人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

リースで、売買処理した場合には、リース料は一括(未収入金)または毎期徴収のどちらでしょうか。

●質問者: perule
●カテゴリ:はてなの使い方 ウェブ制作
✍キーワード:リース 収入
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● tenida
●60ポイント ベストアンサー

質問の趣旨に、やや曖昧な点がありますが、質問内容を次のように仮定して回答します。

1.リース会計基準の適用対象となるリース取引を行っている会社であって、

2.かつ主にリース取引の貸手となる会社の、リース取引に伴う収入の会計処理の方法についての質問。

東京リース会社のリース税務の項で基本的に説明されていますが、

リース契約の内容に応じて、売買取引とするか金融取引とするかは規定されます。従って一括処理(売買取引として処理)するか、或いは毎期徴収(金融取引として処理)として処理できるか、リース契約の内容によって違います。

売買取引として処理できるリース契約は、上記当該項に

譲渡条件付リース

割安購入選択権付リース

専属使用物件のリース

識別が困難な資産のリース

リース期間が法定耐用年数と相当の差異があるリース

一方、金融取引として処理できる契約は、基本的には上記以外のリース契約と考えて良いかと思います。個々の具体的内容は当該部分を参照してください。

次に会計処理の方法ですが、

1.売買処理の場合は、一括販売して、リース契約の未経過分は未収金として扱い、リース収入は未収金の回収分として計上し、

2.金融処理の場合は、リース物件は金融資産として扱い、リース収入は毎期に

貸付資産の「元本+利子」収入として扱います。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ