人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

『ドラえもん』の声優で知られた大山のぶ代さん・・・過去に人気ドラマ『太陽にほえろ』の脚本を担当(「今日も街に陽が昇る(129話)」「自首(154話)」「人形の部屋(189話)」「殿下と少年(289話)」「年上の女(319話」)されていたそうなのですが、その各放送回のストーリー内容を調べています。

●質問者: tooh22
●カテゴリ:芸能・タレント 書籍・音楽・映画
✍キーワード:ストーリー ドラえもん ドラマ 人形 声優
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● seaside-story
●60ポイント

殿下と少年(289話)のストーリー

傷害事件で逮捕した牧野に対して

宮城県警から身柄送致請求があり

殿下が護送していくことに。

…もうこの時点でちょっとヤバイ予感^^;;

(先に「護送」観ちゃってるから余計?^^;)

殿下と牧野の向いの席には

赤ちゃんと幼い少年を連れた母親が。

少年は殿下と牧野をつないでいる手錠に反応を示します。

・・・・

以下あまりにも長いので、下記サイトへ飛んで読んでください。

http://tkun.tea-nifty.com/taiyo/2007/09/289_5973.html



189話「人形の部屋」のストーリーは下記です

http://tkun.tea-nifty.com/taiyo/2006/07/189_7b5e.html



154話「自首」は以下のURL

http://tkun.tea-nifty.com/taiyo/2006/06/154_755d.html



129話「今日も街に陽が昇る」のストーリー

http://tkun.tea-nifty.com/taiyo/2006/04/129_f6ad.html




大山のぶ代脚本参加の件

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E5%A4%...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ