人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

水を1日3リットル位飲んでいます、小水と一緒に汚れが出て、ダイエット的効果もあるように思います。
たくさん水分を取ることの身体への影響のメリットとデメリットを教えてください。

●質問者: asamesi
●カテゴリ:医療・健康 美容・ファッション
✍キーワード:ダイエット デメリット メリット リットル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● speed-0
●17ポイント

水分摂取法/ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット

http://www.nono-diet.com/evening/evemenu01.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

冬場は水は飲みにくいので、お湯を飲んでいます。


2 ● Lew
●17ポイント

水分補給にはいろいろとメリットがあると思います。男性の場合だと、尿管結石の予防として1日水を2リットル飲むことを推奨されます(身内が尿管結石だったので知りました)また、水分を取ると新陳代謝があがり、ダイエットに効果があるとも聞きました。

http://www.medical-tribune.co.jp/kenkou/199206301.html

デメリットとして、水を飲みすぎると血液中のナトリウムが低下し水中毒と呼ばれる症状になることがあります。

http://www.union-net.or.jp/cu-cap/mizunomisugi.htm

何事もほどほどだと思いますが、食事の中にも水分が含まれることを忘れずにいるとよいと思います。それを考慮して適量飲んでください。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

現在、マグカップでお湯を1日10杯程度飲んでいるので、ちょっと飲みすぎかと心配になっていたのです。


3 ● dzzrx
●14ポイント

デメリットだけですが。

大量に一気飲みするのは良くないです。私は高眼圧で、眼科の先生に「500ミリリットル以上は一気飲みしないように」と注意されました。ちなみに高眼圧状態が続くと緑内障になり、最後には失明してしまう危険性があります。

腸が水分を吸収する速度には限度があるので一気に飲んでも吸収し切れない分は尿になってしまいます。ちびちび飲むのが良いようです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

デスク作業が多いので、デスク横に置いて口淋しい時飲むようにしています。


4 ● applepink
●13ポイント

それは人によりけりなんです。

体にいいとされているかもしれませんが、

水分で太るタイプの人は逆効果ですし、

食事中の水分も含めて1日2Lだったかが理想だそうです。

メリットはきいたことがありませんが、TVの芸能人の食生活を元に

その人は将来こんな病気になるという特番をよくやっていますが、

そこでダメだという話を何度か聞きました。

http://www.pokka.co.jp/prune/column/030603.html

ここに汗の仕組みがありますが、

水は尿や汗となって排出されます

水分をとりすぎると、必要以上に

体内のミネラルが失われますので、要注意です。

基本的に水の摂取量は排泄量とのバランスで変わってきます。

夏などで汗をかいて水分を失ったときは適量補給する必要があります。

目安として、食事をとることで1.3L?1.5Lとれますので、飲む水分としては1.2L?1.5Lくらいとるのが標準的な適量です。

水は不足すると危険(10%失われると身体機能に異常、20%失われると生命の危機)ですが、同時に摂りすぎても水中毒などになり危険です。

水中毒とは、水を大量に飲むことで血液中のNa濃度が下がり、細胞内のNa濃度とのバランスが崩れ、重篤な症状を呈するものです。

水中毒になると、特に脳が大きなダメージを受け、精神の錯乱や発作、昏睡状態になることもあります。

水を飲みすぎて手足にしびれが出たり、皮膚を押してへこんだ跡が残るようなむくみがでたときは危険信号です。

通常の人であれば、7L以上飲まないと水分の排泄能力を上回ることはありませんが、心臓や腎臓に疾患を持っている場合は、腎臓の排泄能力が低くなっている場合があり注意が必要です。

必要以上に飲むことになんのメリットもありません

適量飲むことが重要です

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


5 ● jin333go
●19ポイント ベストアンサー

私も実践しているので、その経験の中からお答えします。

水を多く飲むように意識してすでに3年が経っていますが、その中でメリットは・・・

・新陳代謝が上がったおかげで痩せやすくなった

・風邪をひきにくくなった

・食べ物の微妙な味の違いに気づくようになった

デメリットとしては・・・

・常に水を携帯していないと落ち着かなくなった

・水を用意するのには多少コストがかかる

→ 現在では関してはスーパーなどで無料で水を手に入れる事ができるサービスを利用している為、ほとんどかかっていません。

ちなみに飲む量としては夏場3?5リットル、冬場2?3リットルです。

飲むのは小分けして少しのどが渇いたかな?と思ったら飲んでいます。

これだけしても特におなかをこわしたりはしていません。

◎質問者からの返答

ああ、ありがたいです。

体験から来るこのような内容が欲しかったのです。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ