人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Facebookアプリや、OpenSocialがどれほどすごいことなのかいまいち理解できません。
日本語の情報で、サイト運営側にとってすごいこと、利用者側にとってすごいことをわかりやすく説明しているサイトを紹介してください。

概念的なものだけでなく、できるだけ具体的な例があるとありがたいです。

●質問者: dingding
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:Facebook OpenSocial アプリ サイト 日本語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● shinfukui
●53ポイント

基本的には、人と人との関係情報(誰と誰が知り合い同士で、どういう趣味があって、などの情報。「ソーシャルグラフ」とも言います)を扱ったアプリケーションを気軽に作成できるのが、FacebookアプリやOpenSocialアプリなど(ソーシャルアプリ)の最大の利点だと思います。

また、人間関係情報まで使わずとも、既に大量のユーザーを集めている状態をそのまま利用できるというのも大きいです。

例えば、あなたが「占いサイト」を作るとします。ユーザーが占った結果に対して、他のユーザーがコメントをつけれるようにしたとしても、占いをしたユーザーの友達が同じくユーザーになってくれるかどうかは不明です。

ところが、占いアプリをFacebookアプリとして公開すれば、誰かが占いをした結果が自動的にそのユーザーのFriendsに「dingdingさんが○○占いをして、こんな結果が出ました」と通知されます。

そのリンクをクリックすればその占いアプリ画面が表示され、「この結果に対してコメントする」というような事がすぐできるようになります。もちろん、そのままワンクリックでユーザーになってもらう事も可能です。ユーザーにとっては、気に入ったアプリケーションを使って友人と気軽にコミュニケーションがとれることになり、コミュニケーションの表現の幅や出会いのチャンスが一挙に広がります。

ちょっと例がつまらなかったでしょうか・・・。

こちらのサイトもいちおう挙げておきます。

facebook、OpenSocial…そろそろSNSこそが本命だと気づき始めた

◎質問者からの返答

占いの例がとてもわかりやすかったです。

すごいことですね。ワクワクします。

サイトも拝見させていただきます。


2 ● ffmpeg
●17ポイント

ひとつのサイトでアカウントをつくれば、他にもログインでき、コメントがつけられるというだけです。

http://www

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ