人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

人力ソート・・・200枚の数字が書かれた紙を数字順に並べる効率の良い方法を考えて下さい。

・200枚のA4用紙に1-200までの数字が書かれており、ランダムな順番に並んでいます。
・これをより効率的に手動で並べ替える方法を知りたいです。
・作業に取り掛かれる人間は3人までとします。
・ペンや紙、付箋などの一般的な事務用品は使用OKです。
・使える部屋の広さは6畳程度です。
・「効率」の定義は時間または肉体的・精神的労力だと思って下さい。

●質問者: towofu
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:ソート ランダム 並べ替え 人間 定義
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● Sampo
●15ポイント

手作業ですが、計算機上で最速(O(n))のアルゴリズム、バケットソートが使うのがよいでしょう。

「1-20」「21-40」「41-60」……という10個の山に200枚の紙を分けます。

この分別作業は分担でやれば人数に比例した効率でできます。

分別が終わったら、山ごとに整列。

山は10個あるので、分担すればやはり人数に比例した効率でできます。

情報科学ではこの山のことをバケットと呼びます。


2 ● virtual
●15ポイント

マージソートを使うと早いと思いますよ。

例えば、200枚をまず、3人に分配します。(64枚、64枚、72枚)

それぞれが2人が(8枚づつ、8組)と一人が(9枚づつ8組)に分けてそれぞれの組を各自8回順番に並べます。

それを各自2組をマージソートで1組にまとめるのを4回、その後同様に2回、最後に1回行い、64枚と64枚と72枚の順番にそろった組を作ります。

あとは3人で3組を一気にマージソートすれば割と早く並べ替えられると思いますよ。


3 ● KUROX
●15ポイント

1人当たり20個のファイルケース?を用意します。

一人2畳使えるので、スペース的にはOKでしょう。

1-10、10-20、というようにケースに入れるべき番号の紙を書きます

1人70枚を無作為にとって、3人が別々に作業します

1枚1分程度でできると思われます。

予想時間1時間半程度

---------------

ここで、同じ1-10とかのファイルケースを3つ集めて、ここで初めて並び替えます

30分あればできそうな。

----------------

マージソートと同じ原理で、手動でソートしてますが効率はわるくないと思います。

予想時間は、計2時間×3人です。

◎質問者からの返答

3人様まとめてコメントで失礼します。

面白いですね。

やはり小分けが基本でしょうか。

あと、冬の乾燥の時期なので、ゴムキャップを指にはめる、

みたいな細かいTIPSもお待ちしています。


4 ● miharaseihyou
●15ポイント

一応、多数のセットをこなすことを前提に、効率が良いと思われる方法を考えました。基本的には手作業でのポジションプレーになります。用具はほとんど用いません。マジックとメジャーとゴムの指ぬきぐらいかな。

1,全部の用紙を部屋の中央を少し外して一カ所に固めて置きます。

2,その後で、六畳の部屋を長辺で4等分して線引きします。

3,用紙を大雑把に三等分して各人の最初の受け持ちとします。

4,大雑把に三等分して三人が最初にやることは、全てのカードを四等分してポジションプレーで?1?50、?51?100、?101?150、?151?200の四つの山に分類することです。それぞれに分かれて、自分の前に四つの山を作って分類します。

5,?から?までを分けて、予め線引きした区画に置きます。

6,それぞれの区画を一人が受け持ちます。6畳間では面積が足りませんから重ねなければなりません。最初は???までを片付けます。

各人は予め各々の受け持ちを5等分、つまり10の桁で分けて山を作るところから始めます。

7,それぞれの受け持ち区画で十枚ずつの少ない数から順番に線引きした最初から並べます。A4の短辺は21cm。21cm×10=210cmですから短辺でも横幅には余裕があります。そこで○1,○2、○3、・・・は少し(5cmぐらい)離して置きます。

8,縦は十の桁が違う数を順番に並べていきますが、A4の縦は297cmですから×5だと約150cm。

六畳の長辺が360cm。4で割って90cm

そこで縦方向を半分ぐらいずつ重ねて小さい数から置いていきます。50ずつの隣の区画にははみ出さないように、一の位の用紙の位置は縦方向に合わせるように置いていきます。こうすると間違っていた場合には見て分かります。

9,最後に?の151?200で自分が置いた山を取って、???までと同様に、三人で共同で並べていって終わります。

三人での作業を前提としましたが、これが二人なら最初が二等分、後も二等分になるだけです。

なお、六畳の部屋は本間の六畳で一間=180cmとしてポジショニングしています。

部屋の床の分割はマジックでの線引きが簡単ですが、場合によってはセロテープや養生テープなどで代用して後で剥がすなど工夫します。メジャーを使ってきっちりと測って区分けする事が前提です。

念のためですが、数字は上から横書きですよね。そうでないと見難い。

これが縦書きだと縦横に少しずつ重ねたポジショニングになります。少し見難いかも。用紙への数字の記入方法によってポジショニングが変化します。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。具体的で良いですね。

数字の方向は想定していませんでした。

並べ替えゲーム用に大きく書かれた文字でも、

誤ってばらばらにしてしまった200ページの資料と考えていただいてもOKです。


5 ● garyo
●15ポイント

2mのものさしを用意します(1から200までの数値が並んでいれば何でもいいです)

3人で数字を読んで対応するcmの位置に置きます。

これで一人67回の判定でソートできます。多分一番早いでしょう。

◎質問者からの返答

おお、シンプルですが人間がやるには一番話がはやい気がしてきました。

事前の説明がほとんどいらないのがいいですね。


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ