人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

マタイによる福音書 第十八章にある、
七回の罪とは具体的にどのような罪でしょうか?

●質問者: eoe
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:マタイ 福音書
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● KairuaAruika
●35ポイント

http://www.jhcs2.org/doich/messge/05nen6g5.pentekosute

◎質問者からの返答

読みましたが、わかりませんでした。

わかる方のみ、具体的に回答願います。


2 ● KairuaAruika
●65ポイント ベストアンサー

http://q.hatena.ne.jp/1103962885

アドレスはダミーです。

聖書において7は完全さ,完全な周期を暗示している場合があります。

(曜日とか そうですね)

ここで7が使われているということは,完全に相手を許すこと,と解釈できるかもしれません。

ここで言及されている罪に,具体的な内容はありません。

抽象的表現です。

◎質問者からの返答

やはりそうでしたか、

ありがとうございます。

納得しました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ