人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】リブ・ラブ・サプリ?FORTUNE #004

「今日をちょっと楽しく、ちょっと特別にすることって何だろう?家で過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら…」と展開してきた “リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつ、FORTUNEバージョン。FORTUNEとは「幸運」。イエと日々に幸運を呼ぶ、幸福を招く、ちょっと幸せな気分になる、そんな暮らしのサプリを生み出していきませんか?衣食住、健康、リラックス、生活習慣…。日々の小さな幸せになることなら何でもOK!毎回のテーマをヒントに、幸せのサプリ、そこにこめた思いや由来とともにメッセージ下さいね。
※日本と世界の言い伝え&おまじないも常時募集しています!

#004 THEME:「本」「お客様に」「リラックス空間」+「言い伝え&おなじまい」

サプリ例はコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080109

プレゼントはコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20071028#SapriF

※今回の「いわし」ご投稿は1月15日(火)正午で終了とさせて頂きます。

1199854432
●拡大する

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:1月15日 theme いね いわし お客様
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 592/592件

▽最新の回答へ

[1]知っている作家 sayonarasankaku

このごろ、知らない作家の本を買うことが少なくなりました。

本屋に行って、好きな作家の棚を見て持ってないものを買うことがほとんどです。

ついつい慣れた安心感を求めてしまうのかもしれません。


[2]本は1月に何冊買いますか fumie15

本が好きで毎日のように買っています。

学生のときは文庫専門だったのですが、

社会人になってから、お金に余裕が出てきたのでハードカバーもつい買ってしまいます。

計算するのが恐ろしいですが、月25冊は確実に買っています。


[3]服にボタンを付けるときのおまじない ootatmt

取れてしまった服のボタンを、服を着たまま付けるときに「脱いでつけた、脱いでつけた、脱いでつけた」と3回繰り返します。

服から出ている糸を切る時も「脱いで切った」って言いますよね?

なぜでしょう?


[4]お風呂でぼんやり fumie15

お風呂でぼんやりするのがリラックス空間です。

お風呂では怒れませんものね。


[5]ベランダがリラックス空間 ootatmt

ベランダに置いてある植物たちを眺めているとリラックスします。

冬は寒いのであまり長くは外に出ていられないのですが、ちょっと暖かい日にはすぐにベランダに出て植物を眺めたりします。


[6]>4 風呂はリラックスしますね ootatmt

あまり長く浸かっているとのぼせるので、半身浴がいいですね。


[7]>6 私はぬるめでのんびり sayonarasankaku

本を持って、ぬるめに風呂にのんびりです。

ぬるくなりすぎると、沸かしたりしてます。(笑)


[8]>7 のんびり入って helltaxi

考え事をするのが好きです。

特に難しいことを考えるわけではありませんが

湯船に入ってぼぉーっとしてる時間が幸せです。


[9]年末にたくさん捨てました/売りました Kumappus

どんどんたまっていく一方だったので、かなりの数捨て/売りしました。といっても全体からするとごく一部ですが。

雑誌等はやはり意外に場所を食うようで、とりあえず本棚からはみ出していた分はなくなりました。

やっぱりなんかちょっと切ないような気分になりますね。なんでだろう。


[10]>8 くま^H^Hカラスの行水 Kumappus

昔は長風呂だったんですけど、最近はなんかカラスの行水ですね。。。

シャワーで済ますことも多いし。

どうも精神的にぼーっとできなくなってきてるのかな。


[11]活字中毒 helltaxi

前は、活字中毒で結構たくさん本や雑誌を買っていたのですが

最近は、ネットで文字を読む時間が増えて前と比べると

だいぶ本や雑誌を読む時間が減りました。

でも、液晶の文字よりも紙の上の文字の方が目が疲れなくて

好きなんですよね。

最近は、携帯小説などが流行ってるようですが小説は印刷された

文字で読みたい派です。


[12]昔の本を読むのも楽しい sayonarasankaku

昔とは感じ方も変わっていたりで、こんな話だったのかと思うことがよくあります。

10年後に読むと、また違うんでしょうね。


あと昔の本を読んでいると、本の値段の安さに驚く事があります。


[13]>2 ハードカバーはあまり買いません sanbo-n

読みたいとは思っても、どこでも読めるのがベストと言う考え方なので携帯するのに不便な単行本はほとんど買いません。

読むとすれば大半は家の中でなので本当は関係ないのですが、ちょっと出かけるときにも持っていきたいからとついつい考えてしまいます。

なので最近多い、新書なんかは比較的手にすることが多いですね。


[14]>10 1時間は入ります teionsinonome

お風呂でマンガ1冊読むのが習慣なので、やらないと気持ち悪いです

どれだけ効果があるのかわからないのですが、半身浴で汗ダラダラになると良いことした気分になります!


[15]>9 私も大掃除でたくさん売りました。 helltaxi

思いきってブックオフで50冊位売りましたがほとんどお金にはならなかったです。

でも、売る前は本棚から本があふれていたのですがすっきりとして気持ちがよくなりました。


[16]偉大なるアマゾン。 Kumappus

Amazon.comのおかげで今まで本屋で見逃していたような本もぽちっとなでゲットできるようになりました。

今も…

ENEMIGO エネミーゴ (光文社コミック業書"SIGNAL")

ENEMIGO エネミーゴ (光文社コミック業書"SIGNAL")

あー、これ再販されてたんだー。

全然気づかなかった…。


[17]いつもそばに akilanoikinuki

私は子供の頃から本が大好きで、暇があればたいてい本を読みます。通勤のカバンにもいつもいれているし、夜寝る前には必ず読みます。

そんな私のくつろぎ空間は本屋と図書館です。たくさんの本に囲まれていると幸せになります。

当然家にある本を捨てたり売ったりはできません。迷惑でしょうが実家に段ボールに入れた常態で保存してもらっています。

よく一回読んだ本は読まない人もいますが、私は気に入った本は何度となく繰り返し読みます。台詞を覚えてしまうまで読みます。

ほとんど本を読まない旦那には本の中毒だと言われています。

それでも私は本を手放す事ができません。

無人島に何を持っていくと聞かれたら、本を持っていきたいです。


[18]>14 本がふやけませんか? Kumappus

よくお風呂で読書っていう話を聞くんですけど、本がふやけませんか?

何か僕、根本的に勘違いしてるのかな?


[19]>13 前は結構買ってましたが helltaxi

最近は、月1冊買うか、買わないか位です。

どうしても欲しい本がいっぺんに出れば別ですが

前みたいに面白そうだから買ってみようってのが

減って、好きな作家や評判がいいから買うってのが

ほとんどになりました。


[20]積読 sanbo-n

文章を読むこと自体はスキなので決して数は多くないながらも本は買うのですが、その少ない冊数の本すら最後まで読み切れなかったり、読もうと思いつつ手をつけなかったりで積読が増えていきます。

どこかで覚悟を決めてえぃやーっ!て読み始めないと減らないんでしょうね。

みなさんはどうやって積読本を減らしているのかお聞きしたいです^^;


[21]炭火のある空間 TomCat

今年のお正月、しまいっぱなしだった長火鉢を出してみました。部屋に障子がついたのを機会に、炭火のある空間を楽しんでみたくなったんです。

火を熾すと、炭火特有の香りがします。換気のためにガラス窓はちょっと開けておきます。でも障子を閉めておくと全然寒くありません。

まずはお餅を焼いてみました。ふっくら、おいしく焼き上がります。そういや最近はオーブントースターでばかり焼いていましたから、お餅がぷくーっと膨らむ様子をまざまざと見るのは久し振りです。もうこれだけでお正月気分満点でした。

続いてお酒のお燗をつけてみました。長火鉢には専用のお燗をつける道具が付いていますが、ここはせっかくなので鉄瓶でお湯を沸かして、そこにお銚子を浸してお燗することにしてみました。長火鉢の風情と炭火の柔らかな暖かさと、ほどよいお燗。これ以上のリラックス空間はありませんでした。肴は、同じく炭火で炙った干物です。炭火のある空間。これぞ日本人の最高のリラックス空間です。

ついでに、せっかくの炭火ですから、手作りの焙じ茶を作ってみました。市販の焙じ茶って、申し訳ないですけど、あまり美味しくないんですよね。かなりの高級品を買ってきても、妙な渋味が気になる物が少なくないんです。これは一度に大量に焙じるから。大量に焙じようとすると、どうしても火力が強くなり、お茶の旨味であるアミノ酸を壊してしまうんです。だから妙な渋さが強調される焙じ茶になってしまうわけですよね。

でも、少量を手で焙じていけば、ベストな焙じ茶が作れます。詳しい作り方はまた後日、お茶がテーマになった時に書かせて頂くとして、とにかく炭火にあたりながら飲む手作りの焙じ茶の旨さは、また格別でした。

和の暮らし、和のくつろぎに欠かせない「炭火のある空間」。これ、最高です!!


[22]>15 二束三文だと悔しいですよね・・・ teionsinonome

ブックオフに売るのは手軽なんだけど二束三文にしかならないんですよね ヤフオクやアマゾンで売ると少しは高く売れるらしいですけど売れる保証はないし梱包が面倒

・・・なんて考えて売れなくて本がズンズンたまって困ってます


[23]トイレがリラックス空間 Kumappus

うちのトイレにはちょっとだけ、本が置けるスペースがあって、入るとついつい読んでしまいます。繰り返し読んだ本ばっかりなんですけどね。

そういうときはほんとにリラックスしてます。やっぱりある種の解放感といっしょになるからかなあ。

あ、でも僕は本屋でうん○がしたくなるってことはないですよ(笑)


[24]>16 わかります!!!!!! teionsinonome

私も諦めてた本をamazonで見つけて買うことが多いです

あと新刊の発売日のチェックとか、気になる本のレビューを見るのに使ったり

本を買う以外でもけっこう便利ですよね


[25]お客様にはくつろぎの一杯 akilanoikinuki

お客様がこられた時のおもてなしには、おいしい飲み物を飲んでいただく事を心がけています。

相手によって出す種類は違いますが、夏なら冷たいもの、冬なら温かいものです。

お気に入りのコーヒー豆や、香りの良い紅茶はできるだけきらさないようにしています。それをお客様がこられてから入れます。入れている途中の香りをかいでいると、リラックスできると思います。

夏には前の夜から水出し茶を用意します。そのやわらかな香りと味は、暑い中汗をかきながらこられたお客様に大変喜ばれます。


[26]>18 なりますなります choco-latte

本がふやふやになります。でも雑誌を持ち込んでます。

ビニールのカバーとかも売ってるみたいですよね。


[27]ブックカバー sanbo-n

書店で買っていたときはカバーをつけていてくれたのであまり気にしていなかったのですが、最近はAmazonなどで買うことが多くなって持ち歩くときにちょっと悩みます。

販売されているものも悪くはないんですが意外と高価なものが多くて手を出しそびれています。

特に新書版サイズのものは少ないようで。。。

みなさんはカバーをつけたりしていますか?

何かアイデアがあったら参考にしたいので教えて下さい


[28]>22 そうなんですよね helltaxi

ヤフオクやアマゾンだと高く売れるけど売れるまで時間かかるし

梱包ややり取りの面倒くささに負けてブックオフで二束三文で

売っちゃいました。

ヤフオクやアマゾンは貯めていっぺんに売らずにいれなくなったら

そのつど売るのがいいですよね。

50冊あるとなかなか作業する気にならないですよね。


[29]>21 火はいいですね、火は。 Kumappus

炭火ではないんですが…。

子供のころ、家でよく父が焚き火をしていました。庭の木の枝や葉っぱを燃やしていたのだと思います。

私は、いつまでも飽きずにその火をぼーっと眺めていたっけ。

暖かさと光の感じと、動きのランダムネスが何かトランス状態にしてくれるのかな?

キャンプってやったことないんですけど、あれで焚き火っていうの、憧れますね。


誰だ、温暖化がどうとかいうやつは(w


[30]>24 前は欲しい本を探して helltaxi

本屋をまわったりしましたが今は大分前に発売された本や

絶版本でもアマゾンやオークションなどで簡単に手に入るように

なりましたからね。

しかも、注文してからすぐ手に入るのでよく利用してます。


[31]>18 大事な本はしないです(みんな大事ですけどね 笑 ) sayonarasankaku

蓋の部分にバスタオルをひいて見るんですけど、

へにゃんとはしちゃいますね。

乾くと多少カパカパになったり・・・

くたびれた本しかしないです。


[32]>30 それに choco-latte

本屋で買うとき人が立ち読みしたものとかで汚れている場合があるけど、amazonで買うと綺麗ですもんね。本以外にもお買い物をして、1500円以上にしてオーダーしています。


[33]>26 お風呂用の本 yoshigyu1318

我が家にお風呂用の本があります。これは、本が全部プラスティックでできていて、水にぬれても大丈夫なようにできています。

ぬれることを気にせずに読めます。


[34]布団の中がリラックス空間 helltaxi

冬は、布団に入って本を読んだりTV見たり

最近だとDSやったりしてリラックス空間?になってます。

寒い冬は布団の中は気持ちよくて一度入るとなかなか出られません。


[35]きっと本も喜んでくれる蔵書印 YuzuPON

私は基本的に、一度手にした本は売ったり捨てたりしません。どんな本でも、本と名が付いたら手放しません。その気持ちを本に伝えるために、私は本を買ってきたら、まず蔵書印を押すことにしています。

最初は、ただの三文判でした。中学生の頃に買った本には、三文判が押してあります。しばらくして、消しゴムハンコの蔵書印を作りました。これは大学の半ばまでに買った本に押されています。今は消しゴムハンコとほぼ同じ印影で、石を彫って作った物を押しています。

本は貯まってくると手に負えなくなりますが、それでも私は手放しません。全ての本が私の大切な宝ものなので、別れるなんてできないんです。その気持ちを、まず買ってきたその日に本に伝える蔵書印の押印。これが私の大切な“儀式”になっています。


[36]>33 本にもよるんですが teionsinonome

マンガは紙が厚いしカバーが加工してあるのでちょっとした湿気なら大丈夫ですよ もちろんボチャッとやっちゃったらダメですけど(2回やりました☆)

小説なんかの文庫はちょっとふやけちゃいます 気になる方はやらない方がいいと思います 私は気にならないのでよく持ち込みます

ほとんどやらないのですが、雑誌はふやけるの覚悟ですね


[37]おまじないコミック rikuzai

ちょっと古い話ですが、小学生くらいの頃に「おまじない」が随分女の子の間ではやっていて、

その中でも「おまじないコミック」というマンガ雑誌をよく読んで、その中のおまじないをみんなで試したりしていました。

9割くらいは信じていないけれど、1割くらいはどこか信じていたり、

おまじない自体をやってみるのがちょっと実験ぽくておもしろかったりしたことを覚えています。

こういうのは今の学生さんはあまりされないのかな。


[38]古本屋が苦手 sanbo-n

ちょっと前に販売された本などは中古市場に出ていることも多くてそちらのほうがかえって数が見つかるなんて時もあります。

ところでわたしは古本屋さんがちょっと苦手。

わかる方にはわかっていただけると思うのですがあの独特のにおいがダメなんです。

ブックオフとか店内に入ったとたんに目がかゆくなり、鼻水が止まらなくなります。

古本と言うより中古のものがダメなのでしょうね、リサイクルショップのようなところでも同じ様な症状が出てくるので。。。

だから本当は入りたいのになかなか勇気がいって入店できません。なにか対策はないものかな?と悩んでます。


[39]>19 主に新書を yoshigyu1318

私は、主に新書を月に2冊くらい買っていますね。

気になるタイトルの本があれば、文庫でも、ハードカバーでも気にせず買いますが…


[40]>34 瞬殺爆睡空間 Kumappus

横になるとすぐに寝てしまうタチなので、リラックスという感じではないですね>私にとって。

眠ることが究極リラックス、だとするとリラックスかもなあ。

子供のころはよく布団の中で本読んで、それがもとで目が悪くなったようなものなのに。


[41]>32 探すのが楽 ootatmt

Amazonなら、たくさんの本の中からほしい本を探すことができるので便利ですよね。

本のレビューも書いてあったりするので、中身を見ることができなくても選ぶことができます。


[42]カバンの中に本を yoshigyu1318

私は、いつもカバンの中に本を一冊入れています。

待ち時間にちょこっと読めるので、便利です。移動中の時間を無駄なく活用できるのでいいですよ。

ちなみに今カバンの中に入っているのは、

コーランです。

※私はイスラム教徒ではありません。


[43]>1 私もそうです teionsinonome

私の倍極端なのですが、好きな作家さん1人に絞ってその人の本を全部読んでから次の人を探します

間口の狭い損な性格なので、なかなか次の人が見つからないんですよ・・・

好きな作家さんとつながりのある作家さんや友達に薦められた作家さんを選ぶことが多いです

マンガと違って小説って読むのに時間がかかるのでそれはもう大冒険ですよ!(私にとっては)

好きな作家さんだと読む前から雰囲気がつかめてて安心ってのはありますよね


[44]>39 コミック10冊、文庫3冊、ノベルス1冊程度・・・ rikuzai

ハードカバーはかなり自粛しています。でもたま?に買ってますね・・・。

最優先作家が何人かいらっしゃって、その人たちのものはあきらめて買うとか、気がついたらレジにいたとかそういう・・・。

文庫は旧作をブックオフする率を入れるともっと上積みされます。

シリーズ大人買いとか・・・。

ハードカバーはほとんど図書館でかりるようにしているので、

文庫化されてから買っていることも多いです。


コミックはもっと前後しますね。旦那が買っているものも入れるとあまり考えたくない数字が出ます。

うちは下手するとエンゲル係数よりブック係数が家計の指標かも。


[45]そういえば本棚自作したっけな Kumappus

部屋の隙間に入るような本棚を自作しました。

本棚の自作のメリットとして「数がたくさんある本の判型に合わせた高さに作れるので同じ容積でも無駄なく使える」があります。

雑誌類はおかげでずいぶんすっきり片付きました…ただし雑誌なんでどんどん溜まる一方でそこからもはみ出してコノザマですがね(笑)


[46]>29 炭火も焚き火もいいですね YuzuPON

火には本当に人の心に訴えかけてくる何かがありますよね。キャンプや文化祭の後につきもののファイアーストームなども、独特の雰囲気があります。ファイアーストームを囲んでいるうちに、いつの間にかあちこちでカップル誕生、なんていう現象は、まさに炎の魔法ではないでしょうか(笑)。

焚き火が嫌われるのは、火災の問題と、地面で直接燃やしてしまうと土壌生物を殺してしまうという二点だと思いますので、火災に注意しながら醤油缶に穴を開けたような物の中で燃せば、何の問題も無いんじゃないかと思います。二酸化炭素なんて、どうせ枯れ葉などが朽ち果てる段階で出てきますから、燃やそうが腐らそうが結果は同じですよね。


[47]買った本を捨てられない・売れない、 matakiteshikaku

親ゆずりの性格的なものなのでしょうが、実家にも我が家にも、わが部屋にも本がたくさんです。年末に大きな本棚を購入しました。


[48]>23 トイレに各自が本を置いている。 matakiteshikaku

リラックス&読書空間ですね。


[49]>38 私もそうだったんですが teionsinonome

古本が苦手でいつも新品を買っていたのですが、最寄のブックオフはグレープフルーツのアロマの香りがして古本屋独特の臭いがないんです! 古本デビューしました!

調子に乗ってヤフオクで買ったら、タバコのにおいが染み付いた本がやってきました 半年ぐらい抜けませんでしたよ・・・

古本屋でもブックオフとは違うお店は本のコーナーが運動したあとの中学生みたいな臭いでキツかったです お店にもよるんですね


[50]>41 探しやすいしレビューがあるし helltaxi

注文してから届くのも早いしホント便利ですよね。

しかも1500円以上で送料無料だし。

街の本屋さんも大変ですよね。


[51]>43 わかります rikuzai

それで時々開拓したくなるとはてなでご意見募集したり、

似たような趣味の友達に「おすすめある?」と借りてみたりして裾野を広げたりしています。

・・・おかげで積読の方が問題になったりしますが、ある意味贅沢な悩みということで。


[52]街の匂いや雰囲気 choco-latte

私は下町生まれ、下町育ちなのですが、山手にはなぜか慣れません。

お出かけをしてて、下町に戻ってきた瞬間、超?リラックスモード。

代官山や渋谷にはよく行くんだけど、知っている道を通り、よく行く店に入るよりも、浅草の中でもまだ通った事のない道、入ったことのないお店の方がなぜか安心できちゃったりします。


[53]>46 たき火はいいですよね helltaxi

今の時期はたき火にあたってぼぉーとしたり友達といろいろ話をしたり

焼き芋を焼いたりして過ごす時間が好きでした。

ひさしぶりにまたやりたくなってきました。


[54]>49 あの臭いこそ醍醐味では Kumappus

…という気もしますけどねー。

神田の古書店街に行くとあの古い紙の臭いにむせて、(焼けた紙の)茶色いビジュアルに埋もれてちょっとしたトリップ気分になれる私はダメ人間?

あの本が山積みのところにいると

梶井基次郎 [ちくま日本文学028]

梶井基次郎 [ちくま日本文学028]

(話の中では古本屋じゃなくて「丸善」だったけど)連想しちゃいますねえ>檸檬


[55]>28 ブックオフは買う場所 sonnanokankeinee

売りに行くとと二束三文で買いたたかれますが

最近はいろんな本が100円で買えるし立ち読みも

できるのでよく利用してるよ。


[56]>50 レビューがあるのはいいですよね tibitora

アマゾンは探しやすくて、レビューも見れるので便利ですよね。

近くの本屋さんに置いてない本もあって嬉しいです^^

ゲームとかとも一緒に買えるのも便利です。


[57]>36 プラスチックの本! tibitora

全部プラスチックで出来ている本なんてあるんですね!ぬれても大丈夫な本、お風呂でゆっくり読めていいですね(^^)漫画本とかもプレスチックの本があるといいなと思います。お風呂でのんびり読んでみたいです。


[58]>37 私もです!!! applepink

友達はリボンとかスキだったらしいのですが、私はおまじないコミックが大好きで

よく読んでいました。枠の下にも2行くらいでおまじないがかかれていたり

なつかしい?。


[59]>56 レビューは参考になるね meganeotoko

買おうか、買うまいか迷ってる時はレビュー見て決めることが多いですね。

近所に大きな本屋がないんで最近はアマゾンで買うことが多いね。


[60]好きな作家は誰ですか? fumie15

最近好きな作家の宮部みゆきも全部読み終わってまた新しい作家に手を伸ばしたくなりました。

皆さん、教えてください。あなたの好きな作家は誰ですか。参考にします。


[61]>20 ありますー shimarakkyo

とりあえず家の至る所に本をおいておきます。風呂場も寝床も台所も。それでちょっと時間が出来た時に手に取ります。

あとは旅行に行く時や帰省する時など、まとまった時間(移動中)があり、かつ仕事が出来ない時に「がぁーっ」と読みます。


[62]>53 焚き火を見てると心が癒されるね meganeotoko

なんでなのかね?

焚き火を囲んでるとリラックスできるよね。


[63]>3 うちは「西行が旅の衣に急がれて」と唱えます shimarakkyo

ボタンだけじゃなくて着ている服を縫う時はいつもそう。祖母も母もやっているので私もやらないと気持ちが悪くて。


[64]書を持ち街に出よう momokuri3

かつて寺山修二氏は「書を捨て街に出よう」と言いました。これは役に立たない机上の空論なんかより実践の方がずっと尊いんだとか、感動は直接体で掴もうとか、そういう呼びかけだったのだろうと思います。

でも、楽しみのための本を片手に街に出るのはいいものです。文庫本を片手にぶらりと街に出て、適当な所に座って読みふけります。そしてしばし本の世界に没頭してふと顔を上げると、いつもの街が違って見えたりすることがよくあります。

読書だけでなく、街も再発見できる「書を持ち街に出る」散歩が、私は好きです。何も持たずに出かけて、手近な本屋で衝動買いした一冊を街で読みふけるのもまた一興です。


[65]>58 う、うれしい・・・ rikuzai

レスつかないかな?と思っていたのでかなりうれしいです!

緑色のペンでみっしり字を書くとか、満月の夜でないと効果がないとか、

色々手間暇ハードル高くて楽しかった・・・。

マンガ雑誌自体、枠外の文章読むのが楽しかったりして。


[66]子供のころに読んだ絵本やまんが tibitora

子供のころ図書館や学校で借りた絵本とか、まんがをたまに読み返したくなります。

絶版している物も多いのですが、本屋さんやネットで見つけると嬉しくて懐かしい気持ちになります(^^)

今読み返すと子供のころとは違った見方が出来るのも面白いです。

からすのパンやさん

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%AE%E3%...


[67]お客様のもてなし方 applepink

うちにはいろんな人がきます

なので、その人にあったもてなし方をします

朝からお香をたいたり、アロマをつけたり

また、生けるお花やちょっとしたインテリアのカラーも変えたりしています。

いつもおしゃれですねって言われるのが楽しみで

誰かが家に来るときは、家の飾り付けをしています。


[68]>51 文章が合う合わない helltaxi

内容もそうですが文章って合う合わないってのが結構あると

思うのでどうしても知ってる作家の本を選んでしまいがちになりますよね。

新規開拓して新しい自分に合った作家を見つけた時の喜びもあるんですが

最近はなかなか冒険してないです。


[69]>62 焚き火の音 tibitora

十分に注意をしての焚き火は良いですよね^^

焚き火のパチパチと木の爆ぜる音も好きです(^^)

暖かいしなんだか落ち着きます。


[70]>60 ジョン・ダニング rikuzai

今読みつぶしを開始したのがジョンダニングです。

あまり冊数がないのが残念ですが、薀蓄本が好きな人にはたまらないかも。

ジョン・ダニング - Wikipedia

宮部さんは最新刊を除いて全部読んでいると思います。


[71]>68 teionsinonomeさんと全く同じ読み方をします〜! shimarakkyo

私も、気に入った作家が見つかるととにかくその人の作品を、手に入る限りすべて、ブルドーザーの様に読み倒します。

ミランクンデラ、宮部みゆき、幸田文、須賀敦子、吉本ばなな、米原真理、佐藤正明、立花隆、船橋洋一、など。快調に読み進んでいましたが最近読み出した池波正太郎があまりにも多作の人なので読み方を変えようかと思案しているところです。


[72]>59 ウィッシュリストが既に20ページを超えてしまって。。。 shimarakkyo

暇つぶしに見ていると、ついつい、「あれも欲しいこれも読みたい」となってしまうんですよね。で、ウィッシュリストに追加して満足してしまったり。最近、積ん読の変わりにウィッシュリストを作っている気がします。


[73]>69 油断してると crocs

火の粉でナイロンの服に穴があくんですよね。

去年の年末買ったばかりの上着に穴が開いてしまいました・・・


[74]>65 今でもやってしまいます fumie15

簡単なものですけれど、残っているのはなくし物をしたときに「にんにくーにんにく」と唱えながら探すおまじない。結構効果ありますよ


[75]厄年&厄除けの方法 applepink

毎年年始になると、誰が厄年か・・ということが気になります。

本厄は男性は、数え年で25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳

女性は33歳・男性は42歳が大厄だそうです

女性の33歳は散々につながり、育児や主婦業に追われて体を壊しやすいそうです

男性の42歳は死につながるとされていますが、42歳といえば社会的地位がでてきて肉体的精神的に疲れが来る年だそうです

まだ誕生日が来ていない人は今の年に+2、来ている人は+1を足した年齢で見ます。

それが上記の年齢に当てはまれば厄年ということになり、その前後の年は

前厄後厄といわれ、同じように注意が必要だそうです。

本人でなくとも周囲に災いが起こることもあるそうで・・・。

七五三も厄除けってしってました?

仏教だけでなく、キリスト教やイスラム教などにも同じように厄年ってあるんですよ。

一般的には厄払いをしてもらう、

厄除けのお守りを持つというのが有名ですが、他にも・・・

女性は33歳の年に男児を産むとか、

身内から真珠をもらうといいとか

7色のお守りをみにつけるといいとか

いろんな言い伝えがあります

みなさんの地域では厄除けのお守り、言い伝えにどんなものがあるのでしょうか?


[76]>72 ウィッシュリストは便利 crocs

ちょっと前に気になった本とか追加しとくと

後で何か本が読みたくなった時に買ったりできるので

便利ですよね。

これを使うようになってからは積ん読が大分減りました。


[77]コタツと本とリラックス NAPORIN

コタツを大きいのにかえました。

さらに下駄を履かせて少し高くしたら、

間口がとても広くなって、

足がぶつかったから痛いなどの理由で

家族がケンカしなくなりました。

しかも実家で使っていなかったコタツをもらったのです。

コタツ布団もいっしょにいただいてきたので、

なんだか懐かしい気がします。

実家は読書家揃いで、姉妹がコタツで腹ばいになって

本ばかり読むため、コタツの下のカーペットが

みごとにすり切れてしまったことがありました

(冬は敷物を敷くはずですが、

たぶん、夏も定位置だったのでしょう)


[78]自分の部屋でリラックス tibitora

自分の部屋で本を読んだり音楽を聴いたり。のんびりとくつろげる時間にはお風呂や部屋にいることが多いです。特に新しいCDや本を買ったときには部屋にこもってゆっくり聴いたり読んだりしています(^^*紅茶やココアとかをそばにおいてリラックスです。


[79]>40 寝ることはたしかに究極のリラックスかも crocs

リラックスしすぎて朝、布団から出るのがつらいですよね。

夏だとすぐ布団から出られるんだけど冬はなかなか出られないですよね。


[80]>55 ヤフオクが売る場所 NAPORIN

安く買って高く売る、せどりをする人もたくさんいるようで、たしかはてなグループにもせどりがありました。

ブックオフは、人気の漫画なんかは常に品薄なのですが、

実用書なんかは半額で新品同様で買えてしまいます。

いつも六法を買おうかと悩んでしまいますが、

これも最新版のほうが良いのはわかってるんですよね。

そうそう、懐かしい写真集なんかも手にとって探せるのがいいですね。


[81]>77 こたつはいいですよね tibitora

こたつは本を読んだり、パソコンをしたりするときにもいいですよね。

家族で一緒にこたつに入ってみかんを食べたり、猫が入ってきて足を引っかかれてみたり;;

こたつに寝転んでそのまま寝てしまったこととかもあります(^^;


[82]>70 小川洋子 sayonarasankaku

村上春樹、よしもとばななも好き

読みやすい人についつい、いってしまいます。


[83]>82 星新一 yoshigyu1318

私はSF小説が好きです。


[84]>76 便利 asukab

レビューは本当に参考になります。

この本を買った人はこんな本も買っています、とか、リストマニアのリストもすごく参考になります。

個人書店も利用しますが、時間のないときはアマゾンで。

(地元経済を支援してくださり、どうもありがとうございます。)


[85]>80 せどり?? crocs

せどりなんて初めて聞きましたが転売のことですね。

はてなグループにもそんなのがあるなんてはてなは人力検索位しか使ってないですがいろいろあるんですね。


[86]最高のリラックス空間はベッドの上 TinkerBell

寝るんじゃないんです。

ベッドの上で読書したり編み物したりが大好きなんです。

椅子のように腰掛けてもよし、乗っかって両足を投げ出してしまってもよし。

くたびれたらゴロンと横になって、うーっと伸びをするのも自由自在。

以前のいわしで子供の布のプレイマットのお話がありましたが、

ベッドの上の空間も、ベッドカバーを変えると大変身。

時々布を変えて、違った気分でベッドの上を楽しみます。

私にとってのベッドの上は、子供のころのプレイマットの延長なのかもしれません。


[87]>85 ブックオフ tibitora

買う前に中を確認できるので良いですね^^

売るのは人気コミックとかの高価買取の物位しか売っていないです。

やっぱり二束三文は悲しいので;オークションの方に出しています。


[88]>66 大人になってから読むとまた違う asukab

絵本は時間を経て読むと、また違った味わい方ができますね。

からすのパンやさん、わたしも好きです。

たくさんパンの出ているあのページがお気に入りでした。


[89]>79 お日様の匂いなんかしたら・・・ sayonarasankaku

もう、出られませんよね。

ずっとヌクヌクしてたくなります。


[90]>81 こたつに座椅子 sayonarasankaku

こたつに入って座椅子に座りパソコンをしてるのが、とてもリラックスです。

リラックスしすぎてウトウトすることが多いです。


[91]こたつ、みかん、テレビ ootatmt

リラックスできるけど、そのまま寝てしまって風邪をひく可能性も高いので注意。w


[92]東京からのお客 fumie15

東京から来るお客様にはサクランボ狩りなど、都会では体験できない所に連れて行きます。

サクランボの後はお庭でバーべーキュー。

楽しんで帰ってくれます。


[93]DVD鑑賞 ootatmt

本もいいけど、リラックスしながらDVDで映画を見るのもいいですよね。

最近は大画面テレビも安くなってきているので家の中でも臨場感たっぷりで観ることができますし。


[94]>71 新作を読むのもまた楽しい♪ vivisan

そうなんですよね。実際一度読もうと思った作家で既刊のものを全て詠みつくしたあとは、新作が待ち遠しくなります。

全く新しいものの場合は別ですが、シリーズものの新作だった場合は、待ちに待っての登場なのでうれしくてたまりません。

買う前には必ずシリーズを読み直してもう一度頭にいれてから望みますw


[95]>87 立ち読みできるのがいいね meganeotoko

ネットで中古買うと状態が悪いものがあったりするので

現物を見て買えるのがいいね。

新品だったらそういう問題もないからいいんだけど

中古は差が激しいからね。


[96]猫を撫でる fumie15

猫を撫でるとリラックスします。

猫の背中は私のリラックス空間です。


[97]>90 こたつで編み物 vivisan

最近はこれが多いです。編み物の本を机に広げながら編んだり、BGMを聞きながら編んだり♪

うちのワンコはこたつの中には入らないように躾けたのではいってきませんが、コタツ布団をかけた膝の上には乗ります。おかげで足がしびれることが多いです・・。


[98]>11 携帯小説流行ってるね meganeotoko

暇で本を持ってない時とかならいいかもしれないけど

オレもできれば小説は本で読みたいね。


[99]>74 (笑) applepink

にんにくーっていうやつ、のっていましたね^^

私も、今でもやっています。

毎月1日の午前にやるおまじないとか、

ハッピーになってほしい日の前日に翌日のカレンダーの数字を○で囲むとか・・・

結局1ヶ月ほとんど赤まるで囲んでいました。

マンガも大好きでしたよ?。おもしろいマンガいっぱいのっていましたし、

単行本を買ったりもしてました。


[100]>88 絵本に出てくるパンやお菓子はとてもおいしそう tibitora

からすのパンやさんの、あのパンがすごくおいしそうで食べてみたいと今も思っています^^ふっくらやけたパンも、少しこげたパンもどれもおいしそうですよね(^^)

ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家もおいしそうで、魔女がいなかったら食べてみたいです。


[101]>96 猫のごろごろ tibitora

猫の喉のごろごろという音は人もリラックス出来るのだそうです。

猫もゴロゴロリラックス、人も一緒にリラックス^^

猫の暖かさややわらかさは本当にリラックスできますよね(^^*


[102]ペットといっしょ vivisan

うちのワンコはあたしとダンナが見える両方見える位置にいるととても安心します。

でもそれは私たちも同じで、ワンコと同じ空間にいるととても安心。

正月休み後半にひいた胃腸風邪が治らず、仕事を一日お休みしたのですが、病気になるとやはり心細いもので、一人さみしく寝ていると、ワンコが心配して布団のそばまで来てくれ、一緒に寝てくれました。

どれだけリラックスして寝れたことか・・。

しみじみありがたく思いました。


[103]>73 たき火で料理 fumie15

たき火で鍋をします。

寒いのに温かい鍋はよく温まりますよ。


[104]>86 あ、それ 分かります shimarakkyo

私にとって最高の時間の一つに、「週末の遅い朝に、ベッドでだらけながら、ツレアイと一緒にいれたてのコーヒーを飲んで本を読む」があります。別に会話をする訳でもなく、お互い別々の本をだまーって読んでいるだけなのですが、かなり「幸せ」な時間です。


[105]>84 レビューは便利 sonnanokankeinee

本当に参考になるよね。

地元の本屋も潰れて欲しくない好きな本屋では

雑誌や新刊のコミックは意識して買うようにしてるけどそれ意外はほとんどアマゾンで買うことが多いね。


[106]>102 ああ、ワンコはなごみますよね。 shimarakkyo

にこにこと楽しそうなワンコの頭を撫でているだけで昼間のストレスがみるみる融けていくのを感じます。大事な大事な、なくてはならない存在です。


[107]>89 やっぱり布団の中が一番気持ちいいな sonnanokankeinee

この季節は布団の中が一番だね。

暖房も控えめで布団の中で過ごせば省エネにもなるからね。


[108]>103 たきびで鍋っておいしいそうだね sonnanokankeinee

寒い中食べる鍋って最高においしそうだな。

用意とか大変そうだけど楽しそうでいいね。


[109]>106 ベッドでごろんと寝てると Kumappus

ジャンプして乗ってきて寄り添ってくれます。

てか、最初は焦らしぎみに足元で丸くなるんで、「こっちおいで」と何回か呼ぶと「しかたねーな、この甘ったれ飼い主はよ」みたいな?感じでどっすんと寄りかかってくる、かな(笑)


[110]本やマンガのドラマ化 fumie15

原作から読んでいると、イメージのあわなさに怒ったりしますが、

ドラマから見るとその本を買いたくなってきます。

矛盾してるけれど・・・。


[111]>83 村上春樹 sonnanokankeinee

最近、新刊が全然出ないけどあの文章が好きで出ると

買ってるよ。

早く新刊出ないかな。


[112]>105 「この本を買った人」は・・・ iijiman

時々、なんじゃこりゃ?というのも「おすすめ」してくれますけどね、でも便利です、Amazon。去年は随分ここで買い物をしました。地元の本屋に行かなくなりました。


[113]半透明の紙で本をカバーして子ども用エンタテイメントに asukab

子どもたちが小さな頃、彼らを楽しませることを目的に思いついたカバーです。キッチン用のワックスペーパー(半透明の油紙)を利用しました。

  1. 文庫本のサイズが収まる大きさのワックスペーパーを2枚準備。
  2. 最初に1枚目で文庫本の表紙カバーを包むようにしてカバー。
  3. 次に2枚目でもう一度表紙カバーをカバーしますが、この1枚目と2枚目の間に、グリーティングカードなど厚めの紙に印刷されたきれいなイラストの小さな切り抜きを入れます。(わたしは、絵本「はらぺこあおむし」のグリーティングカードから、あおむしやちょうちょう、くだものの切抜きを入れたりしていました。)
  4. 本を振ったり逆さにしたりすると、2枚のカバーの間でばらばらに入った切り抜きがいろいろな方向に動き、子どもの格好のエンタテイメントになります、子どもは動くものが大好きですから。(本は文庫や新書など柔らかい仕立てのもののほうが、中の切り抜きを上に下に……と動かす作業がしやすいです。トントントンと、本を傾げたり、あっちこっちに振ってみてください。)

お出かけをするとき、絵本以外に自分の本を持っていくときはいつもこの手のカバーをつけて、子どものエンタテイメントにしていました。本を振って切り抜きを動かし、即興話を作ったり。馴染み深いイラストだったこともあり、すごく喜びました。

今だったら自分用に、押し花や落ち葉などを間に入れて透かしの美しさを味わってもいいかなと思います。ハザマさんの紹介されたグラシン紙でもできますね。半透明に透ける紙なら、どんな種類でもできる簡単で楽しくきれいなカバーです。


[114]本で両思いになるおまじない CandyPot

まず、しおり大の真っ白い紙を用意します。そこに指先で、好きな人の名前を書くようになぞります。心を込めてなぞってください。そして、しおりにチュッとキスをして、そのしおりを使いながら本を読みます。急がずに、ゆっくりゆっくり読んでください。

読み終わったら、ここからが勝負です。そのしおりを入れたまま、片思いの相手にその本を貸すんです。これが難関ですが、みごと片思いの相手が本を借りてくれたら大成功。きっと心が伝わります。

本の貸し借りができる間柄なら苦労しないわよ、せめて本の貸し借りができるくらいに親しくなりたいの、という場合は、しおりにできる真っ白い紙と、それから、どんな香りでもいいですから、一番片思いの人が好きそうな香りの精油を用意します。そして精油を適当に薄めて、ペンでも爪楊枝でもいいですからそれにつけて、紙に相手の名前を書いてください。そのしおりにチュッとキスをして、それを使って、ななな、なんと本を十冊読むんです。これも急いで読んではいけません。ゆっくりゆっくり時間をかけて読んでいきましょう。読んでいるうちに、いつの間にか相手との距離がだんだん縮まってくるのが感じられたら大成功。思い切って声をかければ、きっと一冊、何かの本を借りてもらえることでしょう。

なんていうおまじないがわが母校のおまじないクラブに伝わっていました。実際これで片思いの相手と急接近できた子がいたんですよ。私はぜんぜんうまくいきませんでしたが…(笑)。

あと、本の18ページ目に好きな相手の名前を18回指でなぞって、その本を持ち歩くといい、なんていうおまじないもありました。以上、本で両思いになるおまじないでした。


[115]>44 平均すると月2〜3冊位かな? sonnanokankeinee

読みたいものが出た時買うんで毎月買ってるわけではないけど平均すると2〜3冊位かな。


[116]>111 谷川流 iijiman

ライトノベルも仲間に入れてください。

涼宮ハルヒシリーズの原作者。

「驚愕」早く出ないかな。


[117]>101 猫をだっこして眠る iijiman

むくむくで暖かくて、よいです。

よく眠れるような気がします。

冬限定ですけれど。


[118]>41 神保町で買い逃してその後20年探していた本がみつかりました。 some1

高校生で小遣いが切れていた時に買い損ねた画集。

出版社にまで問い合わせても在庫なし!

古書としても見つからず・・・

でも検索でふと見つかった時には即効押えました!!


[119]キッチンがリラックス空間 asukab

食事もそうですが、片付けの終った後、家族みんながここに集まってくる時間が大好きです。

宿題したり、本を読んだり、今日一日の話題を話したり。

小さな家ですが、小さいからよかったなと思える時空です。


[120]>52 空気。地元の駅、緑の匂い iijiman

田舎町に住んでいます。

たまに仕事で東京や横浜に出ます。

そして帰ってくると、東京や横浜も随分マシにはなったけれど、

やっぱり田舎町の方が空気が澄んでいるなあと思います。

駅の裏手に林があって、緑の匂いがします。

その匂いをかぐと、ああ、帰ってきたなと思います。


[121]>67 香りのおもてなし asukab

香りや生花のおもてなし、すてきですね。

お客さまも喜ばれることでしょう。


[122]>110 ハチクロや花ざかり tibitora

最近まんがからのドラマが多いですね。作品を知っていて「ドラマではどうなるんだろう」というドキドキがあります。イメージにあうと嬉しいですよね^^


[123]>109 あははは! choco-latte

寝てるときに呼ぶと、しぶしぶやってきますよねー。

うちの子も半目開いてトボトボ「しょーがねーな」っていった感じでやってきます。でもズルい子なので、ゴロンしてお腹を見せて、こっちからお迎えにいかせるように仕向けてますよー。


[124]おまじないなのか分からないけれど fumie15

本屋さんに行くとトイレに行きたくなりませんか?

私だけ?


[125]>124 なります。原因は姿勢にあるとか。 iijiman

なりますなります。本屋に行くと。

前屈みになって、本を探す姿勢をとり続けることが、

もよおす原因であると聞きました。

真偽のほどは不明ですが、確かに、関係あるような気がします。


[126]仕掛け絵本 rikuzai

巷でこっそり噂の仕掛け絵本をとうとう買いました。

紙の魔術師 ロバート・サブダと仕掛け絵本|特集|心斎橋アセンス

ロバート・サブダとラインハートのものが最近あちこちの書店でクローズアップされていて、

クリスマスシーズンにはかなり目の毒状態に。

とうとう罠にかかったのはスター・ウォーズ邦訳バージョンでした…。

いや?ライトセーバーがちゃんと光るんですよね?

旦那が買いあぐねていたので背中を押してしまいました。

相当楽しいです。子どもにはもったいない・・・。

(本末転倒?)


[127]>122 このノリで rikuzai

グリーン・ウッドがドラマ化されたらどんな配役がいいんでしょうね。

ちょっと気になってみたり。


[128]湯たんぽで暖かお布団 sunadori-neko

最近は湯たんぽが少し人気だそうです。

なんでも湯たんぽで免疫力アップだとか・・・。

子供の頃、寒い冬の夜は湯たんぽを入れてもらいました。

あの暖ったか空間を思い出すと、湯たんぽ買いたくなっちゃいます。


[129]>126 息子は喜ぶだろうなぁと思いつつも・・・ Beirii

まだ買ってません。

だって「パパ、お月さまとって!」すらビリビリになっちゃってますからねぇ・・・


[130]>127 小説のアニメ化も Fuel

最近はラノベを中心とした小説がアニメ化されることも多いですね。

こういうのはイメージ的にはわりといい感じに仕上がっている物が多いですが、

1クールか2クールの短い尺で終わってしまう物が多いため、

ただのあらすじアニメで終わってしまうのが残念です。


[131]>129 「これはパパの宝物だからちょっとだけ」 rikuzai

見せてあげる的に使うアイテムかと。

いつもは手の届かない場所においてあって、いい子にしてるとちょっとだけ見せてもらえるという。

これはそういう絵本だと思いますよ。


[132]>128 湯たんぽはいいですね sayonarasankaku

優しい暖かさですよね。

いまは電子レンジを使うものなど、いろいろありますよね。


[133]>92 いいですね。 sayonarasankaku

鹿児島の親戚の家へお邪魔したときに、

なかなか体験できないだろうと、流しそうめんをしてくれたのが嬉しかったです。

あと、蜂の子を食べさしてもらいました。

ちょっと、すごかったです。(笑)


[134]雑誌を製本する Fuel

昨年の暮れ、ずいぶん雑誌を整理しました。

しかし、捨ててしまうには惜しい連載記事などがあります。

そこで必要なページだけを取り出して製本してみることにしました。

参考にしたのはこちらのサイトです。

http://www.geocities.jp/ryou_tanoue/bind/musen/s1.htm

ホットメルトガンを使って背固めをする方法はとても手軽で、

すぐに雑誌を一冊の立派な本にすることができました。

製本は、はじめるとけっこうクセになります。

次は何を製本しようかと考えながら雑誌を読むようになりました。


[135]>132 電子レンジ・・・ sunadori-neko

えっ、電子レンジでOKなんですか。

便利なんですね(^^)

ターンテーブルとか回らなくて壊れたりしないのですかね。(^^;)


[136]>134 すごーい!世界にひとつだけの本ですね! vivisan

URLを見てみたら、できあがりなんてふつうの本と変わらないですね!

雑誌って切り抜いたりデータに落としたりするなどいろいろな方法がありますけど、そのままだとかさばるし、何かいい方法はないものか?と思っていましたが、その手がありましたね!

是非自分でもやってみたいです。

自分だけのオリジナルな本・・かっこいいです!


[137]図書カード to-ching

ネットをやるようになってから沢山きます。(特にこの1?2年)、御陰で現金で本を買ったことがないです。感謝。


[138]>120 東京のにおい to-ching

私は好きだなぁ?暫くご無沙汰しているけど・・・。東京って結構緑多いでしょう?


[139]>107 ここは特別 to-ching

こっちは寒いので特に起きるのが辛い。電気シーツの愛用者です。


[140]>135 いいなぁ・・・ raigou

冷え性ってわけではないのですが低体温なんですよね。平熱が34度後半から35度前半くらい。だから体をあっためられるゆたんぽはいいですねぇ。買ってみようかなぁ・・・

ちなみに最近の電子レンジはターンテーブルがないものもありますよ。ターンテーブルなしでよく均等に温まるものだとは思いますがねぇ。


[141]>116 レイモンド・チャンドラー to-ching

ハードボイルド!といえばこの人


[142]>95 私も売った! to-ching

しかーし!!紙袋で7個も持っていったのに、たった2400円、雑誌はだめかな?Tポイントついたから良いか・・・


[143]>130 映画化も raigou

ドラマだけじゃなく映画化されたものもそうですけど、原作に比べて短くなってたりして不完全燃焼的な気分が残ってしまうことがあります。そんな時には原作探し。うまくいけば不完全燃焼が燃え尽きた気分に変わります・・・


[144]>35 いいですね。偉い! to-ching

私も真剣に考えましたが、たまると家が潰れる恐れあり、でもって売ることを考え、印を押すと安くなってしまうとの結論に達し、断念しました。


[145]>141 ディック・フランシス raigou

実際に障害レースの騎手をやっていて小説家に転向した人。競馬界を舞台にしたミステリーを書いています。やっぱり実際にいた世界を舞台にしているだけあって描写が細かい。集中して読みふけると飼い葉の香りが漂ってくるような気分になります。


[146]>141 宮本輝・吉本ばなな hanatomi

初期のころの宮本輝さんが好きです。


[147]>143 私は反対ですねぇ? to-ching

漫画からのドラマ、映画化ヤッパリ薄い感じがぬぐえません。ドラマ離れは此処にもあるのかも?


[148]>139 確かに一番! raigou

正月休み明けのここ数日。関東は暖かいから助かっています。正月休みにのんびり布団でヌクヌクしていた分、寒かったら今以上に起きだすのが辛いんでろうなぁ。


[149]>145 有名ですよね to-ching

競馬の世界にこんなことも有るのか!なんて思ってしまいます。チャンドラーの本の巻末にも必ず彼の作品リストが載ってます


[150]>140 低温ヤケド to-ching

注意してください!ゆっくり、じんわりヤケドします、治り難い!


[151]>115 以前は月10数冊かな? raigou

最近は結婚してお小遣い生活になってしまったので我慢しています。でも以前は毎日のように本屋に顔を出して、頻繁に買っていました。読む本がなくなると落ち着かないくらい。なので次に読む小説を数冊ストックして、新しい好きになれそうな作家さんを物色する日々でした。


[152]>112 おすすめは yoshigyu1318

アマゾンのおすすめの本は、なかなか鋭いところを突いてきますよ。結構、好みの本が載っていることがあります。なんかアマゾンの罠にかかっているようですが…


[153]>147 でもほら、オールドボーイは賞を取りましたし shimarakkyo

安易な「映像化」に走らなければ良い作品は出来るんじゃないでしょうか?


私、一時期ものすごい勢いでトム・ストッパードにハマったんですけど、それも映画化された「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」を見たのがきっかけでした。


[154]>144 いいですねぇ。 raigou

保存する場所があれば真似してみたいです。でも保存する場所がないとどうにも悩んでしまいますね。蔵書印を押してしまって買い取ってもらえなかったり、買い取ってもらえたとしてもその買い取り先で売れ残ってしまったり・・・そんな感じで廃棄処分しかなくなってしまうとかわいそうな気がしちゃいますしね。手元に残せなくても古本屋に売ってまた誰かに読んでもらえればって気もしてしまいます。やっぱり断念かなぁ。あ?でもずっと手元に置いておきたい本にだけ押すって方法もありますね。その方向で押してみようかと思います。


[155]旅をする本 hanatomi

私の友人Hさんがはじめてプレゼントしてくれた本がリチャードバックの「イリュージョン」でした。

とってもいい本だったからと言って、買ってくれました。

それにはエピソードがついていたのでお話しします。

Hさんは、ある国に、ワーキングホリデーに行っていたそうです。そこで知り合った日本の旅人から渡されたのが「イリュージョン。」その本の裏表紙には、小さく名前がびっしり。

その本にはルールがあって、その本をもらった人は自分の名前を書き加え、そして次の旅人へ渡すそうです。旅人の間を旅する本なんですね。

『イリュージョン』と言う本は、とてもすてきな内容の本なんですが、Hさんにとってはそれ以上に心に残る本となったようです。

異国では、日本語に触れる機会が少なく、日本語の書物も無いため、とても嬉しかったそうです。

また、海外在住の日本人の方の家に行ったことがありますが、日本語の本をとても大切にされています。

旅先で渡された本は、本の感動やあたたかさプラス、人のつながりやいろんなものを与えてくれたんだろうなあとおもったお話でした。


[156]新品の本が1冊100円で yoshigyu1318

先日、近くのデパートの催事場で、本のバーゲンが行われていました。

いくつかの出版社の本が1冊100円で売られていました。もちろん新品です。

定価2000円の本なども多数あったので、いろいろと25冊くらい買いました。

鉛筆で奥の細道、塗り絵、写経の本もあったので、それらは、親戚や母にあげたら喜んでいました。


[157]>142 本当に好きな作品はどうしてもブックオフでは買えないです shimarakkyo

「ああ、ここで私が本を買うとこの作家さんに印税が入らない!」とか、思ってしまって。

ええ、ええ、小心者です。


[158]>152 マイナーな本もありますよね。 hanatomi

見つかりにくい本も見つかってうれしくなりますよね。

私は時にはみつけたうえで、頑張っている地域の本屋さんで買ったりもしています。

でも、中古も売っていたり、amazonってすぐれものですよね。


[159]>151 1?2冊かな Beirii

息子の絵本ですが。


[160]>136 わー。すてきですね。 hanatomi

これはいい!

データもいいですが、やっぱり手で直接さわれる物って言うのもいいですよね。

手作りの嬉しさもプラスされて大切にできそうです。


[161]>159 3册くらいでしょうか hanatomi

図書館では、月平均20册は借りていると思います。


[162]鶴 亀 鶴 亀 to-ching

昔年寄りが、禍々しいものを聞いたり、観たりしたときに呟きました。お払いの意味ですね、鶴と亀は縁起が良いので・・・


[163]>138 東京の匂いかぁ… choco-latte

何気にありますね。緑…。

秋や冬に東北に行くと、電車から降りて息を吸うと思っていたよりも気温が寒くて鼻がツーンとする冷たい空気の匂い。あれ好きです。

沖縄はまだ行ったことがないんだけど沖縄はどんな匂いがするんだろう。


[164]>127 ここはグリーン・ウッドですか!? NAPORIN

懐かしいですね??。

有閑クラブもドラマ化されましたけれど、

やはり出版社の力がないと無理なんでしょうね。

当時合うかも、と思ってた人も今ではみんな

おちついてしまって脳内配役がむずかしいです。

最近も声優さんのラジオDJのCDは聴いていますよ。


[165]雑誌は 必要な箇所をスキャナでスキャンしてから捨てる taknt

数ページ程度 とっておきたい部分があれば、そこだけ 切り取ってスキャンします。

それで まとめて 捨てちゃいますね。

できれば、捨てずにとっておきたいのですが、置いておくスペースもないので

やむをえず 捨ててます。


[166]自分の好きだった絵本を息子達に! dayday

子供の頃、母親が買ってくれた絵本がありました。

リアルに動物の親子を描いた絵本 薮内 正幸 さんの『どうぶつのおやこ 』。

絵だけの本当に絵本。

象や動物の歩や親子のリアルな絵が気に入って何度も見ていた覚えがあります。

その本が実家に残っていて、『懐かしい本あるわよ?』と母が出してきてくれました。

絵本は少し黄ばんだり、私の食べたお菓子の染みまでありました。

裏表紙に私の名前が書いてあって、懐かしく思いました。

その本を30年以上の時間を経て、今度は私の息子たちに見せました。

象や、猿の親子の絵を喜んでみていました。



その本が今でも図書館や本屋さんにあるのがびっくりです。

いい本は何年たっても心に残って、復活するんだ!と。

文字が読めるようになった息子達は、私が子供の頃に読んだ本を引っ張り出して読んでいます。

子供にその本の内容を話してあげると、『おかーさんも読んだの?すごーい!』と。

子供の時に読んだ本でちょっと威張れて嬉しいです。


[167]お葬式にあったときに親指を隠す dayday

子供の頃から、お葬式に出会ったら親指を隠してました。

親が早くに亡くならない様に願うおまじない。

これが利いているのか、私の両親は健在です。

このおまじない、最近子供に教えたら、子供も親指を隠しています。

『おかーさんとおとーさんが長生きしてくれなきゃ・・・』

自転車に乗っている時に子供の親指を隠すのは難儀みたいです。


[168]>167 私は霊柩車を見た時にでした sayonarasankaku

似てるんですけど、お葬式じゃなくて霊柩車をみたときでした。

慌てて親指を隠したものです。


[169]>157 ブックオフも50冊以上だと crocs

わざわざ持っていかなくても送料無料で送って買い取りしてくれますよ。

紙袋7つだと運ぶのも大変ですよね。

車で運べばガソリン代かかるしちょっと離れた場所にあるとほとんど+にならなかったりするし・・・


[170]初版は高い type9

「コミックの初版は高い」とずっと思い込んでいましたが、

人気のあるコミックは大量生産されているので、

まったく希少価値がないんですよねえ。


[171]>168 同じく霊柩車を見かけた時に crocs

親指隠すでした。

あんまり迷信は信じないので気にしてなかったので

隠さないと何が起こるのか、忘れましたが今のところ

両親も健在ですし特に悪いことは起きてないと思います。

似たようなもので夜爪を切ると親の死に目に会えないってのも

ありますね、普通に夜、爪を切ってますけど。


[172]>161 6冊くらい piko-piko

私もお金を節約しています。なので、文庫か新書を主に選びますね。あと、漫画も月6冊くらい読みます^^


[173]>158 アマゾンの罠 crocs

この本を買った人はこんな本も買っています・レビュー・アマゾンおすすめの本という3つの罠にかかって結構予定外の本を買ってることが多いです。


[174]>154 いいですね? hanatomi

YuzuPONさんのおうちは大きいのでしょうか。今何冊くらいあるのでしょう。

私は乱読派なのもあって、本は厳選した数册以外はぜんぶまわしてしまいます。

人にあげる、貸す、図書館に寄付、yahooで売る、amazonで売る、ブックオフで売るなどでしょうか。私もビッグな家ならそうしたいです!!

ぜったいに印を押された本もよろこんでいそうですね。


[175]>172 月何十冊と買ってる頃は crocs

ブックオフや古本屋にかなりお世話になってましたが最近は本を買う数が減ったのでアマゾンとかで新品を月3〜5冊買う程度です。


[176]>5 ベランダいいですよね! hanatomi

私もベランダは癒しの場所でした。今は1階ですが、2階、3階に住んでいたときは、ベランダに置いてある植木と、そこから見える景色にいつも癒やされていました。(*^-^*)


[177]>98 最近は、携帯やパソコンと crocs

文字があふれているので本や雑誌以外でも読む物がたくさんあって

活字中毒には過ごしやすくなったんじゃないでしょうか。

以前は、月数十冊本や雑誌を買ってましたが今は、携帯やパソコンで

面白い読み物がたくさんあるのでかなり買う数は減りました。


[178]ゲームブック raigou

昔懐かしいゲームブック。最近では携帯ゲーム機の影響なのでしょうか?まったく見かけなくなってしまいました。小説を読み進めながらゲームをする感覚で、選択肢を選び次に読むページが分岐していくような形でしたよね。夜ベットに潜り込んでドキドキしながら読み進める感覚が好きだったので残念です。


[179]お客様に、木製のランチョンマット Oregano

一昨年だったか、暮れのバーゲンで見つけた物です。漆塗り風の仕上げになっていて、和食のおもてなしにぴったりです。

このランチョンマットのいい所は、マットといっても板ですから、そのまま一人用のお膳のように配膳できること。お盆の上に木製ランチョンマットを置いて、器やらお箸やらを並べて用意万端整えて、客間に運んだらマットごとテーブルの上に。実に手間無しです。片付ける時もマットごと撤去してしまえばいいので手間無しですし、お客様の前でも手際よくお下げすることが出来るのでとてもスマートです。

また、手入れさえきちんとしていれば、いつまでも長く使えるのがこのランチョンマットのいいところ。飽きのこない落ち着いた風合いで季節も選びませんから、同じお客様に毎回お出ししてもおかしくありません。一枚数千円とランチョンマットにしては高い買い物でしたが、それなりの価値がある買い物でした。


[180]>175 月10冊はいかないなあ yatmsu

漫画を入れても月6冊程度ですね。

もっと読みたいんだけどなあ。


[181]>178 ゲームブックとは raigou

ゲームブック - Wikipedia

30代より上の世代の方の中には遊んだことある方もいらっしゃるかと思います。デジタルなTVゲームも良いですが、こうゆうアナログチックなゲームも良いですよね?


[182]>174 できれば手放したくないですよね Oregano

本は読み終わっても色々な思い出が残りますし、自分の学びの軌跡でもありますから、できれば手放したくない物ですね。本好きにとって大量の本の保管は頭が痛い問題ですが、だからこそ手放さないという意思表示の蔵書印の意義は大きいですね。ずっと愛蔵していくという約束を得た本は幸せだと思います。


[183]>170 初回限定版が手に入れば Oregano

最近はおまけDVDが付いたりする初回限定版で発行されるコミックがありますから、そういう物が手に入れば、作品によっては将来価値が出てくると思います。ただコミックは流行り廃りが激しいですから、どの作品が将来にわたって価値をとどめていくか、ちょっとむずかしいところがありますね。


[184]>176 私はベランダから夜空を眺めます Oregano

さすがに冬は寒いのでちょっとご無沙汰ですが、私の家のベランダは家と空をつないでくれるインターフェイスのような存在になってくれています。真冬でも満月の晩などはベランダから月を眺めます。去年のクリスマスはほぼ快晴に近い夜空に満月が浮かびましたので、本当にきれいな夜空でした。心が洗われる思いがしました。


[185]>160 雑誌が本棚に並ぶ本に出世!! Oregano

これは雑誌が喜びますね。こんなふうにして大切に保管している読者がいると知ったら、著者や編集者もさぞ喜ぶことでしょう。私もFuelさんを見習って、雑誌を大切にしたいと思いました。こうした手作り本が本棚に並んでいくのは、ちょっとしたコレクション欲もそそりますね。


[186]>166 猫が表紙の本ですね!! Oregano

「どうぶつのおやこ」という本、私も思い出に深く残っています。たしか黒茶のトラ縞猫の親子が表紙の本でした。とてもリアルな絵なのですが、猫のかわいさが、ふかふかした毛の感触まで一緒に伝わってくるようなすばらしい絵なんですよね。中の絵も、動物の親子の愛情があふれ出てくるようなすばらしい絵ばかりでした。

私の絵本は、その後親戚の家の子にもらわれていったと思います。今でもまだ本屋さんにあるんですね。探してみたいと思います。もう一度、今度は一生手元に置く本として購入したいと思います。こういう本を絶版にせずに出し続けていてくれる出版社に感謝したいと思います。


[187]>123 動物と一緒の場所が何よりの癒し空間ですね Oregano

vivisanさん、もうお体は良くなられましたか?うちの猫も私が風邪を引いたりすると、心配そうにそばにきて、体をぴたっとくっつけて温めてくれようとします。二日酔いの日曜の朝に起きたくないと寝たままでいても同じようにしてくれるので、そういう時はちょっと笑ってしまいますが、動物の示してくれる愛情には本当に癒されますね。

私もお礼に、動物にとってのリラックスできる環境作りに努力しています。動物が快適に過ごせる家は、人間にとっても快適です。


[188]>155 すばらしい!! Oregano

異国の地で、旅人たちに読み継がれていく本。みんなの思いを乗せて次から次へと手渡されていく本。すばらしいですね。

最近、読み終わった本やみんなに読んでほしい本を街に置いて読み回すブック・クロッシングが普及しはじめていますが、人から人に直接手渡していくハンドインハンドの本の共有もできたらいいですね。街のどこかに本好きの集まる場所があって、そこに行くと受け取った人の名前がびっしり書き込まれた本が回ってくる、なんていうのを想像してしまいました。


[189]>188 私も好きな本です! mekishiko

広い公園のベンチに座って読みました。

読み終わって、思わず空を見上げてしまいました。

読んだ人だけがわかる、不思議な思いです。

懐かしいなぁ?。


[190]>125 図書館でも mekishiko

私は、インクの匂いが原因と聞いたことがあります(^^)


[191]>184 私も星を odorukuma

雲のない時はよくベランダや屋上に出て星をみています。

夏場はプランターに野菜がわたわた。トイレ並みに落ち着く空間です(笑


[192]>173 今年いったいいくらアマゾンで使ったか odorukuma

本やCDの殆どをアマゾンで買っています。

自分の買おうとしたもの以外にも、おとなり商品のレビューなんかを読むとつい買ってしまいます。


[193]>64 賛成!! Oregano

寺山修二さんの言う「書」とは、バーチャルなものを指していたのだと思います。さしずめ今の時代なら「ゲーム機を置いて街に出よう」という感じでしょうか。

今は携帯型のゲーム機が普及して、小中学生が公園や街角でゲームにふけっている姿をよく見ます。電車に乗ると一斉に携帯のフタを開けてメールを始める大人も似たようなものでしょう。そういう習慣からちょっと離れて、街を歩く友として活字を選んでみるのは新鮮ですね。「書を持ち街に出よう」を流行らせてみたいと思いました。


[194]豆本 tehi

あまり本には興味はありませんが豆本をみつけると何故かわくわくしてきてついつい買ってしまいます。


[195]>173 カード払いをやめたら節約できた otayori

中古以外はカード払い禁止という自分ルールを作り、

わずかな収入しかないネット口座でしか払わないようにしました。

手放せそうな本やCD、DVDを常に整理して、買いたいもの分のお金を作らないと次買えないんで、大変だけど、カートに入れてから気持ちが変わったりするもので、以前より使う金額がググッと減りました。


[196]>149 山田詠美、吉本ばなな odorukuma

学生の頃に読んだからか、印象がつよく未だに読み返したりしています。

現在は、教科書に載ってそうな古い小説を片っ端から読んでいます。


[197]>194 分かる気がしますー otayori

3年前から読書するように頑張ってますが、

以前は読まないのに、わくわくして買って満足してました。

豆本は特に損した気分しないですね。


[198]>25 香りの高いお茶やコーヒーは何よりのもてなしです Oregano

訪問する側からすると、あまり豪華なもてなしを受けてしまうと、かえって恐縮してしまいます。でも飲み物なら気負うことなくいただけますし、そして緊張が解けてリラックスできるのもうれしいところです。

私はコーヒーが好きなので、特に香りの良いコーヒーをいただくと、それだけで緊張が和らぎます。こうした飲み物は香りをかいだだけで丁寧にいれてくださっている様子がわかりますから、その心もうれしいですね。


[199]>148 寝る前が一番気持ちいい odorukuma

私は、もう眠くて意識がなくなるな…という時が一番気持ちいいです。


[200]>94 無意識に同じような文体の作家を探している odorukuma

つい、同じような文体の作家を探してしまいます。食べ物でいうなら、それが好物という事なのでしょうか。

しかし、最近は探すのも面倒になり、ひとつ二つ年号の古い作家を片っ端から読んでいます。


[201]>12 ある程度勉強してから読む odorukuma

当時の政治や人々の暮らし、常識、文化などが分かると、よりその話を楽しめますよね。

私はしっかり勉強してこなかったので、昔の本を読む時は片手に資料集をおいています(^^;


[202]>61 積読解消?? otayori

最近、がんばって読書するようにしてますが、

もともと活字嫌いなので、読みたい本が増えるスピードと

自分が読み終えるスピードが合いません。

出かける時に候補2冊ほど持ち歩き電車の中で読みますが、

後はプレッシャーにならないよう、本棚や箱にしまって目の前から消します。

私の場合は、プレッシャーがあると余計、本を開く気になれず

手元の2冊ほどはゆっくりながら進みます。

それでも本を買いたくなりますよねー


[203]>111 村上春樹に一票!! matakiteshikaku

一生、彼の本だけで暮らせるくらいに好きです。

翻訳本からみんな読んでます。


[204]リラックス空間に「お菓子」 odorukuma

少しくつろいだり、休んだりする時に、お菓子があるとすごく幸せです。

チョコひとかけでも、クッキー一枚でも。


[205]>189 すごい! vivisan

私は海外で住んだことがないのですが、海外に住む方々にとっては、日本語の書物というのは落ち着くことができる大事なものなんでしょうね。

でも、そうやって人から人へと旅していく本って、プレゼントされたたくさんの人たちのいろいろな思いがたくさんつまっているんでしょうね♪そういった思いもいっしょにプレゼント。

すごいなぁと思います。

いつまでも大事に受け継がれていってほしいですね♪

Oreganoさんのおっしゃる本好きの集まる場所・・そういうのがあったら本当にいいなぁ♪


[206]マイ リラックス空間はソファー! prime7

たった一畳ほどのやわやわなソファーですが、最高にリラックスできます。つい寝てしまったり、ゲームをしたり、テレビを観たり、お菓子を食べたり。ついにはご飯まで。もはや、これなしの生活はありえません。


[207]あったかくておいしいコーヒーを mekishiko

心を込めて入れるのが、お客様に対する今の季節のおもてなしです。

それに、おいしいコーヒーが1杯あると、

なぜかリラックス空間になっちゃうんですよね。

ケニー・Gのトランペットや

宗次郎のオカリナの優しい調べなんかがあると、

もう最高です。


[208]>83 若い頃、唯一ハマッタ作家 otayori

中学の先生から「生活維持省」の話を聞き、

姉が持ってた「未来イソップ」から入りました。

活字が苦手の私が、一回の集中で一つの話を終えることができる

ショートショートは相性が良かったです。


[209]ダイソー100円文学シリーズ otayori

30過ぎて文芸に興味持ち、まず有名なものから

早く色々知りたい私には助かってます。

字も大きめで、下段に難しい言葉の説明がついてます。

今読もうとしてるのは「芥川龍之介?」羅生門や地獄変など。

さらには、「あらすじで読む文学」といって

4ページで色々な作品をいっぱい紹介してる本も一冊ありました。

シェークスピアとか興味がわきました。

入門者には助かります。


[210]>137 ありがたいですね。 otayori

時々しかネットオークションしませんが、

本を買いたい人間にとって、図書カード払いって嬉しいですね。

うーん、今持ってるのはピーターラビットの絵が可愛くて

使うのためらってしまうー。


[211]>205hanatomi

旅と言えば、私たちも、毎日旅をしているんですよね。時空の旅、空間の旅。

集まる場所っていいですね。それに、本のプレゼントっていいですよね。

ハザマさんか誰かが以前書いてくださっていたかと思いますが私もプレゼントしたくなりました。



リチャードバックの、イリュージョンは、ぜひ読んで欲しいです。

かもめのジョナサンを書かれた著者で、ちょっと不思議なはなしです。

ふわふわしていて会話が多いので、すぐ読めますし、図書館にもあると思いますよー☆


今度、海外の友人には本をプレゼントしようと思いました。


[212]>191 ベランダから夕日を眺めることができます tenten10ten

雲の色がとても鮮やかなオレンジ色に染まることがあって、眺めている間にもどんどん景色が変わってくるので楽しいです。


[213]>153 のだめの白眼のシーン hanatomi

漫画のシーンをどう表現するのか、面白いですよね。

のだめの白眼のシーンは、実写版になっていてばかうけしました。

有閑クラブは、制服の再現に、おーー!と思いました。

漫画も売れるだろうし、そういう意味ではいいことなんだろうなと思いました。


[214]>187 癒やし系ですね。 hanatomi

癒やし系わんちゃんのようすが目に浮かびます。

お正月は銀杏が確かに疲れますよね。

動物ってぜったい、いやしてくれますよね。

気持ちがわかるんだと思います


[215]カキ?カギ?風邪を治すおまじない二種 tough

風邪の時はまず安静。そして十分な栄養。食欲が無くなったり発熱があったりしたら医者に行くことが大切ですが、その上でさらにちょっとしたおまじないがあると心が安らぐと思います。

まず、カキの本場では風邪を引くとカキ鍋やカキ雑炊を食べて精力を付ける所がありますが、この牡蠣の殻も風邪引きの時のおまじないに使えます。友人が宴会で出てきたカキの殻を、風邪引いた時に使うんだと4つ持って帰りました。ベッドの上の天井に4つ紐を付けて吊してその下で寝ていると、風邪の辛さが早く楽になるのだそうです。おそらくカキの滋養と、海水の清めの効果にあやかったおまじないでしょう。その気になれば効きそうです。

もう一つ、カギを使うおまじないもあります。スペインではカギには体の苦痛を和らげる力があると言われているそうで、頭が痛ければ頭に、喉が痛ければ喉に、鼻が詰まって不快なら鼻に、カギを軽く押し当てます。これはヒンヤリして気持ちがよく、何となくよくなりそうな気がしてきます。カギは何のカギでもいいですが、早く元気になって出かけたいなぁといった願いを込めて、お出かけに使う玄関のキーや愛車のキーなどを使うといい感じです。

カキとカギ、濁点だけの違いなのが面白いですね。ちなみにカの方に濁点を付けるとガキになりますが、お子様にはどうも、風邪の時には遠くで見守っていてもらうのが一番のようです(笑)。


[216]>213 白目と言えば tough

「ガラスの仮面」の白目も有名ですが、こちらは実写ドラマでは再現されていませんでしたね。安達祐実の白目を見てみたかったです(笑)。


[217]>214 ちゃんと分かっている vivisan

私はおかげさまで熱も下がり、食欲も回復しました。

ホントにペットには感謝してもしたりないほどです。

ちゃんとわかってるんですよね。

わたしもお礼に、元気になったのでいやというほど散歩させてあげようと思っていますが、動物が快適に暮らせる空間をちゃんと作ってあげるのも飼主の役目ですね♪


[218]>209 古い文学に親しみたいですね tough

もう著作権が切れて自由に安価に出版できるようになったような作品。そういう古典的な文学にこそ、どんどん親しんでいきたいですね。

芥川龍之介は多くが短編で読みやすいですし、今昔物語集や宇治拾遺物語などの古い書物から題材をとったものも多いですから、そういう教養も高まります。それに芥川は杜子春などの子供向け作品も手がけている人ですから、他の作品にも妙なひねりを廃した素直な作品が多く、その点でも親しみやすいと思います。

古い作品で私が最近感動したのは、伊藤左千夫の野菊の墓でした。近年になっても何度も映画化やドラマ化されている作品ですが、原作で読むとさらに感動が高まります。発表されたのは1906年とのことですから、もう一世紀がたった作品ですが、そこに描かれている若く淡い恋の姿は、今になっても色褪せていないと感じました。


[219]苦かったお客さま otayori

遊びに行きたいと言われ、前日、主人と一緒に一生懸命掃除しました。

下手ですが、それなりに色々考えてもてなしたつもりだったんですが、

どうやら、どんな家か見たかっただけみたいでした。

予想したより貧相な家に住んでると思ったのでしょう。

のちに「引っ越さないの?」と言ったり、主人の勤め先を疑ったり

古めで地味な賃貸マンションでも、ちょっとだけ可愛いカーテンつけたり

楽しく暮らしてた人間にとって嫌な気持ちでした。

もう二度と表面ばかりで判断する奥様はゴメンと思いました。

ちょっとインテリアに興味をしめすことはあっても

「おしゃべりできて楽しかったー」が一番伝わって来る人は素敵ですね。

自分もそのようなお客でありたいです。


[220]>179 粋ですね♪ vivisan

そんなランチョンマットでおもてなしされてみたいです。

ちょっとした会席っぽい料理にも使えますね♪

器の位置とか考えたりするのも楽しそうです。

道具っていつまでも長く使えるものがよいですよね。ぜひ長く愛用してくださいね♪


[221]>179 いいですね tough

漆塗り風の木のランチョンマットとは豪華ですね。漆の盆に乗せられた料亭の料理みたいです。固い木製ならではの配膳のしやすさも、スムーズなおもてなしにぴったりですね。どのくらいのお値段なのかと検索してみたら、一枚三千円から八千円くらいでした。ちょっと高いですが、うまく在庫処分品などが見つかれば、それなりに安く入手できそうですね。気を付けて探してみたいと思います。こういうアイテムがあれば、とても上品なもてなし方ができそうです。


[222]>210 わりと懸賞などで当たりますね tough

私も何回か当たったことがあります。本が買えるカードはうれしいですね。

私は金券ショップでも図書券や図書カードを購入します。額面より安く買えるので、現金で直接購入するよりわずかにお得です。


[223]打ち水、生花、香 asukab

父が来客を迎えるときに、いつもしていたことは「玄関掃除と打ち水、生花、香」。

濡れた玄関周りを目にし、香の匂いをかいで、今日は来客があるのだということを知りました。

自分ができずにいるので、風流な習慣だったと今更ながら感心しています。

絵画や彫刻も季節によって変えていたのでしょう。

あと、「美味しいお茶を入れたい」と常々言っていました。

3人の子どもがいながら、これほど時間に余裕のある生活をしていたとは……。

自分の今の生活が何なのか、問い詰めたくなってきます。

来客を迎え入れる心にこそ、その人となりが表れると思います。


[224]>114 むむむむむ… tough

高校生の時、あまり親しくない女の子から、これ読んでみませんかと本を受け取ったことがありました。いい本だから勧めてくれたんだろうと思って気軽に借りて気軽に返してそのままになってしまいましたが…。もしや、もしや…。

私は恋愛に関しては全くオクテでしたので、もしやそういうおまじないの意図があったとしたら、本当に申し訳ないことをしてしまいました。というか、すごくもったいないことをしてしまいました。

私なんてもてるキャラではなかったので考え過ぎかもしれませんが、もっとていねいにお礼の気持ちを表して返すくらいのことはしてもよかったと悔やまれます。


[225]>222 うらやましい。 asukab

現金で本購入がないとは、うらやましいです。

全部懸賞なのでしょうか。

イエはてなさんのアマゾン・ギフト券にも感謝?!です。


[226]>220 粋で便利 asukab

マットにもお膳にも利用できるとは、便利でかつ粋ですね。

気にかけて探してみることにします。


[227]>212 ベランダと、庭。 ttz

晴れた休日の昼間にウッドデッキでウダウダしてるのもなかなかいいですよ?。


[228]>225 何度か当たった事あります。 ttz

最近全然本を読まなくなってしまったのですが、図書カード当たった時だけはすぐに小説買っちゃったりします。

最後に買ったのはダヴィンチ・コードだったかな。


[229]>217 自分では飼っていないけど、 ttz

近くに住んでる親戚の家には犬が5匹もいます。だんだん自分の事を分かってきてくれて、なついてくるとこんなにかわいいものはないですね!


[230]>193 同感!! tough

喉が渇いたから街角でジュースを飲む。何か読みたくなったから街角で本を読む。活字好きなら、とても自然なことのはずですね。みんなが手に本を持ち、三々五々街角で読みふけるような風景が定着したら、この国の文化は今よりずっと面白くなっていきそうです。


[231]>216 「世界の中心で愛を叫ぶ」を映画で見た時に、 ttz

やっぱり小説を超えられないな?と思いました。

小説だと空想がいくらでも広がりますが、映像・声がある映画・ドラマの場合は、その役者の好き嫌いでだいぶ印象が変わってしまうかなと。。

小説を読んだあとに映画を観たという意味では、ダヴィンチ・コードも同様にガッカリでした。


[232]>196 若い頃から西村京太郎! ttz

最近めっきり読まなくなってしまいましたが、以前は西村京太郎マニアでした。ほとんど読破したんじゃないかな?。推理モノの中では西村京太郎が一番好きですね。


[233]>199 朝の二度寝ならぬ五度寝が気持ちいい。 ttz

5分おきのアラートに起こされながらも、あ?まだ寝られる!と思ってまた眠りについていく。この感覚はやめられないかも・・・


[234]>183 コミックスによっては tough

版を重ねる時に修正が入ることがありますから、そういう場合は初版本に価値が出ることがあります。特に表現の規制などで作者の意に添わない修正が加えられてしまったような場合にその傾向が強くなります。必ずしも金銭的価値に結びつくとは限りませんが、初版を買うことにはそれなりの意義があると思います。


[235]旅行をしたい。毎年一度海外に、とか。 ttz

旅行好きです。

でもいろんな壁があってなかなか出来ません。

毎年一度海外に行く人っているじゃないですか。あれすごくうらやましいです。

金銭的にも、日程的にも、自分にとってはなかなか簡単なことじゃありません。

最終的には近場の温泉旅行になったりするんですけど、でもそれはそれで楽しいです。

でもやっぱり海外行きたい!


[236]世界で一冊だけの絵本 asukab

子どもの名前を入れて、オリジナル絵本にするサービスも利用しましたが、さらにうれしかったのは、某イラストレーターご夫妻が主宰するサイトでのオリジナル絵本制作です。

指定のポーズをとった子どもたちの写真を送ると、彼らが絵本の中に登場します。

娘は「妖精の国の○○○ちゃん」、息子は「ねずみくんと○○ちゃん」として、画家おなじみのキャラクターといっしょに絵本の世界に入り込みました。

お値段は高価ですが、彼らの笑顔の詰まった大事な大事な2冊になっています。


[237]子どもの頃に好きだった絵本 shimarakkyo

に最近ハマってしまっています。どれも絵が美しく、やさしく、愛おしく、読んでて楽しい。そして読後の余韻が何とも言えず、きれい、なのです。


今ぱっと思いつくだけで、


花咲き山

モチモチの木

泣いた赤鬼

ぐりとぐら

だるまちゃんとてんぐちゃん

ももいろのきりん

100万回生きたねこ

しろいうさぎとくろいうさぎ

手ぶくろを買いに

あたごの浦

三びきのやぎのがらがらどん

3びきのくま

しりたがりやの子犬とたまご

きりのなかのはりねずみ

スーホの白い馬

。。。などなど。


小さい頃両親に本当に山の様に本を読んでもらっていた事を、つい最近まですっかり忘れていました。


それがふとしたきっかけから思い出し、それ以来ハマりっぱなしです。そして読み返せば読み返すほど、この時読んでもらった本たち、そして、本を読んでもらったという事が「私を形づくっている」としみじみ感じます。


本当に、いい本を、たーーくさん、読み聞かせてくれた両親には心から感謝しています。


[238]図書館 fumie15

図書館に行くのが好きです。

かばんを持って目に付いた本をとっていくのがすきです。

本屋さんでは値段を気にしてお財布と相談しながらなのに、図書館では読み放題、借り放題。

図書館通いはやめられません!


[239]>100 なんで物語に出てくる食べ物っておいしそうなんでしょう? finch_009

昔住んでいた所の、近所にあったパン屋さんでは

ずらりと並んだパンの横に、カラスのパン屋さんが

飾ってありました。

美味しそうな記憶が蘇り、つられてつい買ってしまったものです。^^

あと、ぐりとぐらのフライパン一杯のパンケーキとか。(オムレツだったっけ?)

ドリトル先生シリーズも好きで、おおきな暖炉でジュウジュウ焼いて食べる

ソーセージとか出てくると、自分も真似してやってみたくなりました。

ああ、思い出すとおいしそう・・


[240]>27 手製のカバーです dayday

雑誌でみて、書店のカバーも環境にはあまり良くないかも知れないので、手製ブックカバーです。

それも着なくなったワイシャツの生地を裏地にして、端布で作りました。

あまり人様にこれです!!と見せられる物じゃないのですが、電車とかで書名を見られるのが嫌なのでその防止には良いかも知れません。

新書サイズは特に売られているカバーが少ないので、作るか・・・と製作しました。

革の端切れで作ってあれば、再利用で環境にもいいかもしれませんね、長持ちするし。


[241]>164 懐かしい・・・ rikuzai

ドラマCDを聞いていたなんて口が裂けても言えませんとも!


>やはり出版社の力がないと無理なんでしょうね。

いえいえ、「グリーン・ウッド」も「花ざかり」も同じ白泉社なんですよ。

どういう基準なんでしょうね。

一条さんは「砂の城」とかで注目されていたので、有閑倶楽部は企画としてあがってくるのはわからないでもなかったり。


ただ、「花ざかり」の設定を聞いた時「女の子が男子寮なんて随分懐かしい設定の話だな」と思ったんです。

竹宮恵子の「ナイーダ!」とか「オルフェウスの窓」辺りやグリーン・ウッド(まぁ、こっちは実際は男の子だけど)が頭にあったからなんでしょうね。


[242]>180 昔は月に10〜15冊 shimarakkyo

中学卒業するまでは、2週間にいっぺんは家族総出で本屋さんに行って、一人4、5、6冊は買っていました。今思うとありえない散財(出来ない!)です。

今は日本語の本が手に入らないのと現地語はどうしても読み進むスピードが遅いので月に2、3冊程度です。

あーでも、湯水の様に好きな本を手に入れることが出来て、おぼれるぐらい読みふけることが出来たあの頃は、幸せだった!

他の事もしてましたよ、もちろん!部活とか学校とか(^^)。なのになんであんなに時間があったんだろう?今思うと、謎です。


[243]家に遊びにきてくれたお客様に staples54

特別高いものではなく相手の嗜好に合わせてチョコレートやキャンディをセレクト。

会ってすぐだったり別れ際に渡したりする、プチギフト。

こぼれる笑顔が嬉しくて また次回会ったときに相手から逆にお菓子を貰ってしまったり。

これからもきっと続けてしまう、笑顔の連鎖する習慣です。


[244]>192 今年いくら使ったかは crocs

考えると恐ろしいですね。

本だけじゃなくてパソコン関係の品も結構買ってるので。

今年いくらアマゾンで買い物したとか表示されたら少しは控えると思うんですがそんな機能はつけてくれないですよね。

otayoriさんみたいに予算を決めていらないものを売らないと次の物を買えないってのはいいアイデアですね。


[245]>156 お宝! otayori

すごいですね。置く場所さえあれば、たくさん買いたいなぁ。

特にマイナーだけど、その分野の人にとって貴重なものもあるでしょうね。


[246]>233 正月休みの癖で sonnanokankeinee

二度寝したら遅刻しちゃったよ。

二度寝は気持ちいいけど時計を見た瞬間、

天国から地獄に落ちる感じがしたよ。


[247]>201 子供の頃読むのと大人になって読むのでは sonnanokankeinee

経験や考え方の違いで全然、感じ方が違う作品って多いよね。


[248]>232 もう一人! to-ching

エド・マクべイン・・「87分署」シリーズ!彼やチャンドラーの作品を読むとウイスキーが飲みたくなります。


[249]>122 ハチクロのドラマを見たのですが。。。 shimarakkyo

個人的にはあれは「無いなぁ」でした。芸達者な役者さんを揃えているとは思うのですが、一人一人が醸し出す雰囲気と言うか、空気が原作とも脚本とも噛み合っていない感じがしてしまって。。。


ハチクロはそれこそ、ン十年ぶりにハマった漫画だったし、「のだめカンタービレ」の素晴らしいドラマ化を見た後だけに、残念に思ってしまいました。第2話以降に期待はしますが、fumie15さんがおっしゃる通りの「イメージの合わなさに怒」ってしまうドラマになりそうで怖いです〜。


[250]>235 本当に・・・ to-ching

昨年4年ぶりに半径50km以上の旅行しました・・・金もだが、時間も無い。南の島に行きたい!こんなはずじゃ無かった


[251]>200 最近だと sonnanokankeinee

携帯小説が流行っている影響か、若いコがメールを書くような文体の小説がありますがああいう文体はどうも受けつけないのでどうしても今まで読んだことのある知っている作家の本を選びがちだね。

最近は、新しい作家の本を読んでみようって気持ちになかなかならないんだけよなぁ。

最近の人でオススメの作家っていますかね?


[252]本はいいですよね fumie15

あんなにコンパクトでありながら、私たちを別の世界に連れて行ってくれる。

こんな安い旅行はありません。

でも買いすぎると本が部屋を、家を占領するのでご注意を。


[253]>228 アンケート等に答え to-ching

それにポイントを毎日コツコツためることが大切!積み重ねです!


[254]>38 それに・・・ to-ching

あの独特のにおいは「老人臭」と同じだそうです・・・なんだかがっくり


[255]>247 あのときはわからなかった otayori

大学時代、授業に必要だけど難しくて困りながら読んだ文学、

今になって「こういうことを言ってたんだ」と気づく事があり

急に気になって探したらありました!読み直そうと思います。


[256]中東の諺 shimarakkyo

「本とは、ポケットの中に入れて持ち歩ける庭園(Book: A garden carried in a pocket. )」

というのがあるそうです。情感にあふれた、奥行きのあるすごく良い言葉だと思います。


通勤途中や、ちょいと出かける時にそれこそ文庫本をポケットや鞄に入れていく事が多いのですが、この諺を知ってからはその頻度が更に高くなりました。ついでに、出先でいらつく事があったり、疲れていたり(仕事帰り等で)、「余裕無いな〜」と思う時にこの諺を思い出して本を読むと、本当に「ちょっと庭園を散歩」してる気分になれて気持ちがゆったりします。言葉の魔術ですよね。


[257]>242 周期があり to-ching

物凄く読む時期と全く読まず雑誌ばっかりの日々、今は後者の時期、どうしてか自分でも判りません。


[258]>169 紙袋7袋で2400円はひどいね sonnanokankeinee

オレもこないだ売ったけど段ボール2箱分で1000円ちょっとだったけどね。

自分が売った本がいくらで売られてるのか、今度見に行ってみようかな。


[259]>256 色々問題になっている中東 to-ching

でも中々良い諺がありますね。なるほど・・・


[260]>253 そういえば fumie15

図書券がなくなって、図書カードになってしまいましたね。あの平安時代の女性が好きだったのに・・・。


[261]>251 海外の作家でも to-ching

この人好き!と思っても訳者が変わったとたん駄目になるのもありますね。


[262]>57 スーパー銭湯 sonnanokankeinee

自分の家の風呂もいいけど近所のスーパー銭湯の広い露天風呂でのんびり入るのも気持ちがいいよ。

体が疲れてると思ったら広い風呂でのびのびとゆっくり入ってると疲れもとれてリフレッシュできるよ。


[263]>249 私も見ました fumie15

まったく別の作品としてみれば面白かったと思うのですけれど、「ハチクロ」とタイトルがついててあれはないと思います。

あゆみはただの暴力女しか見えませんでした。

残念です。


[264]>75 行ってますよ? to-ching

厄払いも後一回を残すのみとなりました。嫁、子供全て神社行ってます。そうそう、厄年の親が子供を授かったら、その子を一度捨てるということがあるみたいです、勿論本当に捨てる訳ではなく、近所の玄関にちょっと置いてきて直ぐに、取りに行くのですが・・・。「捨夫」なんて名前の付いている人は親が厄年だったのかな??


[265]>262 疲れます! to-ching

全ての温泉やサウナに入るため、がっくり疲れ帰って寝ます。なんだか変でしょう?


[266]>263 見ました見ました teionsinonome

はぐが竹本くんと初対面のときに微笑みかけたじゃないですか、でもはぐだったらあそこは小動物のように逃げると思うんですよ その他いろいろアレ?ってところがあって、原作を溺愛している私はちょっと残念でした

あゆも・・・そうですね 今のところ暴力女なイメージかもしれませんね 来週のおんぶのところでイメージ変えて欲しいです!


[267]>231 メディアミックス過剰な気もしますね teionsinonome

原作が漫画でアニメ化、ドラマ化、さらに映画化!ってパターンが多くてさすがに飽きてきました

意地悪な見方かもしれませんが「売れてるから便乗しちゃえ」みたいな感じで出来上がったものが原作と全く違うものになってたりテンポがズレてたり

満足できたのって「のだめ」のドラマと「もやしもん」のアニメぐらいです・・・


[268]>259 中東の文化は色彩豊かで、華やかで、含蓄が深いですよ shimarakkyo

さすがは世界最古の文明の一つ(^^)、知れば知るほど面白くて、個人的には大好きです。


昨今は彼の国の猿顔の大統領のせいで、嫌なニュースに関連して取りざたされる事しか無い中東ですが、本来、公正で(もっそい他民族地域ですし)、心のあたたかな、揺らがない素晴らしい文化を持っている所と思います。


それほど知人が多い訳ではありませんが、「もてなしの心」がとても豊かな文化だなー、といつも感じます。訪ね来た人には必ずお茶やカルダモンの香りをつけたコーヒーで迎え入れるとか、ちょっとした事なんですがその心遣いの細やかな所が日本人と会うような気がします。


[269]>266 うわ〜、私も全く同じ事を思いました! shimarakkyo

はぐならあそこで微笑む事は無いですよね〜!本当にそう思います!

原作があるもののドラマ化、映画化は、あの「あれれっ?」という感情が起こってしまうのが悲しいんですよね。


[270]>234 電子マンガ type9

それでも、人気のあるのは、コミックスのあとに

文庫版、ワイド版、デラックス版なんて

次々に姿や形を変えて初版がでてきますからね。

最近では電子マンガなんてものにまで姿を変えてますから、

そうなると初版の意義は今後どうなるか・・・


[271]ヨガ・ピラテス asukab

家族でリラックスするときは絶対キッチンがリラックスですが、ひとりとなるとヨガ・ピラテスが欠かせません。

つまり、ヨガ・ピラテスマットの上がくつろぎ空間になります。

体をほぐすとそれだけで気持ちが和らぎ、呼吸といっしょに少々難しいポーズにも挑戦してみたい気持ちになってくるから不思議です。

平穏な気持ちが体から発せられていることがよくわかり、心地よい時間に浸れるのが最高。

今年はこの気持ちを子どもたちと共有したくて、年頭の抱負に彼らといっしょに楽しむことを挙げました。

この奥深さ、わかってもらえるかな?と、ちょっぴりどきどきしています。


[272]画集 asukab

大学時代に1冊2万円の限定版、立原道造画集を買うか買うまいか悩んだ末に購入しました。

パステル画と詩が合わせて掲載されたカラーの画集で、高い買い物だっただけに、しばらくショックというか、気持ちが高ぶってしまい平常心に戻れませんでした。

でもページを開くと、信州追分の自然がすうーっと目に飛び込んできて、それはさわやかな気持ちにさせられたものです。

学生時代ならではの思い出です。


[273]凄いおまじない、フグ中毒など to-ching

江戸時代と思いますが、今が旬のフグ、この中毒になったら土の中に埋めれば助かるとか、テンカン発作の場合は、頭に草履を乗っければ止まるだの、全く医学的に根拠ゼロの「まじない」が凄いですよね。


[274]>272 ザ・プライス・コレクション shimarakkyo

これがすっごく欲しいのですが、さすがに手が出ません。。。

画集、いいですよね。ぱらぱらとページを捲るだけで色々なアイディアが頭の中に飛び込んできて、楽しいです。


[275]>271 私は太極拳 shimarakkyo

むかーし、中校生だった頃に祖母の親友から「これは一生ものだから出来る様になっておけ」と言われて習い始めました。

終わった後の心地いい「体を動かした」感がたまらなく好きです。


ヨガとピラテスはどっかで習ったのですか?挑戦してみたいとここ数年思っているのですが、なかなか機会を見つけられずにいます。よい教室の見分け方、とか、ありましたら是非教えて下さい!


[276]猫のリラックス空間 tibitora

実家の猫はよくたんすの上などの高い場所で気持ちよさそうに寝ています。

ストーブをつけると暖かい空気が上に行くのでぽかぽかと気持ちいいみたいです^^

たまに落ちそうになったりもしていますが(^^;


[277]>270 アニ読め tibitora

電子まんが、見たことはないのですがCMで知っています。

バイブレーション機能で携帯が震えたり音が出たりするのもあるみたいですね。

でもやっぱりまんがは本の形で読みたいです^^


[278]>260 図書カード tibitora

図書カードは入学祝いとかにもいいですよね^^漫画も買えるし参考書も買えます(^^)

私も図書カードを買うときは金券ショップを利用しています、額面より安く買えるのは嬉しいです。

イエはてなさんのアマゾン・ギフト券にも感謝の気持ちでいっぱいです(^^*


[279]子どもたちと絵本の時間 asukab

子どもと一緒にリラックスする時間といえば、絵本を読むひとときです。

絵本には記憶のすべてが詰め込まれているので、それは特別なひとときになります。

自分が読んでもらった幼少期、ひとりで読んだ学童期、みんなの前で読んだ学生時代を経て、今は子どもたちと楽しむ時期。

といっても、娘も息子ももう一人で本を読む年代ですが、それでも絵本を一緒に読む時間は静謐でときに愉快な時間として今でも続けています。

忙しい彼らに時間を共有してもらうことにためらいもありますが、彼らも実はこの時間が好き。

絵本って読んでもらうと心地よいものなのですよね。

これは、「語り」の面白さ、心地よさに通じるものだと思います。

子どもはどんどん成長していきますが、一冊の絵本から感じ、語り合うことは心の栄養でもあるので、彼らが中学生、高校生(息子は今年、高校生)になっても絵本とのひとときは日常の中で大切にしていきたいな、と。

個人的に、彼らが小さな頃から記している絵本レビューも大事な思い出です。

絵本とのつながりは自分の原点でもあるので、たとえ一人になっても、この時間と記録は一生続くことでしょう。


[280]ぬりえも本と言っていいでしょうか? tibitora

甥っ子はぬりえとかも好きでよく部屋にぬりえの本がころがっていたりするんです。ふとどんなのかなと見ると、色の塗り方がほんとうに自由にぬっていたり、キャラのとなりに絵をかいて話を作っていたりと面白い楽しみ方をしています(^^)私が描いた絵もあげると色をつけてくれたりします(^^*


[281]攻略本や設定資料集 tibitora

好きなゲームの攻略本や設定資料集も集めているのですが、ゲームをクリアするまで読むのはおあずけにしています(^^;先に見てしまうと面白さが半減してしまうので見たい気持ちをこらえて表紙を眺めたり、キャラのページだけ見てみたりしています(笑)


[282]>17 私は寝る前の読書が好きです。 H-H

akilanoikinukiさんは「サプリ=本」という方程式がなりたちそうなくらいですね。

本が好きな方は幸せものですね。手に入りやすいし、持ち運びやすいですし。

たくさん持っていても、中毒と思われても、本を読むことは良いことですよね。


[283]>42 コーランって?! H-H

私も移動中に本を読むのが好きです。

遠い場所もあっという間に着くように思います。

かばんに潜めるのを忘れた日は売店で適当なのを買ったりもします。

それにしても、コーランを読むとどんな感じなのでしょうか。。。


[284]>45 本棚を自作 H-H

確かに既成品は隙間がたくさんできてもったいないと思うことがあります。

そして隙間にマンガを横に押し込んでぐちゃぐちゃになります。

自作だと無駄なく作れそうですね。


[285]>113 感性が豊かになりそうなグッズですね☆ H-H

>押し花や落ち葉などを間に入れて透かしの美しさを味わってもいいかなと思います

すごく素敵なのができそうですね。

香りのするものを少し入れておくのもよさそうです。

お子様思いのやさしさから出た発想ですね。


[286]>284 私も作りました YuzuPON

本棚の上にさらに文庫専用の小さな本棚を連結して乗せたり、本棚と本棚の間に横板を渡して雑誌収納用にしたり、色々やりました。

取り出しは面倒になりますが、たとえば机の下の奥など、探せばけっこう隙間はあるものです。あと、隠しておきたいような本は当然ベッドの下…ですね(笑)。


[287]>283 コーランは私も読みました YuzuPON

岩波文庫の日本語訳です。本当はコーランとは詠唱するもので読む物ではないのですが、とりあえず、なぜイスラム社会とキリスト教社会が対立するのか、その理由を知りたかったんです。

難解だし面白くもないのでなかなか読み進めず、ページを行ったり戻ったりしながらほぼ一年かけて読み終わりました。読了してわかったことは、イスラムとキリスト教は「同じ宗教」だということでした。どちらも全く同じ中東の一神教から発展してきた宗教で、元は同一です。信じている神様は全く同じ神様でした。コーランを読んでみて、そのことがよくわかりました。

けっきょく、イスラム社会とキリスト教社会が対立しているように見えるのは、ただ単純に政治的な枠組みとして対立しているだけでした。お互いが自分たちの信仰を深く信じているならば戦争なんか起こらなかったはずでした。キリスト教社会とイスラム教社会の双方の一番不信心な人たちが指導者になってテロと戦争のやりあいっこをしているという図式がよくわかりました。きっと真面目な回教徒やキリスト教徒の人たちは平和の回復を望んでいると思いました。これでキリスト教のカンタベリー大司教などが、同じキリスト教陣営のアメリカをイラク戦争のことで強く非難した理由がわかりました。

コーランは新しい教えから順に並んでいます。読み進むごとに古い時期のものになっていきます。新しい項目ほど長く難解なので、巻末から逆に読んでいくと理解しやすいようです。


[288]>278 イエはてなのAmazonギフト券はありがたいですね YuzuPON

私はくじ運が悪いので、めったに懸賞などに当たったことはありません。それがイエはてなに参加しはじめてから、もう毎月のようにAmazonギフト券をいただいてしまって…。まったく夢のようです。毎回、こんな私が本当に使っていいのだろうかと、ドキドキしながら使わせていただいています。本が買えるプレゼントは、私にとって最高のプレゼントです。


[289]辞書や辞典、電話帳などを使って押し花、押し葉 shimarakkyo

梅や桜など春の花や紅葉が余りにきれいだった時に我慢出来ずに拾ってきて、油取り紙で包んで「重たい本」の中に挟んでいました。外国に行ったばかりの頃は特に、日本が懐かしくて春になると学校に咲き乱れてた桜を必ず取ってきては本に挟んでいました。


私は本が捨てられない性分なので、それらの本は私と一緒に引っ越しをして今でも我が家の本棚にいます。たまに、本のページをめくっていると押し花にした事なんてすっかり忘れていた桜なんかがひょっこり顔を出して「おお、10年前の桜だ!」と懐かしく思い出します。それらはほとんどが色あせてぽろぽろになってしまっていますが、それでもいくつかは日記に貼り直したりして残っています。


[290]>267 たしかに便乗メディアミックスがちょっと過剰な気がしますね YuzuPON

今はさらにゲームが加わっています。マンガやラノベとゲームの相互乗り入れが盛んになり、さらにゲーム原作のアニメも多数。しかしその多くが原作となったメディアから入ってきた人たちには十分な満足を与えられていないようです。

「もやしもん」は私も見ていましたが、アニメの出来も悪くありませんでしたね。というかオープニングの実写の菌人形がかわいくて、それだけで私は満足でした(笑)。

でも同時期の「D.C.II」はいったい何だったのだろうと今でも頭を抱えたくなります。ゲームのサイドストーリーとしておまけDVDにでも入れるならあれでもよかったと思いますが、最終回直前まで焦点が絞りきれなかったあのストーリー展開では、最終的にヒロインとなった彼女(ネタバレになるので誰とは書きませんが)もかわいそうです。メディアミックスはもっと時間をかけてていねいにやってほしいという見本のような作品という印象でした。


[291]>287 あー私も読みました shimarakkyo

忘れていた、そう言えば(^^;)。高校の時にとりあえず、と思って新旧約聖書とコラーンは読んだ事があります。YuzuPONさんと違って私が出した結論と言えば「どれも説得力ねぇっっ!」程度のものでしたけど。コラーンの方がまだ読み安かった(読んでて情景が頭に浮かびやすかった)です。


[292]>230 いいですね YuzuPON

私も通勤時にはいつも本を持っていますが、街角で読むという発想はありませんでした。電車の中の暇つぶしではなく、屋外で読書を楽しんでみるというシチュエーションが本当に新鮮です。

読書好きが集まる公園や通りがあったら楽しいでしょうね。何となく集まっているうちに仲良くなって、お互いにお勧めの本を交換し合ったりするような姿を想像すると、なんだかわくわくしてきます。


[293]>224 もしかすると、もしかしたかもしれませんね YuzuPON

学園マンガの一シーンみたいなお話ですねぇ。いいなぁ、こういうの。toughさんはもしかしたらその時、ちょっと思われていたのかもしれませんね。同じ本を読んで感想を語り合ってみたかった、なんていう気持ちが伝わってくる気がします。

本の18ページ目に好きな相手の名前を18回指でなぞって、その本を持ち歩く

これなら手軽にできそうですね。男がやっても効果があるのでしょうか。


[294]>285 すごくいいアイデアですね! hanatomi

キッチン用の、オーブンシートですよね!

^-^

思い付きませんでした!ものすごくすてきでおしゃれなものができそうです。

優しい味わいが残りそうですね!


[295]>218 20世紀初頭の文学 YuzuPON

私は20世紀初頭の文学の発展が、いわゆる文明開化という大社会変革に左右されることなく、むしろその荒波がおさまってから、ゆっくりゆっくり開花していった点に注目しています。

もちろん文学も西洋化の波にのって百花繚乱の様相を呈しましたが、けっきょくは時流に飲まれることなく、作家一人一人の成長によって開花していったものだけが現代に残っていると思うのです。

その点で、時流に乗って次から次へと新しい作家が生み出されている今の文学とはちょっと違った、作家一人一人の個性が光る作品が読めるという魅力があります。

芥川龍之介はいいですね。有名な作品が多いですから、話の片鱗くらいはどこかで聞いているという親しみやすさも、読書欲をかきたててくれると思います。

シェークスピアも、舞台劇としての有名なシーンやセリフにたくさん触れていると思いますので、そういう片鱗が物語の核心とつながった時、あれってこれだったんだという発見がとても面白いと思います。


[296]>215 面白い!! YuzuPON

たしかに牡蛎は栄養豊富ですから、風邪を引いた時の栄養補給などにとてもいい食べ物でしょうね。その貝殻が風邪を治すおまじないに使われるのはとても面白いです。

鍵は、日本では近年の道具という印象がありますが、西洋では古くから使われていたのでしょうか。北欧神話には九つの鍵で封印された剣の話などがありますし、天国への鍵を持った聖者像などというのもよくあるようです。

ガキは…。風邪の時は遠ざけた方がいいでしょうね。私は小さいころ、風邪で休んでいた父の布団に潜り込んで、父は安眠できずに悪化するわ、私はうつって寝込むわで大変だったことがあります(笑)。


[297]>211 私たちも時の旅人ですね YuzuPON

時の旅人と時の旅人が、出会った記念に本を贈り合う…なんていうのもすてきですね。リチャードバックのイリュージョンはまだ未読です。これを機会にぜひ読んでみます。

こういうお勧め本の紹介も、時の旅人からの贈り物ですね。人との出会いから新たな本との出会いもある。とてもすてきなことだと思います。


[298]>186 私も持っています!! YuzuPON

そうそう。猫の親子の表紙の本ですね。もうぼろぼろになっていますが、今でもちゃんと持っています。かなり汚れてくたびれていますので、きっとよほどにお気に入りの本だったのだろうと思います。あとでまた改めて見直してみたいと思います。

私もいつか…。子供ができたら、一緒にこの本を見たいですね。自分が子供だったころと同じ本を見て子供が育っていくなんて、考えただけでほわんとなってしまいそうです。


[299]>185 雑誌のページが手作りの本に YuzuPON

わくわくするプロジェクトですね。手作りの楽しさも味わえるのが最高です。今の時代なら画像をスキャンしてデジタルデータとしてPCに保存しておく手もありますが、やはり保存性は紙媒体のままが一番ですし、デジタルデータとして取り込みたいほどの記事だからこそ原本もバックアップの意味で保存しておきたいと思うのが常ですから、こういう方法でコンパクトに保存できるのは本当にいい方法だと思います。


[300]>265 湯船 odorukuma

久しぶりに湯船につかったら、やっぱり湯船はいいなあとしみじみ思いました。


[301]>261 携帯小説はまだ読んだ事がないです odorukuma

面白い作品があるならぜひ読んでみたいです。

映画化した某作品はスイーツ(笑)と言われて散々らしいです。ここまで評価が低いと逆に読みたくなりますね


[302]>257 娯楽のための本は3?4冊、技術書は見つけ次第 odorukuma

お金があれば、もっと沢山買えるのですが・・・


[303]>291 たしかに… YuzuPON

宗教というのはまず信じることからスタートで、その経典は信じていることを前提に読んでいく物ですから、経典自体に説得力は無いですよね。私たちにわかるのは、ただそれを信じている人たちの文化的土壌の片鱗だけです。

でも、そういうところに注目して読んでいくと、信仰が成立する以前からずっと人々に支持されてきたであろう考え方の基盤みたいなものが見えてくるんです。たとえば旧約聖書でもコーランでも、旅人に対する手厚いもてなしの大切さを共通して教えています。そこから民族の違いを超えて助け合いながら共存してきた砂漠の民の歴史が見えてきます。

ほかにも旧約聖書とコーランを通して、様々な生活上の共通点が見えてきます。信仰的な教えを知るための文書としてではなく、民族文化史を知るための資料としての読み方をしてみると、聖書もコーランもなかなか興味深い書物ではないかと思います。

コーランの方が読みやすいというのは、コーランはある意味、砂漠の民の生活規範書みたいな性格を帯びているからでしょうね。これに対して旧約聖書は歴史書としての性格が強く、当時の地史的なことがよくわかっていないと、何が何やらわけがわかりません。聖書によくついている旧約時代のイスラエルの地図なんていうのもそういう理由からではないかと思います。門外漢には当時の歴史まで解説されている聖書辞典のようなものとの併読が必要みたいです。


[304]>264 一度捨てる applepink

それも聞いたような記憶が・・・。

厄年の人は神社などで身に着けているものを一度捨てるとか。


[305]>300 冬の湯船は別格。 ttz

特に今みたいな冬の湯船は格別!


[306]好き・オススメな映画は何でしょう? ttz

映画館で見るのも好き。自宅で見るのも好き。

レンタルして自宅で見る映画だったら何がいいでしょうか??

ベタベタですけど個人的には数年前のラストサムライがけっこう好きです。ニホンジンの心を静かに思い出させてくれるから。。


[307]>248 スティーブン・キング akilanoikinuki

子供の頃、怖いと思った事がそのままホラーになっているような作品が好きです。中には解かりづらいのもありますが、彼の文章は何度読んでもあきません。


[308]>304 特に何もしない Kumappus

ってのはあり?

厄年じゃないときに病気したことはあるけど、厄年はぴんぴんしてました。


[309]>268 すばらしい諺♪ vivisan

庭園なんてすごおくかっこいい響き♪

ホントにさすが世界最古の文明の一つですね♪ この文明大好きです。

「庭園」ともってくるところにすごおく味があるし、奥深い文化ならではこその言葉だと思います。

書を本当に大事にしているんだっていうのがひしひしと伝わってきます。

でも考えてみれば、本って心のオアシスだったりしますもんね♪いろいろイメージを膨らませていくんだけど、それは十人十色で・・。

この言葉私にとってすごい発見でした。一生覚えておきたい諺です。そしていつでも庭園をお散歩したいです♪shimarakkyoさん、ありがとう♪


[310]>286 参考にしたサイト Kumappus

http://www.coara.or.jp/~tt/books/bkshelf/bkfrm.htm

清く正しい本棚の作り方

それまで実は木工経験ってほとんどなかったのですが、かなりうまくできました。

次回もし大物を作るとしたら、やすりがけで死んだので(だから表面がちょっと汚い)

BOSCH(ボッシュ) 吸じんオービタルサンダー PSS 200A

BOSCH(ボッシュ) 吸じんオービタルサンダー PSS 200A

  • 出版社/メーカー: BOSCH
  • メディア:

オービタルサンダーは買うなり借りるなりしたほうがいいと思いました。

そういえば、

よつばと! (6)

よつばと! (6)

よつばと!のたしか6巻にもここに書いてあるような手順で本棚を作る話が出てきました。


[311]>307 司馬遼太郎、池波正太郎 vivisan

海外モノが続いたので日本の作家を。

もともと歴史が好きなので時代小説を読んでいたのですが、この大家二人は外せません。

最近は宮城谷昌光も好きです。


[312]簡単なリラックス法 Kumappus

1)全身に思いっきり力を入れて10秒ぐらい保つ

2)一気に脱力

これ何回か繰り返すとかなりリラックスできるんですが、ぼくだけ?

同じ要領で目をぎゅっとつぶって開く、だと目が休まるし。

たぶん、血の巡りがよくなるからなんだろうなと思います。

人間、体と心は一体なんですねえ。


[313]オリジナル絵本のプレゼント shig55

もうずいぶん前のことです。子供が生まれ、プレゼントに絵本をあげようと探していました。そこで見つけたのがオーダーメイドの絵本です。我が子の名前や生まれたときの様子、愛称や好きなことなどを伝えると我が子が主人公になった絵本を作ってくれるサービスがありました。ちょうどワープロが出始めた頃。本文の中のこれらのデータを置換することでオリジナルの本になる仕組みです。絵も男の子用と女の子用があって、あらかじめ物語に沿って印刷されています。そこに個人データに変換された物語がプリントアウトされるわけです。そして製本されて出来上がってくると世界に1冊しかない絵本となります。

出来上がってきた絵本を子どもに読んであげたとき、親である自分も物語の中に出てきて何となく恥ずかしかった思い出があります。でも、親が子どもの誕生をどんなに待ち望み、大事に思っているかを物語を通して伝えることが出来ました。

あの絵本は今は何処に行ってしまったのでしょう。本棚の片隅にあるはずです。あの赤ん坊はもう母親になる年齢です。この本を孫に読んであげたら、どんなことを感じるのでしょう。たのしみです。


[314]>274 しばらく気持ちが高ぶって平常心に戻れない気持ち staples54

とても理解できます。高価でもよい買い物をされたと思います^-^

私はアルフォンス・ミュシャの画集がほしいです。中学の美術の先生が所持されていたものを手にとって読んだときに大変感銘を受けて”私もいつか購入していつでも好きなときに開くことができるようになればいいなぁ”と、ずっと思っています。


[315]>308 年明けてすぐにお払いに行くのがよいとされるとか staples54

場所によってきっと変わると思いますが私が聞いたのはお払いの金額は5千円から気持ちで、時間は10分くらい らしいです。


女性は33歳の年に男児を産むと厄落としになるとききました。

あと、男性が厄年に家を建てると家にエネルギーを吸い取られて死ぬ(?!)などと恐ろしい話も聞いた様な・・・

本当かどうかは知りませんが、自分の親戚の人で厄年に家を建てて亡くなった方が実際にいます。


自分の周りではいった人は何もなく、いかなかった人が交通事故や病気などかなり散々な目に遭っていたりする話が割合が高いので

お払いに行っておきたいと思っています。


[316]>275 私には気功があてはまるかも vivisan

デトックスと一言にいってもいろいろありますけれど、体内では不要なもの・毒であるものを体外に排出するものですよね。

ホント?と思われるかもしれませんが、気功を習っているとき、わけもなく突発的にゲホゲホとなり、呼吸できないぐらいつらかったんです。先生には悪いものを出しているのだからそのまま出し切りなさいといわれました。

そのときは辛かったけど、その後は本当にすっきりしたんです。

気功をしばらくやっていると本当に心がおちついてリラックスした気分になれます。


[317]>316 特に名前はないストレッチ odorukuma

ストレッチをお風呂上りにしています。呼吸を意識してするとすごくリラックスできます


[318]>108 うわぁ。すてきですね。 hanatomi

火を囲んで、ゆっくりいろんなものと対話しながら、ほうじ茶を炒ったり、おもちを焼いたり。

ご飯も、電気で炊くのと、土鍋で炊くのは本当に味が違うから、お餅もおいしいんだろうなと思います。

焚き火で料理も楽しいですよね。

以前、たき火で焼き芋や焼きもちをしましたがとっても楽しかったです。火の様子を見ながら、うっかりまるこげにならないように動かしたりするのがまた楽しかったりして。


[319]>295 読書っていいですね。 hanatomi

本には本当に感謝します。それにしてもダイソーは名作も売ってるんですね。クラッシックでもいいものがあるのですが、本も要チェックですね。

古い文学は、そのものがかもし出す雰囲気もありますが、その当時の人々が何に心を置いていたとか、背景や、いろんなものが見えて楽しいですね。

昔の言葉を感じられるのも好きです。


[320]>97 こたつリラックス hanatomi

こたつだけは本当に楽しくてきもちいいですよね。

こたつとみかん、そして編みものや犬がいたり、年賀状書いたりテレビ見たり、ああ、いいですねー!


[321]>320 こたつは最高のリラックスですね helltaxi

冬はこたつと布団は最高のリラックス空間ですよね。

そう考えると夏って布団もこたつもないのでそういう場所ってないですよね。


[322]食後に絶対飲む珈琲。 ttz

この一杯、お酒以上、かな。


[323]>311 星新一にもう一票。 ttz

何冊も読みました。

「おーい、でてこーい」だったかな、一番好きです。

あっさり読みきれるところが最高!


[324]>244 アマゾンギフト券 helltaxi

最初、アマゾンを知った時は感動したものですがしばらく存在を忘れていてなぜか楽天ブックスで本をよく買ってました。

イエはてなでアマゾンギフト券をいただいたのがきっかけで再び利用を再開したのですがやっぱりアマゾンが一番使いやすいですよね。

使いやす過ぎて余計な本を買ってしまうこともよくあるのは問題ですけどね。


[325]家族で見るクイズ番組。 ttz

一人で見ててもなんてことありませんが、家族で見ると盛り上がりませんか?それぞれが自分の答えを何度も唱えるように答え、当たった時のその得意そうな顔ときたら・・・。


[326]>324 アマゾン未経験者です。 ttz

評判良すぎですね。

今度一回使ってみようかな。。


[327]>315 基本的に信じてないけど、でも言われるとなんか気になってしまう。 ttz

前後含めて厄年に悪い事が起こるとすぐ=厄だ!

神社でお払いしてもらった時は、なんとなくスッキリしたものです。

基本的に信じてないんですけどね。。。


[328]>301 おもしろいですね^?^ hanatomi

それぞれの人の、読み方って面白いですね。

私は、宮本輝と吉本ばななはほとんど読みましたが、あとはけっこう広がりがあります。

小説は作者で選びますが、ほかの本は、ジャンルで読みます。あるジャンルを知りたくなったら、そのジャンルの有名な本をうわーっと集めて乱読。全体のムードを掴みます。違う人の違う意見や生き方を読み取って、感心するのが好きなんだとおもいます。

人の違いが好きなんですよね。

最近のお薦めの本とありましたが、これはその人が今まで読んだ好きだった本と、その時のその人が求めている雰囲気が分かれば伝えやすいですよね。

私はもっぱら自分で探しますが、レビューを参考にしたり、自分の好きな本を好きな人が読んでいる本の系統を探したりします。

大ものにたまに当たると嬉しくなります。

検索で調べて、いつか読もうリストをつくるのも楽しいですよね。


[329]>250 こんなはずじゃなかったに一票。 ttz

全く同意見です。

半径50キロ以上・・・仕事でなら簡単に超えられそうな距離なのに。


[330]それでもやっぱり本屋さんが好き shimarakkyo

アマゾンは便利ですし、よくお世話にはなりますが、それでも実際に本屋さんに行って、平積みのタイトルに目をやり、お目当ての本を探し、ふと目についたタイトル/作者を思案し、そして実際に本を手に取ってぱらぱらとめくってみるあの時間には代えられません。


色々なタイトルを目にしながら手に取りながら本屋さんをぶらぶらする時間は私にとっては大切なリラックスタイムです。仕事帰りやお昼休み、週末など、ふと時間があると買う気もないのにふらふら〜っと立ち寄ってしまいます。


あ、本屋さんと言ってもツタヤなどのコンビニコンビニした店舗でも、紀伊国屋や丸善の様な「ビル丸ごと!」どーーんとした本屋さんはNGです。中規模だけど品揃えのいい本屋さんでないとリラックス出来ません(紀伊国屋や丸善はどちらかというと「遊園地」!)。


[331]>318 たき火で鍋なんて楽しそうですね helltaxi

鍋もたき火も大勢で囲んでわいわい話ながらすると

楽しそうですよね。


[332]>329 半径50キロ以上に出る!って、いいアイディアかも shimarakkyo

逆に「よし、半径50km以上の所に必ず行く!」と条件を設定して予定を立てるのも楽しいかもしれません。方角によって意外とバリエーションに富んだ経験が出来たりして?


条件は「50km以上」だけなのでグーグルアースで目星を付けて、行き先を探したりして。「京都に行かなきゃ」とか「箱根に行こう」とか、目的地を指定してしまうよりも面白いかもしれませんね!


[333]>330 好きな本屋 helltaxi

ヴィレッジヴァンガードは大好きな本屋です。

本屋ってよりは本も売ってる雑貨屋って感じですが。

大好きな本屋で過ごす時間ってのはアマゾン等のネットの

本屋で味わうことができませんよね。

アマゾンでも買いますけど、コミックとか雑誌等は

潰れてほしくない好きな本屋で買うようにと考えてます。


[334]>313 うちにもありました。 asukab

妹や弟は持っているのに、わたしだけなくて泣いてうらやましがっていました。

わたしが子どもの頃は技術的にまだなかった絵本です。

母が「すてきなアイデア」と感心していました。

その絵本を次世代に読んであげることも素敵ですね。

真心の伝承かな。


[335]>333 児童書・絵本専門店 asukab

アマゾンも利用しますが、大好きな地元児童書・絵本専門店もよく利用します。

店主さんは全米でも名の知れた、ちょっと有名な書店です。

家族経営で、お店の雰囲気はあたたかなお部屋そのもの。

ここのゲストルームには、世界中の有名児童・絵本作家・画家のサインやイラストが壁に書き込まれて(描き込まれて)いて、見ていると時間のたつのを忘れてしまいます。

作家・画家が店舗訪問をし読者と交わるので、こういう醍醐味はインターネット書店では味わえないですね。

それぞれのよさを吟味して利用すべきなのでしょう。

(でも、アマゾン自体シアトル本社なので、地元経済への貢献という意味で違和感はそれほどなかったりします。)


[336]>331 癒しの火 asukab

火は、確かに癒されますね。

匂いと色と、温かさと。

夏の楽しみはなんといってもキャンプファイヤ。

冬は暖炉で火を起こします。

火鉢というのは、風情がありますね。

骨董屋さんを巡って、日本風の火鉢が置いてあるか……興味が湧いてきました。


[337]>203 わたしも一票 asukab

詩的でイメージの浮かぶ情景描写が好きです。

翻訳から入った方らしい語感も、自分の肌にしっくり。


[338]>303 コーランとは、すごい asukab

まず知ってみるというのもいいですね。

自分は「論語」を全て読んでみたいと思っていますが、まだ高校時代の漢文以上に至っていません。


[339]>335 私も実店舗の本屋さんが好き TomCat

一番好きなのは古書店です。それも個人経営で、さらに店主がマニアの領域の本好きのお店なんかだったら最高です。そういう店って、何も会話を交わさなくても、こちらは品揃えや価格の付け方で店主の趣味が分かりますし、向こうも買っていく本の傾向で、しっかりこちらの趣味を見抜いてくれていたりします。そうするとある日突然、いいの入ってるよ、なんて声をかけてくれたりするんですよね。そういう本好き同士の以心伝心的コミュニケーションがあるお店、好きだなあ(^-^)

大型書店は主に専門書狙い。Amazonもよく利用しますが、私が欲しい本はAmazonでは取り扱ってないことがけっこうあって、そういう時にはどうしても幅広い書籍を取り扱っている大型書店に頼らざるを得ません。

街の小さな個人経営の本屋さんも好きです。以前のいわしで、同じ買うなら個人経営のお店で買い物をしたい、利益が会社ではなく直接個人に渡るお店で買い物をしたいという意見がありましたが、私もそれ、同感なんです。日本は今、企業にばかりお金が集まって、個人のお財布は全然豊かにならないという、あまり望ましくない景気動向になっています。だから、買い物はできるだけ個人のお店。特に本の場合はどこで買っても値段は同じですから、在庫さえあるなら、極力個人経営の本屋さんで買いたいと思っています。最近ほとんど見かけなくなってしまいましたが、まだ頑張っている本屋さんはありますから、そういうお店は応援したいなーと思っています。


[340]>312 寝付きが悪い時に効きますね TomCat

私は、どうも寝付きが悪いなという時に、ちょうどそれと同じことを布団の中でやっています。かなり効果抜群で、すやすやと眠れます。

精神的な緊張をほぐすのにも効きますよね。たとえばピアノを弾く時なんか、まずぐーっと両腕を上に伸ばすんです。そしてフッと力を抜いて鍵盤の上に手を下ろすと、一気に緊張がほぐれていい演奏が出来たりします。上手に弾けるかどうかは別問題ですが(笑)


[341]>309 ため息が出てしまうほどいい言葉です TomCat

「庭園」ですか。奥深い言葉です。アラブ世界は大きな砂漠を抱えていますから、きっとこの庭園という言葉には、見渡す限り砂ばかりの場所との対比も込められているんでしょうね。水と緑に恵まれて、あらゆる美しいものがそこに見いだせる場所、みたいな。

本はまさに、殺伐とした日本のような社会でも、豊かなオアシスの庭園ですね。別のツリーに「書を持ち街に出よう」というのがありましたが、私もポケットに庭園をたずさえて歩いてみたくなりました。アラブの文学なんていいですね(^-^)

鳩の頸飾り―愛と愛する人々に関する論攷 (1978年) (イスラーム古典叢書)

鳩の頸飾り―愛と愛する人々に関する論攷 (1978年) (イスラーム古典叢書)

最近読んだアラブの本では、これがけっこうお勧めです。イブン・ハズムは11世紀のコルドバの学者。「兆候」「成就」「別離」「忘却」という恋愛の流れを、美しい詩や教訓的な逸話を散りばめながら論考していくといった内容になっています。


[342]>306 海辺の家 TomCat

海辺の家

海辺の家

何度かイエはてなで話題になっていたので、見てみたんですよ。そして・・・・、感動しました。多くは語りません。家族を抱きしめたくなるような映画です。まだご覧になっていないようでしたら、ぜひどうぞ。


[343]>297 私も本を旅に出してみたくなりました TomCat

いいなあ、いいなあ、本が人から人へ旅をしていくなんて、まるでガラスの小瓶に手紙を付けて流すみたいなロマンがありますね。今の時代はもう、海にガラス瓶なんかを流すと叱られてしまいますが、本を人の海に流すなら大丈夫。私も本を旅に出してみたくなりました。

一般の書店では手に入りにくい小出版社の本とか、絶版になってしまったような本なら、日本国内で旅に出しても、きっと価値ありますよね。いつか巡り巡って自分に返ってきたら、どんなにうれしいでしょう。あるいはここで「私もやってみよう」と思ってくれた人が旅に出した本が回ってきたら!! うー、何の本を誰に渡そう。なんかすごく楽しみになってきました。

ところで、そのHさんが手にした本を最初に旅に出した人は、どんな人だったんでしょうね。今も旅人から旅人に手渡されて読み継がれていることを知っているのでしょうか。それだけで、一編の小説になりそうなストーリーがありそうですね。


[344]>296 牡蠣を食べると風邪をひかない TomCat

関西の友人が言っていました。彼の地元では「海の牡蠣と山の柿は風邪知らず」とか言うそうで、牡蠣と柿を食べていれば冬を健康で乗り切れると、昔から言い伝えられているのだそうです。そんな牡蠣ですから、貝殻も御利益あるんでしょうね。

鍵は初めて聞きました。でも鍵の形をしたお守り的なペンダントヘッドをなどを時々見ますから、なんとなく納得させられるものがありますね。

餓鬼は・・・・。その旺盛な食欲にあやかって、いっぱい栄養を付けて風邪を乗り切る味方になってくれるかもしれません。人間のお子ちゃまは、ちょっと遠ざけた方がいいかもですけど(^-^;


[345]>237 絵本、いいですよね asukab

わたしも子ども時代の絵本と絵本にまつわる思い出は宝物になっています。

自分の原点になっている絵本は

この絵本は母とよくゲームのようにして読みました。両親の思いがしみじみと伝わり、今でも幼少期の記憶を呼び覚ます大切な絵本になっています。そのほかには……:

時代性もあると思いますが、岩波と福音館の絵本が多いです。

あと、"The Cat in the Hat"のあの赤白しましま帽子をかぶったねこさんの初級読本シリーズも全巻ソノシート付きで揃っていたので、英語の勉強というよりは、イラストが見るのが楽しくて毎日見耽っていました。本当に、心から両親に感謝です。


[346]>294 これは楽しい!! TomCat

私は独身なので子供はいませんが、知り合いの子供さんなどへのプレゼントとして作って手渡したら喜んでもらえそうですね。今ちょうどダブルトレースがあります。トレーシングペーパーの厚手のやつです。ちょっと試しに作ってみましょう。中に入れる切り抜きを工夫すれば、大人向けの本の贈り物のデコレーションにもなりそうですね。


[347]>289 私も辞典で押し花を作ります!! TomCat

以前、すごく悲しいことがあって、もう浮かび上がれないんじゃないか、くらいに落ち込んでいたことがあったんです。そんな時、ふと四つ葉のクローバーの押し葉を辞書の間から見つけて、それがきっかけで、元気を取り戻すことができました。

そんなことがあってから、時間を超えた未来の自分へのエールのつもりで、時々押し葉や押し花作りを続けています。何かとても嬉しいことがあった日などに、その記念の意味も込めて。やっぱり押し花作りには辞典が大活躍ですね。特に新英和大辞典が大きくて重くてお気に入りです。


[348]>288 Amazonギフト券は、本以外も買えるからありがたい。 taknt

なんとか券ってけっこう限定される場合が多いので

使い道に困る場合がありますが、Amazonギフト券は、比較的いろいろ買えますので、たまったらたまに使います。

やはりコンピューター関連やゲーム機関連などに使う場合が多いですね。


[349]>338 だいぶちがうけど「徒然草」 Kumappus

吉田兼好、好きなんですよ。

あの現代に通じるちょっと皮肉で辛辣なものの見方、でもその背景にある人間に対するあきらめにも似た愛情(とでも言えばいいのかな、「しょうがねえなあ」みたいな感覚)が垣間見えるのが。

今で言うと「生暖かく見つめてる」でしょうか(笑)

あー、そうだ あれ 大昔のブログ ですな。


[350]>238 図書館で予約 asukab

子どもが小さな頃は、アマゾンで日本語の絵本ばかり購入していました。

(海外にいると便利さを痛感します。)

彼らが成長した現在は、地元の図書館を利用する機会が増えました。

書評誌(ウェブ上でも閲覧可能)で☆印付き(=推薦図書)のレビュー絵本を確認し、図書館に予約を入れて読み、ブログに自分の感想を記します。

インターネットで新刊予約できるので、すごく重宝しています。


[351]>349 古典の魅力 asukab

確かに、大昔のブログ。

随筆系はみなそうですね。

古典作品の魅力を、あらためて痛感します。


[352]>350 予約本がきた? rikuzai

いつ予約したっけ?というくらい前に予約していた本が昨日ようやく手元にやってきました。

大昔は館内に掲示、昔は電話連絡、今はメール通知とどんどん便利になっていますが、

人気本を「待つ」というのは今も昔も変わらず。

昨日喜び勇んで図書館に行くと、しばらく見ないうちにどんどん読んでなかった本も見つかって、結局あわせて6冊借りてました。

1週三冊ペースで読まないと・・・

でも「返さないといけない」というフラグがあるので、

蔵書本よりは積読率は低いのも私の図書館本の特徴。

早く色々片付けて読書に没頭したいです。


[353]お試し無料冊子・ご自由におとりくださいコーナー tibitora

本屋さんの「ご自由におとりください」コーナーに置いてある漫画のお試し冊子をよくもらってきます。発売前のいつくかのコミックスの第一話が載っていて、続きが気になったものは買ったり借りたりしています。あと好きな作品のポストカードやチラシがあると喜んでもらって帰っています(^^*


[354]>47 同じです。 staples54

でも、今年は心を鬼にして売れそうなものは古本屋へそれ以外はゴミ処理場に持っていこうかな?とおもっています。


[355]>347 電話帳で押し花 tibitora

子供のころ電話帳を使って押し花を作ったことがあります^^

10年前の桜はすごいですね!日記にお引越ししてもらって桜さんも喜んでいると思いますよ(^^)四葉のクローバーは見つけると押し花とかにしたくなりますよね、でもそのまま野原に残してあげたらたくさんに増えるのかなとも思います^^


[356]>352 読みたい本とCDが2週間借りれる staples54

地元の図書館は人気があっていつも駐車場がいっぱいなため、ぞろぞろと車の行列ができてます。新聞、雑誌も見放題だしコインロッカーも使用後に代金が返却されるため重宝してます。

唯一の要望としては”飲食できるお店・スペースが作られること”です。そうすればもっと長居できますので朝から晩まで居たいです。


[357]毎週・毎月の楽しみ、漫画雑誌 tibitora

好きな作品が連載している漫画雑誌を毎号楽しみにしています(^^)

少年漫画が好きなのでサンデーとか、そして好きな作品がアニメ化したときはすごく嬉しいです!

声優さんがキャラに似合う人だといいなと思ったり。地方でも放送があることを願ったりとドキドキです。


[358]>356 CDも借りられるんですか!? tibitora

最近は図書館でCDも借りられるんですね、知りませんでした。

たまに行くのですがうちの方の図書館にはCDは置いてないのか見つけられないだけなのか・・・。今度探してみようかなと思います。

飲食できるスペースができるといいですよね。一日のんびり出来そうです^^


[359]本や雑誌の付録 tibitora

子供のころ学年誌に付いてくる付録も楽しみでした^^ゴムでっぽうや立体めがね(赤と青のフィルムの)とか。今の雑誌の付録はCDやDVDまで付いていてどんどん進化しているなと思います。本誌と同じくらい付録も好きで楽しみです(^^*


[360]>326 一度使うとはまるよ sonnanokankeinee

最初はなんか面倒くさそうだなって思ってたけど

一度使ってみると便利さにはまるね。


[361]>336 火を見ると癒されるのは meganeotoko

動物の本能なのかな?

囲炉裏や暖炉ってストーブやエアコンと

違った温かさがあって好きだな。


[362]>358 DVDも借りられますよ rikuzai

少し前は視聴ブースだけだったりしましたが、

(暇つぶしの定番だった)

今は確か3本くらい一度に借りられたかと。

意外に本数もあったりして、古典なら大体観られそうです。


最近は児童書スペースにティーンズ系(コバルトとかホワイトとか)やラノベ(電撃とか富士見とか)がタワー陳列してあったり、

古典コミックも結構充実していたりで、図書館は一日いられますね。

でも飲食はちょっと…本を汚す人が必ずでてきそうなのと、

そうでなくてもおうちのない方がよくいついてらっしゃったりして数少ない椅子が占領されていたりするので。


ただ、ショッピングモール近くにある図書館もありますし、そんなに不自由ではないかな。


[363]>354 でも一冊一冊思い出があって fumie15

捨てられません!人からもらった本とか、これはがんばったときのご褒美に買った本。いろいろ思い出してやっぱり捨てられません。これでもかなりがんばったんですけれどね。


[364]>339 すぐに読める vivisan

私も本屋は大好きです。今時と思うかもしれませんが、やっぱり何が書かれているのかがわかってから買います。

amazonで本を見つけて、本屋にさがしにいくということも多いです。

あと本屋さんのよさは、買ったらすぐに読めること。どうしても欲しい本ってすぐ読みたいんです。なのでどうしても欲しい本は本屋を探してしまいます。

本屋さんの雰囲気が大好きなんです。何も買わなくてもいろいろと並べられているのを見るのも楽しい。新作の日を貼られている表でチェックしたりとかしているうちに1時間なんてすぐに過ぎてしまいます。

あと本屋はダンナとの待ち合わせによく使いました。

私もダンナも活字中毒者なので、本に囲まれているだけでも幸せという人間です。

●●駅のそばにある本屋とかが定番でした。

これだと時間をつぶすにはもってこいです。ちょっと探すのに苦労しますけどねw

相手が遅れても全然気になりませんでした。

やっと相手を探し出しても、「あ、ちょっと待って。いま●●の本さがしてるから」「それなら、ちょっと他のところみてくる」

そんなやりとりをしているうちにまた一時間経ってしまったり・・・そんなことはしょっちゅうでしたw


[365]>362 おうちのない方、確かにいますね・・・! staples54

ショッピングモールの近くにあったら便利そうです。いい環境ですね。

食事処が離れた距離にあるため、雨の日など特に移動が大変だったりします。

本を汚すことはしたくないので近場にお店が出来てほしいです。

CDですが新作はあまりなかったり置いてほしいもののリクエストの受付されていないものの、お笑い系のコーナーが充実しているので自宅で家族と共に楽しむことも出来たりします。


[366]今日は鏡開き rikuzai

最近は真空パックになったおもちのものも多いので「開く」ことはあまりないかもしれませんが、

(実際うちもそう)

元々刃物で「切る」のは縁起がくないので「開く」という言葉を使っているそうなので、

本来は手や槌で割るものなんですよね。

親に包丁で切ったと言ったら「縁起が悪いからダメ」と怒られました。


でも真空パックのおもちは乾かないのが売りで、割るなんてとんでもない。

それで去年はレンジでチンしてからちぎって食べられるサイズにしました。

みなさんはどうしていますか?やっぱり切っちゃいますか?それてももっとうまく食べやすい大きさにしていますか?


[367]>364 アマゾンも便利だけど helltaxi

家の近くに好きな本屋があるのっていいですよね。

電車の時間が合わなくて駅の近くの本屋でちょっと立ち読みしたら

続きが気になって結局本を買って電車で本を読みながら行くってのは

予定外だけどとても好きな時間です。


[368]>366 ですね applepink

やりましたよ?。

会社で。でも、イミテーションなので食べられません。

おうちでは焼いて食べます。


[369]>363 溜め込んでしまいますね applepink

で、あまりにも多くなったら売ります。


[370]>334 すてきですね applepink

小学校のときつくった記憶がありますが、

それを思い出してつくってみようかなぁ。。

なつかしい^^


[371]>321 こたつでリラックス crocs

休みの日は、朝起きてこたつで2度寝するのが幸せですね。


[372]>332 ちょっとした旅行でも applepink

前の日から用意をして、おやつを持ってでかけるのは楽しいですね。

ほんと、近くの温泉に行くだけでも少し遠出というだけで

わくわくします。

海外もいきたいなぁ?。


[373]一人暮らしはじめてのお客様 H-H

これは、友達が体験した聞くとちょっと幸せになるお話しなんです。


彼は大学へ通うために、田舎からでてきて一人暮らしを始めることになりました。

引越しを終えて一人でいるところ、初めて家のチャイムがなって、誰が来たのかと玄関をあけました。

するとスーツ姿の知らない男の人が立っていたそうです。


普通ならここで、用件を聞いて宅配でなければ門前払いのところなのですが、

男の人の話を聞く前に「狭いですがどうぞ、中へ中へ」と段ボールがちらかるワンルームの部屋の中へいれちゃったんです。


彼はお客様は部屋へお通しして、座布団を用意してお茶をださないとっ!と記憶していたことを忠実に実行し

最初の来客者にそそうがないようにおもてなししました。

お茶が入り話を聞くとふとんのセールスマンでした。


セールスマンも恐らくあまりに人がいい彼に驚いて気をよくし、セールスはせずに彼が初めて暮らす町のことや一人暮らしの注意事項、世間話などをしながら2時間くらい和やかに過ごしたそうです。


セールスマンがどれだけ驚いたか想像すると、今でもふきだしそうです。

それと彼は田舎のあたたかい環境で育ってきたんでしょうね。

いいひと。が暮らしやすい世の中であってほしいですね。


[374]>325 あります!! applepink

みんなで誰が一番最初に答えるか、で競争しあっています(笑)


[375]>246 二度寝 applepink

幸せの瞬間ですよね。


[376]>322 ランチのときは applepink

コーヒーのみますが、ほっとしますね。


[377]>371 こたつで寝るとき applepink

最高にしあわせ?


[378]>319 シェークスピア applepink

たまーに読みますが奥が深いので1冊を何度も読んでいます。

3回くらい読むと面白みがよりわかります。


[379]>317 ちょっとだけ。 applepink

たくさんストレッチをしても続かないので少しだけやるようにしています。


[380]>314 ほしいけれど applepink

やっぱり、新品は高いです^^;

古本屋とかで安く売られていたらたまに画集を買っています。


[381]>367 あの本屋の雰囲気が好きです crocs

本屋行くとトイレに行きたくなる人もいるみたいですが

私はあの他の店にはない独特な雰囲気が好きです。


[382]>310 私も。 applepink

ちょっとしたものなら作れます。

工作の延長ですね。


[383]>305 スーパー銭湯 applepink

ひろいから、人がいないときは泳いでしまいます(笑)


[384]温泉 sayonarasankaku

リラックスするのに、自宅のお風呂もいいんですけど、

温泉もいいですよね?

あんまり混んでなくて、ひなびた温泉に

「極楽、極楽」なんて言いながら、ゆっくりつかりたいです。


[385]>327 厄払い applepink

大厄の場合は1万円だそうです。

地域差があるのかな??

某サイトで男児を産むと厄落としになるという話を最近しりました。

厄年に家を建てるのもだめなんですかぁ・・・。

縁かつぎかもしれないけれど、そういう話は知っておきたいですね。

でも、お払いをしてもらったらすっきりするのは

気のせいなのでしょうか(笑)


[386]>373 いい話ですね。。 hanatomi

読んで心がほのぼのしました。

すごいな。2人ともとってもいい時間だったんでしょうね。


[387]>384 もちろん dankichik

泳ぎますよね??

まあ、実際には泳ぎませんが、誰もいない広い浴槽、、泳ぎたくなっちゃいます。


[388]>368 冷凍 hanatomi

冷凍すると長持ちしますよね。

テレビでは大きな押し切りでひらいていましたよ。


[389]>387 温泉行きたいです helltaxi

温泉大好きなんですがなかなか行けないです。

広い露天風呂でリラックスしたいですね。


[390]>389 家族風呂または混浴 matakiteshikaku

最近では、部屋に温泉がついているホテルや住宅もありますよね。

ヒノキのお風呂なんていいですね。


[391]>93 DVDも dankichik

DVDもずいぶん安くなりました。私は名画系の500円のものを買いあさってます。借りるよりもお得な気がするし。


[392]○最高のリラックス空間は? nanairokamen

○TV、ラジオのない空間にクラシックの流れるお部屋!

癒されます!


[393]家族が寝てから・・・ sayonarasankaku

今まで、賑やかだった居間が静かになって、ちょっとリラックスの時間です。

パソコンをしてのんびりするのが、自分ではクールダウンの時間だと思っています。


[394]美容院 helltaxi

行きつけの美容院なんですがもう何年も通ってるせいか

順番を待ってる間も髪を切ってもらっている間も

ずっとリラックスして過ごすことができます。

シャンプーしてもらうのも気持ちよくて

毎回行くのが楽しみだったりします。


[395]>394 わかります! odorukuma

お気に入りのショップやスタッフさんを見つけると、特に行く必要がなくても通ってしまいます。

お話するのも楽しいですし、<もてなされてる>という感じがして好きです


[396]>386 セールスマンもびっくりですね odorukuma

思わず笑ってしまいました。

毒気抜かれるというかなんというか(笑


[397]>372 ホテルの雰囲気が好き odorukuma

旅先ではホテルに泊まるのが一番の楽しみです。手の行き届いた素敵な部屋、美味しい料理、それになりよりホテリエさん達の接客にいつも感動します。もてなしたいと思われる客になりたい(笑)


[398]>365 夜10時まで開いていたら・・・ odorukuma

すごく助かります。毎日仮に行きたいです。

新しく出来た図書館はいかにも近代的な作りで綺麗ですが、町の古びた図書館も味があっていいですよね。

図書館の司書、空きがあればやりたいなぁ(笑


[399]>398 ネット予約 hanatomi

ネットで予約できる図書館もあって便利ですよね。

夜まで空いていないですよね。仕事があるともっぱら土日になってしまうんですよね。


[400]>397 プチ旅行 hanatomi

旅行っていいですよね。でも忙しい。なのでプチ旅行よくしていました。

出張で電車に乗ってそのまま帰宅のときについでにそのまま足を伸ばして観光地にいっちゃったり、車で移動のとき、帰りにそのまま高速飛ばして海に行って夕陽をただながめたりしていました。

ほんのとなり町でも、気分転換になりますよね*^-^*


[401]>381 つぶれないように、みんなで支える hanatomi

小さい本屋さん、古本屋さん、いつまでも残っていてほしいな。

学生のとき、絵本の置いてある喫茶店があって、絵本コーナーと喫茶コーナーがあって大好きだったのにつぶれてしまって。

『ちいさくて、いいおみせはつぶれないように利用する』のって本当に大事だと思って、今もお金を使うときはできるだけそのお店の人にお金がいくお店です。(ちいさいお店。)


[402]>400 シティホテルと温泉旅館。 ttz

どっちがいいかと一概には言えないけれど、オシャレなシティホテルよりも、温泉旅館の方が雰囲気もあるし、旅行!って感じがして最近は好きですね。

夕食は部屋出しであれば尚更良いですね。


[403]>390 部屋に温泉が付いている部屋は高くて泊まれないけど。 ttz

家族風呂は気を遣わずにのんびり出来るから大好きです!


[404]>376 ランチの後は眠くなるので。 ttz

コーヒーを飲んで眠気を吹き飛ばして、午後のお仕事へ。

でも眠いんですけどね。


[405]>374 家族団らんにもなるし、勉強になる事も多いし。 ttz

頭の体操にもなるし、いいことだらけです。


[406]>342 ありがとうございます。 ttz

観た事ないです。聞いたことも無かったです。ぜひ、次のレンタルビデオ訪問時に借りてみます!


[407]>396 ほほえましい♪ vivisan

相手がどうであれ、彼はおもてなしの心をしっかりと身に付けている人なのですね♪

こういう人だからこそ、セールスもなしで、逆にその町の情報を得られたのですね♪


[408]>401 本屋さんは街の文化拠点です momokuri3

私は屋外で読書をするのが好きなので、街の本屋さんをよく利用します。小さな書店は品揃えは少ないですが、本当に本が好きなご主人の経営している本屋さんには、何かしらその本屋さんだけの特色があるものです。そういう本屋さんは街の文化拠点といえる存在ですから、いつまでもその使命を担ってがんばってほしいと思っています。本屋が一つ潰れるのは、街の文化の火が一つ消えてしまう事だと思います。

それに、会社に雇われるのではなく、一国一城の主として、自分でお店を経営するというのは夢があります。もし自分が何かのお店を開きたくなった時に、そういう個人経営が通用する社会でないと困ります。だから、チェーンの本屋さんより個人の本屋さん。会社組織に組み込まれなければ仕事ができないような国にはしたくありません。


[409]>382 大物の自作は難しい momokuri3

本棚のような大物になると、仕上げのていねいさで大きく印象が変わってしまいますから、本当にやすりがけで全精力を使い果たしますね。既にていねいな表面仕上げが施されている板を使う手もありますが、隙間をいかした特殊サイズの物を作ろうと思うと、なかなかそうもいきません。

私もそういう本棚を作ったことがあります。サンダがなければとても作る気になれない作業でした。でも私のサンダは安物で集塵機構が付いていないので、真っ白けになりながらの作業でした。その後のお風呂がいつになく気持ちが良かったのは言うまでもありませんwww


[410]>380 展覧会で買います momokuri3

画展に行くとたいていカタログ的な画集が売られていますので、そういうのを買ってきます。でも販売目的ではない、美術館の所蔵品を展示する展覧会などの画集はとてもいい出来のことが多く、たいてい並製本の安価な物ですが、後で見ても十分満足できる保存版になってくれます。書店では買えないレア物なので、それもうれしいところです。


[411]>378 古い文学はいいですね momokuri3

娯楽として読もうと思うとどうしても新刊ばかりを追いかけがちですが、明治の文豪たちの作品も読み始めると楽しく、けっこうはまってしまいます。

有名な作品は一部分だけを学校で読まされたり、あらすじだけ聞かされていたりするので、そういうのがかえって手に取る機会を奪っているのかもしれませんね。でもその思い込みを取り払って読み始めてみると、新刊と変わらない新鮮な気持ちで読んでいくことができると思います。


[412]>369 私も本は手放せません momokuri3

私は手持ちの本を売ったという経験がありません。本とお別れするのは、とても寂しく悲しいことのように思えてしまうんです。さすがに多くなりすぎると手に負えなくなりますので、そういう時は大切に読んでくれる人にあげることにしています。でもできるかぎり、気合いで新たな収納場所を開拓しています。


[413]>361 いいですね momokuri3

火鉢や囲炉裏、西洋の暖炉。どれもただの暖房にはないプラスアルファの癒しがありますね。そして調理に使える火を兼ねているのも大きな特徴だと思います。私の家は物ばかりが多いので、なかなか家の中で火を使うことができません。火鉢や暖炉が楽しめる広さがほしいです。昔は、物量的には今に比べて恵まれていなかったかもしれませんが、家の中で火が使える広さには恵まれていましたね。現代人は物量を選んで、空間の豊かさを捨ててしまったのかもしれません。考え直してみたいですね。


[414]>359 ありましたね!! momokuri3

あの付録が楽しみでした。本誌なんかそっちのけでまず付録作り。ろくに本誌の説明を読まずに組み立てるので、たまに大失敗をすることもありました。

子供に作る楽しさを教えてくれる付録は、とても貴重な物だと思います。将来子供ができたら、そういう雑誌をいっぱい買ってあげたいですね。でも私の方が熱中してしまいそうで心配ですwww


[415]>355 私も電話帳で作りました momokuri3

そしたらある日、押し花作り途中の電話帳がなくなっていました。どうしたのと聞くと、新しい電話帳が来て、配る人が古いのを回収していったと…。がびーんです。でもちゃんと中を確認してくれていて、作り途中の押し花は、別の本に挟まれていました。その押し花は今でも別の本に挟まっています。ずっと本の間に挟んで保存しているので、今でもかなりいい保存状態です。ちょっとした思い出の花なので、時々本を開いて眺めています。


[416]>353 私もよくもらってきます momokuri3

あと、これから出る本をまとめた目録とか、そういうのも好きでよくもらいます。ポストカードやしおりはレジの横にあることが多いので、何かを買わないと、ちょっともらうのに勇気が要りますね(笑)。


[417]>48 トイレで読書 kyou_mii

雑誌とか漫画だったりすると、繰り返し読んでもいいですよね。

トイレ以上に集中して本が読める場所は無いですね、私はw


[418]>351 昔のブログ momokuri3

たしかに!!私は更級日記が好きでしたが、あれが今公開されていたら、菅原孝標女はさしずめアルファブロガーですね。でも、終わりが寂しいんですよね。伴侶の俊通が死去して、子も独立して孤独になって、そして更級日記は終わりを告げていきます。今ならきっと、さらちゃん(菅原孝標女のハンドルw)はどうした?なんていうスレッドがあちこちの掲示板に立てられそうですね。そんなふうに、古典を今の時代にタイムスリップさせる気持ちで読んでいっても楽しいかもしれませんね。


[419]>323 恩田陸 kyou_mii

全部読んだわけではないですが、とても面白いです。

おススメですよぉ。

ちなみに私も宮部みゆき大好きです!


[420]>412 同じく、本を売れません kyou_mii

何回も読むわけではないですが、その本を所有しておきたい気持ちがありますよね。

気持ち、とてもよくわかります。


[421]>348 本当ですね momokuri3

Amazonギフト券は店舗出店型のマーケットプレイス参加業者の商品にも使えますから、かなり幅広い買い物が可能ですね。PC関係やゲーム関連なら、よほどに特殊な物でなければほとんどAmazonで探せる気がします。

最近はアパレル関係や靴まで取り扱っていますからね。Amazonギフト券の威力はすごいものがありますね。


[422]>346 いいですね momokuri3

自作欲をそそられます。こういうかわいい工作もいいですね。親戚の子供に何か作ってあげようかなぁ。贈り物としては本がメインですから、喜ばれる本さえ選べれば、工作の方ですべることがなくていいですね。


[423]>408 たしかにアマゾンは便利ですけど helltaxi

街の本屋さんがなくなってしまったら嫌ですね。

一番いいのはうまく両方使い分けられるといいんですけどね。

なかなか難しいですね。


[424]>417 どこから読んでも、繰り返し読んでも面白い本 helltaxi

を数冊トイレに置いてます。

雑誌なんかもいいですね。


[425]>406 アレクセイと泉 finch_009

チェルノブイリ付近の村に住む人々の、ドキュメンタリーです。

自然にあふれる美しい村の、坦々とした普段の生活が描き出されています。

土に根ざした生活の中に、ユーモアや思いやりが溢れています。

最後にながれるテロップで「えっ」と思い、もう一度見直したくなります。

無言の説得力、とでもいいましょうか。

私は何度でも見たい作品です。

レンタルはツタヤで借りれそうです。でも、1月17日までって書いてあった・・

http://www.tsutaya.co.jp/item/movie/ve_ks00000001.zhtml?pdid=100...

アマゾンで調べたら在庫切れでした;スミマセン・・一応アドレスを張っておきます

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%...

ご参考までにどうぞ。


[426]>343 私もです!! momokuri3

私は本が手放せない性分なのですが、手放すのではなく旅に出すならいいですね!!みんながそれぞれのお勧め本をどんどん旅に出していったら、どんなに面白くなるでしょう。絶版になってしまったような本なら出版社や書店に迷惑がかかることはありませんから、大っぴらに運動を広げていっても大丈夫だと思います。まずは学校や職場などから始めてみたらどうでしょう。


[427]>341 本当にいい言葉ですね momokuri3

さすが、かつては交易で栄え、異文化の交流拠点ともなっていた中東のことばだけのことはありますね。今は政治的な思惑からアラブ社会を野蛮で遅れているように印象づけるような風潮があるように思いますが、本当はとても成熟した文化のある、すばらしい所だと思います。

私が書を持ち街に出ようの張本人です。これからは庭園をたずさえて歩く気持ちで、本を持って歩きたいと思います。心がとても大きく開かれていきそうです。


[428]>340 いいことを知りました! momokuri3

今ちょっとやってみましたが、たしかにこれは効きそうです。力を入れすぎて今ちょっと腕が疲れていますが(笑)、気分が爽快になりました。こういうリラックス法を知っていると、いつでもどこでも自分の居場所がリラックス空間になりますね。


[429]>424 出てきてくれない・・・・ sayonarasankaku

私もトイレの中で本を読んだりしますので、リラックスできるのはよくわかるのですが、

息子が入ってしまうと全然、出てきてくれないのです。

トイレの中の本を読んでたり、別口でマンガを持ち込んでることもあります。

あんまり、ゆっくりしてるので、

こちらも入ってるのを忘れててトイレに電気がついてるのを見て、

『まだ、入ってるの!?』とビックリする事がよくあります。

その間に用を足したくなると2階のトイレに行くものの、どうも落ち着かないです。(笑)


リラックスも他の人とのタイミングなど重要かもしれません。


[430]読み終わった後のひととき sayonarasankaku

その世界に入り込んでしまうほど、気に入った小説は一人落ち着いて読みたいです。

とくに、もう読み終わるそうだという時は、なおさらです。

このときばかりは、家族のいない一人のときに読みたいのです。

物語が終わってからの切ないというか、シンとしたひとときをしっかり味わいたいのです。

本の世界から現実に戻されるまでのわずかなひとときがとても貴重なものに思えます


[431]>429 大家族の場合は crocs

難しいですね。

時間帯によってはトイレの前に行列ができそうですね。


[432]>423 街の電気屋さんやお肉屋さんみたいに crocs

街の本屋さんがなくなったらさみしいですね。

ビル全体を店舗にして階数によって取扱ジャンルが

違う大きい本屋さんも見ていて面白いですが

街の小さな本屋さんの雰囲気も好きなんで是非

いつまでも残って欲しいですね。


[433]>431 せまいから? odorukuma

トイレって落ち着きますよね。どうして落ち着くのかな。クローゼットや屋根裏も好きなので、私にとっては狭い所=落ち着くような気がします。


[434]>413 火鉢だったら crocs

そんなに場所をとらなくてもいいので置けそうです。


[435]>403 日帰りでもいいので温泉に入りたいです。 crocs

ホントは旅館で1日何度も入ったりして

のんびりしたいですけどなかなか難しいので

日帰りでもいいんで温泉に入りたいです。


[436]>91 お手頃に dankichik

みかん、近所のスーパーで安いときにまとめ買いしています。ビタミンC補給に最適とのことなので、美容・健康目的でせっせと食べてます。おかげで今年は風邪知らずです。


[437]>357 定期購読 dankichik

私も定期購読している漫画雑誌があります。発売日近くなると楽しみで仕方ない!一年分くらいとってあるので、ときどき一気に遡って読むのも楽しいです。


[438]>434 火鉢、いいですよね TinkerBell

でも換気に注意しないと一酸化炭素で大変なことになりそうです。

障子があると、ちょっとガラス窓を開けておいても寒くなくていいですね。

TomCatさんは後から障子を取り付ける改造をしたんですよね。

だから炭火が部屋で楽しめるようになったんですよね。

すごいなぁ。いいなぁ。私もそんな作りの家に住みたいです。


[439]>432 本屋さんがなくなってしまったら寂しいです TinkerBell

というか、うちの近所の個人書店は全滅してしまいました。

子供のころ、よくまんがとか買いに行ったのになぁ。

今では、わざわざ駅前のビルまででかけないと本が買えません。

個人のお店がなくなると、街がさびしくなるだけじゃなくて、不便にもなりますね。

個人のお店、私も応援したいです。

お店のためだけでなく、私たちの暮らしのためでもありますから。


[440]>438 たしかに換気に気をつけないと helltaxi

危ないですね。

なるほど障子だとそういう使い方もできるんですね。

しかし、障子がある家ってのもいいですよね。


[441]>430 わかります! TinkerBell

特にラストシーンは、ゆったり時間がとれる一人の時を選んで読みたいですよね。

本は、読み終わった後の余韻の時間が一番のハイライト。

長編は、それを味わうために読むといっても過言ではないですものね。

主婦ってなかなかそういう時間が取りにくいと思いますが、

誰にもわずらわされない自分だけの時間、がんばって確保しましょう。

それがきっと家庭の円満につながります。

男の皆さん、よろしくね!


[442]>78 やっぱり自分の部屋が一番ですよね TinkerBell

一人の時間をゆっくり楽しめる自分の部屋が、一番のリラックス空間ですね。

私はその中でもベッドの上がいちばん落ち着きます。

イヤホンのプレーヤーで音楽を聞きながら、本を読んだり編み物したり。

でも母は自分専用の部屋を持っていません。

寝室が母の部屋兼用です。

誰も入ってこない一人だけの部屋がほしくないのかなぁと思ったら、

あそこは私の部屋よ、夜だけお父さんを呼んであげるのよと笑っていました。


[443]>104 いいなぁ!! TinkerBell

まるで映画のシーンみたいです!!

ベッドで愛するご主人様と並んでコーヒーと読書なんて、いいなぁ、いいなぁ。

何も語らず、ただ一緒にいるだけで幸せを分かち合えちゃうなんてすてきです。

とても落ち着いた大人の雰囲気です。

私もいつかそんなすてきな朝を迎えてみたいなぁと思います♪


[444]>117 猫のゴロゴロは TinkerBell

何か特別な癒しの波動を出しているみたいな感じですね。

私もほんのしばらくの間でしたが猫と一緒にいたことがあって、

ゴロゴロ鳴る喉の音を聞いていると、うとうとと眠くなってきたのをおぼえています。

それは幸せな幸せなまどろみでした。


[445]>441 もうすぐ読み終わってしまう odorukuma

もうすぐ読み終わってしまう、と思える作品に出会えるとすごく幸せです。

まだこの話を読んでいたい、もって読んでいたいと思える作品を


[446]>435 入浴剤で我慢 odorukuma

温泉に行く機会はなかなかないので、入浴剤で我慢しています。

冬、雪の降るときに露天風呂に入りながらゆったりしたいです


[447]>402 バックパッカー odorukuma

2?3日の休みがあるなら、自分の足で旅するというのもいいですね。

自分の住んでる場所周辺でもいいですが、どうせなら、秋口の京都や夏の北海道・・・というのもいいですね


[448]>444 和みますよね odorukuma

猫を見ていると和みます。

飼いたいなぁ


[449]>433 誰にもジャマされない kyou_mii

大家族の場合はわかりませんが、基本的にトイレは誰にもジャマされないってのが約束された空間ですよね。だから安心するんだと思います。


[450]>439 うちの町の本屋さんも壊滅しました Fuel

個人経営の書店は軒並み閉店に追いやられてしまいました。

今うちの近所で唯一存在している個人商店といったら花屋が一軒あるくらいでしょうか。

みんな地元で買い物しないのかなぁ。本当に淋しい限りです。

個人のお店がまだ残っている所は、本当に応援してほしいと思います。

大企業でないと経営が成り立たない社会になって困るのは私たち庶民ですから。


[451]>428 効きますね Fuel

私もやってみました。これは効きます。いい感じです。

いつでも何の道具もいらずにできるのがいいですね。

これなら会社でもできます。

それに、手軽にリラックスできる方法を知っているという安心感だけでストレスが消えていきそうです。


[452]>425 見てみたい! Fuel

原発事故で強制移住地域に指定された村で生きる人々のドキュメンタリーですか。

坂本龍一が音楽で参加している点も見逃せませんね。

坂本龍一は自然や平和を守ることにも熱心な人ですから、

きっとこの作品の音楽も心を込めて作ったことでしょう。

TSUTAYAでレンタル可能ですか。

でもこういう作品なら友人知人にも見てもらいたくなりそうですから、

購入してしまってもいいですね。検討してみたいと思います。


[453]>452 ほんと、これは興味深いですね TomCat

「アレクセイと泉」、これは私もまだ見ていません。ぜひ見てみたいと思います。

rakuten:neowing-r:10108934:detail

楽天なら買えるお店があるみたいですね。

rakuten:book:11029860:detail

本も出ているようです。

本橋成一さんの作品では、私は写真集「炭鉱(ヤマ)」

炭鉱(ヤマ)―本橋成一写真集

炭鉱(ヤマ)―本橋成一写真集

で大変感動させられました。きっと「アレクセイと泉」も予想を裏切らない秀作だろうと思います。見てみます!!


[454]>450 街の文化と、地域の経済と、そして私たち自身の暮らしを守るために・・・・ TomCat

Amazonも便利ですし、大型書店の品揃えの豊富さも魅力です。でも、地域に本屋さんがあるなら、まずそこに足を運んでみましょうよ。そして在庫があったらそこで買いましょう。

雑誌も、地域に本屋さんがあるなら、そこで買いましょう。定期購読にすれば無料で配達してくれる本屋さんもあります。もしそういう本屋さんがあるなら、特に子供さんの雑誌などは「届く」楽しみがプラスされて、とても子供が喜びます。

これからは高齢化社会の時代。昔のお店を思い出してください。おばあちゃんとかがお店番してませんでしたか? そういう働き方が難しい時代になってしまったから、年齢構成の変化による国民経済への深刻な影響が懸念されてしまうんです。だから増税だ増税だと騒がなければならない世の中になってしまったんです。

ちょっと前までの日本は、農林漁業と個人商店で成り立っていました。家族それぞれが一人一人に見合った力を出し合いながら、家の収入を得てきたんです。そこでは若い人も高齢者も、みんなが現役でした。そういう社会なら、少子高齢化なんてなにも怖くありません。

農林漁業の復活はちょっとやそっとでは難しいですが、個人商店の復活なら簡単です。みんなが、小さなお店で買おう、その方が社会に貢献できるお金の使い方になるんだよ、と考えるだけでいいんです。

特に本屋さんはどこで買っても全く同じ物が手に入るわけですから、在庫さえあるなら地元の本屋さんを利用した方がぜったいお得です。読みたい本がすぐに読めて、街の文化も地域の経済も守れて、今後の高齢化社会に対応する社会作りにも役立っていくお金の使い方ができる街の本屋さん。もう一度みんなで見直していきましょう(^-^)


[455]>449 ちょうどいい広さだからじゃないかな? meganeotoko

手を伸ばせば手が届く範囲に全てがあって

便座は温かく静かで誰にも邪魔されない空間。

よく考えたら他にこんな空間はないよね。


[456]>454 アマゾンと街の本屋というのは meganeotoko

意外とこれからの社会を考える上で重要なポイントになるんじゃないかな?

そんな気がします。


[457]>446 雪見温泉なんていいね meganeotoko

入浴剤の香りよりもあの温泉の硫黄の臭さが好きなんだよね。

雪が降る中入る温泉なんて最高だね。

想像したら行きたくなってきたよ。


[458]>448 猫のゴロゴロ音には本当に癒しの効果があるらしいですよ TomCat

猫の喉ゴロゴロは、母猫と子猫のコミュニケーション音なんです。授乳中の母猫は、喉をゴロゴロ鳴らします。一種の授乳促進音なんですよね。愛情の音なんです、喉のゴロゴロって。

また、猫のゴロゴロ音はおよそ27?44Hzの低い周波数成分が主なんですが、20?50Hzという振動数は、骨芽細胞を活性化して骨密度を向上させたり、骨折の治癒を促進させたりするものとしても知られているんです。ほかにもこの近辺の周波数の微弱な音には、精神をリラックスさせたりする効果があるとも言われています。

だから、猫のゴロゴロを聞いていると、人間もうっとり眠くなってきたりするんだと思います。私も猫と一緒にいると、ついうとうと眠くなってきたりします。猫ってほんと、癒しの動物ですね。


[459]>440 火鉢は手軽でいいかもね meganeotoko

ただ練炭自殺なんてあるように換気しないと一酸化炭素中毒で死んぢゃうんで注意が必要だね。


[460]>395 行きつけの店ってのは meganeotoko

いちいち余計なこと聞かないでもちゃんとわかっていてくれるから

リラックスできるんだろうね。

そういう店を増やしていきたいね。


[461]>456 それです!! TomCat

私も上の書き込みを書きながら考えました。Amazonと街の本屋さんが提携できないかな、って。たとえば街の本屋さんはたいてい日販などの取次から本を仕入れていますが、この仕入れ先の一つにAmazonを加えるんです。Amazonに、小売りだけでなく卸業務もやってもらうようにするわけです。

そしたら街の本屋さんでAmazonギフト券が使えるようになったり、通販の受け取りが街の本屋さんでできるようになったり、さらには本屋さんで本以外のAmazon取り扱い商品が買えるようになったりして、すごく活性化すると思いませんか?

これからは地域商店と大手通販の二本立てで暮らしが成り立っていく時代だと思います。その両社が提携したら、かなり無敵!! そんな事業展開、期待できないでしょうか。いいアイデアだと思うんですけど、どうでしょう。


[462]>360 アマゾン meganeotoko

まさに偉大なるアマゾンだね。

しかし、偉大故に街の本屋を滅ぼし兼ねない存在にまで

大きくなってしまい、今後どう進化するのか注目してます。

ただ、うちの近所は大きな本屋がないんでやっぱり

お世話になってしまうんだろうな。

やっぱり便利だからね。


[463]>461 アマゾンが卸ですか? meganeotoko

面白い発想だと思いますがどうなんだろうね?

たしかに街の本屋でAmazonギフト券が使えるようになるの便利だね。

ただ今のままだと街の本屋がどんどん潰れてしまうので何か共存策は必要ですよね。


[464]>459 安全第一、換気注意です TomCat

火鉢の炭火も、あのとろとろ赤熱している状態は不完全燃焼ですから、かなり一酸化炭素が出ていると思うんです。だから換気には十分に注意をしないと危険ですね。

私の部屋にはちょっと茶室風の、床位置の低い明かり取り窓を設けてあるんです。ですから、そこのガラスをちょっと開けておけば、酸素より重い一酸化炭素はそこから抜けていく段取りになっています。暖かい空気は上ですから、低い窓からは逃げません。

よく茶室には低い位置の窓が設けられていたしますが、それは狭い空間でも茶の湯を沸かす囲炉裏から出る一酸化炭素が充満しない工夫だったのかなあ、なんて思います。

昔の普通の囲炉裏のある部屋は、たいてい土間と隣接していましたから、何の心配もなかったんですよね。

とにかく、炭火を使う時は、換気には十分注意をして欲しいと思います。一酸化炭素中毒は自覚症状が出る前に昏睡に陥ることが多いですから、気が付いた時にはもうあの世です。くれぐれも気を付けていただきたいと思います。


[465]>445 最終章に入ってしまうのが惜しくなるような本 TomCat

ちょうどハマりまくっているドラマの最終回が、待ち遠しくて、でもまだ終わって欲しくなくてじりじりしてしまうような、そんな本に出会えた時は本当に幸せですね。

逆に最終章で肩すかしを食らってしまったり、予想外のバッドエンドで終わってしまったりすると、俺の感動を返せ?、なんて叫びたくなったりしますが、それもまた読書の楽しみです。

じんわりと感動が押し寄せてくる最後もあれば、きっと作者は続編を考えているなといった終わり方もあります。でも、読後の、ぱたんと本を閉じた時のあの満足感と虚脱感の入り交じったような不思議な感覚は、良い本に共通のものだと思います。それを味わうための環境の整え方も、読書を楽しむ大切なポイントですね。


[466]>443 大人のラブラブ・リラックスタイム TomCat

いちゃいちゃしていないと愛情が確認できない未成熟な二人とはちょっと違う。落ち着いた大人の時間がすごくいい感じですね。うらやましいなあー。私もそんな朝に憧れます。最高に絵になるベッドの上の読書タイムですね。


[467]>437 私も毎月どっさり買い込んでいます TomCat

花ゆめとLaLaは紅茶王子などが始まった頃から。ネムキも出版元が変わっても相変わらず。あとはヤングアニマルとかコンプティークとか、電撃コミックガオ!とかコミックブレイドとか・・・・。一時期はマイナーなホラー漫画誌を月4?5冊ずつ買い込んでいた時もありました。

最近、サンデー、マガジン、ジャンプといった少年まんがからはちょっと遠ざかり気味。それから意外に楽しい4コマ誌。これは毎号買うというわけではありませんが、好きな作家さんがけっこういるので、コミックスにまとまるのが楽しみです。


[468]>418 おー!! TomCat

してみると、枕草子なんかも平安時代のブログですね。現存している最古のコピー(写本)のタイムスタンプは鎌倉時代。メディアは金蒔絵のパッケージに保存され、ボリューム名は「清少納言枕草子」となっていますw

三巻本、能因本、堺本、前田本など多数のバージョンがありますが、今私達が読んでいるのはたいてい三巻本第2類本バージョンです。

私達のブログも、「はてなダイアリーブック」のような紙媒体の書籍形式にまとめたり、DVDやCDに焼いて保存して後世に伝えると、そんなふうに読まれていく可能性があるのでしょうか。保存メディアが変わる時にコンバートの都合で異なるバージョンが出来ちゃったりもするでしょうが、何かの形でずっと伝えられていくようなブログが書けたら幸せですね。

でもきっと後世、「このブログが存在した21世紀には、のべにすると日本の総人口をはるかに超える同様の電子日記や電子随想が存在したと言われている。しかしそのほとんどは作者の手から遠く離れたネットワーク上のサーバに保存されているにすぎなかったので、ネットワークサービスの変遷によって、ほとんどの貴重な日記や随想がサーバの撤去と共に消失した。この時期、作者が手元にデータを保管する習慣はほとんどなかったと思われる。大きな文化的損失であった」なんて言われちゃうんですよ。

皆さん、自分のPCの中にブログのデータを保存しましょう。はてなダイアリーなら、管理画面の「データの管理」をクリックして、「日記のエクスポート」の「ダウンロード」のリンクからデータの保存が出来ます。後世に残す日記とするために、こまめなデータの保存を習慣づけていきましょう。後世に残す、貴重な遺産になるかもしれません。


[469]>455 本以外に kyou_mii

トイレに、最近は本だけでなく、携帯電話や携帯ゲーム機を持ち込むことも多いですね。

あっ、でもちゃんと用をたしたら出てきますよw


[470]>463 アマゾンと本屋の共存 crocs

本屋の雰囲気が好きなので本屋さんにも頑張ってほしいですけどなかなか難しいですよね。

街の本屋さんだとスペースもあまり広くなくて置ける本も限られてきますし・・・

またアマゾンも便利なのでどちらもあって欲しいのでうまく共存してくれたらなと思います。


[471]>464 火鉢だったら crocs

簡単に置けるかなと思いましたが換気は注意しないといけないですね。

昔の家ってのは考えて作られているんですね。

火鉢等は今の家にはちょっと向かないのかもしれないのでちょっと

考えてみます。


[472]>460 行きつけの美容院があると crocs

たしかにリラックスできますよね。

逆に行ったことのない新しい美容院行くと

やたら緊張しますよね。


[473]>469 携帯電話で crocs

メールを打ったりってのはありますけど

ゲームだとゲームに集中してトイレいるのを

忘れてしまいそうですね。

しかし、よく考えると洋式トイレだから可能であって和式トイレだとそういうわけにはいかないですよね。

足腰は鍛えられそうですけど。


[474]>473 たしかに和式だとリラックスできないな sonnanokankeinee

旅行とか行ってもトイレが和式だとなんか落ち着かなくてダメだね。


[475]>470 本屋とアマゾンって sonnanokankeinee

別物だと考えていたけど最近の本屋の減少ってのはアマゾンの影響なんだね。

将来は店がほとんどなくなって何でもネットで買う時代なんて来るのかな?


[476]>377 こたつでテレビを見ながら sonnanokankeinee

気付くと寝ているってのはよくあるね。

リラックスしている証拠なんだろうな。


[477]>457 温泉いいな sonnanokankeinee

最近、全然行ってないからスノボ行って入ってこようかな。


[478]>471 たき火 sonnanokankeinee

子供の頃、小学校等でよくたき火してたりするの見かけたけど

最近はあんまり見なくなったね。

最近は、たき火の煙で苦情とか出るのかな?

学校なんかだと大量に出る落ち葉を処分するのにたき火って

有効な方法だと思うんだけどね。


[479]>472 美容院じゃないけど sonnanokankeinee

店員に顔覚えてもらえると楽でいいよね。

何度行っても覚えてもらえないと逆に悲しいけどな。


[480]>465 いい小説を読み終わると sonnanokankeinee

気持ちのいい浮遊感のようなものが残りしばらく余韻に浸るのが最高なんだよな


[481]>480 この余韻が醍醐味ですよね Oregano

うちの母もけっこう読書好きなのですが、考えてみると主婦はなかなか一人になれる時間がありません。今度母が読書をしている時にはそれとなく読み進んだ度合いを確かめて、ラストに突入しそうになったら、たっぷり余韻に浸れる時間のお膳立てを考えてみようと思いました。同じ読書好きとして、そのくらいの親孝行はしないといけませんね。


[482]>478 焚き火より毎日のゴミの方が問題 Oregano

火を燃さなくなったのはダイオキシン類の影響が指摘されてからだと思いますが、ごみ焼却がダイオキシン類の主要な排出源であることが明らかにされてからは色々と研究が進められ、高温で安定的に燃焼させれば有効な対策ができることがわかってきました。

ダイオキシン類対策で大切なことは、まずゴミを減らすこと。そして大量にダイオキシン類を排出する大型のゴミ焼却炉に対策を施すことです。

政府の発行する環境白書では、

人間は、火と長い間向き合って暮らしてきました。火を制御しながら使う知恵が文明を産んだとも言えます。焼却からのダイオキシン発生を気にする余りに、正月のどんど焼き、家庭の焚き火、春山の野焼きなど文化や習慣としての火を使う行為までも目の敵とする風潮も昨今みられますが、そうした文化の持つ意味も十分に考える必要があるでしょう。

と述べて、ダイオキシン類対策は国や自治体が努力するから、私たちは焚き火の文化を残していって差し支えないとしています。私たちとしては、焚き火を目の敵にするより、家庭のゴミを減らすことに努力すべきでしょう。毎日どさどさとゴミを出していながら焚き火をやめても、全くダイオキシン類の削減には結びつきません。


[483]>477 温泉行きたいですね Oregano

私も温泉に行きたくてしかたがないのですが、なかなか行けないので、自宅の風呂に落ち葉を浮かべて露天風呂気分を味わったりしています。風呂から上がって刺身を肴に一杯やったりするとさらに温泉気分が高まります。雪が降ったら雪見風呂をしたいのですが、なかなか降ってくれません。


[484]>482 ダイオキシンの問題ですか sonnanokankeinee

そういえば、昔は学校に焼却炉ってあったけど今はないみたいだね。

たき火等を目の敵にする人がいるために特に学校なんかがやると

すぐ苦情を言ってくる人がいてできなくなっているのかもしれないね。


[485]>475 Amazonというより Oregano

今の街の本屋さんの衰退は、大企業有利一辺倒の規制緩和による商店街の衰退が大きく影響していると思います。それと不況による余暇の減少に伴う読書人口の減少です。

逆にAmazonは、余暇が無くなって読書から離れていた人たちを本に呼び戻した功績があると思います。だから、そのAmazonと、古くからの街の本屋さんの共存共栄が図れたらいいですね。これからの時代に消費者にそっぽをむかれて苦境に立たされるのは、身近にもなく、通販の便利さ手軽さもない大型書店の方になってくると思います。


[486]>468 今のブログが未来の古典になったらいいですね Oregano

未来に残したいすばらしいブログってありますね。未来に残るためには、自分の手元にデータを残さなければなりません。その点はてなダイアリーは紙の本にまとめてくれるサービスがあるからいいですね。他のブログを本にしてくれるサービスも探すといくつかあるようです。21世紀の貴重な文化遺産はネットワークサービスの変化と一緒に消えていきましたなんて言われないようにすることも、現代人の未来への責務かもしれないですね。


[487]>467 好きな漫画がアニメ化されると Oregano

どんな声優さんが声を当てるのか、とても興味がありますね。私は「みなみけ」で保坂役を小野大輔さんがやると知って、ほとんど保坂見たさにテレビを見ていました。あのキモカッコよさは小野さん以外には考えられないでしょう。

私が読むのは少年漫画誌とヤングマガジンなどの少年誌の兄弟分的青年誌が中心です。


[488]>458 聞いているだけで幸せになれる音 Oregano

猫の喉の音は、聞いているだけで幸せになれますね。うちの猫も冬は布団に入って一緒に寝てくれます。腕枕で寝るのが好きな猫なので、いつも私の耳の近くに猫がいます。喉をごろごろならしてくれると、私もとても安眠できます。一番のリラックスは、猫の喉の音が聞ける冬の布団の中かもしれないです。


[489]>451 目がすっきりした!! Oregano

私はよく目が疲れます。ドライアイみたいになることもあります。さっきまでjavascriptをいじっていてだいぶ目が疲れていました。ぎゅっとつぶって開いてみたら、けっこう目がすっきりした気がします。体に力を込めて一気に脱力するのも気持ちいいです。これは脱力の仕方がポイントでしょうか。力を抜いた瞬間にガクッと動いてしまわないように、ふわっと力を抜く感じが良かったみたいです。なんかこう、リラックスというか、爽快な気分になりますね。


[490]>427 中東の諺だったんですね Oregano

以前、a book is like a garden carried in the pocket.とか書かれたしおりをもらった記憶があって、その時にいい言葉だなぁと思ったんです。学園祭の時に、どこかのサークルが手作りして配っていたものでした。これは中東の諺だったんですね。本当に奥が深くて、そして美しい言葉です。まだ見ぬ本を開くことは、未知の庭園を訪れること。お気に入りの本を何度も紐解いて、お馴染みの庭園のお馴染みの場所でくつろぐのもいいですね。本を読む楽しさがいっそう増してきました。


[491]>485 街の小さな本屋よりも大きい本屋の方が meganeotoko

そっぽを向かれるってのは理解できないけど

それぞれにそれぞれいいところがあるので

街の小さな本屋も繁華街の大きな本屋も

アマゾンの様なネット通販もそれぞれが

残ってくれたらいいなとは思うよ。


[492]>476 寝室に移動しなきゃと思いつつ meganeotoko

こたつで寝てしまう気持ちよさと言ったら

なかなか他にないね。


[493]>484 ゴミを減らすことが大事か meganeotoko

昔と比べるとまだ使えるのに捨てるとか

修理すれば使えるのに簡単に捨てちゃうことが

多くなった気がするな。


[494]>414 私も好きでした Oregano

なんといっても学年誌の楽しみは付録でしたね。素材はたいてい紙なのに、よくあれほどに楽しませてくれたと今思っても感心します。あれを考えていた人たちはすごいですね。きっと何度も試作品を作って工夫を重ねてきたのだろうと思います。

女の子向けの雑誌は「りぼん」などにたくさん付録がついていてうらやましかったです。女の子はいいなぁと密かに思っていました。


[495]>375 こたつもいいけど meganeotoko

やっぱり布団が一番いいな。

昼間、太陽の下で干したあったかい布団って

夜になっても温かさ残っていて気持ちいいんだよな。


[496]>481 面白い小説を読んでいて meganeotoko

終盤読み終わりそうな時は場所を選んで読むようにしてるよ。

電車の移動で読んでたりしてもわざとちょっと残して家に帰ってきて

余計なことを全て終わらせてから一気に読んだりすることが多いかな。


[497]>258 最近はブックオフも meganeotoko

古着や楽器や玩具、貴金属など古本以外にもいろいろ扱ってる店舗があって見ていてなかなか面白かったよ。

リサイクルって点では共通なんだろうけどビル全体でいろいろなものが見れてリサイクルデパートみたいでいい暇つぶしになりそうだったね。


[498]>255 学生時代に課題等で読んだ本も meganeotoko

大人になって読み返してみるとなかなか面白かったりするよね。

こんな面白い本をなんで当時は嫌々読んでいたんだろうって

思うけど、読書ってのは読みたい時に読むのが大事なんだろうね。


[499]>491 たしかに YuzuPON

小さな本屋さんの衰退は大店法の規制緩和の影響が大きいと思います。商店街という環境さえあれば、親子で一緒に選びたい本などのニーズで十分商売は成り立っていたでしょう。最も大きな客足である食品や日用品などを買い求める人たちがスーパーに行ってしまった結果、商店街の本屋も閑古鳥が鳴くようになってしまったことを考えると、原因は大店法をザルにしてしまったことでしょう。

これに対してやはりAmazonの影響をモロに受けるのは、取扱商品の幅を売り物に成長してきた大型書店だと思います。大型書店の客層はおそらくAmazonの客層と一致します。

あるビルの中にある中堅企業の書店は、最近オタク専門書店に衣替えしました。ただのコミック専門書店ではなく、ゲーム系や萌え系のフロアを思い切り広くとった大胆なリニューアルでした。私はそれを知って、Amazonと競合する客層は切り捨てて新しい客層を開拓する戦術に出たなと思いました。

今後は都心部の大手書店も同様に、専門書に力を入れるなどして、Amazonと重ならない取扱商品に力を入れる努力が必要になってくると思います。


[500]>302 最近は、仕事関係の本ばかりで meganeotoko

娯楽の本ってほとんど買ってないね。

お金と時間がいっぱいあったら本を読んで暮らしたいんだけど、夢だな。


[501]>494 女の子向け雑誌の付録がうらやましかったです YuzuPON

本誌より分厚く膨れあがっているようなのを見て、何が入っているんだろうと興味津々でした。男の子には踏み込めない禁断の地みたいなところがまた興味をそそりましたね。

そうだ、今ならネットで見れるかもとりぼんのサイトに行ってみたら、付録の紹介ページがありました。コスメ入れにも使えるという金色のポーチやらラッピングにも使えるというハート形のボックスなど、女の子オーラ満載ですね。10年前もこんな感じだったのでしょうか。恋の劇薬メモという病院の薬袋そっくりのデザインのメモ帳がほしいです。誰か私に新春特大号を買ってください。自分ではとても恥ずかしくて買えません(笑)。


[502]>119 一人になるくつろぎとはまた違うリラックスですね YuzuPON

リラックス空間というと一人になれる場所と考えがちですが、家族が揃うからこそ感じられるくつろぎもありますね。さっきまで私もリビングにいました。私はPDAでネットをのぞき、父は雑誌を読み、母はテレビを見ていました。皆違うことをしているのに、まるで申し合わせたコントのように全員の手が同時にテーブルの上のミカンに伸びた時は笑ってしまいました。幸せだなぁと思った瞬間でした。


[503]>133 こういうもてなしはうれしいですね YuzuPON

私は父の田舎に行った時、その土地の色々な名所旧跡に案内してもらいました。名所旧跡と言っても観光地ではないので、地元の人でも古い人でないと知らないような穴場です。色々ないわれや伝説も教えてもらって、これだけ知ったらもうお前もこの土地の人間だ、いつでもここに住みにこいと言われた時にはうれしかったです。


[504]>502 そうですよね CandyPot

一人になることがリラックスとは限りませんものね。愛する家族の揃う場所がリラックス空間なんてすばらしいです。

考えてみると、子供ってみんな、大好きなお父さんやお母さんと一緒にいる時がいちばん安心してくつろげる時なんですよね。一人のお留守番なんて、不安で寂しくて、すごいストレス。

人はいつからくつろぎを求めて独りになりたがるようになるのでしょう。今、そういう人ってとても多い気がします。でもそれじゃ寂しい。家族が揃う場所こそリラックス空間と心の底から思える家、作りたいですね。


[505]>483 温泉大好き! chi_maki

湯につかることはもちろん、

温泉宿という、あの癒される空間が大好きです。

湯上がりの、身体も心もほわ〜っとした中で、

豪華な食事が次々と運ばれてくる、至れり尽くせりなあの時間。

最高です!

そして、お腹が満たされたらまたひと風呂・・・♪

長居するとかなりぐうたらな人になりそうですが、

たまりませんっ!


[506]>501 少女誌の付録は女の子だけの世界ですね CandyPot

男の人でも付録付きの少女漫画誌を買う人はいると思いますが、付録はなかなか使えませんよね。きっと永久保存版になってるのかなぁと思います。

私はりぼん、大好きでした(今も好きですけど)。付録にはジュエリーボックスとかランチバスケットとかかわいいのが色々あって、みんな紙ですからすぐボロボロになってしまうのですが、ぼろぼろになっても宝物でした。大人になったらいっぱいお金をためて毎号二冊ずつ買うんだ、そして一冊の方の付録だけ使って、もうひとつはとっておくんだ、なんて思っていました。


[507]>495 ガーゼの寝具で心地よさアップ chi_maki

掛け布団カバー、シーツ、枕カバー、

これらすべてをカーゼのものに変えてから、

布団の中の心地よさが格段にアップしました!

綿のシーツなどとは全く違う、肌触りの良さに感激。

なんでもっと早くガーゼにしなかったんだろう。。。


[508]>499 社会の仕組みを元に戻さないと… CandyPot

今の社会制度ってそうですよね。昔はちゃんと法律が機能していて、大規模店舗の一人勝ちにならない配慮が社会の仕組みとしてあったはずですが、いつのまにか法律が骨抜きにされてしまいました。それを元に戻さないといけないと思います。地域の商店が衰退してしまうと、地域の行事も一緒に衰退してしまいます。最近、商店街が無くなってお祭りが寂しくなってしまった地域がたくさんあるそうです。

急成長するAmazonと地域の本屋さんがタッグを組めたらいいですね。そうしたらもしかして本屋さんが町の中心になって、そこから商店街が復活できるかもしれません。


[509]>182 すてきなことです!! CandyPot

お別れしない約束を本と交わすんですね。すてきです!!その約束の蔵書印が手作りなのもすてきです。もう心がこもりまくり。本当に本がお好きなんですね。私も見習いたいと思います。


[510]>198 本当に何よりのもてなしですね CandyPot

本当においしいお茶やコーヒーは心がこもっていないといれられませんし、あらかじめ本当にいい茶葉や豆が用意されていることも必要です。だからおいしいお茶やコーヒーがいれられるお宅は、きっと心の豊かな人が住んでいるお宅。そういうお家でおもてなしいただくことは、とても光栄なことです。その光栄と一緒にくつろぎまでいただけたら最高ですね。


[511]>207 BGMにも心を配って CandyPot

すてきです。心を込めていれたおいしいコーヒーと、こだわりのBGMなんて、まるで上質な喫茶店のよう。きっとお客様とお話もはずむでしょうね。私もお呼ばれしたいです。コーヒー一杯で何時間でも粘っちゃいます(笑)。


[512]>219 うわ、ひどい… CandyPot

豪華な作りの家がすてきな家とは限らないのに。家なんて人がいなければただの入れ物。そこにどんな暮らしがあるかが大切なのに。そんな人は一度イエはてなにくればいいんです。イエって何か、暮らしって何か、みっちり教えて差し上げます。私でなく皆さんが(笑)。

otayoriさんの書き込み、私、いつも読んでいます。きっと本当のotayoriさんの家を知ったら、そんなお客様も、うらやましいなって思うに違いないと思います。今の家をもっともっと愛して、誰もが憧れるようなすてきな暮らしを作ってくださいね。そしたらそのお客様も、あなたみたいな幸せな家を作るのはどうしたらいいの、って聞きにやってきます。


[513]>223 本当に豊かな心遣いですね CandyPot

玄関に打ち水をして、生き生きとしたお花を飾って、お香を焚いて…。お客様を尊ぶ気持ちが溢れていますね。こんなに手間と時間をかけて迎えていただいたら、そのお気持ちに思わずうれしくなってしまいます。

これこそ心の豊かさ。本当の意味のゆとり。そして品格だと思います。すばらしいお父様ですね。


[514]>226 いい物があるんですね CandyPot

器やお箸の並べ方も料理のうちですから、それをしっかり整えてお客様にお出しできるのがいいですね。テーブル時代の新しいお膳です。私も探してみよう。いつもと違う、とっても粋で上品なおもてなしをさせていただけそうです。


[515]>227 私もベランダが好き CandyPot

室内でもあり屋外でもある特別な空間ですよね。部屋着のままで気軽に外と語り合えるベランダは私も大好きです。町の音を聞きながら、ぼーっと夕日を眺めたりするのが好き。自然のままの風景は空くらいのものですが、鳥が飛んでいたりすると、それだけでも自然と触れ合えた気持ちになります。


[516]>229 私も自分では飼っていませんが CandyPot

やはり親戚の家にわんちゃんがいます。私が帰ろうとすると、玄関までついてきてくれるんです。親戚ですから、お家の人が忙しい時には見送りもなく一人でおいとましますが、それでもわんちゃん、ついてきてくれるんです。そうするともうかわいくてかわいくて、帰れなくなっちゃいます。本当に、自分のことをおぼえてくれて、なついてくれると、こんなにかわいい存在ってないですね。


[517]>236 うわぁ!! CandyPot

いいですね。そんな絵本があったら、一生の宝物です。色んなアーティストの人がいますが、そのイラストレーターさんは、一人一人の子供さんに、きっと語りかけるように絵を書いているんだろうなぁと思います。一品製作の世界でたった一冊だけの、一人のためだけに作られる絵本。一枚の絵を書けば何万人にも届くメディアがある時代に、そういうお仕事ができるのは、本当に心が豊かな人なんだろうなぁと思います。それだけにいっそうすばらしい宝物ですね。


[518]>239 いずみがもりのパンやさん! CandyPot

パン屋さんに絵本が飾ってあるなんてすてきですね。からすのパンやさんのすてきなところは、数え切れないくらいのおいしそうなパンが出てくることと、からすのお父さんお母さんがとても子供を愛していること。だからあんなにおいしそうなんですよね。

絵本以外にも、インガルス一家の物語だったかなぁ、ひきわりトウモロコシで作ったパンがとてもおいしそうだと思いました。どんな味のパンになるのでしょう。


[519]>243 私も呼んでください! CandyPot

チョコやキャンディがあると話が弾みますね。甘い物があるとそれだけで楽しくなりますし、リラックスできます。私も何か持っていきます。だからお客の一人に私も混ぜてください♪


[520]>519 わ?! 大歓迎ですよ!! staples54

今だとスィートポテトフレーバーの紅茶(※と、自分では感じたもの)をお出しすることができます。 CandyPotさん、ぜひぜひ遊びにきてください^^


[521]>514 木の温かみが素敵ですね staples54

シンプルでいろんな組み合わせがきき、使いやすそうです。

ランチョンマットで配膳盆の役目も兼ねるという部分もとても惹かれます。

便利なものがあることを教えてくださりありがとうございます。

実物を実際にみてみたいです^^


[522]>407 心が温まる話です。 staples54

一般的に先に用件をきいてセールスマンと知ったらすぐに冷たく追い返すところを

彼の温かい心遣いにふとんの話もふっとんでためになる話をして帰られたんですね。

読んで穏やかな気持ちになりました。


[523]>279 なんてすてきなひとときでしょう CandyPot

絵本は一人で見てもいいものですが、誰かと一緒に見ると、さらに楽しくなりますね。そして絵本の文はたいてい短いですから、絵と共にかえってイメージが膨らんで、一緒に見る人と語り合う楽しさもあります。

私もいつか母になったら、子供と一緒に絵本を紐解きたいなぁ。読み聞かせてあげる時期、自分で読めるようになる時期を一緒に過ごして、いつか子供に絵本を読んで聞かせてもらいたいです。


[524]>280 塗り絵がすてきな手作り絵本になりますね CandyPot

ただ塗るだけでなく、自分で書き加えてお話のある絵に仕立てちゃうなんてすごいですね。一冊全部塗り終わったら、ページの数だけお話のある、すてきな絵本になりそうです。

絵を書いてあげるとそれを塗ってくれるのもいいですね。一緒にお絵かき、楽しそうです。


[525]>290 やっぱり違うメディアに展開する必然性が必要ですね CandyPot

宮崎アニメには原作がある物も多いですが、どれも原作のイメージを監督独自の個性で膨らませた、アニメでこういう表現をしてみたかったんだという意欲が感じられます。先日最終回を迎えた深夜アニメ「スケッチブック」も、原作よりさらに豊かに表現された女の子たちの細やかな性格描写が、作り手の意欲として強く感じられました(私は深夜アニメはほとんど見ませんが、これだけはすごく気に入って毎週録画して見ていました。コミックスも買いました)。そういう、紙の上だけではおさまりきれないような世界を描きたい、みたいな作り手の意欲がアニメ化やドラマ化につながっていくならすばらしいことだと思います。そういうメディアミックス作品をどんどん見たいです。

でも、まんがで当たったからアニメでも稼ごうとか、そのくらいの企画意図しかないようなのは、ちょっと残念だなぁと思います。


[526]>292 私も書を持って町に出ます! CandyPot

高校のころは校庭で本を読むのがとても好きでした。大学ではお弁当やお菓子を持ってハイキング気分で本を読みまくりました。楽しかったなぁ。今でもそのころの本を取り出すと、読んだ季節まで思い出します。今度は町角や公園で読んでみますね。読書スポット探しのお散歩も楽しそうです。


[527]>299 やってみたい!! CandyPot

私は、まんがを製本してみたいです。雑誌で読んで好きになったものはコミックスを買いますが、大きな誌面のままで読めたらなぁと思うまんがもあるんです。そういうのが手作り本にできたらうれしいです。

高校時代のおまじないクラブの会報も製本してみたいなぁ。コピーで五部くらいしか作らないささやかな会報でしたが、号数はいっぱい発行したんですよ。人数分コピーし直して製本して配ったら喜んでもらえるかな。やってみたいな。


[528]>524 子供の頃はよくクレヨンなどで絵を書いていました。 staples54

おとなのための塗り絵の本もありますよね。色を塗っていくという作業に癒しの効果があるらしく書店で見かけるようになってはや数年、種類も増えてより有名絵画の塗り絵などだんだんと高度になってきている気がします。


最近の話ではありませんがキャン・ドゥ(100均のお店)で見つけた塗り絵を手にとって中を覗くといろいろな指示が書いてありました。悩みましたが友達にも見せたいと思って購入しました。その内容を読みやすいように一部漢字に変換してご紹介します。


ぬるぬるした絵をを書いてください ぬるぬる ぬるぬる

壁におもいきり豆腐を投げつけた絵を書いてください

お互いにスプレーをかけあっている絵を書いてください シュー! シュー!

レストランのテーブルの上を走り回っている小さなライオンを書いてください

さいごにドッキリするものをかきましょう ドッキリ!


なかなかイメージを考えさせられる塗り絵内容となっています。


[529]お手製のしおり vivisan

文香ってありますよね。和紙の中に粉のお香をいれて包んだものなのですが、これを手紙の中にしのばせます。

届いた人が封をあけるとほのかに香りがただよってくる・・。

私は文香をお店で見つけたとき、これをしおりにしたらリラックスできるかも・・って思って、まずは簡単なものからつくってみようと思い、試してみたのが、アロマオイルを使ったしおりです。

なんでもいいですが、グレープフルーツとかベルガモットとか柑橘系のオイルを今回は用意しました。そして、適当な大きさに切った和紙をビニール袋にいれます。

そしてティッシュにアロマオイルを何滴かたらしておいたものもこの中へ。

密閉した状態でしばらくおいた後、しおりを取り出してみるとほんわか香りが♪

これを文庫本にいれて、電車の中でひらいてみるとうっすら香りがしました♪


本当の文香は粉状のお香を包んだものです。まだ試してはいませんが、長細く切った和紙を貼りあわせてそこにスティック香などを砕いて粉状になったものをティッシュでくるんでいれてみようと思っています。

こちらだと香りが長持ちしそう。

こちらはちょっとしたプレゼントに添えて贈ってみたら喜ばれるかも♪

あ、もちろんしおりのリボンは白ですよ♪


[530]>529 読書に香りを添えて… TinkerBell

うわぁ、すてきですね!!

香りは記憶と結びつくと言われていますから、好きな香りが作品と結びついたら、

たとえ長い間に忘れてしまっても、

いつの日かきっと香りが作品の感動を呼び覚ましてくれますね。

私も作って友だちに贈ってみたいです。

もちろんリボンは白にして。

そうしたら香りの記憶が平和への願いとも結びついてくれますね!!


[531]>527 それ、いい!! TinkerBell

そうです。まんがは新書版じゃ、ちっちゃい!!

まんがって、たしか本のサイズの二割増くらいの大きさで書かれているんですよね。

それをさらに単行本のサイズに縮小したら、元の絵とかけ離れすぎになってしまいます。

ストーリーだけ追っていければいい作品は単行本でもいいけれど、

絵まで好きな先生の作品は、できたら大きな誌面で読みたいです。

大好きな作品を手作りの本にまとめられたらと考えたら、とてもやってみたくなってきました。

私も挑戦してみよう!うまくできるといいのですが。

おまじ部の会報、いいなー。私もほしいなー。

私もCandyPotさんと同じ高校だったらよかったのに。うー、残念です。


[532]>508 Amazonと街の本屋さん otayori

そうですね、両方の良さがあるから、街の本屋さんは残って欲しいですね。

ある文芸誌を毎月取り寄せてもらってたんですが、

作品が載ったとき、喜びのあまり

いつも手続きしてくれるバイトの女の子に話しました。

「わぁ」と明るい表情してくれて嬉しかったです。


[533]>523 私もいつか… TinkerBell

私も幼いころには、父や母がたくさん絵本を読み聞かせてくれました。

一人で読めるようになってからもいっしょに並んでいっしょに読んでくれて、

そしていろんなことを話し合いました。

お話の続きを考えたり、それを絵にかいてみたりもしました。

私もいつか母になる日がきたら、子供といっしょにそういう時間を持ちたいです。

っていうか、また子供の立場で、父や母と絵本を読みたいなぁ。

いくつになっても、絵本はその年齢なりの読み方ができますし、

いくつになっても私は父母の娘ですから。


[534]>526 私もやってみよう TinkerBell

私はちょっと体を壊していたことがあったりしたせいもあって、わりとインドア派なんです。

でも本当は外が好き。自然も好きだし、ちょっぴりおしゃれして街を歩くのも大好きです。

もっときっかけをつくって積極的に外を楽しむ自分を取り戻したいなぁと思っていました。

街角や公園で読書。とってもすてきな計画です。

「書を持ち街に出よう」を今年の私の合い言葉にしたいと思います。


[535]>512 ありがとうございますー! otayori

そういって頂けて救われます。

田舎の戸建で、家のことは母任せで育ったもんで、

街のマンションは新鮮で、小さい範囲で工夫するのが楽しかったんですよね☆

そういえば、友達の家の生活観みたいなのが好きです。

いつも家について、皆さんのお話聞けて参考になるし楽しいです。


[536]>521 和のテイストがすてきです TinkerBell

でもけっして和食に限りませんね。

漆の落ち着いた風合いは、洋風のスイーツをお出しする時などにもいろいろ使えると思います。

あらたまったおもてなしにもいいですし、

仲良しの友だちを迎える時にも、そんなのが使えたらちょっとかっこいい!

私も探してみたいと思います。

長くずっと使っていけることも見逃せない点ですね!!


[537]>535 住まいを愛することのできる人が一番幸せ TinkerBell

小さい範囲で工夫する楽しみ!!これですよね、暮らしの幸せは!!

それに周囲の環境もイエのうちです。

たとえささやかな集合住宅でも、住んでいる街が大好きな街だったら幸せ。

「生活感」て、いい言葉ですね。

物ではなく、そういうところを見てほしいですよね。

私の家もずっと住んでるそろそろ古くなりかけのマンションですが、

小さな家の中に工夫や手作りや幸せがいっぱい詰まっています。


[538]>520 私も私も!! TinkerBell

スィートポテトフレーバーの紅茶!!

どこかのティーサロンにそういうお茶があるって聞いたことがあります。

おっ洒落?。とてっもすてきです。

私もstaples54さんのお宅にお呼ばれされていなぁ。

何かお菓子作って持っていきますね。


[539]>516 うちの親戚の猫も TinkerBell

野良ちゃん時代に私がずっとお世話していた猫。

今は親戚の家の子になっていますが、今でも私のことをよーくおぼえていてくれるんですよ。

私が行くと、私だけの特別な頬ずりをしてくれるんです。

頬をすりっとして、そのままずっと顔を私の体に当てたままにするんです。

うっとり寄りかかるみたいにして。

そういう頬ずりをするのは私に対してだけなんだそうです。

離れて暮らしていてもずっと忘れないでいてくれるうれしさ。

本当に、こんなにかわいい存在ってほかにありません。


[540]>515 私も大好きです TinkerBell

最近植物をたくさん育てているので手狭なベランダですが、

植物たちとお話するのが楽しいんです。

サボテンは人と話せるといいますが、きっとほかの植物もそうだろうなぁと思って、

勝手にいろいろ話しかけています。

夏は打ち水のついでにざばーっと水をかぶって涼んじゃいますし、

冬はマフラーを巻いて、キンと張りつめた水晶のような夜空を眺めたりもします。

庭のないマンション住まいですから、ベランダがわが家のお庭です。


[541]>509 読書人の鏡です TinkerBell

私は手狭なマンション暮らしですから、あまりたくさん本をためることはできません。

でも本を手放すのはとても辛いです。

だから一生懸命心に焼き付けるように読みます。

私もいつか、ぜったい手放さない約束のできる本の持ち方をしたいと思いました。

その日のために、蔵書印だけでも作っておこうかな。

駅ビルの画材屋さんに、すてきな石の印材が置いてあるんです。

私にも彫れるでしょうか。

ゆっくりゆっくり、将来のために彫ってみたいと思います。


[542]>506 今でも付録、持ってますよ TinkerBell

なつかしいキャラクターの入った色んなグッズ。

ジュエリーボックスもあるし、便箋や封筒もあるし、今でも大切な宝ものです。

組み立て式の紙の付録は、置き場所に困ったら作った逆にていねいに戻して平たくして保存。

大人になっても捨てられません。


[543]>504 私も家族といっしょの時間が大好きです TinkerBell

今夜は父と母がでかけていて、家の中は私一人。

久し振りにひとりぼっちの夕食でした。

さびしいのでネットしてます。

父母が帰ってきたら、温かいお茶をいれて迎えます。

そこからが私のリラックスタイム。

大好きな家族の笑顔に囲まれている時が一番幸せですね。


[544]>489 ふと思いました♪ TinkerBell

大好きな人と思いっきり、ぎゅーっと抱きしめ合うんです。

そして二人で数を数えながら、せーので脱力。

ふたりでリラックスできてすてきなひととき…なーんていうスキンシップはどうでしょう。

あはは。ちょっち欲求不満でしょうか。

彼氏いないから一人でしよう。ぎゅぅぅぅぅ。

Kumappusさんは奥様とやってみて!そして効果のほどをまたリポートしてくださーい!


[545]>241 ↑ゆってますって>CD聴いてましたね!? NAPORIN

今だったらみつるの顔芸だってスカちゃんのコナン走りだってチョコ星人だってまんじゅう王子だってCGでイッパツだし

やってほしいのはほしいのですが・・

(あ、ウィンクなスケーターなんかもいいなあ)

ただなあ、シノブんちのキャラがどーもむずかしいんだなあ?

呪っても下痢しててもかっこいい、でも普段は能面お公家顔な男子高校生といえば誰だろう?当時でもヒガシが育ちすぎだったというのに。


(ツッコミまち)


[546]>528 ぬり絵の魅力 vivisan

基本的な色の設定はありますけど、実際にそれはぬる本人次第ですもんね♪

それこそ1枚のぬり絵で十人十色のものができあがります。

自分のオリジナルな絵のできあがりですね♪

自分で絵を書いてふきだしをつくって・・ひとつの本にするというのはすばらしい楽しみ方だと思います。

特におこちゃまだと自由な発想で塗り方もさまざまだから、とってもよい思い出の絵本になるのではないでしょうか?

なんかやってみたくなりました。


[547]>498vivisan

古典の物語などはその当時は文法やらなんやら覚えることばかりで、実際の中身を楽しむことができませんでした。

でも、なぜかその物語の中で読まれていた歌などは覚えているんです。

強烈だったのは、高校のときの「伊勢物語」なんですけど、在原業平が東下りで八橋というところで詠んだ歌で、歌の一番上のことばが「かきつばた」になっているものがあるんです。ここらあたりはかきつばたの名所なんです。

からごろも きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる たびをしぞおもふ

たまたまこの地が愛知県の知立市というのをドライブ中に発見して、後日ゆかりの地を訪ねにドライブしたことがあります。

こうやって断片断片しかないものが、ジグゾーパズルのピースみたいにつながっていくと、本当に心豊かになります。


[548]>538 どうぞ、どうぞ! staples54

スィートポテトフレーバー・ティを検索してみました。実際にあるみたいですね!

紅茶の茶葉は友人からいただいたものなんですよ。

イエはてなの方々との午後のティータイム。話が盛り上がってとっても楽しそうです♪


[549]>537 あ、わかります! vivisan

私も田舎の小さいながらも一軒家で育って、横浜で賃貸マンションに住んだとき、実際「狭いっ!」「モノが収納できないっ!」って思いました。

でも本当に限られた器の中でどういうふうに工夫して収納していくか?とか考えるのは本当に楽しいですよね。

今ある現状でどうやって楽しむか?そしてどうやって心豊かなものにしていくか?これこそイエはてなだと思います。

それに、狭いからこそ家族との時間を楽しめますよね♪

これからも楽しいイエのために楽しんでいきましょう♪


[550]>543 今気が付きました Fuel

さっきまでずっと家族と一緒に過ごしていました。

いつもの日常なので特に気にも留めていませんでしたが、

たしかにあれこそリラックスできる空間ですね。

最近は、団欒なんて幻想だ、家族であっても他人だなんていう人も多いですが、

うちにはリラックスできる団欒がありました。

ありがたいことです。なんかしみじみしてしまいました。


[551]>541 手作り蔵書印 Fuel

手作りの蔵書印、いいですね。私も作ってみたくなりました。

丹精込めて彫り上げた蔵書印を押したら、本当に本が喜んでくれそうです。

印材を探したり、書体を考えたり、計画しただけで心が躍ってきます。

好きな本のために、好きな手作り。好きに好きが重なって、とても楽しくなってきました。

まずは書体を考えよう。

さっそく色んな蔵書印の見本を画像検索してみます。


[552]>510 おもてなしの心 vivisan

イエに来られる頻度が多い人には、好みを覚えておいて、その人が好きな飲み物、または好きな飲み方ができるように用意します。すごく喜ばれます。

また頻度が少ない人には、感謝の気持ちこめてこころをこめていれるようにしています。

相手が気兼ねなくゆっくりくつろいでくれると本当にうれしいですね♪


[553]>530 平和の祈りに香りを添えて! Fuel

香るしおりに白いリボンを付けて広める。いいアイデアです。

手作りの楽しさと、平和の願いを広げていく喜びの二重奏ですね。

私もどんなふうに香を封入したらいいか、工夫してみたいと思います。

本を開くとほのかに香るしおり。お洒落です!


[554]>513 これこそ家の品格ですね Fuel

この心遣い、お父様自らがされていたのでしょうか。

すばらしいですね。

こういう心遣いこそが家の品格を表すのだと思います。

わが家は本当に庶民の家で、立派な調度品のある部屋もなければ、

贅を尽くしたもてなしができるほどの余裕もありません。

でも、こういうところでお客様へのもてなしの心を表すことはできますね。

ぜひ参考にさせていただきたいと思います。


[555]>552 相手の好みに合わせて Fuel

私は最近コーヒーにこっていて、誰彼構わずコーヒーばかり出していました。

これぞベストの淹れ方、これならきっとみんな喜んでくれるに違いないと思っていました。

でも考えてみるとコーヒーだけでも人それぞれ色々な好みがありますし、

コーヒーよりは紅茶がいい人も、緑茶がいい人もいますよね。

もてなしのためのベストな飲み物は、まず相手の好みを知る所からですね。

それが相手を尊ぶ心。もてなしの基本ですね。

自分のコーヒーを自慢するような出し方はもてなしの心とは正反対でした。大反省です。

やはりvivisanさんのお宅は居酒屋鎧をなのるだけのことはありますね。

おもてなしの道を本当によく極めていらっしゃいます。勉強になりました。

私も、色んなタイプのコーヒーがおいしく淹れられるようになりたいです。

そして紅茶や緑茶にも興味を広げて、くつろぎの一杯をサッと出せるようになってみたいです。

まずは家族を実験台に、親父がうまいとうなる緑茶に挑戦です。


[556]>505 行きたいですね、温泉!! Fuel

和の空間の中でゆったりくつろげる、肩肘張らない温泉宿、いいですねぇー。

料理は地元の食材を活かした物。さらに山の中でもこれでもかと出てくる海の幸。

おぉ、贅沢贅沢!心の洗濯!

久しくそういうの、味わってないです。

湯に浸かって、食って飲んで、また湯に浸かって。

あー、身も心もふやけたいです。

一週間くらいは逗留したいですね。GWあたり、無理かなぁ…。

無性に行きたくなってしまいました。


[557]>393 静寂 eiyan

家族が寝静まる夜中には静寂が迫る。

神経を集中して事に当たれる。

どんな事にでも集中出来ますね。


[558]>503 本当にうれしいもてなしですね Fuel

私は海の近くに親戚があるので、たずねていくと、いつも海岸に連れて行ってもらいます。

磯釣りです。道具一式を貸してもらって、その時ばかりは私も海の民になります。

もちろん素人ではそんなに釣れるわけもありませんが、あの雰囲気が味わえるだけでいいんです。

やってみるかとうれしそうな顔をして誘ってくれる心遣いがうれしいです。


[559]>276 暖かい eiyan

猫は何処でも湯たんぽの代わり。

高い所でもコタツの中でもあらゆる所が居所。

それをとっつかまえて温まる。


[560]>493 私も同感です Fuel

焚き火は燃やし方によっては土の中や石の下などにいる生物に大きな被害を与えてしまうことがありますから、

どこででも燃していいというわけにはいかないと思います。

特に川原や山の中など、自然の中ではやってはいけないことだと思いますが、

家の庭などでやるぶんには、それは風情というものですよね。

もっとも最近は家が建て込んで、煙で迷惑をかけられないという事情はありますが、

焚き火が可能な地域なら、それは文化の一つとして大切にしていっていいのではないかと思います。

どんど焼きなどの伝統行事もまた同じです。

そして火を燃したら、その分環境のことを考えてゴミ減量に努めましょうと呼びかけ合っていけばOKですね。

ゴミになる物は最初から買わない、使える物はとことん使うなどの日頃の積み重ねを通して、

焚き火の季節を楽しに待つようなスタイルが定着するといいと思います。


[561]>490 いい言葉を知りました Fuel

様々な内容の書物のどれにも当てはまる、すばらしい比喩ですね。

くつろぎもあり、楽しみもあり、学問もあれば教養もある。

本の中に広がる様々な庭園。

その庭園を散策するように本を楽しむ。

また本を所有することは心に庭園を持つこと。

わぁ、豪華です。本はポケットに入る人生の贅沢ですね!!


[562]>488 猫のごろごろにはそんな秘密が Fuel

自然の仕組みの神秘ですね。

猫は、最高の環境音楽家かもしれませんね。

いいなぁ、猫。毛のない宇宙人猫ならわが家でも飼えるかなぁ。

いいなぁ、いいなぁ、なぁ、なぁ、ぁ…(長く尾を引くエコー)


[563]>487 保坂!! Fuel

まさに小野大輔さん最高の当たり役ですね。

ああいうキャラクターは一つ間違えると、とても嫌味なキャラになってしまうと思いますが、

小野さんの声の演技は絶妙で、設定は壊さずに、その中に好感度が光ります。

彼のおかげで、今や保坂は隠れたもう一人の主役級になったと言っても過言ではないかもですね。

声優さんの才能と努力が、原作をさらに押し上げた成功例として貴重だと思います。

彼の次の代表作が何になるのかも考えてみたいところです。


[564]>466 ほんと、大人の雰囲気ですね Fuel

こんなふうに恋愛が成熟していく結婚に憧れます。

静かに交流する心と心をコーヒーの香りと共に楽しむ二人。

くーっ、ここまで愛が高まるまでに、どんな軌跡があったのでしょうか。

shimarakkyo先輩とお呼びして教えを乞いたいくらいすてきな朝の風景です。


[565]>162 落語にも出てきます TomCat

縁起でもないことを打ち消す言葉の代表例ですね。鶴と亀をそのまま持ってくるあたりが、なんとも素朴でいい感じです。

似たようなのが他にもないかなと考えたんですが、「くわばらくわばら」は災難を避けるための言葉ですから、ちょっと違いますね。でも、もしかしたらそれぞれの地方に、地域独特の言い方なんかがあるかもしれません。調べてみたら面白そうですね。


[566]>553 いいですね!! TomCat

香りと平和を願う白いリボンの両方を兼ね備えたしおりとは、素晴らしいアイデアです。私も作ってみたいなあ。やはり香りを長持ちさせるなら、文香と同じように固体のお香ですね。

かさばらずにしおりの中にお香をひそませるには・・・・。うーーーん。お香の香り成分って、水溶性でしょうか。もし非水溶性なら、紙にお香を漉き込んでしまうことも出来そうですね。まず薄い紙の繊維だけの層を作って、その上にお香の層を乗せ、さらに薄い紙の繊維の層を被せて漉き上げます。って、そんなこと出来るのかな。一度実験してみたいです。

アロマオイルの香りを移す方法は手軽でいいですね。どのくらい香りが持続するのか、これも試してみたいと思います。

あ!! まだ先の話ですが、七夕の笹飾りにつける平和を祈る折り鶴の中にも、文香と同じようにお香をひそませたら素敵ですね。折り鶴なら、お香の粉をティッシュに包んで入れる方法で大丈夫そうです。香りの鶴をいくつか作って七夕に配ろうかな。ちょっと話がずれてしまいましたが、色々アイデアが湧いてきました!!


[567]>63 脱いだ applepink

とだけいいます。

おばあちゃんに理由を聞いたのですが忘れてしまいました・・・。

着たままだと・・・・なんとかっていってて、

脱いだといって、服を脱いだことにしたほうがいいって。


[568]>555 そこですね!! momokuri3

私もコーヒーに凝っています。来客があるとコーヒーをいれるのが楽しみです。でも大切なことは自分のいれ方をひけらかすことではなく、相手の好みに合わせていれられることですね。私はvivisanさんのお宅の居酒屋鎧のように、イエロック喫茶をするのが夢なんです。色々な人の好みに合わせた飲み物がいれられるように修行します。やはり最初の実験台は家族ですねw


[569]>525 ある意味ハウス名作劇場もメディアミックスですね momokuri3

話によって賛否両論あることもありますが、ハウス名作劇場も、一貫してどんな話でも主人公は少年少女、あるいは少年少女の目を通した話作りにしていくという原則を守り通している、名作劇場でなければできない作品を残し続けていると思います。

うる星やつらのビューティフルドリーマーや、めぞん一刻の実写劇場版映画なども、ある意味とんでもない原作無視でしたが、それぞれが劇場版アニメーションや劇場版映画の特質をいかした、原作読者にも好感を持って迎えられる作品に仕上がっていたと思います。次こういう企画を立てたから作ってくれで作ったのではなく、原作コミックからインスパイアされてずっと温めていた構想をアニメーションや映画にここぞとばかりにぶつけたという感じです。そういうメディアミックス作品なら私は大歓迎です。

D.C.IIは最低26回必要でしたね。


[570]>536 ふと自作できないかと… momokuri3

無謀でしょうか。板は反らないように合板を使う。塗装は下地を整えてカシュー塗り。あるいは質のいい木目のきれいな単板が手に入ったら、自然な飴色に着色して、さらに艶のある塗装。食べ物に使うには匂いの点でポリウレタン塗装がいいでしょうか。そんなふうにして作れないかとふと考えてしまいました。塗装が勝負ですから素人には少々無謀かもしれませんが、ちょっとノってきてしまいました。


[571]>551 私も作りたいです momokuri3

蔵書印、かっこいいですね。そして本への愛情として押す気持ちにもとても打たれるものがありました。私は木が好きなので、柘植で作ってみたいです。彫る時に印材を固定する台を作らないといけませんね。あらゆる角度に回して彫れる丸形のバイス、なんて構想がわいてきました。本好きも自作好きもわくわくさせてくれるすばらしいお話をありがとうございました。


[572]>479 たしかに! vivisan

行きつけのところ限定の話ですが、シャンプーとかしてもらっているとき、あまりにも気持ちがよくってうとうとしたことありますw

やっぱりリラックスできるからなんでしょうね♪


[573]>556 たまらなく行きたくなってきました tough

私ごとで恐縮ですが、今日は休日出勤の振り替えで休みなんです。土・日・月・火と4連休です。こういう時に温泉に行く計画でも立てればよかった!残念なことをしました!久しく家族旅行をしていないので、両親をさそってもよかったですね。次の連休チャンスは2月ですか。冬の温泉、行きたいです。


[574]>570 作れるかもしれませんね tough

漆と同じようにていねいに下地を整えて、塗っては研ぎ塗っては研ぎを繰り返していけば、いい物が作れるかもしれません。あるいは、検索していたら市松模様のように直行した刷毛目を付けた塗りの木製ランチョンマットも見つかりました。わざとそういう刷毛目をいかす塗装方法をとってみるのも一法かもしれません。


[575]>568 居酒屋鎧の場合 vivisan

Fuelさん、momokuri3さん、ありがとうございます♪でもそれほど特別なことをしているわけではないので恐縮しちゃいました。

居酒屋鎧にこられる方の中でお手伝いをしてくれる人たちがいて(本当の常連さんで比較的近所の人)、そういう方はみんなが帰ってもお片づけの手伝いをしてくれます。

とりあえず終わったあと、感謝の気持ちを込めお茶を淹れます。

ゆったりとくつろいでもらいたいがためですが、私もまだまだ勉強中ですw


[576]>532 街の本屋さんならではのコミュニケーションですね tough

書店で売られている文芸誌に載ったなんてすごいですね。きっとバイトの女性も、うちのお客さんが載ったのよと、自分のことのように喜んでお店の皆さんなどに話してくれたんじゃないでしょうか。そういうお客さんであるだけでなく同じ街の顔見知りとしてのコミュニケーションがあるのが、街の本屋さんの良さですね。Amazonの便利さと、街の本屋さんの良さの両方を大切にしていきたいですね。


[577]>575 くつろぎの一杯を目指す。いいですねぇ! tough

おもてなしを我がこととして楽しんでいる様子が伝わってきますね。わが家にも居酒屋鎧のようなおもてなし空間を作りたくなってしまいました。私もまず、akilanoikinukiさんやvivisanさんを見習って、くつろぎの一杯を目指してみたいと思います。私は放っておくとすぐお酒の方に走ってしまいますが、まずは父母の来客にも対応できるお茶から始めてみたいと思います。ここはおもてなしが楽しみになる、すてきなツリーですね。


[578]>496 うちの母も本が好きですが tough

読後のひとときを楽しめる環境って、今まであったのでしょうか。昼間は一人ですが、きっと昼間では細切れの時間しかなく、あまり落ち着けなかったのではないかと思います。主婦は時間があるようでいて、ゆったりくつろげる時間は少ないと思いますので、せめて私がいる休日くらいは…あ、実は今日が休出の振り替えでその休日です。午後は少し家の手伝いでもしましょう。今ちょうど読みかけの本があるみたいですから、今日の昼下がりはたまにはゆっくり読書でも楽しんでもらえればと思います。


[579]>411 しりませんでした! vivisan

ダイソー恐るべしですね!

今日にでも見に行ってみようと思います。

こういった有名な方たちの本って、その作家の一生とかを知った上で読んでいくと、心の変化とかがわかるようになったりしますね。

よけいに本の中にはいっていけそうです。


[580]>273 ありましたね YuzuPON

頭に草履を乗せるなんて、いったいどういういわれだったのでしょうね。いったいどこから草履なんていう脈絡のないものが出てきたのか不思議です。しかし医学的対処ができなかった時代には、そういうまじない的なことが精一杯だったのかとも思います。

まじないとはちょっと違うかもしれませんが、今でも鼻血を出すと首の後ろを空手チョップみたいに叩く人がいますが、あれも効果がないばかりか逆効果になりがちなので、やってはいけないそうですね。


[581]>577 お茶でおもてなしのイエを目指す YuzuPON

ほんと、いいですね。私もおいしいお茶をいただくと、本当にくつろげてうれしくなります。たまに自治会の用事で、あるお年を召した方のお宅にお伺いすることがあるのですが、そうするとそこの家では、いつも本当においしい緑茶を出してくださるんです。すぐ帰りますと言っても、玄関までお茶を運んでくださいます。そして私が飲むのを、とてもうれしそうに眺めてくださるんです。このお宅から帰る時には笑顔が止まりません。本当にすてきなおもてなしの家だと思います。


[582]>560 焚き火やどんど焼きのために家庭ゴミを減らしましょう!! tough

焚き火や、どんど焼きの文化を守るためにゴミを減量しようと考えるのは、とても前向きでいいですね。去年のいわしでもどんど焼きが話題になりましたが、多くの書き込みが、今はなくなった、すたれてしまったというものだったと記憶しています。そんなの淋しいです。

冬には焚き火に「あたろうか、あたろうよ」と子供たちが集まり、小正月にはまた子供たちがどんど焼きの火で餅を焼いて食べる。そういうところから地域の大人と子供とのつながりが生まれ、安心安全な町作りができるのだと思います。そのための土台を作るゴミ減量を呼びかけ合える町になったらいいですね。


[583]>554 私も同感です tough

これこそ家の品格という意見、私も本当に同感です。そしてまた、お父様の人格をよく表しているお話ですね。玄関の打ち水と香りで来客を知ったということは、お父様がどのような来客に対しても同じようになさっていたということ。誰に対してもわけへだてなく最高のおもてなしでお迎えしようとするお父様は、本当にすばらしい方だと思います。私も見習いたいです。


[584]>580 本当に凄まじい言い伝えですね Fuel

草履や土に埋めるのは私も聞いたことがありますから

、かなり昔は広く行われていたことなのではないかと思います。

しかし本当にいわれがわかりませんね。

草履は、履き物の神様の神社がどこかにあったと思いますが、そういうのと関係があるのでしょうか。

土に埋めるのは、もしかして土に毒が逃げていくとでも思ったのでしょうか。

ちょっと調べてみたいですね。


[585]>550 家族と共に過ごす喜び tough

私は学生時代に家族と離れて過ごしていたので、その間に、家族に対する意識が大きく変わりました。一人も落ち着きますが、家族と過ごすくつろぎの時間もまた格別です。それぞれが別々のことをしていてもどこかで何かがつながっているし、時には一緒に笑い、時には同じ話題を語り合い…。わが家もみんなが一つ部屋に集える小さな家で幸せです。家族と初めて離れて過ごした帰省しなかった冬は、家の温かさが恋しかったです。


[586]>549 きっとそのお客様は tough

反面教師として家のあるべき姿を教えにきてくれた天のお使いではないでしょうか。何を言われてもちゃんと誇れるものがある。かわいいカーテンを吊ったり色々工夫して暮らしを楽しんでいる。この家が大好き。そう再確認させてくれるお役目だったんだと思います。そう思うと、ありがたいお客様だったことと思います。

私たちには家と暮らしをどんどん楽しく変えていく魔法のサプリがあります。私もそのおかげで、本当に家が好きになり、毎日が楽しく豊かなものになりました。家が寝に帰るだけの存在だったころが嘘のようです。家族に愛、家に愛、暮らしに愛。イエはてなさまさまです。


[587]>421 はてなポイントが交換できるので Fuel

はてなに来はじめてから、急にAmazonギフト券に馴染みが出てきました。

そしてイエはてなでいただくギフト券。本当にありがたいですね。

私ははてなポイントを交換した分はPC関係などに、

イエはてなでいただいた分は、いわしの書き込みに役立ちそうな本と、分けて使わせていただいています。


[588]>544 これはもしかして tough

軽いスポーツで分泌されるエンドルフィンの効果かもしれません。エンドルフィンは快感を感じさせる脳内物質ですが、ごく軽い無理のない運動をした時にもこれが出てくるのだそうです。私もやってみましたが、全身に短時間力を込めて一気に脱力すると、本当に、あ、快感、となりますね。


[589]>545 ええ、聴いてましたとも! rikuzai

特にラジオジャック辺り。


いや、もうそれはおいといて。

氷上の魔女は少なくともアイダさんはバラエティに天下りされたので、

本人出演期待できそうだな?とか。


スカは嵐二宮あたりを希望しますが、

能面男は最近本当に市場品薄ですね。

(有閑倶楽部の配役にも顕著に・・・。横山が悪いわけじゃない。キャスティングがダメなだけ)

ヒガシ御大はそういう意味では貴重だったんですが・・・。

染とか七とか梨園の方も既にオーバー気味だし。


とりあえず画面から冷気が出そうで、かつややノーブルな細目で松田翔太あたりはどうかな?。

(その場合ミツルは水嶋ヒロ【カブト】希望します)


[590]>542 実はわが家にも tough

父の子供時代の雑誌の付録があります。もっとも父が子供時代に実際に遊んでいた物ではなく後に手に入れた物らしいのですが、学研の学習雑誌の付録です。プラスチックにアルミ蒸着を施したようなパラボラの焦点の位置に小さな小さなガラスのフラスコを取り付けて太陽に当てると、なんとお湯が沸くという楽しい物です。プラスチックにガラスに金属という気合いの入った素材でできた、すごい付録です。今こういう物を付録に付けると、危ない、火災や火傷の原因になるなどと苦情が来そうな気もしますが、今も小学生向けにこんな付録は実在しているのでしょうか。


[591]>540 ベランダはくつろげますね tough

夏はベランダで夕涼みをしながらビールを飲むのがちょっとした楽しみです。炎天下にベランダでビールも悪くありませんね。冬は雪が降ったら、ベランダ際の窓から雪見酒です。おや、お酒ばかりですね。失礼しました。


[592]>579 ダイソーは意外な文化に出会える場所 Fuel

本の他に、著作権切れの音源を使った落語や浪曲のCDなど、

意外な文化に出会える場所ですね。

本も文学だけでなく、昔話題になったような漫画まで復刻されています。

価格は100円でも、中身は読み捨てにしたくない貴重な作品ですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ