人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

東京の地下鉄駅ナンバリング制度は、M1,M2というように路線名アルファベットのあとに数字がきて、同じ駅でも路線によって番号が違います。ソウル地下鉄のように路線に関わらず1駅1番号にした方がわかりやすいと思うのですが、なぜ現在採用されているナンバリング制度になったのでしょうか。

●質問者: duckdown
●カテゴリ:ビジネス・経営 旅行・地域情報
✍キーワード:M1 M2 アルファベット ソウル ナンバリング
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● mukomari
●60ポイント

http://www.konest.com/data/subway_all.html

韓国の地下鉄の路線図を見ると路線が1号線〜8号線とそのほか数本の路線名である事がわかります。

だから5号線の20番の駅は520のように路線の駅を表示出来ます。

数字以外の路線、例えば盆唐線はK始まり、仁川空港鉄道はA始まりと日本と同様になっています。

東京の地下鉄の場合、改めて路線に番号を振るよりも、丸ノ内線はM、日比谷線はH(重複による例外はありますが)

としてしまった方がわかりやすかったからではないかと思います。

http://www.rondan.co.jp/html/pijyon/0404/040405.html

もともとは外国人観光客へのサービスとして始められた制度ですが、上記を見るとおおむね好評なのではないかと思います。

◎質問者からの返答

なるほど、大変参考になります。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ