人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

三谷幸喜さん・・・実は過去にアニメ『サザエさん』の脚本を5話分(85年の作品/『ワカメの大変身』『波平つり指南』『妹思い、兄思い』『タラちゃん成長期』)書いた事があるそうなのですが、それぞれの内容を調べています。
また、三谷さんが当時(「サザエさん」執筆)のことについて語っているインタビューサイトがあったら教えて下さい。


●質問者: tooh22
●カテゴリ:芸能・タレント 書籍・音楽・映画
✍キーワード:アニメ インタビュー サイト サザエさん タラちゃん
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● seaside-story
●60ポイント

降板の原因となった4本目の情報ならあります。

それの4本目に「タラちゃん成長期」というのを、夢でタラちゃんが水泳の選手になってオリンピックに出て筋肉ムキムキになる話だったそうだけど、プロデューサに「冒涜だ!」と叱られクビになったそうです。(なんとなくわかる気もする)

http://d.hatena.ne.jp/okimituki/20060305



4本手がけ、オンエアされました。、

「ワカメの大変身」(1985年7月4日放送)

「波平つり指南」(同8月4日)

「妹思い、兄思い」(同8月11日)

「タラちゃん成長期」(同8月18日)

しかし、「タラちゃん成長期」の話で、

タラちゃんが筋肉増強剤(プロテイン)を使ってマッチョマンになるというシチュエーションが、

「君はサザエさんを馬鹿にしているのか!」と当時のプロデューサーの逆鱗に触れ、それがもとで降板させられました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1184407...



実際に放送されて私も確認したのが作品NO.2453「波平つり指南」、2456「妹思い兄思い」、2459「タラちゃん成長記」の3作品で3本目のタラちゃん成長記の内容が当時のプロデューサーを怒らせる結果を招いてしまい降板させられたとされています。私は火曜日の再放送版でこれら3作品は見ましたが今思う限りでは視聴者の夢を壊してしまうほどの内容でもないと感じましたがこれでも精一杯脚本を修正された上での放送だったのかもしれませんね。若気の至りだったのか否か、もしこういう失敗?がなかったら今でも沢山のサザエさんの脚本を手がけていたのではと思います。若い頃の作品とは言え、この3作品は非常に完成度が高く妹思い兄思いは一昨年夏に再放送されたくらいですから本来ならば将来有望株だったんだろうと推測出来ます。

http://blogs.yahoo.co.jp/yossie3104/7242262.html



テレビアニメ『サザエさん』の脚本を手がけたこともあるが、3本目に執筆した「タラちゃん成長期」(タラちゃんが筋肉増強剤を使ってオリンピックに出る夢をみるというストーリー)がプロデューサーの逆鱗に触れて降板させられたことを(なお、作品は4本作られたらしい)月刊「ドラマ」の特集で語っている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%B0%B7%E5%B9%B8%E5%96%9...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ