人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ポール・グレアム「『Javaの表紙』に対するトレバーの質問への答え」を翻訳しました。
http://d.hatena.ne.jp/lionfan/20080113
原題は"Trevor Re Java's Cover"で、原文は以下です。
http://www.paulgraham.com/trevrejavcov.html

英語に強い方、アドバイスお待ちしています。
ことに

「表紙がファビオの小説や、トラック用の駐車場の看板を出すホテルを避けるのと同じ理由で、Javaを避けてほしい。」
so avoid it for the same reason you would avoid a novel with Fabio on the cover, or an inn that advertises parking for trucks.

は、ピンと来ませんでした。
Fabioって何? 「トラック用の駐車場の看板を出すホテル」って?

●質問者: lionfan
●カテゴリ:ビジネス・経営 芸術・文化・歴史
✍キーワード:INN Java ON Reason YOU
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● so-asano
●100ポイント ベストアンサー

Fabio は、


> Fabio Lanzoni (born March 15, 1959), widely known simply as Fabio, is a male fashion model who has appeared on the cover of hundreds of romance novels throughout the 1980s and 1990s.


のことだと思う(出典:wikipedia)。下らないロマンス小説のカバーになっていたモデル、つまり、こいつが表紙に出ているようなくだらない本は避けろ、という意味だろう。

> an inn that advertises parking for trucks


については詳しいことはちょっと分からないけど、advertise には、積極的に宣伝しているニュアンスがあるので、要は、安ホテル、ってことだと思う。長距離移動するトラック運転手向けの宿なんて、寝るためだけにあるようなものだから、そんなところに泊まるようなことは避けろ、ということじゃないか。


これらには、Java プログラマを見下したニュアンスがある。なので、"drone" は「怠け者」より、もっとネガティブな言葉に訳した方がいい。例えば、「脳なしの間抜け」とか、そんな感じ。

◎質問者からの返答

so-asano様、ありがとうございます。ロマンス小説の男性モデルですね。

droneは雄のミツバチとのことで、要は巣にいて働かない怠け者のことで、

いっそ雄ミツバチにしたかったのですが、そのままやってしまいました。


2 ● so-asano
●80ポイント

いくつか、気になったところを指摘しようかと。全部網羅すると、全訳になっちゃいそうなんで、気になったとこだけ。


> 彼は興味深い質問をした。

"He raises an interesting question" なら、「彼は興味深い疑問提起をした」って感じ。


> だからハッカーは自分用のツールをすばやく見極めることを学ぶ必要がある。


ここは、「どういうツールが自分たち向けに作られていて、どういうツールがそうでないのか、見極める能力を身に付けなければならい」みたいな感じの方がいいような。


> Javaが外部に示すあらゆる特徴(誇大広告、アクセシビリティ、委員会による設計、秘められた商売根性など)は、おそらく怠け者向けにデザインされているから、


「Javaが外部に示すあらゆる特徴」は、ちょっと違う。「Java が外向きに見せている面みたいのを持った、あらゆるテクノロジー」みたいな感じ。Java に限定した話にはなっていない。なので、「Java を避けてほしい」じゃなくて、「そういったものは避けろ」の方が正確。あと、アクセシビリティだと分かりにくい。いい訳が思い浮かばないけど、「簡単に手に取れる」みたいなニュアンス。"committie design" は、ぼくには、よく分からないんだけど、「委員会による設計」は、何か変な感じがする。

◎質問者からの返答

so-asano様、ありがとうございます。修正いたします。


3 ● nofrills
●100ポイント

committee designというのは、たぶん、「いろんな案を出し合って、みんなで相談して決めた結果、グダグダになってしまったデザイン」のことです。Aさんの案の色はいいよね、Bさんの案のフォントはいいよね、Cさんの案の背景のグラデーションがいいよね、とやっていった挙句、何じゃこりゃというものが出来上がる、という状態のことを言います。これを一言で日本語で言い表すのは「翻訳の仕事」になってしまうのでここではできませんが(すみません。committee designでGoogleで日本語ページを対照にフレーズ検索すれば何かあるかもしれません)、実例としては、たとえば、2012年ロンドン五輪のロゴについての掲示板でmevansさんという方が

It reeks of "Committee design" to me.

とコメントしておられます。(このロゴに関しては、私もまさに同感です。)


あと、原文の

Don't let yourself be saddled with inappropriate tools by your management

のmanagementは「経営者側から」というよりは「上司の言うなりに」というほうが、読んでいて実感できるかなあと思いました。


しかしFabioの表紙、すごいですね。Kumappusさんのコメントにある公式サイトのギャラリーを見て、青ざめました。これは読まなくてもいいと直感できました。おかげさまで、ひとつ語彙(「Fabioが表紙の本」)が増えました。

◎質問者からの返答

nofrills様、ありがとうございます。修正いたします。

Fabioの表紙の本ですが、逆に1冊、読んでみたくなってしまいました。

たぶん男性向きの萌え系ライトノベルを女性が見ると、このように見えるのであろうなあ。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ