教でも科学でもいいので、理論立てて回答して欲しかったということです。

この回答はシンプルで納得できました。


1-5件表示/18件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ