人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

19世紀アメリカの出版事情について教えてください!!!

●質問者: ru-ri-ko
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:アメリカ 事情 出版
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/3件

▽最新の回答へ

1 ● ffmpeg
●35ポイント

19世紀の本だと、よっぽど高級でないかぎり、8折り本ですよね。切ってないです。ペーパーナイフで切って読みます。この時代の本はカバーありとなしが発売されていて、なしは自分で装丁します。(いわゆるペーパーバックの原型)。もうすこし前だと、本は抜き刷りで販売されて、装丁は自分でするものでした。


2 ● MEI-ZA-YU
●35ポイント

印刷機やタイプライターの発明によって大量出版が可能になったと思います。

http://www.mahoroba.ne.jp/~abura/insatu.html


1846 (アメリカ)ホー、輪転印刷機制作、印刷能力毎時8000枚

1867 (アメリカ)タイプライター実用化

1885 (アメリカ)アイブスが網写真版と3色版制作

(アメリカ)マーゲンタイラー、自動鋳造植字機「ライノタイプ」発明 など



http://www.waterless.jp/waterless/history.php

1830 アメリカ初のシリンダ式印刷機がロバート・ホーによってつくられる。

印刷機製作会社アール・ホー会社設立。

1846 リチャード・マーチ・ホーが、ホー式輪転機を製作。湾曲鉛版の実用化とともに、

1時間2万枚の印刷能力を持つ機械となった。

1891 アール・ホー会社は六倍形新聞輪転機を製作。24ページの新聞を、毎時2万4千部で印刷。



(以下も参考に)

http://209.85.175.104/search?q=cache:rN6S3vFbDVoJ:www.lang.nagoy...

>『アメリカ大衆小説の誕生』は,比較的取り上げられてこなかった19世紀の女性作家を調べ,

作品の解説も含め,作者と作品の関係,出版社と作者との関係,当時の出版事情等を詳しく紹介している

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ