人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

鍵っ子として、リトルバスターズの18禁化をなんとしても阻止したいです。いい方法を教えてください。

●質問者: xatosi
●カテゴリ:ゲーム 人生相談
✍キーワード:リトルバスターズ 18禁
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

[1]なんとしてもということなので7つの手段 ma_zu

無い知恵を絞ってみました。

ちなみにリトルバスターズをプレイしたことはありません。

検索して、Keyの美少女ゲームだということは理解しました。

1.ネット上などでユーザーの署名を集め、メーカーに嘆願書を出す

(販売して欲しいという嘆願書は良く見かけますが、逆は珍しいですね)

2.登場人物が明らかに18歳未満であると、コンピュータソフトウェア倫理機構に訴える

http://www.sofurin.org/

(この辺の回避はメーカーさんも上手いと思うので、難しいでしょうね)

3.昨今の美少女ゲームに対する風当たりの強い世論を更に煽り、発売出来ない程の風潮に持って行く

(かなりの世論操作が必要な気がします)

4.発売日までに、「顔の60%以上を眼球が占めるような描写のイラストは、児童ポルノに該当する」という法案を、なんとか可決させる

(美少女ゲームほぼ全滅ですね)

5.発売日までにKeyの経営権を買い取り、発売中止にする

(マイクロソフトを買うよりは簡単そうです)

6.発売日までにKeyの業績を極端に悪化させ、倒産させる

(小売店を回って、Keyの商品一つ一つに異物を混入して回る、などでしょうか。上手い手が思いつきません)

7.信念に殉じる

(自爆覚悟のテロも結構ですが、これを読んで実行されると僕が犯罪幇助か何かで問われそうなので、そういった形にならないようにお願いします)


他にも色々あると思いますが、大まかに分けると

「メーカーにお願いして中止してもらう」

「外部干渉によって中止させる」

「内部干渉によって中止させる」

「物理的に阻止する」

この4パターンになると思います。

なんとしてもということですから、これら全てを平行して全力で取り組めば、ゲーム会社の一つや二つ、簡単にこの世から消し去ることが出来るのではないでしょうか。

(注:決して犯罪を推奨するための回答ではありませんので、犯罪にならない範囲での、自己責任での行動を重ねてお願い申し上げます)


[2]>1 7つの方法について考察してみます xatosi

なるほど。

ではこの7項目について、実行の難易度や効果という点から考えてみます。

(やはり「なんとしても」ということで、適法性社会常識その他は無視します)

1.Keyに嘆願書を出す

実現は割と簡単だと思います。

ただ、効果は全くの未知数です。正直、今のKey(ビジュアルアーツ)がどれだけユーザーの声に耳を傾ける会社なのか、よくわかりません。

2.のソフ倫既定

これも、訴えるのは簡単。一人でも出来る。

ただご指摘のようにうまいこと回避されて終わりという可能性が高く、効果はあまり無いと考えた方がいいでしょう。

3.の世論喚起

大マスコミですら世論操作に失敗する昨今、実現は不可能に近いレベルと思われます。

そして効果もあまり無いように思われます。無視されたらそれで終わりだからです。

(ちなみに余談ですが、むしろ美少女ゲームに対する風当たりは10年前に比べたら随分改善されたかと思います。昔は18禁非18禁問わずそういうものをやっているだけで友達を無くすぐらいの雰囲気がありましたが、最近は「あらあらこの人ったら」程度で済んでしまうかと思います。)

4.法的規制

実現難易度は高め。政治家動かすのは簡単ではないし、しかも自民党一党支配の時代では無いので全政党に対して工作する必要があります。

罰則や行政の権限をきちんと盛り込めば、効果はかなり高いと思われます。ただ、例えばその法律が憲法違反であるとして裁判闘争に持ち込まれる可能性もあり、確実な方法とまでは言えないと思います。あと、法律が発効する前に駆け込みで発売を強行してくることも考えられます。

5.Key(ビジュアルアーツ)の経営権を買い取る。

正直、マイクロソフト買収よりも難しいと思います。何故ならビジュアルアーツは非上場企業で、例え現金を用意出来たとしても株式を買い取ること自体が困難だからです。

ただ、実現出来れば効果は確実です。仮にスタッフが強行しようとしたとしても背任を理由に解雇出来ますし、スタッフが新会社を立ち上げても著作権は買収したVAにあるのでリトルバスターズの名前は使えません。

6.Key(ビジュアルアーツ)を倒産させる

主力ブランドであるKeyが4年間CLANNADを出さなくても平気だったという実績から見て、余剰資金は割と潤沢なのでしょう。実際自社ビルを買ってますし。さらにその自社ビルの賃貸収入等経営多角化も図っていると考えられ、多少の業績悪化程度で倒産する会社ではないと思われます。

ビジュアルアーツが倒産すれば当然Keyブランドも消滅するので、実現出来れば効果はかなり高いです。ただ、会社精算の際にリトルバスターズの著作権を譲り受けた人なり会社が、Keyを再立ち上げしてリトルバスターズの18禁版を出してしまう可能性はあります。

7.信念に殉ずる(=自爆テロ?)

ただ建物と施設を破壊するだけでは意味がありません。スタッフと資金さえ残っていれば、設備は買うことも借りることも出来ます。また、スタッフの一部が死んだだけでは、生き残ったスタッフが遺志を引き継ぐだけです。やるなら「スタッフ全員を確実に殺害」でないと意味がありません。ここまでやるとなると正直、本職のテロリストでも困難を極めると思います。

仮にスタッフ全員の殺害に成功したとしても、「Key」というブランドと会社の資金は残るので、全く新しいスタッフを集めてリトルバスターズの18禁板を作ってしまう可能性はあります。物騒な割に意外と効果は薄いと思います。



こうして考えてみると、意外や1.が最もローリスク・ハイリターンなのかもしれません。


[3]まずは抗議でしょう。 hellcar

抗議のために秋葉原で焼身自殺をするのはどうでしょう。

エクスタシー反対を訴えて頭からガソリンをかぶり、座禅を組んで着火するのです。

ただし、二酸化炭素が発生するので環境にはあまりよくありません。

よく切れる刃物をお持ちなら、切腹の方が良いかもしれませんね。


[4]>3 効果の程は xatosi

率直な話、焼身自殺とか切腹が抗議行動としてどれほどの効果があるのか、私にはわかりません。私自身も含めて周りにそういうことを実践した人間がいませんし。

ですので、もし可能でしたらそういう行動がどれだけの効果があるのか、実証していただけないでしょうか?



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ