人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

規格争いで、かつてベータがVHSに負けました。そのときに、どうやってソニーは負けを認めたのでしょうか?認めてないとしても事実上負けを認めた時点はどこだと判断されているのでしょう。関連している情報お願いします。

●質問者: isogaya
●カテゴリ:書籍・音楽・映画 家電・AV機器
✍キーワード:VHS ソニー ベータ 事実上
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● wnagata
●20ポイント

1984年には「ベータマックスはなくなるの?」という新聞広告を出して抵抗していましたが、

http://akagi.org/beta/

2002年8月には、ついに製造中止となりました。

http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/ServiceArea/Betamax/

◎質問者からの返答

この間のどこかで決定的になったんですね。

それから、総括はしていないのでしょうか


2 ● MEI-ZA-YU
●20ポイント

http://ameblo.jp/jiten4u/day-20060110.html

>1988年1月9日に、ソニーがヨーロッパでVHS方式のビデオデッキを発売し、国内でも順次発売していくことを発表した。β方式の敗北宣言といわれた。


3 ● KUROX
●20ポイント

1982年のCD(コンパクトディスク)規格発表の時には、実質負けを

認めてたと思います。ベータの失敗を繰り返さないように気をつけてたはずですから。

http://www.eonet.ne.jp/~building-pc/pc/1953-2003.htm

------

1986年には、SONYもVHSを作っていたようなので、実質この時点でも負けを認めてると

思います。

http://www.saitosite.com/av/sony_slvfx5.html


4 ● rafile
●20ポイント

1988年のVHSデッキの発売が事実上の白旗だと思ってます。(社内的にはVHSデッキの開発をスタートしたときでしょうか)

http://d.hatena.ne.jp/tetsujin1204/20050109#1105210932


5 ● kodomono-omocha
●20ポイント

ソニーが1988年にVHS(日立製のOEM)を売り出したことによって無条件降伏、そのすぐ後に当時はバブルで景気が良くて、オーディオブームが起こり高級品からバンバン売れていたところに乗っかって、SLV-656という完全なソニー製VHSを出したことでプライドまで売り渡した。

まぁ、営利企業ですから当然ですが。

http://q.hatena.ne.jp/answer

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ